そういえば、ホームシアターインストーラーでした! | パソコン修理の『ゆーもあねっと』

パソコン修理の『ゆーもあねっと』

常に全力でバカをやり社会にとって唯一無二の存在になる。

普段はパソコン・家電の便利屋さんですが、
以前は、ホームシアターの設計&施工を行うホームシアターインストーラーでした。

というわけで、本日はそんなホームシアターインストーラーだった一面をご紹介します。



といっても、過去形じゃないですよ。
昨日、お伺いしたお客様です。

ここは、豊橋市駅前大通にある『豊橋メイド居酒屋 萌えの食卓改』
あの『ぽぷかる歩行者天国』を仕掛けたNPOほの国プロジェクトの本拠地でございます。

ここにプロジェクターを設置したいというご依頼があり、さっそくお伺いしました。
現場確認の上、ご用意させていただいたのはBenQ製のDLPプロジェクター。

店舗で使用するのを考慮すると、
液晶よりも明るさが稼げるDLP方式のプロジェクターをチョイスしました。

金具を取り付けたところ。
プロジェクターの重心を考慮して取り付けていきます。

さて、設置する場所ですが・・・。

萌えの食卓オーナー、戸川さんと色々と相談した結果、こうなりました。
梁のしたも検討しましたが、萌え食にいらっしゃるお客様が、
ハイテンションになって、プロジェクターに衝突することも考えられるので、
なるべく高い位置に設置しました。

次はスクリーン。

設置したスクリーンから、テストパターンを表示させ、センターを決めます。


こんな感じ。

使用するのは、サンワサプライ製の100型(4:3)手動型スクリーンです。

予算を考慮すると、これがイチバンコストパフォーマンスが高いですね。
直接壁に打ち付けるのではなく、フックでつり下げればOKですから。

センターから、距離を測って両サイドにフックを打ち付けて、スクリーンを吊り下げました。

水平も一発で決まりました!

さっそく投写です!

さすが、DLP。明るい!!

お店の照明を全開にしても、十分視聴に耐えられますね。

ちな、気になる予算ですが商品代金・工事費込みで10万円前後です。

私がホームシアターインストーラーとして、勤め人だった頃は、
やれ画質が云々とかいって、おそらくこんな仕事は承っていませんでした。

でもね、正直言うと一般のお客様にとって、
プロジェクターとスクリーンで映像を鑑賞するなんて、あり得ないっすよ。
それがね、こんな低予算でも実現するって事を考えれば、
私はそれで十分だと思うし、お客様も喜んでくれるし、良いんじゃないかと思うんです。

個人的には、例の屋根裏部屋にもスクリーンとプロジェクターを入れようかと考えてます。
そのときは、また、このブログでもご紹介致しますね。