かなやんから紹介していただきました、まるちゃんこと丸山七海です。

引退までにだし巻き卵を積極的に作ろうと思います!

デイズで重いことを書いてしまって、周りの人から想像以上に心配の声をかけてもらってしまったので今回はポップな感じでいきたいと思います!!

私が艇庫の中で最も好きな場所はマネ寝室です!
理由その1)艇庫の中でちょっとだけプライベートスペースになるから
理由その2)寝る場所だから
理由その3)マネージャー同士でざっくばらんにおしゃべりできるから

理由その3が最も重要な理由です。
これは、特にこの1年間感じていたことで、この1年間はマネ寝室で後輩、同期関係なくいろんなおしゃべりをすることができました。
この時間が私は大好きです!!
引退して、できなくなってしまうことが寂しいです、、、

これまでで、1番学年関係なく仲良くなれた1年だったなと思います!!
マネージャーのみんな、大好きです!

マネージャー関連でちょっと心残りがあることが、同期後輩関わらず呼び捨てすることが難しかったことです。
私の人生で他人を呼び捨てにしたことが全くといっていいほどなくて、この部活動でも〇〇ちゃんやあだ名で呼ぶことが精一杯でした、、、
一生をかけて、乗り越えて行く所存です。

さて、次のブログ担当者は和久田萌です!
現在、せっせとMVづくりに励んでくれています!
行き詰まっているみたいなので、みなさん言葉とかのアイデアを提案してあげてください!

4年 丸山七海
なつなから紹介にあずかりました4年S組緒方奏です。なつなはいつも心配してくれていますが、お昼寝するときもあるし、最近人並みに食べられるようになってきたので、ご安心ください笑
.
.
「インカレで終わりじゃない」
これがいまのシンプルな気持ちです。
.
.
インカレで飛鷹が1着でゴールした時、涙を止めることができませんでした。それまで何度も何度も自分の中で一橋のクルーが1着でゴールする映像をイメージしていて、「現実だったら絶対なくなー」とは思っていたけれど、正直あんなに泣くとは思いませんでした、、笑
「同期がインカレ、全日本で金メダルをかけている姿を見たい」
というモチベーションで1年生のときからマネージャー業に携わってきた私にとって、信じてきてはいたけれど信じられない光景で、本当にうれしい瞬間であったことは間違いありません。


でも、それ以上に悔しい表情で倒れこんでゴールしたクルーのことが忘れられません。
あれほどまでに「日本一を本気で目指している」ということをまざまざと見せつけられた瞬間はない気がします。


全日本まで約1週間。残された時間はあまり長くないからこそ、もうすぐ最後だからとって思い出に浸るべき1週間ではないはず。


正直、部の日本一のためにマネージャーが何をできるのかは4年生となった今でもわからないから、勝利を信じることくらいしかできないけれど、約10日後、HUBCの部員全員が笑っていることを強く、強く、信じています。
10月28日みんなで笑いたい。2018seasonを一橋一色に染めたい。


いまのHUBCならかなえられると信じています。


本当はマネージャーとして考えてきたこととか書くつもりだったのに、なんだかアツい感じになってしまいましたが、このへんで終わります。


つぎは、まるちゃんです。実は、まるちゃんの作ってくれるだし巻き卵が大好きで、まるちゃんがシフトにいるときはいつもだし巻き卵作ってくれないかなーと思っています笑
ぜひ次の朝ごはん作ってほしいな!
こんちには、4年C組薗部夏菜です。

C組の権力者...笑
後輩からなめられがちなので、いい傾向かもしれないです。

りかによるクルー紹介、大事な部分が省略されてたので、以下追加で。

#3:りか
艇庫のアイドル。左利き。主食は人参。
同期で昔の写真振り返るとだいたいみんな黒歴史時代があるんだけど、りかは昔から一貫してかわいい。それに自分では気づいてなくて、自虐しまくるところが面白い。意外と毒舌。
私はりかちゃんが爆笑して笑い転げてる姿(たまにある)を見るのが好きです。引退しちゃう前にたくさん笑わせてください(^^)
—————————————

ボート部のマネージャーを選んだ理由は正直あまりよく覚えていません。

新歓の時に「シフト制で、シフトも早く発表されるからバイトも旅行もできるよ〜!」って新歓されて「え、いいじゃん〜!楽しそう!」みたいなノリで入部しました。

でも、しばらくボート部で過ごしてから、
「薄々気づいてたけど、私とんでもない部活に入ってしまった?」っていう日が来ました。
明らかに入部当時の心の持ちようで続けられるような部活ではないと気づきました。

しかし一方で、目の前の先輩たちがまっすぐに、一直線に日本一を目指す姿を見て、魅了されている自分がいました。

この先輩たちが勝って笑ってる姿が見たい

と純粋に思いました。

その思いは次第に強くなり、そうなると逆に、

週数回だけ泊まりにくる女マネってどうなの?
そんな中途半端な感じで日本一とか言えるの?
このままだと、本当にただごはんだけ作って4年間終わらない?

