水城 2 東門跡周辺 | みどりの木のブログ

みどりの木のブログ

毎日UPでブログ

昨日の続きです。

昨日博多側の水堀が幅80mと書きましたが、

幅60mが正解でした。訂正しておきます。

今回は東門跡周辺です。

 

下図①から見た東門跡周辺です。

 

解説板の一部分を拡大しました。(現地資料)

 

東門跡付近の水城です。(現地資料)

 

カメラを右に回すと

 

博多側から見た水城跡です。

 

下図の外堀側(博多側)です。

内側の大宰府側の川から水を引いて

この幅60m堀跡を水で満たしました。

 

水城断面図です。(現地資料)

 

右端が外堀跡です。

左端が上成土塁です。

 

内側の下成土塁から上成土塁を見た

ところです。

 

現地の解説板です。(現地資料)

 

外堀と水城の想像図です。

 

東門跡の所に行くと

 

下図②が江戸時代からの礎石です。

 

 

解説板です。

④は門の左右にあった石垣の石です。

 

②の礎石です。

江戸時代は90度回転して、道路と

平行でしたが、平成28年の整備で、

本来の向きに代わっています。

 

礎石②の解説板です。

 

下図の下③に書かれた瓦窯跡です。

 

③に瓦窯跡

 

 

唐・新羅軍が攻めてくる方向からです。(現地資料)

 

大宰府側から見た水城です。(現地資料)

律令政府機関を表すときは大宰府と「大」の

字を使いますが、太宰府市など行政名は「

太」の字を使います。

 

上図の水城館です。

水城の資料を展示しています。

無料で見学できます。

右端には万葉歌碑があります。

 

今回はここまでで、明日は水城館からです。

 

読者募集中ですので、読者登録はここのリンクです。

希望があれば、相互登録します。

毎日午後8時半頃に更新しています。
「相手わかるように」に設定して読者登録してください。
読者のブログ村・ブログランキングは出来るだけ押しに行きます。

 

Ctrlキーを押したままで、ポチしたら画面が飛ばされません。
 お手数ですが、よろしく。下矢印ダウンぽちっと下矢印ダウン押すだけ
                                              にほんブログ村 歴史ブログへ

 

                                               ブログランキング・にほんブログ村へ

 

                                               にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

 

                                               にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

                                               
                  お願いします。