思考を文字化して人生の主導権を取り戻せ!

あなたは人生の主導権を自分で握っていますか??知らぬ間に奪われてしまった主導権は、思考を文字化することで取り戻せます

自分が日本一になり、仲間を日本一にする。

この理念に共感した仲間たちが集まるコミュニティ、

【日本一のランチ会】

全国18都道府県で155回開催しております。
(2016年6月末時点)

どんなランチ会なのか?こちらをご覧ください。




日本一のランチ会の参加募集は
下記ボタンから登録できるメルマガ読者を優先しています。

メルマガ登録はこちらをクリック!!☆


テーマ:
◎好きな人の名前を間違えて呼びますか??
 
たった18秒で人も仕事もお金も引き寄せる
自己紹介の専門家、「すごい自己紹介」著者の横川 裕之です。

あなたは、毎日のように会っている好きな人の名前を、【あえて】間違えて呼ぶことってありますか??

【あえて】としているのは、本当の名前を知っているのにもかかわらず、その名前を呼ばずに、意図的に変えるということです。

141114写真


知り合ってから、まだ2~3回目なら、勘違いして間違ったということがあるかもしれません。

ボクは横川ですけど、何人も【横山】って勘違いしてくれています。

この間違い、ボクは非常にイヤなので、個人的なメールやメッセージをいただいたら、気分のいい時は間違ってますよ~って、返信しますが、大抵の場合、そのまま放置です。
 
と、そんなボクの話はともかくとして、あえて間違って名前を呼ぶなんてことはしませんよね??

もし、あえてやっているなら、それは悪意を持ってやっているとしか思えません。


さて、ここからが本題です。

あえて人の名前の例を先に出しましたが、ボクが本題としたいのは、【お金】に対してなんです。


この日本に住んでいる以上、お金に触れない日はないと言っていいくらい、お金とは密接に関わっています。

そこで、お金を人格化してみましょう。

1円玉さん、5円玉さん、10円玉さん…1万円札さん。

それぞれの硬貨、紙幣に対して、名前がきちんと用意されていますよね。

よくブログやFacebookなどの販売記事で、【円】ではなく、【縁】の字を使っている人を見かけませんか??

そもそも、単位が違うんだから、日本銀行が出している硬貨や紙幣で支払っちゃダメですし、販売側も受け取っちゃダメですよね??

あれを見る度に、この人はお金を嫌っているんだなぁ~って思うわけです。

だって、【あえて】名前を間違えたカタチで発信しているんですよ??

もし、お金が好きなら、そんな当て字を使わずに、そのまま【円】の字を使って発信すればいいですよね??

でも、お金が嫌いだから、というよりも、受け取ることに引け目を感じているから、こういう、当て字を使ってごまかしているんです。

この当て字を使ってしまう人は、例外なく、お金に対するメンタルブロックがあって、素直に受け取れないっていうのを、自ら発信していることにもなるんです。


【円】は使うことで【縁】になるんだから、この文字を積極的に使ったほうがいいんだよ、


って、教えてる人がいるようですが、円を縁にするのは、お金を使う人であって、お金そのものに、そんな役割はありません。


お金は、それぞれの人が感じる価値をひとつの基準に統一したものです。


一般には、ビジネスではお金を払ってもらう事が多いですが、昔は物×物交換だったわけで、
それが今ではたまたまお金が使われている、というだけの話です。

つまり、「お金」というのは、色々ある価値の中の1つに過ぎず、「数値」として表せるので、これを指標としているだけなのです。


さて、話を戻します。


もし、あなたがお金だったとしたら、こうやって、名前をあえて間違えるような、自分を大切にしてくれない人の元に行きたいと思うでしょうか??


まず行かないですよね??


お金に愛される人になるためには、まず自分からお金を愛することからです。


あなたは、愛する人の名前をあえて間違って呼ぶようなことはしませんよね??


価値を提供して、お金をいただくことに遠慮する必要はありません。


堂々と値段に【◎◎◎◎円】と書けばいいんです。


この文章をここまで読んで下さった
あなたが、心明るく、軽く、温かく、
幸せになれますことを心からお祈りして、
この文章を締めさせていただきます。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

■ 1日1%自分革命のヒント ■
自分革命のヒントを送っています。また、日本一のランチ会やワークショップの先行情報など、メルマガ読者限定の情報も発信しております。

ご登録はこちらから
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
◎読み応えのある文章をスラスラ書く3ステップ

いつもお読みいただき、ありがとうございます。
横川です。

文章は書きたいんだけど、いざ書こうとすると、
手が動かない…。言葉が出てこない…。

そんな相談をよく受けます。


実際、文字化力強化合宿に参加された方でも、

話すのは得意だけれども、書くのは苦手、

という方がいらっしゃいました。

それでも3ヶ月訓練を続けていただくと、
とても書くのが苦手だとは思えないほどの
読み応えのある文章を発信されます。



では、読み応えのある文章をどう書けばいいのか??

