イバコリドットコム

イバコリドットコム

チョチョン茨城のブログです。

茨城の작아도 고추알!!じぇほです!!

 

うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

 

先週金曜日16:30~17:30に水戸駅にて、高校無償化適用、補助金支給再開、朝鮮幼稚園に対する幼保無償化適用を求める街頭宣伝を行いました。

 

チョチョンは毎月欠かさず水戸駅にて街宣活動を行っているのですが、8月28日の朝鮮学校に対する高校無償化適用除外を適法とする判決が最高裁で確定し、10月1日から施行された幼保無償化から朝鮮幼稚園が適用除外されるという、一言であり得ない現実が朝鮮学校を取り巻いている中で、今こそより多くの声を上げ、集めようと今回の街宣活動は学校、支部、オモニ会、チョチョン、カチカジャ茨城、マウムネット水戸の方々にご協力をいただき行いました。

 

当日は70人の方々が街宣活動に集まりました。

 

本来ならば10月25日に行う予定でしたが、大雨の影響で延期となり11月8日に行いました。

 

街頭宣伝を行うにあたって、今回高校無償化問題について新しくビラを作成しました。

 

今回のビラは朝高生たちが1カ月ものあいだ、集中的に高校無償化問題について勉強し、作成したものです。

 

日々の勉強と部活動だけでも大変なのに、中央体育大会、オープンスクール、中間試験、芸術競演、ウリハッキョバザーなどの準備も重なる中で本当に自分たちの問題として勉強し作ったビラが今回のビラです。

 

 

このほかに2016年度分から停止している茨城県による補助金再開を求めるビラ、幼保無償化適用を求めるリーフレットを配りました。

スピーチも行いました。

 

補助金再開を求める署名活動も行いました。

中高生たちが特に署名活動に熱心に取り組み、あるトンムは懸命に走りながら、懸命に声をかけ、懸命に説明しながら、断られても頭を垂れず「ありがとうございました!」とお礼をし、一人で1時間23筆もの署名を集めました。

 

お酒を飲んでいる方に絡まれそうになり、止めに入ろうとしたら「私は大丈夫です」と私に告げ、笑顔で真摯に向かい合い署名をもらっていました。

 

本当に自分の問題として、そして自分たちの後輩たちのためにウリハッセンたちは街宣活動に参加していました。

 

支部トンポ、オモニ、チョチョン、日本の友人の方々もウリハッセンたちのために、声を上げることも歩みも止めることなくビラを配り、署名を集めてくださりました。

 

一時間の間に1550枚を配り、署名は157筆を集めました。

 

2年間通して毎月行われている街宣活動は今回で24回目を迎え、今まで配ったビラは約13150枚を超えました。

 

ウリハッセンたちが当たり前の権利ために、当り前じゃない街宣活動参加することなく、勉強や部活動、学校のイベントに専念できる社会をいち早くつくるために

 

すべての在日コリアンが自民族の歴史・文化を学ぶ場、機会を国家によりそれを制限される、妨害されることなく自己のアイデンティティに自信と誇りを持てる社会いち早く作るためにチョチョンはこれからも街宣活動を毎月行っていきますし、できることを全力でやっていきます!

 

茨城はこれからも声を上げ続けていきます。日本各地のチョチョン、そしてトンポたちが今日も声を上げています。これからも継続していき大きな声を上げて、より大きな声を集めていきましょう。

 

先代たちが本当に血と汗で作り、守り、想いを繋いできたウリハッキョ、そしてトンポ社会をより良くしながら後代に伝えていけるようにこれからもチョチョンは頑張っていきます!!

 

 

 

先代たちの想いを繋ぐという点について街宣活動以外にもチョチョンでは朝青奉仕隊イバコリジャーなるものを行っています。

 

トンポの「困った」を「고맙다」にをテーマにしながらも、特にオルシントンポのためにチョチョンができることを行いながらも、トンポ社会とウリハッキョをどのような想いで守り、私たちがどのような想いを繋いでいかなければならないのかを学ばせていただくためにこの活動を行っています。

 

先週は2件お声をかけていただき伺わせていただきました。

 

一つ目はパソコンとタブレットのデータ同期、パソコンの設定をしました!

