めざせ一日一万歩
  • 05Mar
    • 越生の梅林はほぼ満開 2021.3.4(木)の画像

      越生の梅林はほぼ満開 2021.3.4(木)

      2月16日に越生におとずれた時は梅の開花はちらほらだったけれど、坂戸の歯科に行く前に診察は午後だったので、越生の梅林によっていったら、ほぼ満開でした。有料の梅林だけでなく、越生一帯がこの季節はどこもかしこもきれい梅が生活に根付いている馬頭観音やお地蔵さんもあちらこちらに立っているしだれ桜がいっぱいある道もきれいに咲いていた今日も梅林は無料で入れた約一時間越生の梅林の中を散歩しました。お昼ご飯は一度越生の街中に出て、ちょうど山を挟んで梅林の反対側にあるオーパーク越生という日帰り温泉に行きましたこの中のレストランが美味しいと聞いていた初めて行ったところだったけれど、キャンプ場もあってとても立派な施設だったレストランも広くてすいていてよかった越生プレート 1480ですとてもおいしいかったでもご飯よりパンのほうがあおいしかったかなこういうふうにお昼をいっぱい食べた日は夕食をへらそう夫は唐揚げプレートを食べたけれど、780円だったここはハイキングコースのすぐ近くにあるので、ハイキングをしてここに食事にきてもよいな

  • 03Mar
    • 自分で決めたことを守りたいの画像

      自分で決めたことを守りたい

      家や部屋がきれいに片付いていて時間を有効に使えるていろいろなことができるのはよい生活習慣が身についているからだと思うわかっていてもついめんどうだと自分が楽なほうに流されてこの年になっても私はよい生活習慣が身につかないなので、自分が身につけたい生活習慣を紙に書いて目につく場所に貼っている決めたことはいつも目にして守りたい最近まで貼っていた身につけたい生活習慣は①目が覚めたら起床時間ではなくても起きる②玄関の靴をそろえておく③寝る前にテーブルの上を片付けるそんな当たり前のこともできないのかと思われるとても恥ずかしい内容だけれど、①は年をとったせいかなんとかできるようになった。②と③はどうしても毎日できないいつも11時には寝るので、テーブルの上や玄関を整えていたら寝るのがおそくなってしまうと思ってできないそれでは10時半から片付けにとりかかったらできるかなブログにそのことをアップしたら出来るかなと思って恥ずかしながらアップしました。今年になって、これからの目標として自分で決めたことは・昼寝をしないコロナ禍で家にいる日が多くなって午前中は家事をしてもお昼ご飯を食べてお昼寝をするともう夕方と一日はあっというまに終わってしまうなので、お昼寝をするという習慣をやめたこれも今のところ守れているうたたねはしてしまうけどね最近、また3つのことを決めました。コロナが流行しだしてからマスコミの情報は不安をあおるだけなので、 少しでもいろいろな情報と思っていろいろ発信しているお医者さんのブログが数多くあるので、お医者さんのブログを閲覧するようになりました。私は血糖値が糖尿病予備軍の数値でもう少しあがったら薬も必要と言われている高血圧の薬も高脂血症の薬も飲んでいるので、これ以上薬は飲みたくないお腹の脂肪を減らしたら血糖値も下がるらしいその人の体質もあるだろうけど試してみる価値はある食べることが好きなので、毎日しっかり3食食べているのを3食を2食にするのはとうてい無理なので、・食べる量をへらす・ビールは週3日にする(今でもだいたい週3日だけれど、それ以上飲む日もあるから)ということに決めましたそれともうひとつお正月やバラの季節にしか玄関に花を飾らないので、玄関が気持ちよいように・玄関に花を飾るを決めました今は梅の花を飾っています直売所で200円でした花苗は長く楽しめるからいいけれど、切り花は寿命が短い、食べる事ができないと今まで買わなかったけれど暮らしにうるおいをもつために必要な経費を考えればいいですねこの新しい3つのことも守りたいです

  • 02Mar
    • 関八州見晴らし台 2021.2.18(木)の画像

      関八州見晴らし台 2021.2.18(木)