下記の3つのステップで、それが可能になります。


1.締切時間を設ける

2.その期限までに出せるだけの
  文字量を出すと決めて書く

3.頭に思い浮かんだこと、
  心で思ったことをそのまま文字にする



シンプルでしょう??
 
文章が書けない、っていうのは、
ただの思いこみであることが多いです。

さつき珈琲

その思いこみの正体は、

「読んでもらうからには
 いいものを書かなきゃいけない」
「人と同じ考えじゃダメだ…」
「こんなの誰でも言ってるよな…」

っていう、自分をよく見せたい虚栄心だったり、
人より劣っていると感じる劣等感だったりします。
 

こんな思いこみは百害あって一利なしです。

  
文章を書きたい、その先にあるのは、

自分の思いを伝えたい、
自分の提供する価値を伝えたい、
 
というように【伝えたいものを正確に伝える】
ことが目的としてあるわけです。
 
 
文章を書くスキルというか、
正確に伝えたいことが他人に伝わるスキルは
一生涯必要になってくるし、
一生涯求められる貴重な財産になります。
 
 
文章が書けるようになるための
一番の方法は、単純ですが、
 
【毎日書く】そして、
可能なら【見てもらう】ことです。


先ほど挙げた3ステップを
意識して3ヶ月続けていただければ、
このスキルは自然と磨かれていきます。
 
   
それをひとりでやるのは難しい…
という方のために企画させていただいたのが、
【文字化力強化合宿】となります。 

この3ステップを本日で10週間続けられてきた、
大阪でさつき珈琲という
喫茶店を経営されている呉村秀幸さん
が、
こんなシェアをしてくださいました。
 

 もう10週が経ったのですね。
  最初の頃はペースがわからず無理をしながら
  取組んでいました。合宿じゃなかったら
  早い段階で挫折していたかもしれません。
 
 1ヶ月ほどすると、ペースが掴めるようになって
  来て日常の中に組み込んでいました。

  今までこれほど続けて考えを文字にする事が
  なかったので、脳を鍛えているというか
  考えを搾り出しているというような実感が
  ありました。
 
 いまこれを書く前に最初の1週間分を読みましたが、
  子供の頃の卒業作文を読んでいるような感じで
  恥ずかしくなりました。

  すごくよそ行きな感じが出ていますね。
 
 今もお題によってスラスラと書ける時と、
  少ししか書けない時と、同じ15分間で差が出ます。

  それでも書く速度については、
  かなり早くなった実感があります。

  時間を制限して追い込んで書くことが
  効果がある事もわかりました。

  時間をたっぷり取って、ゆっくり構えて書くよりも
  内容も文字量も良いものになる事が多いです。
 
 普段の仕事でも同じ事が言えて、制限をかけてその範囲で
  おさめようとした方が、良いものが出来やすいです。

  つい余裕を持って時間を
  たっぷり取ろうとしがちですが、
  詰め込んだ方が火事場の馬鹿力のような
  威力を発揮できます。


これは全体の文章の一部分を切り抜いたものですので、
実際に書かれた文章はもっと長いものになります。
  
 
人は締切を設定しないと動けない生き物です。
 
そして、その締切までの期限が短ければ短いほど、
脳に負荷がかかり、それでもなんとかして
回答を出そうとします。
 
 
すると不思議なもので、頭の中で考えているだけでは
出てこないような言葉が、ふと出てくるのです。
 
まぁ、文章を書くことを通じて、
混乱していた頭の中が整理され、
潜在意識にあったものが現れるんですね。

そうした整理された思考を表現するために
使われた言葉たちが、読み応えのある文章を
作ってくれているのです。

これを3ヶ月続けていただければ、
文章を書くのが苦手…
と言っていた方々が、
ここまで読み応えのある文章を
書けるようになります。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
◎高額であるにもかかわらず、それでも全ての人に薦めるのは…