 

そしてもう一軒は自宅の柿の木の剪定と木の高いところに成っている柿を取りに行きました。

ネットで必死に勉強した柿の木の剪定の仕方を参考にしながら、枝を切って切って切りまくり、柿を取りまくりました。

 

気温がいきなり高く、太陽がすごかったので心配して帽子をかけてくださり、飲み物とおやつもたくさん用意してくださり、元気に楽しくできました。シソの帽子姿が少し面白かったのでパシャリ。

柿は100個以上とれ、チョチョンもたくさんいただき、トンポにも届けさせていただきました!

 

柿とってもおいしかったです!

 

二件とも本当に「困った」が「고맙다」になったと何度も何度も感謝の気持ちを伝えてくださり、本当に私たちもうれしかったです。

 

そして作業をしながらもたくさん自分たちのチョチョン時代の話や、どのようにして今のウリハッキョが作られ、どのような想いで繋いできたのかたくさんのお話を伺うことができました。

 

チョチョン奉仕隊活動をしながら、お話を伺いながら、そしてたくさんの感謝の言葉をいただきながら思うのは、本当にこちらこそ고맙습니다という感謝の気持ちです。

 

今自分がこうして活動できるのも、ウリハッキョもウリトンポ社会も最高に大好きで守っていきたいと思えるのも、先代たち、そしてオルシントンポたち、先輩たちがその想いを守り、繋いでこられたからだと本当に思います。

 

ですからこれからも感謝の気持ちを胸に、<チョチョン奉仕隊イバコリジャー>活動をコチュアルレッド、シソパープルを筆頭にチョチョンみんなでやっていきたいと思います!!

 

本当に困ったことがあればチョチョンにご連絡ください!困っている人を見かけたら、イバコリジャーを紹介してください!困ってなくても伺わせてください!

 

自分たちが繋いでいく想いを深めるために、トンポのために、自分たちのために、トンポ社会の未来のために、イバコリジャーは出動していきます!

 

あんにょんはしんみか!!

茨城愛は誰にも負けないそかんしると、なんなら茨城に嫁ぎたいきんみなです!!アップ笑い泣き

 

ついに、実習生によるイバコリ投稿が最後となってしましました。

 

昨日無事朝大に到着した私たち二人は、大変な虚無感に襲われていますえーん

 

 

さてさて、

気を切り替えて、先日日曜に行われた水戸漫遊マラソンの話でもしましょうか!

 

 

この度、第4回水戸漫遊マラソンに、なんと、ウリ朝青委員長と副部長が挑戦されました!!拍手

しかも、シントンソン副部長は、本番一週間前に知り合いの方から唐突にゼッケンを渡され、急遽走ることになったのです

委員長も副部長もほぼ練習なし(ほぼといいますか一度も練習されていません笑)でフルマラソンをトライされるとのことで、正直私たちも不安がありました。

 

しかし、当日朝のお二方のゴールを目指す真剣なまなざしをみて、とても安心しました。やる気に満ちあふれていましたびっくり

 

そして、この日同じく朝高生たちも、バザーのチラシや《朝日友好》、《民族教育》などと書かれた紙を背負って、雨の中一生懸命走りました。このように、自分たちの姿をもって、ウリハッキョを守るということがどれほど素晴らしいことでしょうか

 

ではでは、実習生は一体なにをしていたんだ?!そう思う方もいらっしゃるとおもいます!

そうです!

私たちは一日中、車でお二方を追跡し、YouTubeの《イバコリチャンネル》の撮影に回っていました!目

 

 

シソvsコチュアルのあの対決が帰ってきた?!キラキラ

 

 

笑いあり、涙あり!!ドキドキ

勝負の行方はぜひ、YouTubeチャンネルの方でご覧ください~♪(編集&アップでき次第、お知らせします)ドキドキ

 

※マラソン後のお二方は、体中が痛みに覆われ、ひとりで歩くことも難しいくらいでした。本当にお疲れ様でした!!笑い泣き

 

(決して、介護実習ではないです笑)笑い泣き

 

 

そしてその日、明楽で最後の晩餐をしました。グッド!

