ぐ-すか・ぶ-すか中国大冒険!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

うまいもの記録あらめ煮山形のだしのせざる豆腐季節の天ぷら梅肉と芽ひじきおから...

うまいもの記録。#庄内うまいもの  #民田なす

広東省開平市自力村楼閣


ぐ-すか・ぶ-すか中国大冒険!-広東省開平自力村楼閣1
広東省開平市自力村の楼閣群

のどかな田園の中に、ボコボコと無造作に立つ西洋風の建物。
「なんじゃこりゃ・・・?」と頭をかしげたくなる不可思議な光景です。ぐ-すか・ぶ-すか中国大冒険!-広東省開平自力村楼閣2
なんでも1900年初め頃、海外に出稼ぎに出てお金持ちになった華僑の間で
西洋建築を見よう見まねで建てるのが流行った(?)らしく、
ピーク時にはその数3000棟にものぼったとか。

しかし、中国に共産政権が発足すると、
お金持ちの家主達は建物をほったらかして海外に逃げちゃったそうなんです。

そして、この「のどかな田園の中に林立する寂れた西洋風ビル群」
という不可思議な光景が出来上がりました。

現在は1833棟が残り、2007年に世界遺産に登録されたそうです。
”知る人ぞ知る(?)”穴場の観光スポットです。
ぐ-すか・ぶ-すか中国大冒険!-広東省開平市内水上生活
開平市内の水上生活住居。
船の上もしっかり正月の飾りつけがしてあるところが微笑ましいです。

ぐ-すか・ぶ-すか中国大冒険!-広東省開平市赤坎町並み
開平市内から30分。古びたヨーロッパのような「赤坎」の町並み。
ほとんど手を加えられることなく、建築当時のそのままの姿が残っています。
町全体が1900年初頭にタイムスリップしたような町。
そんなノスタルジー漂う町で、人々は普通に生活を営んでいます。
ぐ-すか・ぶ-すか中国大冒険!-広東省開平市内
開平市内の古い建物。

香港からバスでたった4時間という場所に、別世界が広がっていました。

紹興の街並み

老街-11

紹興の街をぶらぶらしていると、中国らしい街並みがまだ残っています。
こういう街並みはなぜかほっとします。

老街-12

そんな紹興で見つけたお茶屋さん。
注意して見ないとただのボロ小屋みたい。

老街-19

勇気を出して入ってみると、やはりボロ小屋?
近所のおじさんたちがお茶や紹興酒を飲んでくつろいでいます。
みんな常連さんみたいで、自分の家みたい。

老街-17

使い古された家具。
壁は人が座ってもたれたところだけが白くなっている。

老街-14

でてきたお茶はこんな感じ。
ホーローの容器に茶葉をどばっといれてだしてくれます。
3元(約50円)也。

老街-16

壁に書かれている文字。
奥では店のおばちゃんが食事の準備中。

なんかほっとする街、紹興。


追記
お茶はいたって普通だったのだと思いますが、疲れていたのか熱いお茶が本当においしかったです。雰囲気も関係あるのかな?
メニューは何があるのかさっぱりわかりません。店に入ったら「紅茶?緑茶?」と聞かれただけでした。
まぁ、ケーキはないでしょうね。あっても注文しないほうがいいかも。中国のケーキは・・・。

紹興酒の町、「紹興」

八字橋-07
蘇州からバスで3時間、紹興酒の町「紹興」。
足こぎの舟に乗って、運河を巡る。

八字橋-20
生活感のただよう街並みをプカプカめぐる。
洗濯をしている人、ご飯を食べている人。
普段の生活を垣間見ることができる。

咸享酒店-04
名物はやっぱり紹興酒。お椀の真っ黒な液体が紹興酒。
味は塩っけのない醤油みたい。魚も鶏も貝も、全部紹興酒味。
さすがに口飽きしたけど、これでこそ紹興に来た甲斐があったというもの。

咸享酒店-03
「咸享酒店」。 雰囲気もなかなか良かったなぁ。

日々発展を続けている中国にあっても、のんびりした雰囲気を感じることができる街です。


【足こぎ舟】
東湖-13 「足こぎ舟」なんて勝手に命名しちゃったけど、本当はなんて名前なんだろう?
船頭さんが足で器用にこぎながら、手にもったオールで方向を変えていろいろなところへ連れて行ってくれます。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>