っていう疑問がふつふつと湧いてきました。
逆に女マネという肩書きが足かせに感じるようになりました。

ある日、女マネの先輩にこのモヤモヤを思い切ってぶつけてみました。

すると、
「それは自分次第じゃないかな〜。この部活には、夏菜にしかできないことがあるよ」と言われました。



はて?

その時はよく考えてもみませんでした。

しかし、上級生になり、少しずつ周りに目を向ける余裕が出てきたころ、自分の部活内での立ち位置というものをふと考えたときがありまし
た。

私はこの部活に何をもたらせるのか。

幸いなことに、私はトレーナーズでは社会人コーチや岩井さん(前SC)、マーキュリーチャンネルでは保護者の方々とつながっている。
女マネの数ある役職の中でも、部員以外とのつながりが強いポジションにいることに気づきました。

女マネのこの役職についている私にしかできないこと。

ボート部には漕手、COX、常駐マネージャー、女子マネージャー、監督、コーチ、OBOG、保護者の方々...あげたらキリがないほどの関係者がいます。
そういった人たちとなるべく多くの会話をして、一人一人の声を聞いて、それを実現したいと思いました。

コーチに話を聞いてみると
「昔はこんなことやってたよ〜!」って教えてくれたり、
保護者の方々は
「ボートのこういうことを部員の家族は知りたい!」って教えてくれたり、
自分1人じゃできないこと、わからないことにたくさん気づかされました。

漕手は1つのことに打ち込めてすっごいなーとか、
常駐さんはボートに詳しくていいなー
とか、
他人の立場を羨ましく思うことの方が多かった下級生の私ですが、
自分の立場を言い訳にしないで動くことができるようになってから、部活がみるみる楽しくなりました。

一橋大学ボート部の本気を一年生の私に魅せてくれた先輩方はもういませんが、
今の私には4年間一緒に頑張ってきた同期と、頼もしい後輩たちがいます。

あと2週間切りましたが、このメンバーで迎える全日本が最高に楽しみです。

薗部夏菜
——————————————

次は、みんな大好きかなやん〜!
動物に例えると「働きアリ」です。私はかなやんの隣のベッドで寝るのですが、だいたいかなやんのベッドは空っぽです。お昼寝してるのとかほとんど見たことないから、食べる量も少ないし、どこからそのエネルギーが出てくるんだって永遠の疑問です。
かなやん休むときはゆっくり休んでね!
おつかれさまです!
あさちゃんからバトンを受け取りました4年H組の田畑里佳です。

最後のまねぶろぐは、
マネージャー論ではなく、同期女マネについて書こうかな〜と思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
4年女マネのグループラインは「MG8+」という名前なのです。残念ながら艇名が無いのですが、そのメンバーを私の100%の独断で、ご紹介します。
このクルーは平均身長低め、テンション低めな故に圧倒的なパワーこそ無いものの、正式にこのメンバーで組み立ててから2年半以上も経つ、ベテランクルーなのです。
(シート順は何となくのイメージで選びました)

COX:かなやん
その小さい体からは想像できないほどめちゃくちゃ働く。人の為に尽くす事が得意で大好きで、まさに天性のマネージャー。女マネ時代は卵を盛大に床に落としたり、おっちょこちょいを繰り広げて厨房を賑わせていたのが懐かしい。
常駐に転向してからは、漕手とマネージャーをつなぐ架け橋となって、部内の至る所で大活躍している。(かなり遠い存在になってしまった気がして寂しいのが本音)
お米の箱を3階までせっせと運んだり、苦手だったはずのPCを駆使してワークビデオをアップしたりHPを作ったり恐るべき努力家。
自分のインスタは全く投稿しないのに、部のインスタの更新はめちゃめちゃマメ。
小動物のエサくらいの量しかご飯食べないし、一口も小さくて、食べるのもゆっくり。


S:もえ
ストロークはシュッとしたイケメンがちな印象なので、クールビューティなもえを起用。
基本スタンスが怠惰でテキトーな感じな所は自分と似たものを感じる。
でも、要領良し、頭の回転速しで何だかんだただのデキ女。スタート地点は同じでも、気づいたらいつも置いていかれてる。泣
機嫌悪い時は取り扱い注意で、おとなしくそっと離れた方がよい。
でも、MTGで議論がMG本位な流れになった時、サラッと漕手想いの発言をする事が度々あって、本当は心の優しい子だと思っている。
酔ったら普段は隠れている、一人っ子らしい甘え気質が見られて可愛い。全日本ナイトではぜひ酔わせて甘えてもらいましょう。