      ハイキングクラブで関八州見晴らし台です。この日は晴れていたけれど、空気がとても冷たかったこういう日は名前の通り見晴らしがよいだろうと期待して出かけました西吾野駅から出発です。関八州見晴らし台には何度か登ったことあるけれど、黒山三滝から登ることが多く吾野方面から登ったのは2回めかな駅から少し歩いて、今日はパノラマコースを登りますこの道登るのははじめてパノラマコースというので、見晴らしのよいコースかなと思っていたらそうでもないと聞いていたけれど、ほんとうに木が茂ってしまって見晴らしのよいコースではなかったでも登っていくと見晴らしのよいところもあった林道を登っていって高山不動の看板があるところから山道です。林道はそのまま続いているので、この看板を見失いそうここから結構な急登りです20分ぐらい登ったらパノラマコースより少し先にある登山道と合流します合流地点にはお地蔵さんこの道は高山不動への参詣道だったのねと思うここからは道はわりとゆるやかです30分ぐらいゆるやかに登って高山不動立派すぎてカメラに収まらないここから少し登ったら奥武蔵グリーンラインに出てとても見晴らしがよい写真には写らなかったけれどうっすら富士山も見えたまた車道を横切って高山不動から約30分で関八州見晴らし台です期待どおり展望がとてもよい富士山もさっきよりよく見えた武甲山と両神山東京方面スカイツリーもくっきり見えたここでお昼を食べて顔振峠に行きます途中、黒山三滝に下りる車道は通行止めになっていた顔振峠へは車道を歩かずに山道を行きますこの道は私の好きな道です途中、車道を横切ったらここも通行止めになっていた再び山道に入って車道を歩いて顔振峠に近づいてきたらそこは春の景色だったこんなに早く咲いている桜はなんという種類だろう梅もきれい関八州見晴らし台から約2時間で顔振峠です平九郎茶屋の横から吾野駅を目指して下りていきます少し下りて行ったここからの景色も好きな景色です下りはじめて約1時間で吾野宿を通って吾野駅につきました10:10 西吾野駅出発  11:00 林道から山道  12:00 高山不動  12:35 関八州見晴らし台13:00 出発  15:00 顔振峠  16:00 吾野駅約5時間半今日はよく歩きました

    • 岡部榛の森公園の河津桜と本庄早稲田の森 2021.2.27(土)の画像

      岡部榛の森公園の河津桜と本庄早稲田の森 2021.2.27(土)

      近所の河津桜が咲いてきたので岡部の榛の森公園の河津桜はもう咲いてのかなと見にいってきました今日は3月2日ですが、2月27日は五分咲きぐらいでした。今日あたり、もっとたくさん咲いているかもしれないけれど、夕方から雨がふってきて台風のような嵐になってきたので、散ってしまったかな大丈夫かなこの日は暖かい日で桜を見にきている人もいっぱいでした満開の時は遠くからでもうっすらピンクになっているのが見えるのにぜんぜんでしたでもちらほら咲いている一周歩くと580メートルとは知らなかった以前はこんな看板あったかな5キロ歩こうと思うと9周しなければだまわっているあいだに何周あるいたか忘れそう気持ちのよい日だったので、新幹線の本庄早稲田駅の近くにある本庄早稲田高校の周りがよい散歩道だと聞いていたので、歩きにいきました。リサーチセンターの広い駐車場に車を停めますマムシに注意の看板がいっぱいあったでもとても素敵な散歩道でした。ずっと歩いて行くと古墳がたくさんあるこの看板が59号ということだから59個目ということ?いったいいくつあるのかな馬頭観音もある梅の木がたくさんあって思わぬところで梅見ができた古墳の解説板でもあるのかなと思ったらぜんぜんなかった古墳の番号の数字がだんだん若くなってくるこの調子で一周ぐるりと森の中を駐車場まで戻れるのかなと思ったら森の外に出てしまったでも男体山が見えてよかったあとは、学校の敷地に入ってしまって駐車場まで戻りました。古墳のところで引き返すのがよかったですね約1時間の散歩でしたこの道は5月はズミの白い花が咲いてきれいだそう5月にまた訪れなければです

  • 01Mar
    • 甘酒失敗の画像

      甘酒失敗

      以前、このブログに炊飯器で甘酒を作るのは簡単と書いたけれど、『冬の定番』コロナでおこもりの日が続くと楽しみはなんといっても食べることこの冬はぜんざいを何度作ったかなぜんざいはいつも常備しておいて毎日でも食べたい家でつくるぜんざ…ameblo.jp今まで失敗したことなかったのに、今回は失敗した分離してしまっている分離したの初めてなので、飲めるかなと思ったら甘酒特有の甘い匂いがしなくて納豆のような臭いがする飲んでみたら、酸っぱいちっともおいしくなかったネットで調べたら発酵しすぎたらそうなるよう炊飯器に一晩いれて、途中かきまぜなかったのが悪かったよう泣く泣く捨てました炊飯器で甘酒を作る方は気を付けてくださいね

