つぶやくいけぴ。~今日もラジヲでまったりと・・・

つぶやくいけぴ。~今日もラジヲでまったりと・・・

今日もラジヲでまったりいきましょ

あら、気が付けばブログの投稿が約1年ぶりになってしまいました。

ラジオについての続きを書く予定だったのですが、なんだかんだで続きは近日中に!ということで・・・

 

さて今日はお知らせです。

 

次の土日、4/3、4/4に行われる京都さくらよさこいのMCを担当させていただくことになりました。
 
ボランティア参加に関しては、新型コロナウイルスの感染状況から正直、色々と迷いましたが、屋外開催であること、感染対策も十分行われていること、春の選抜高校野球も入場制限をして開催となったことやプロ野球も無事開幕していることを踏まえて、それに何より、賛否両論はあると思いますが、京都らしいイベントが中止される中、できる限りの対策をして行う意義は多少なりともあるのではと思い、参加を決めました。
 
こうしたイベントの開催自体が問題ではなくて、それによって、例えば打ち上げするとか、多少はめを外してもイイか~、と思うことが問題なんだと思っています。
 
ただ、イベント開催されることで「もう大丈夫」という印象を世の中に与えてしまうことは確かで、そのことをもっと広報するなり意識してもらう努力をすることが大事だと考えています。
 
そういった中ではありますが、ぜひ感染対策を十分に行って見に来ていただければと思います。
 
4/3(土) 開会式進行&神宮道スペシャルステージ
4/4(日) ロームシアター京都会場(ロームシアター京都の前の広場です)
 
でMCやってると思いますので、ぜひお越しください。
 

前回は、FMみっきぃで番組を持たせていただけるきっかけとなったお話や、その時の番組である「Wave Junction」というタイトル秘話などのお話でしたが、今回はその番組についてをもう少し振り替えっておくことにしましょう。

「Wave Junction」は、当時リッチーが住んでいる神戸と、私が住んでいた滋賀との自宅兼プライベートスタジオを行き来しての、いわゆる「宅録り」で制作していた番組で、基本的に2週録りをしていたと思います。

番組の内容はというと、実はお互いがミニFMでやっていた時のコーナーをそのままもってきたコーナー、例えば私のスタジオで録る週は、新譜を紹介する「New Disc Junction」のコーナー、リッチーのスタジオで録る週は、あるテーマに沿った曲をノンストップでお送りする「JUST FIT SONGS」のコーナー、といった具合に、ミニFMでやっていた内容の延長線上、って感じの内容でした。

そのほかは二人のフリートークや、お便りがあればお便りを紹介する、という、ある意味二人がいままでミニFMで培ってきた内容の集大成、みたいな感じの番組だったと言えるのではないかと思います。

そんな二人のいままでの集大成なだけあって、やりたいことの基本的な部分が違っていたりと、実は意見の食い違いで侃々諤々としていた時もありました。

リッチーの中のラジオのベースはやはり、AMっぽいところにあって、私のベースは、オールナイトニッポンとかの深夜放送や、MBSさんやABCさん、KBS京都さんといった子どもから学生の頃に聴いていたAM放送がベースになっていたとは言うものの、やはりFM的な番組をすることしか考えていなかった、ということもあり、すこし向かう方向性が違っていたのかもしれません。

そんなこともあったのと、私の結婚という人生の節目が迫っていたこともあって、始めた年の12月にひとまず私は番組の活動を休止しようと決めました。

最後の番組となったのは、その年の年越し特番。

Wave JunctionからはリッチーがミニFM時代からやっていた企画「ディスク音楽祭」を、年越し特番でやることになりました。

勝手に音楽賞をアーティストに与えよう、という、よくありそうな企画ながら、なかなか面白い番組でした。たしかその時の大賞は、GLAYだったと記憶してます。

そして、そのまま年越しカウントダウン番組へ。

そのあたりの内容は、当時みっきぃで番組制作されていた、今は亡きNさんの配慮と企画で実現したもので、たぶんNさんがおられなかったら出来ていなかったのかも、と今では思っています。

そんな大いに盛り上がった貴重な体験を携えて、一旦番組制作は休止に入った1998:年の暮れなのでした。

・・なかなかTinyPocketsの番組誕生まで来ないですね。

いよいよ次回が番組誕生のお話になるのでしょうか?