7:まるちゃん
平気で何時間も歩く、アイス主食でご飯全然食べない、次の日昼シフトなのに買い出しの後帰宅する、ベッドの上でずっと体操してるとか、変わった所が多々ある。
オンオフ切り替えがすごくて、スイッチ入ると鬼のように働く。
視野が広くて頭の回転も速くて、全体を見渡してみんなに的確に指示を出したりするのが上手。この前の上級生相模湖でもすごく頼ってしまった。
自分の事は顧みずに大変な仕事や嫌な事を進んでやったり、常に他人優先の判断で行動しているから、もっともっと自分の事大事にしていいのになって思う。
テンション高い時の女子棟でのまるちゃんの姿は、たぶん多くの漕手が見た事ないほど喋るし明るいし面白い。
引退しても、ボート部のコミュニティにちゃんとコミットして欲しいナ!ナ!

6:かのまい
ハイスペックという言葉が薄っぺらく聞こえるほど多才。詳細はみんな知ってると思うので割愛。
4年間共にして見つけたかのまいの欠点はただひとつ。自転車に乗れない事だけだった。
1年の新歓期、旅籠屋の帰り道で、「人見知りする意味が分からない」という発言をしているのを耳にし、かのまいと同期MGになる未来に不安を覚えたのは懐かしき思い出。
3年の時、固定シフトで一緒になってからめっちゃ仲良くなれた!と私は思ってる!シフト後にじょまね寝室で、お風呂にも入らず2時間近くカネ、男、美女についておしゃべりしたのが1週間の中で本当に楽しい時間だった。
かのまいの主成分は、思いやり。
自分の事は二の次で、誰に対しても平等に惜しみなく手を差し伸べてくれる。
その懐の広さ、人望の厚さから、色んな人の相談相手になっている。
端正な顔に似合わない古臭い言葉をたまに使う。

5:なつな
おしゃべりで明るくて、先輩後輩や漕手マネージャー拘らず、みんなと仲良くなれる。
最近は部員の保護者の方にまで勢力を広げている。
イベントとか楽しい事が大好きで、楽しそうな事が起きている所を見つけると、吸い寄せられるように飛んで行く。遊びの企画も得意。
でも実は心配性で繊細。
レース中のビデオシフトで激しく手ブレしてしまった時や、調子乗って余計な事を喋りすぎてしまった時に、かなり引きずって、自己嫌悪に陥って反省しているのが可愛い。
レポートなど提出物とかやるべき事を計画立ててコツコツやるのが上手で、真面目な努力家。
人より毎日たくさん喋ってるはずなのに、ずっと前の些細な会話とか覚えててくれたりして嬉しい。

4:ゆか
艇庫姉さん。お笑い、ラジオ、自然が好き。
喋り方や仕草は見た目通りふわふわ系女子に違いないけど、
意外と大胆で行動力があって周りに流されずに我が道をゆく、たくましい一面がある。
本人は否定しそうだけど、頭の回転が速くて、シフトの時は先を見込んだ行動をしていて、テキパキ動いてるのがすごいと思っていた。役職の仕事では頼りっぱなしでごめんなさい。
今年の女子部相模湖合宿で数日間ゆかと2人で過ごしたけどすごくストレスフリーで居心地が良かったなあ。
人の話を聴くのが上手で、つまんない話しても「うふふふふ」ってめっちゃ可愛い顔して笑ってくれるしすごい目見て聴いてくれる所が好きです。
唯一、涼しい顔して身長のサバ読んでるのは許しません(^∀^)

3:自分。以下省略。

2:あさちゃん
たぶんあさちゃんの紹介文にこの言葉が出ない事はないと思うけど、本当に真面目で素直で良い子。人に言われた事はまっすぐ受け止め、それに向かってひたむきに努力する。
シフトや に対しても本当にマジメに一生懸命取り組んで、今は分からないけど、昔は毎回一人で反省点を振り返って書き留めていたという話を聞いたことがある。
でも、意外と時間にルーズというかギリギリで生きてて、待ち合わせとかシフト前にはよく走って滑り込んでくる。
割とケータイ依存症。ずっとスマホケースの紐が手首にかかっているイメージがある。笑
嵐好きというギャップもあって、嵐について聞くと、イキイキとした表情で語ってくれます。あさちゃんまで虜にする嵐は、さすが国民のアイドル。


B:さっちゃん
外見も中身も女神。みんなから圧倒的な信頼を得ている癒し系女マネ長。真面目でしっかりしていて、冷静で、運転上手くて、さっちゃんがシフトにいる安心感はものすごい。私が合宿費を滞納したり、肉注文で大ミスをした時も、嫌な顔ひとつせずに対応してくれて、本当に頭が上がらない。
ドラマが大好きで、新シーズンがはじまると、面白そうなドラマの品定めをして教えてくれる。
会計係でもあるさっちゃんは今シーズン、ネットや100均でのお買い物にはまって(?)、厨房グッズを色々買い揃えてくれた。100均で買ってきた食器やお掃除用具を、「どうかな?」って嬉しそうに見せてくれるのが最高に可愛かった。
権力者だけど癒し系なので、後輩から写真を女マネ全体LINEにあげられがち。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

取捨選択ができずだいぶ自己満足で長い文になってしまいました。汗
後輩へのありがたい言葉とか残せなくて申し訳ないです…。
3年半を共に過ごした同期女まねの事を少しでも多く知ってもらえると嬉しいです!
全日本まで残り少し、このメンバーでゴールまで駆け抜けますので宜しくお願いします!