  • 28Feb
    • 2月の庭 2021.2.28(日)の画像

      2月の庭 2021.2.28(日)

      今日で2月も終わり明日から3月たった3日ないだけなのに、ほんとうに2月はあったいうまに終わる2月の中頃からバラやクレマチスが芽吹いてきた芽吹いてくると、枯れないで生きていてくれたととてもうれしい今年は大苗を3本買いました。一番最初に植えたのがロイヤルサンセット2代目です。パルフェタムールラブリーメイアンはたしてどれも大きくなってくれるかなクレレマチスの芽吹きクリスマスローズも咲いてきましたよ花壇も少しにぎやかになってきましたよストックは花が伸びてきたら切って飾っておいたらとてもよいにおいがして花持ちもよい切ったところからまた新しい花が咲いてくれてとても値打ちがある秩父鉄道のハイキングイベントでもらった蝋梅はほんとうに大きくなってくれるのかな寄せ植えをリニューアル昨年、めちゃくちゃ切り込んでしまったのに、花が咲いてくれた♪花粉はいやだけれど、暖かくなっていろいろな木々や花が芽吹いてきてじっとながめているのはやはり楽しい♪

  • 23Feb
    • 蕨山 2021.2.14(日)の画像

      蕨山 2021.2.14(日)

      先週は旅行社の案内でウノタワに行ったけれど、今日はハイキングクラブで蕨山です蕨山から有間山まで縦走したことあるけれど、金毘羅尾根をへてさらびの湯まではまだ歩いたことがない行きたかったコースなので楽しみです♪名郷のバス停から20分ぐらい歩いたら登山口です林の中を登って行きますひたすら登るというかんじ登山口から約45分登って尾根に出ました尾根道歩いて向こうに見えるのは伊豆ケ岳かな眼下に名郷の村も見える岩登りもあります一登りして向こうに見えるのは武川岳らしい急な登りを上がっていく山頂まであと700mでも、この700mがきつかった尾根歩きもあったけれど、急な登りが続く雪も残っていたやっと山頂です蕨山には山頂が3か所あってここが一番高いらしい前回登った時はここを有間山方面に行ったここからも登りがけっこうきつかったなあ今日は左に行きますまた、登りがあって展望台といわれる山頂です登山口から2時間20分でしたここは開けていて人もいっぱい休憩していた目の前にいっぱいあるのはアカヤシオの木ということ蕨山はアカヤシオがきれいだと聞いていたけれど、こんなにたくさんあるとはこれはぜひアカヤシオの季節にこなければですここでお昼を食べてさわらびの湯方面にくだります下りはうんざりするほど単調で長いと言った人がいたけれど、さてどうでしょうわりとゆるやかな下り道です下りはじめて30分ぐらいで藤棚山ですむこうに見えるのは棒の折方面かな街が見えるより山また山の景色のほうが好き単調な道と聞いたけれど、巻いた道があったり片側に柵がある道があったりでそんなに単調ではなかった車道を横切ります眼下に名栗湖が見えてきた秋葉様の石碑があった山火事よけかな最後のほうはちょっと下りが急になったけれど、距離も時間も長かったけれど、楽しい下り道でした。3時間かかった駐車場にはもうマンサクの花が咲いていた蕨山は人気の山だけあって、変化のあるとても楽しい山でした約6時間でした

    • 飯能市 天覧山から多峯主山 2021.2.11(水)の画像

      飯能市 天覧山から多峯主山 2021.2.11(水)

      ハイキングクラブで天覧山から多峯主山を周回してきました。このコースは今まで何度もいったことがある今日は暖かくて休日なので、たくさんの人出でした。石仏をみながら登りますあっというまに頂上につく今日は富士山はぼんやりとしか見えなかった天覧山から多峯主山までは40分ぐらいですこの山もあっというまに頂上につくこちらもうっすら富士山が見える奥武蔵方面常盤午前のお墓であるという宝篋印塔を見に行くこれを見に来たのははじめて山をおりて道路のむこうのドレミファ橋をわたりますしばらく河原を歩く紅葉の時はきっときれいだろうな天覧山の前の駐車場にもどりまでの住宅街の中に畠山重忠のお墓がある畠山重忠のお墓は二俣川にもあるので、きっとここは伝説ということこの木は雷にもやられたことあるらしい天覧山のふもとに最近できたOH!!!~発酵、健康。食の魔法!!!というのに行って見た売店ですレストランレストランはおいしそうだったけれど、お昼の時間はきっと混んでいるんだろうな売店は名前に惹かれて入ってみたけれど、そんなにたいしたものは売っていないなという印象でした。地元の野菜を買って、甘酒ソフトを食べて帰りました約3時間半の歩きでした

