【募集中】いっぺん死んでみるWS かおちゃんVer. | 心屋認定カウンセラー ふわふわプリンセスかおの居るだけでいいー♥️


私はいっぺん死んでみて




 翌日からの人生が

「おまけ」 みたいに感じたんです。




どうせおまけだから 

やりたいことだけやろ、って。





もちろん、死んでみて

いつ死ぬかわかんないから 

やれることやりたい!と思うのも◎ !





死んでみなきゃわからない!

でも、あなたの感じたことが

今ある全てなんです。





【募集中】

いっぺん死んでみるワークショップ

 

7月13日(土)10時半~12時半

@青森県八戸市 普賢院様ハナレ 4名様募集→残2名様

9月8日(日) 13時半~16時半 

@都内池袋駅付近  6名様募集→残3名様

 

お申し込みはこちら。

 

 

 

 

(のぶちゃん先生は来ません!

長谷部かおるが死へと誘います)

 

 

 

 

 

こんにちは♡

心屋可愛い担当のかおちゃんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私と一緒に仙台で死んだ←

こちらの美女ちほちゃんの

神記事をシェアさせていただきます。

 

 

 

 

ちほちゃんがワークショップの

感想シェアタイムに

「ちょっとお腹が痛いです...」

と言った時

 

 

 

 

「あー(´°̥̥ω°̥̥`)

誘わなきゃよかったかなー(´°̥̥ω°̥̥`)」

と思ってドキドキしていたのは

ここだけの秘密です←

 

 

 

 

 

↓ちほちゃんブログより

--------------------------------------

 

 

私は、

 

小さい頃から「死」への恐怖を感じていた。

 

 

 

 

 

 


難病の母が、いつ死ぬかわからない

 

という状況にもなる中で育ち、

 

 

 

 

自分が死ぬことも怖い。

 

お母さんが死んでしまうことも怖い。

 

 

そんな気持ちがずっとあった。

 

 

 

 

 

 

 


そして一昨年、

 

祖父と、母を見送り。

 

 

 

 

「死」というものを強烈に感じたわたし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

死ぬってどういうことなのか

 

すごく興味を持ったし、

 

 

 

 

 

 


それを前にして

 

自分にどんな感情が生まれるのかも、

 

すごく気になった。

 

 

 

 

ちほちゃんも書いてるけど

このワークショップをうけると

 

 

 

 

その後みんなで話して

笑えること、泣けること、

 

 

 

食事をすること、帰路につくことさえも

「あー生きててよかった(笑)」

って思えるんです。

 

 

 

 

 

当たり前の人生を

当たり前にもっと楽しんでいいんです。

 

 

 

 

 

 

いつも忙しく頑張っているあなたに、

 

 

 

頑張らなくていいと言われても

納得出来ないあなたに、

 

 

 

私なんて全然頑張ってないよ

まだまだだよと思っているあなたに、

 

 

 

 

ぜひ受けて欲しいワークショップです。

 

 

 

 

 

忘れていませんか?

 

 

 

 

 

死ぬ事だけは誰にも変えることの出来ない

事実だということを。

 

 

 

 

何を持って行けるでしょう?

何を置いていけるでしょう?

生きるってなんでしょう?

 

 
 
 
 
 
 
よかったらこちらも
読んでみてください。
 
 
 
 
 
 
 

 

お申し込みはこちら。