次はC組の権力者と1年生から恐れられている、夏菜です!
なっちゃん、よろしく☆⌒(*^∇゜)V
4年C組神山亜沙子です。

いよいよ最後のまねブログです。
個人的には、広報係として2〜3ヶ月に一度更新のお知らせ投稿をしてきたので、卒業するのが少し寂しいです笑

HUBCの一員としての気持ちはdaysに書き尽くしたので、こちらではマネージャーをやってきて思ったことを書いてみたいと思います。


4年間続けてきて感じたのは、
「誰かのためにすることは必ず自分のためになるし、自分のためにすることもきっと誰かのためになる」
ということです。

どこかで少し触れた気もしますが、私はもともと自分のためだけに自分を追い込むことが得意ではありません。かと言って、身を削って誰かのために尽くしたいと思っているかと言われると、それも違う気がします。
そんな私がチームのサポート役=「誰かのための仕事」である「マネージャー」という仕事を続けてこられたのは、「誰かのためにすることと自分のためにすることが一致していたから」だと思います。

もちろん、部活をしていて苦しいと思うことも結構ありました。そしてそれは上級生になっていくほど大きくなっていきました。
特にこの1年は思い返せばそれなりに大変だったなと思います。
まず組織体制が大きく変わり、最上級生としてやるべきことや考えるべきことも増え、組幹事もあって、自分のフィールドでも色んなことに挑戦しようとして、上手く動かせなくて、失敗して、もやもやして、、
部活に行くのが憂鬱な日も当然ありました。
仕事の出来ない嫌な自分ばかりが如実に見えてきて、全部投げ出したくなることもありました。

それでも、「ボート部を辞めたい」とは思わなかった。
というより、「辞めたくなかった」、「ここに居たかった」というのが正直な気持ちです。
それは、私にとってボート部が「漕手のために」と「自分のために」が両立する環境だったからだと思います。

シフトでごはんを作ったり、伴チャでタイムを計ったり、役職で出来ることを話し合って動いてみたり、MVを作ったり、そんなマネージャーとしての日々の仕事=「漕手のために」ある仕事が、大変ではあったけどなんだかんだ楽しかった。
「漕手のため」の仕事は間違いなく(スキル向上という意味でも)「自分のため」になっていたし、自分が楽しみながらやってきたことが結果漕手のためになっていたとも言えると思います。

そして、この「楽しさ」を生み出してくれたのは、間違いなく部員のみんなです。
漕手がレースで勝ったときはもちろん、誰かと何気ない会話で盛り上がったときなども、いつもポジティブな気持ちが湧き上がってきました。そしてこれは「自分のために」部活を続ける理由になりました。

特に一緒にいる時間の長かった同期女マネの存在は特別です。
それぞれ個性が強くて、正直高校までだったら全員が同じグループになるようなことはなかっただろうなと思います。
でも、そんなバラバラの9人が同じ目標に向かって頑張ってこられたこと、なんだか運命的にも感じるし嬉しいです。

細かいところまで気を配れたり、選ぶ言葉がいつも温かかったり、その場にいるだけで安心感を与えてくれたり、場の空気を作るのが上手だったり、仕事の段取りをするのが上手だったり、冷静に的確な指摘が出来たり、自分の思いをきちんと言葉に出来たり、純粋に楽しみながら仕事を頑張っていたり、、
こんな素敵な人たちばかりだから、それと比べて自分は、って思うことも一度や二度じゃありませんでした。
でも、周りにいてくれたのがこんな素敵な人たちばかりだったからこそ、欠けたところを補い合いながら、一度も迷うことなく部活を続けてくることができました。
みんなが同じ方向を向いていて、この人たちとならなんでもできるって思えました。一緒に続けてきてくれて本当にありがとう。

ボート部に入ってマネージャーができて、本当によかったです。
あともう少し、HUBCのマネージャーとして残された一瞬一瞬を丁寧に、大切に、過ごしていきたいと思います。


さて!次はみんな大好きりかちゃんです!
同じ日に入部宣言をしたのですが、あまりの可愛さに艇庫中がざわついたのを今でも鮮明に覚えています。笑
よろしくお願いします!\(^o^)/