  • 22Feb
    • 飯能 ウノタワ 2021.2.6(土)の画像

      飯能 ウノタワ 2021.2.6(土)

      山中からウノタワ、妻坂峠をへてまた、山中まで下りたのが2019年3月名郷から有間山、鳥首峠をへて名郷まで戻ったのが2019年6月鳥首峠とウノタワまでの区間を歩いていないのが気になって歩きたいと思っていたこのあいだ奥三床山に参加した旅行社が冬のウノタワも企画したので参加しました。鳥首峠からウノタワまではけっこうきついと聞いていたけれど、地図には40分と書いてあるので、そんなにきびしい道ではないのかなと思っていましたここのところ暖かかったけれどヤマレコを見ると先週登った人はヒップソリをしてウノタワで遊んだとあったので、雪でモコモコのウノタワを見ることができるかなと期待してでかけました。名郷から出発です8時すぎに名郷についたけれど、けっこう車が駐車してあった人もいっぱいですみなさん蕨山に行くのかなしばらく車道を歩いて山中にいく車道は一昨年の台風で通行止めになっていると聞いていたけれど、まだ通行止めになっていた左にはいって、車道をゆるやかに登っていきます今日はとてもいいお天気ですむこうに見えるのが鳥首峠かな有間山をへて、鳥首峠からこの道に下りた時は小雨、くもりで展望がぜんぜんなかったので、気が付かなかったけれど、白い岩壁があるあれは鉱山かな石灰石がとれるのかしら拡大しますでもこの鉱山はもうやっていない車をおくスペースもありました。ここまで車できてもいいのね登山口です名郷から約40分でした。登山口の横にはこの奥にある白岩集落跡の説明版があった2019年に行ったコースはもう登れない少し登って行くと集落の跡がありますここは畑の跡かな雪が少しまだ残っている鳥首峠への登りは最初はそんなにきつくないでも、最後のほうはきつくなって、登山口から1時間20分ぐらいで鳥首峠ですここからは2回ぐらいきつい登りがあった今日の参加者は年配の方が多かったけれど、皆さんとても健脚で私はついていけなかった私の後ろが団子になった尾根歩きもあったけれど、展望はあまりよくなかった眼下に見える白いのはさっき下から見上げた岸壁の上かな途中、伐採してあって、とても展望の良いところに出たこの方角は昨年福寿草を見るために登った大ドッケの方角らしい小さなピークがあって天神山この下がウノタワかなと思ったらまだあの先の山のむこうということけっこう急なところを下って ウノタワが見えてきました期待どうり雪がモコモコ積もっていた鳥首峠からコースタイムは40分となっていたのに1時間かかったここでゆっくりお昼を食べて来た道を引き返しました来るときは登りが激しくて大変だったけれど、帰りはコースタイムどうり鳥首峠まで30分ぐらいでしたこのコースではだれにも会わなかったのに下りたら登る時に止めてあった車は2台ともなかった鳥首峠、ウノタワ間は予想したよりきつかったですでも、ウノタワの雪でフカフカの景色が見ることができてよかった9:40 出発  10:30 登山口  11:50 鳥首峠  12:50 ウノタワ  13:30 出発  14:00 鳥首峠  15:40 名郷約5時間半