マラソンに参加された日本の方々と一緒に、楽しいひとときを過ごしました。こうやって日本の方々と手を取り合い、苦楽をともにするということは、本当に大事なことですよね^^

 

 

ちなみにその場で私たちから、委員長にメダルを贈呈しました()マラソンでどんな結果であろうと、私たちにとって委員長は一番ですよというメッセージで、、、おっと、これ以上話したら結果がばれちゃいそうですね、笑

 

 

こうして私たち実習生の最終日は幕を閉じることになりました。えーん

 

 

この期間、私たち実習生は茨城で、立派な《イルクン像》を得ることができました。

茨城という、同胞数も学生数も多くない地方ではありますが、どんなときでも《작아도 고추알》精神で、ひたむきに茨城同胞社会を守り抜き、輝かせようとする同胞達を目の当たりにしました。

正直、茨城での組織実習は今回がはじめてのことで、前例のないなか行われたので、たくさん不安もありました。しかし、どんなときもキンジェホ委員長とシントンソン副部長は私たちを信じてくださり、時には厳しく、そしてたくさんの仕事を任せてくださいました。おかげで私たち実習生はたくさん成長できたとおもいます。ちょんまるこまっすんみだ。

 

また、この間、朝昼晩わたしたち実習生を気にしてくださり、たくさんの食事の場を設けてくださり、何にも取り替えられない貴重なお話を聞かせてくださったすべての同胞たちに、感謝の気持ちを伝えたいです。ちょんまるこまっすんみだ!

 

私たちはこれから、実習で学んだことを自身の生活に具現化できるよう、お互い切磋琢磨しあいながら成長していきたいと思います!!

 

みなさん、ちょんまるこまっすんみだ!!

 

ではでは、

バザーの日に、会いましょう!!!!!!!!!!!!!アップアップアップアップアップ

 

まってろ~いばらきーーーーー!!!!!!!!!!!!!びっくり

 

 

あんにょんはしんみか!!お願い
吾輩はかんしるである。あだ名はまだない。(シソとコチュアルに勝るあだ名募集中です!)

 

 

実習も残すところ3日となってしまいました。汗いやほんとに泣きたいです。
実習ラストスパートも、私たちは毎日とても貴重な体験をさせてもらっています!!

 

 

まず、10月23日に、朝高生たちの前で講演会を行いました。

 

 


二回目となる講演会でしたが、ふたりとも緊張しまくってしまい、、本領発揮とならずでしたが、朝高生達は私たちの拙い発表を真剣に聞いてくれて、一生懸命メモもしてくれて・・・笑い泣きドキドキ

 

 

 

本当に感謝しかないです。ちょんまるこまっすんみだ!!また機会があったら必ず、もっと立派な姿でトンムたちの前に立ちたいですグッド!

 

 


そして、昨日は一日中、つくばを訪問しました!!
水戸からつくばまでは、なんと片道一時間半!
歌をうたいながら楽しく話しながら向かいつつも、こうして最低でも週に一回つくば地域に向かい、いくら遠くても同胞たちを会いにいくということがどれだけ大事なのかを、身にしみて感じました。

 

 

つくばでは常任委員会に参加し、その場でも私たちが準備した簡単な学習をさせてもらいました。

 

学習の内容は幼保無償化問題について行いました。

支部常任のメンバーも真剣に聞いてくださり、質問の応酬となるとても意義深い学習になりました。

 

つくば支部は、リヒョンス支部委員長を中心に訪問談話事業を精力的に行い、去年の9月に支部常任委員を2人登用し、支部常任委員会を構成し、再建した支部です。セセデにも紹介された勢いある支部です。

 

常任の一人がお仕事の関係で関西地方へ引越し、常任委員は二人となり決して人数が多くない中でも、月に一度こうして集まって、朝青員たちがより楽しめる環境づくりに尽力されているおっぱ、おんにたちの姿はとても印象的でした。

そのあとは、食事をしてカラオケにもいって、本当に楽しいひとときを過ごしました!!笑い泣き

 


そして、、、

一時間半の帰り道もわたしたちは終始元気に、大爆笑しながら帰って、、、ゲラゲラ

 


深夜にようやく本部に着いた瞬間!!はじまりました-!!アップ

 

 

 

《深夜テンションで折込め!打倒!1000枚街頭宣伝ビラ!!》

 

 

 

おっと危ない瞳孔開きまくり!!!でもがんばりました!!笑

 


そうです!今日は、台風が来る中でも私たち朝青員はやります!雨にもまけず、風にもまけず!!

16時から水戸駅で、高校無償化、幼保無償化を求める街頭宣伝を行います!残念ながら台風の影響で大規模で行うことができなくなってしまったのですが、今日は私たちに任せてください!!頑張ってきます!!メラメラ