次回も是非お付き合いのほどを 笑

今、FMみっきぃでやらせていただいているTinyPocketsという番組が4月で丸20年、そして、21年目を迎えることができました。

これもひとえに、懲りずにONAIRをしていただいているFMみっきぃさん、そして、ひそかにお聴きいただいているリスナーさんのおかげと大変感謝しています。

そんなことで、4月最初の番組は大々的に・・とはせず通常通りの番組をお送りしていこうかな、と思っています。

昨年、番組開始20周年、そして番組1,000回を迎えたということで大々的に特番とかをやらせていただいたので、この4月はまあ普通にお届けしようかな、ということでございます。

さて、今回のブログはそんなTinyPocketsという番組についてを複数回に渡って書いていこうかな、と思っています。

まず、TinyPocketsを語るうえで外せないお話は、私池田がFMみっきぃさんで初めて番組を持たせていただいた、Wave Junction という番組についての誕生と番組秘話です。

昨年の20周年特番の時にもちょこっとお話したかもしれませんが、ここで改めて詳しく書くことにしたいと思います。

この番組は今から22年前の1998年4月から放送していた番組で、そのうちの1998年12月までの9か月間、番組を担当させていただいておりました。

FMみっきぃで番組を持たせて頂けるきっかけとなったのは、20周年の番組でもすこしお話したとおり、伝説の番組、ミュージックランドのたけちゃんに紹介してもらったのがきっかけ。

私だけでなく、前回の記事でも書いたミニFM時代からの友人であるリッチーとの掛け合いトーク&ミュージックの番組でした。

Wave Junction というタイトルの由来なんですが、これはリッチーがやっていたミニFMの番組でよく使っていた「Wave」という単語と、それまで池田がミニFM時代にやっていた番組「BEAT JUNCTION」のJUNCTIONという単語を組み合わせたものでした。

わりと安直なタイトルの付け方なんですが、当時はこれでもかなり考えて行き着いたのがこのタイトルでした。

意味合いも後付けで「電波(wave)とリスナーとの融合(junction)」みたいなことを言っていたと思います。
でも今考えてみると、たしかに基本でとても大切なコンセプトだと改めて感じてしまいますね。

そんなわけで、この続きはまた次回で!

ブログ、むちゃくちゃお久しぶりです!

見てると、ほぼ3年ほど放置してました。

最近、インスタはこまめに更新してるんですが、

たまにはブログも更新をしなくちゃね(笑)

 

さて、今日3月12日は実は自分にとって大切な日、なのです。

自分がラジオを聴くだけでなく、お喋りもさせていただけるようになった現在のルーツ。
それが、今から37年前の今日、1983年3月12日でした。

当時は中学生。

住んでいたちょっとちんけな市営住宅の、小さな自分の部屋をスタジオに、そこからミニFMの電波を飛ばしてました。
そのミニFMを開局したのが1983年3月12日土曜日。
当日は何人かの友人と、お昼の2時か3時くらいから特番っぽいことをやったような記憶があります。

その頃の自分は、どちらかというと引っ込み思案なタイプで人見知りも激しい、人付き合いも苦手な、いわゆる「クラスでそんなやついたっけ??」みたいな目立たないタイプでした。
そんな自分が、なぜ正反対の「目立ちたがり」のようなことを始めたのか?
いま考えても不思議なことなんですが・・

それはたぶん、一般の人たち以上のラジオへの愛があったからなのかもしれません。

でも、後々だんだん判ってきたのですが、意外とMCやDJやってる人って「私って人見知りなんで・・」って人、多いみたいなんですね。だからそれは珍しくなく、マイクの前では本当の自分が出せる性格なのかもしれません。

さて、思えばラジオを始めた当時は、なんとなく「アメリカン」なスタイルに憧れてました。
それよりも前からラジオを聴くのは好きだったんですが、そんな絶好のタイミングに短波放送でkyoiっていう音楽専門局が開局したり、これも短波放送でFENのAmerican Top 40 とか、ほんとうにアメリカンなラジオを聴きまくってました。

自分も「そんなんがやりたい!」と思ってやり出して、はや37年、と言うことになるんですね。

趣味だけどほぼライフワークと化したラジオとの付き合いで、それを通じていろいろ学ばせていただいたり、出会いがあったり、いろいろなイベントに関わらせていただいたり、そしてなにより、自分の好きなことに全力になれて、そんな自分を愛することもできた。

そんなきっかけをラジオは作ってくれました。

しかし今はまだまだ道半ば。

自分の番組やトークで、たくさんの人たちを幸せにしたい。ハッピーな気分になってもらいたい。そんなアーティストのような野望はまだまだ追い求めたいと思ってます。

今日、Facebookのメッセンジャーで立て続けに2件の怪しいメッセージが・・・!

1つ目は「Jayden K.Smith」からの友情要求(なんのこっちゃ??)は受け入れるな、とかいうメッセージ。

2つめは、「手伝っていただけますか?」っていう、妙なメッセージ。

 

いずれもスパムだったりフィッシングだったり、みたいなメッセージらしいので、同じようなメッセージを受けた方は、まずは無視をして、応答しないように、とのことらしいです。

 

ご注意くださいませ。