  • 20Feb
    • 秩父往還 樋口から皆野まで 2021.2.4(木)②の画像

      秩父往還 樋口から皆野まで 2021.2.4(木)②

      今日のお昼は長瀞のうめだ屋で食べようと思っていました。古民家を改装した豆腐料理のお店です。以前に友人ときて、また来たいと思っていたのでした。テレビでも紹介されたことあるらしいちょうど12時30分にうめだ屋についた140号沿いにあります外で食事するのは久しぶり季節のとうふランチ 1300円ですおいしかったけれど、ちょっとボリュームが少なかったかなデザートとコーヒーもつけました。豆乳プリンですうめだ屋をすぎたらまた、道は140号からそれます古い建物が残っているまたまた140号に合流してまたそれます。左側が140号です左に宝登山神社の鳥居が見える左の道をはいっていきますすぐに140号に合流する道のむこうに大きなわらじが見えた熊谷方面にむかって見る今まで気が付かなかった村に疫病がはいってこないためのワラジということどうりで長瀞町はコロナの感染者数が少ないのねと思うまた、140号からそれます一里塚のように見えるけれど古墳だった140号に出て親鼻橋を渡ります目の前に見えるのは蓑山上流を眺める橋を渡ったら旧道を皆野の街に入って行きます皆野の駅につきました皆野駅についたらSLの試運転がホームにはいってきたとてもラッキーでした樋口の駅でおりて駅のむこうにある小学校のへいにかかっている看板この看板も車で通って気になっていた今日は気になっていた日本一の青石卒塔婆も見ることができたし、国道沿いの道もあったけれど、素敵な道も多くて今迄の秩父往還歩きで一番楽しいコースでした。約4時間の歩きでした

  • 17Feb
    • 秩父往還 樋口から皆野まで① 2021.2.4(木)の画像

      秩父往還 樋口から皆野まで① 2021.2.4(木)

      今日はよいお天気なので、秩父往還の続きを歩きにいくこといしました前回は歩道のない難所があるために、車をとめてピストンしたけれど、今回は樋口駅の近くに車をとめてできれば皆野ぐらいまで歩きたい樋口駅の近くの荒川の対岸の広い駐車場に車を停めました荒川をわたって、前回車を停めたところまで歩いて行きます途中、日本一の青石塔婆という看板があったので見に行くここは、国道140号から看板だけ見ていたので、気になっていたなるほど、とても大きい塔婆よく倒れないものだと思ってしまう前回、車を停めた、公民館の前から出発します。なんとなく街道っぽい国道140号に出て、少し歩いていきます歩いていくと、上がっていく道があるあがりきると石仏が並んでいる国道の上を走っているとても風情のある道国道は何度も通っているのに、上にこういう道があるの今迄知らなかった眼下に国道140号と荒川が見える中山道の福島宿を超えたところにもこういう道があったように思うとても素敵な道だったのに残念10分ほどでおしまいでも、ここからも集落の中の起伏のある素敵な道だったこの如意観音は衣をいっぱいまとっている後ろの岩にうっすらと水という文字が見えた道はまた140号に出るけれどすぐに脇道に入っていくここも道だったのかなでも、わたれないので迂回します長瀞に近づいてきてまたまた140号に合流②に続く

    • 越生の梅は2~3分咲きというところかな 2021.2.16(火)の画像

      越生の梅は2~3分咲きというところかな 2021.2.16(火)

      昨日は久しぶりの一日雨で一歩も外に出なかったので、体が重い今日は風が強いけれど、どこかに歩きにいこう梅の花を見に行きたいので、越生の梅は咲いているかなと見に行きました歩きたいので、越生の街から梅林までぐるっと歩きました越生の街にはあちらこちらに石仏がある梅林に行くまでの途中咲いている梅とまだぜんぜんの梅林があった梅園に入るつもりはなかったけれど、今日は入園料が無料だというので入った入り口に庚申塔があるのを今まで知らなかった平日なのに、そこそこの人がいましたやはりいつもは有料の梅園はきれいに整備されている梅園を出て、梅園小学校の横から入る通りを歩いて行きますここは昨年、しだれ梅がとてもきれいだった往復2時間約1万3千歩くの散歩でした

  • 15Feb
    • 秩父巡礼古道 31番観音院から32番法性寺② 2021.1.27(水)の画像

      秩父巡礼古道 31番観音院から32番法性寺② 2021.1.27(水)

      大日峠を越えて31番の法性寺にむかいます山道から出て、少し歩いたら法性寺ですこのお寺も山門から階段が続いているでも、さっきの観音院に比べたら短い一登りして観音堂から本堂を見下ろす岩のあいだをくぐって奥の院にも行きます石段を登ると秩父の札所を開いた十三賢者の石仏の列十三賢者の石仏は音楽寺の裏手にもあったなそのまた奥にはお舟観音大きな岩を船に見立てて船の舳先に立っているという感じ本堂からここまで行って帰って1時間ぐらいかかる船尾にあたる部分には大日如来像があるけれど鎖を使って登っていかなければならにので、こわいので見に行くのはやめた船の形の石も向こう側は絶壁になっていて、とても怖い場所だったここから奥は釜の沢五峰という登山コースもあり、そのうちそちらも行きたいな法性寺から松井田バス停まで約1時間歩いてバス停についたころにはすっかり暗くなっていた今日はよく歩きました8:35 栗尾バス亭  10:15 観音院  12:45 小鹿野街中  14:50 大日峠15:20 法性寺  16:00 お船観音  17:30 松井田バス停約8時間

