『Let's note』が調子悪い? | パソコン修理の『ゆーもあねっと』

パソコン修理の『ゆーもあねっと』

常に全力でバカをやり社会にとって唯一無二の存在になる。

さて、久々の“パソコンばらし!”
本日のエモノはこちら!

ビジネスマンにの間ではとても人気が高い
パナソニック製ノートパソコン『Let's note』です。

頑丈な筐体の割りに軽い、しかも日本製!
そのせいか中古品としてもなかなか出てこない(ユーザーが手放さない)んですよね。
ある意味、MacBookみたいなね。でも、スタバで(`・ー・´)ドヤ!顔はできんかなぁ。


さて、本日お預かりしたのは、以下の2つの問題が発生したから。

パソコンを使っている最中、急に落ちる
・標準で搭載されている『128GB』のSSDから、『512GB』のSSDに交換したい

というわけで、前者の原因究明も含めてばらしてみました。


バッテリーを外して、背面のネジを取ってって・・・

パカッと。
ネジの数が多すぎる・・・(;^ω^)

にしても、ノートパソコンってのは本当に構造がシンプルですね。
手前左側の基盤にCPUやメモリが搭載されているいわゆるマザーボード。
ぶっちゃけ、ここだけでパソコンが動いているんですから、すごいですよ。

ただし、その分ここがどーにかなっちゃったら、パソコンを修復することは不可能です。
デスクトップだったら、色々やりようはあるんですが、ノートパソコンでは何もできません。
だから、修理となるとメッチャかかります。
そのモデル専用設計のマザーボードを持ってこないといけませんからね。
さらに、そのマザーボードには、CPUやメモリも搭載されているので、部品単価も高いです。

ということも理解しながら、慎重にパソコンをばらしていきました。
幾多のデリケートゾーンを乗り越えて(笑)

ここで、ついでなのでSSDを換装します。
こちらが換装予定の『512GB』SSDです。

実は、ここまでばらさないと交換できないワケじゃないんですけど、
オーバーホールという意味も含めてばらしました。

標準で搭載されていたSSDから新しいSSDへとクローンツールを使って
中身をまるごとコピーします。

これをそのまま搭載してあげれば換装終了。
ただ、クローンのままだと512GB中128GBまでしか使われていないので、
「コンピュータの管理」から、記憶領域を拡張させて換装完了です。


さて、肝心のパソコンが落ちるという問題ですが、
こちらは増設したメモリが不良でした。

メモリチェックソフトを使ってみたところ、すぐにエラーが検出されました。
というわけで、メモリを交換したところ、エラーが検出されませんでした。
そのまま、10時間ぐらい起動しっぱなしにしましたが、
急に落ちるといった現象もなくなり、至って元気に動いてます。


パソコンの修理以外にも改造もやりますので、
ご希望の方はぜひともご相談くださいませね。