ヨシモトレイのよもやま話

ヨシモトレイのよもやま話

何とかなるだろう「ケ・セラ・セラ人生まっしぐら」
芸能界嫌いだがそこにしか居るしかない、
偏屈ジジイの戯言ブログです。
役者を愛し大衆演劇を愛し、
頑固・天邪鬼と思われようと言いたいことは言います。

NEW !
テーマ:
以前にも書きましたが、
大衆演劇の名鑑があったらと思います。

大衆演劇の雑誌『KANGEKI』

大衆演劇「公式」総合情報サイト0481.JP



などには載ってはいますが、
もう少し詳しく知りたいと思うことがあります。

例えば『おはぎさん』がブログに書かれていたように、


劇団・座長・役者の相関図などあったら、
きっと楽しいでしょうね。

この役者さんとこの役者さんは兄弟弟子なんだ!
など面白そうです。


ただ、実際に名鑑を作るとなると、
並大抵の労力が必要とされます。

まず、劇場ですが、
常設の大衆演劇専用小屋だけでなく、
センター・温泉・ホテルなど全国に散らばっており、
これらを取材となると・・・

それ以上に大変なのは
劇団・座長・役者の名鑑。

2003年に雑誌『芝居通信(廃刊)』を出していた
オフィス・ネコ社が『大衆演劇座長名鑑』を出版しましたが、
30近い座長さんが載っていません。


それは大衆演劇という特殊な形態、
1ヶ月公演で各地を回る劇団・座長・役者。
それぞれをインタビュー・取材となると
どれだけの人員と時間を費やすのか・・・
オフィス・ネコ社も
引き続き劇団名簿を発刊する予定が挫折しました。

座長名鑑は各劇団にアンケート用紙を送付し、
それを記入返還してもらう予定が、
なかなか返ってこない。
再度催促のお願いしても結局返ってこずに、
有名座長さんでも漏れてしまいました。

また、はっきりと断られた座長さんもいたそうです。


まだまだ閉鎖的な部分もある大衆演劇。
想像しただけでも大変な困難な作業とは思いますが、
時代は今やSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)全盛。
ネットでの取材などで昔よりは・・・


いまや大衆文化として認知されている大衆演劇のはず。
是非とも雑誌『KANGEKI』さんで
企画・発刊して欲しいですね
NEW !
テーマ:
昨日の桜川翔座長のブログです。 役者にとって体調管理は必然ですが、 人間生身の身体です。 いつ何時健康を害さないとも限りません。 時には精神的解放も必要でしょう。 座長というのは過酷な職業なので、 大変だと思います。 あと5日 どうぞ劇場に足を運んでください。 高槻 千鳥劇場 (たかつき ちどりげきじょう) 大阪府高槻市高槻町18-5 高槻センター街ジョイプラザビル2階 072-683-8600 JR東海道本線「高槻駅」から徒歩5分 阪急京都線「高槻市駅」から徒歩3分 名神高速「茨木IC」から
NEW !
テーマ:


紀州屋良五郎さんのブログです。

恥ずかしながら劇団輝という名も葵一門も全く知らず、
紀州屋良五郎さんの記事で興味を持ちました。

同じように劇団獅子・獅童礼斗座長も知りませんでした。
ただ、月城小夜子さんは松竹新喜劇時代の芝居が
強い印象で残っております。
藤山寛美相手に丁々発止の芝居をする女優さんでした。
喜劇的センスはもし松竹新喜劇居たら
藤山寛美の娘藤山直美と双璧をなして居たかもしれません。

残念ながらある事情で退団せざるをえず、
その後劇団武るなどに一時在籍して居たようですが、
息子さんと一緒にやっているんですね。

Ameba人気のブログ