  • 13Feb
    • 秩父巡礼古道 31番観音院から32番法性寺① 2021.1.27(水)の画像

      秩父巡礼古道 31番観音院から32番法性寺① 2021.1.27(水)

      今日の秩父巡礼古道巡りは前回歩いた栗尾のバス停から出発ですむこうに見えているあの山の中腹に31番観音院があるといういことずっと以前に観音院は行ったことあるけれど、そんなに山の上にあったかな日曜日は私のすんでいるところは雨だったけれど、秩父には雪がふったようで観音茶屋の前には雪がまだ残っていた観音寺手前にはトンネルがあるけれど、巡礼古道歩きなので、トンネルはとおらず、横のあれた道をいきますでも、そんなに荒れていなかったバス停から45分ぐらいで観音院の入り口です畠山重忠伝説もあるけっこうな階段を登って行きます2回もきたことあるのに、この階段をぜんぜん覚えていない5分ぐらい登ったら本堂です後ろには滝があるけれど、今日はあまり水がほとんど流れていない一昨年の台風の時はこの滝が大滝になっていた写真が飾ってあった本堂のとなりには大きな宝篋印塔がある観音茶屋でおいしいぜんざいを食べて小鹿野の街に向かって歩いていきます道端には石仏がよく置かれている小鹿野の街です小鹿野は江戸時代から歌舞伎がさかんでかっては江戸と信州を結ぶ主要な街道であった信州・上州道沿いに趣のある街並みが残っています西秩父の物資の集散地として繁栄したらしい歌舞伎の名場面が飾ってあるかっては医院だったのかな小鹿野の街をぬけたら小森川をわたって大日峠にむかいます昔の土道を歩いて行きます大日峠です大日如来さんは石がきれいなので、新しいのかなと思ったら苔がつかない種類の石で作られているということ②に続きます

  • 11Feb
    • 栃木県 奥三床山 2021.1.23(土)の画像

      栃木県 奥三床山 2021.1.23(土)

      緊急事態宣言中で、大手の旅行社はツアーを中止しているけれど、奥三床山に行きたいと、チエックしたこの旅行社はツアーを催行するというので参加しました去年の今頃、三床山に登ってその奥もよいと聞いていたので、行きたかったのでした電車を乗り継いで、東武佐野線の田沼駅に現地集合です乗り継いだどの電車もガラスキだった田沼駅から30分ぐらいジャンボタクシーに乗って、峠にある登山口まで行きます今日のコースはマイナーなコースらしくあらかじめ、ネットで調べてもでてこなかった地元の電気屋さんが最近、きれいに整備したということ登山口です今日は天気予報で雨で本当に雨が降ってずっと小雨の中を歩きましたここのところずっと晴天続きだったのに今日にかぎって雨とは運が悪い はじめはほとんど平らな道でこんな道が続くのかなと思ったら甘かったずっとアップダウンが続きます最初のピークの金原山尾根歩きも少しある急な下りがあって、ここが今日一番怖かったところ下りたと思ったらまた登る六地蔵峠というお地蔵さんが六つ並んでいる峠またまた登って林山です登ったり下りたりだけでそんなに激しいアップダウンではない標識はしっかりしている眼下に見えるゴルフ場の芝の形がミッキーマウスみたいに見えるのでかくれミッキーというそう三床山の山なみが見えてきたすぐに三床山の縦走路に合流しました今まで歩いてきた道よりも三床山の縦走路のほうが面白い二床山山頂です来た道少し折り返して高松から鹿島神社におります一床山方面高松は名前のとおり松がいっぱい林の中を歩いて鹿島神社に戻りました14~5回のアップダウンがあったけれど、そんなに激しいアップダウンではなく、ただ単調なアップダウンで小雨のせいで展望がなかったせいかあまり面白い道ではなかった10:00 出発  10:30 金原山  10:50 六地蔵峠  11:30 林山11:55~12:20 お昼  13:35 ツツジ山  14:15 小三床山  14:55 高松15:30 鹿島神社約5時間半

    • 小川町 四ツ山城跡 2021.1.21(木)の画像

      小川町 四ツ山城跡 2021.1.21(木)

      ハイキングクラブで、小川町の四ツ山城跡へ行きました。四ツ山城跡は小高くなっていて、小川方面に行く県道からとてもよく見える。小川町から熊谷行くのバスに乗って、近くのバス停から歩き始めます小川町運動公園の中を歩いていきますむこうに四津山城跡が見えてきた入り口です急な階段があるけれど、ちゃんと巻いて登る道があるおとなりの杉山城跡ほどではないけれど、ちゃんと郭の跡や堀切の跡がある神社のある平らになったところはとても展望がよかった熊谷方面秩父方面下りてきて、後ろから見た四ツ山城跡来るときに乗ってきたバスは1時間に1本しかないので、男衾駅まで歩きました男衾駅がきれいになっていて驚いた約3時間の歩きでした

  • 10Feb
    • 児玉霊場めぐり 19番から21番までの画像

      児玉霊場めぐり 19番から21番まで

      ハイキングクラブで児玉霊場巡りです。高崎線神保原駅から出発します。どのお寺も距離が離れているので、バスの都合で21番からまわっていきます。21番は駅の向こう側なので、線路の上の橋を渡っていく今日は見晴らしがとてもよい榛名山浅間山もうっすら見える線路をわたったら畑の中を歩いていきます白菜畑がいっぱいあったこんなにたくさんの白菜が育っているのは初めて見た葉がひらかないようにひもで先をしばってあるのはよく見るけれどそのひもがずっとつながっている大変な手間がかかっているなのに、私の家の近所の直売所では1個100円で売っているなんだか申し訳なくなった駅から40分ぐらい歩いて21番の西福寺ですとても立派な寺だったしだれ桜の木も植わっていて春はきっときれいだろうなここからは線路のむこうの正観寺をめざして歩いていきます途中赤城山がとてもよく見えた西福寺から1時間40分ぐらい歩いて正観寺ですここは本庄市のはずれで利根川が近いここは藤棚がある正観寺でお昼ご飯を食べたら坂東大橋がある通りまで出てバスに乗って本庄早稲田駅までいきます19番の宥勝寺は本庄早稲田駅のすぐ近くの新幹線の線路横にあった新幹線でお寺の境内が削られているというかんじだったきれいな梅の花をみることができたここからは本庄駅まで歩きましたこの日は回ったお寺は3か所だけだったけれど、どのお寺も距離が離れていたので、9時半から14時までよく歩きましたお寺めぐりというよりも関東平野を赤城山、榛名山を見ながら歩いたという感じでした

  • 07Feb
    • 冬の定番の画像

      冬の定番

      コロナでおこもりの日が続くと楽しみはなんといっても食べることこの冬はぜんざいを何度作ったかなぜんざいはいつも常備しておいて毎日でも食べたい家でつくるぜんざいは砂糖を小豆の量の半分ぐらいしか入れないので、あっさりしていてとてもおいしい煮詰まってきたら、あんこのようにしておもちにのせて食べる甘酒をそえるとますますおいしい甘酒は残ったごはんでおかゆをつくって米麹で炊飯器の保温機能をつかって発酵させて作るこれもあっさりした甘みでとてもおいしいあと、冬にはずせないのは焼き芋シルクスイート、紅はるか、安納宇で作った焼き芋はねっとりしてとてもおいしいオーブンで焼いているのだけれど、これも、冬にはいつも常備しておきたい朝食や山のおかずにぴったり休みの日の昼食にパンも焼きました焼きたてはとてもおいしいね

  • 04Feb
    • 東秩父村 堂平山 2021.1.15(金)の画像

      東秩父村 堂平山 2021.1.15(金)

      皆谷から先は通行止めだった白石車庫までの道も通れるようになったので、笠山のとなりの堂平山に登りたくなった堂平山から笠山は堂平山まで車でいって、2回ぐらい歩いたことがあるけれど、笠山から堂平山は2013年4月の外秩父七峰縦走に参加して以来歩いていない。白石車庫の近くの白石キャンプ場に有料駐車場があるので、そこに車を停めましいた。白石車庫の手前にはきれいなトイレがある無人駐車場で500円を箱にいれればよい車道を登って行きます笠山峠まではこの1月3日に笠山に登った時と同じコースです車道を25分ぐらい歩いたら山道ですゆるやかに登っていきます石積みがあるので、かってはここに家があったのかな山道になってから30分ぐらいで笠山峠です小川方面が見えるけれど今日は天気がよくないむこうに笠山が見える堂平山への登りはずっとゆるやかです25分ぐらい登ったらパラグライダー場になっている開けたところに出る眼下には細長く東父村の集落が見える向こうに見えるのが笠山山頂です向こう側は曇って見えない今度、天気のよい日にまたこなければ剣ヶ峰の階段を上がって堂平山から30分ぐらいで剣ケ峰の山頂ですここでお昼を食べたら、すぐに白石峠ですここでやっとはじめて1組のご夫婦に会いましたここからは結構な階段道をふうふう登って行く10分ぐらい登ったら巻道になりますしばらくは歩きやすい道が続く30分ぐらい歩いたら下って行きます親切に手すりがついている尾根道を少し歩いて笠山と堂平山がよく見える定峰峠につきましたここから小川方面は通行止めになっている大霧山に続く道があるけれど今日はここから白石車庫に下ります下る道はわりとなだらか30分ぐらいくだると おいしそうなうどん屋さんがあったここからは車道を歩いて10分ぐらいで白石車庫に下りることができました正面には登ってきた堂平山が見えるひとりは自分のペースで歩けるので、楽しい山登りでした10:00 白石キャンプ場  11:00 笠山峠  11:35 山頂  12:00 剣ヶ峰12:20 出発  12:35 白石峠  13:40 定峰峠  14:20 白石車庫バス停約4時間

  • 03Feb
    • 長瀞アルプス神周りから宝登山 2021.1.11(月)の画像

      長瀞アルプス神周りから宝登山 2021.1.11(月)

      久しぶりの秩父鉄道のハイキングの参加です。長瀞アルプスには万福寺から何度か登ったことあるけれど、神周りはまだ行ったことがない天狗山のほうを越えていくみたいだけれど、神周りという名前がなんだか神秘的でとてもよい神さまが通った道かなと思ってしまう野上駅を出たら長瀞方面に線路沿いを歩いていきます国道140号をわたります正面には総持寺という立派なお寺金子兜太のお墓もここにあるんだお参りしたかったけれど、場所がわからなかったお寺のすぐわきに神周りの入り口があった入り口に鳥居のあるのもいいゆるやかに登っていきます最初の神様山道にそって神様がてんてんと祀られているので神周りというのだとわかった万福寺から長瀞アルプスに登る道はけっこう道が荒れているけれどこちらのほうがゆるやかな登りでいいな登山口から30分ちょっとで万福寺からの道に合流しましたここで天狗山に登るのを忘れたことに気が付いた長瀞アルプスはゆるかやなアップダウンです前にみえるのは宝登山かな合流してからゆるやかな道を30分ぐらい歩いたら林道に出ます林道を15分ぐらい歩いたら宝登山への急登りが始まります30分ぐらいふうふう登ってすぐに山頂です蝋梅はもう咲いているかな今日は両神山が良く見える蝋梅は、満開ではないけれどけっこう咲いていた蝋梅のむこうに武甲山蝋梅のむこうに両神山梅も少し咲いている冬は暖かいものが食べたいと山用のバーナーを買った今日はそれを使ってみたかったでも、ベンチではバーナーの使用が禁止と書いてあったので、仕方がないので、たいらなところで調理した昨日、カキフライをしたので、その牡蠣を卵でとじて、ご飯にのせてカキフライどんぶりですとてもおいしかったですありあわせの食器を持ってきたのでもっと軽い食器と鍋を買おう今度はうどん鍋をしたい奥秩父連山の景色を堪能して表参道を下りていきます今度は外秩父の山なみ下りはじめて30分ぐらいで宝登山神社ですいつもは参拝したら来た道を戻るけれど、奥に行く道もあったので行って見ます奥にはお稲荷さんがあったこのお稲荷さんは普通はきつねだけれど、狼のように見える階段を下りていくといつもの参道に出ました今日のハイキングは参加者に蝋梅の苗をくれるというのでそれも参加した理由のひとつだったけれど、もらった苗はとても小さな苗でした花が咲くまでに5年ぐらいかかるそう大きくなるころには生きているかなと思った10:00 野上駅出発  10:15 登山口入り口  10:54 満福寺よりの道に合流11:24 林道  11:35 再び登山口入り口  12:00 山頂13:00 山頂出発  13:25 宝登山神社  14:00 長瀞駅約4時間

topbanner