私の保証

広島に訪れる世界各国VIPの通訳を、彼らからご指名でされている中尾好美さん。
 

彼女は通訳の他にも、企業のビジネスマナー研修講師、司会、そして主婦・母親業など、ひとりで何役も努めるスーパーウーマン。
 
しかし、そんなスーパーウーマンな彼女でも苦手意識を持っていたことがありました。それが、文章を書くことです。
 
友人に文章が書けないことを相談した彼女は、
「話が上手いんだから、それをそのまま文章にすれば??」
と言われ、即答で、
 
「いやいや。文字に落とすということは100倍のエネルギーが必要よ。通訳ならA4一枚分簡単に10分で即座に訳せても、翻訳となると同じ分量が半日かかってしまう。やっぱり話が上手いのと文章が上手いのは全く別の話よ!」
 
と、聞く耳持たず。
 
そんな聞く耳持たずの中尾さんが、文章に対する苦手意識を克服すべく【文字化力強化合宿】にご参加下さり、その終えた後の感想を書いて下さっています。
 

仕事の依頼が増えた、家族との関係が良くなった、異性にモテるようになった、などその変化を細かく書いて下さっています。
 
文章が苦手だと言っていた彼女が3ヶ月で得た成果をぜひ読んでみて下さい。

 
以下、彼女の文章です。

 
==ここから==

 
言葉の重要性を認識した三か月でした。

 
☆参加する前の悩み
 
ズバリ、文章を書くことに苦手意識があり、それを克服したかったからです。
 
講師や通訳、通訳ガイド、司会を長年しているので、話すことは職業としてのプロです。
 
話が上手いとほめられます。
 
それなのに、Facebookで毎日のように投稿する友達のことを、文才があっていいなあと羨ましがっていました。
 
友達に
 
「話が上手いのだから、それを文章にすればよいだけの話よ。
簡単じゃない。」
 
と言われても
 
「いやいや。文字に落とすということは100倍のエネルギーが必要よ。通訳ならA4一枚分簡単に10分で即座に訳せても、翻訳となると同じ分量が半日かかってしまう。やっぱり話が上手いのと文章が上手いのは全く別の話よ!」
 
と全く聞き耳を持たない私でした。
 

☆参加を決断した理由
 
それまでは私が書く文章と言えば、報告書のみ。
 
報告書ですから簡潔さが求められます。
 
出来るだけ簡潔に書くのが上手い文章なのだと思っていました。
(合宿中に簡潔であることと言葉足らずは大きな違いがあることを学びました。)
 
そして、ある研修でチームワークとしてブログを書かなければならないことになりました。
 
苦手意識があるので、忙しい私が更にブログを書くことに時間を取られて立ち行かなくなることは明らかでした。
 
とにかく文章力を上げたいと考えていた時に、ランチ会と18秒自己紹介ワークに参加し、横川さんに話を聞く機会がありました。
 
即決出来ずに少し悩んだのは、他に受講しているものと同時進行になってしまいどちらかに全エネルギーを注げないということ。
 
そして横川さんが
「教えませんよ。」
と言っていたので教わらずにどのように文章力が向上するのかが分からなかったからです。
 
ランチ会から合宿のスタートまでたった2週間でした。
 
アルバイトでライターをしている人に相談したら、
 
「へえ~そんな訓練法でそんなにお金を取るの?
良かったらタダで教えますよ。
文章なんて書けば上手くなるんだから。」
と言われました。
 
でもマンツーマンだとお互いが忙しさを言い訳にして進まない可能性も多いにあり、お金を払ってでも確実に文章力が向上する方を選ぼうと思いました。
 
また最後ギリギリまで迷った末決断したのは、次の開催は未定であると言われたことがポイントでした。
 
もしも仮に最後であるとしたら、受けなかったことを後悔をするだろうと思ったので、やらないでする後悔よりも、やったうえでの後悔を選ぼうと思いました。
 
また私は色々な仕事をしていて、その状況ごとに「○○をしている中尾です」の○○の部分が変わります。
 
しかし18秒自己紹介で自分を知ってもらう時に何を強味にすれば良いのかを迷う私がいました。
 
それで自分を見る作業をしたいと考え受講を決めました。
 
 
☆取り組んでいる最中の感情の変化
まずPDF(http://pmlifect.com/mojika.pdf)で合宿の内容を読み、参加者の声を読んだ時、その文字量の多いことに驚きました。
 
仕事以外では、自分の好きなジャンルや興味のある読みものしか読まないので、かなり読み応えがありました。
 
また参加者の声を読み、こんなに沢山書ける人がいるなんてスゴイなあと感心していました。
 
取り組んでしばらくするとだんだんと自分の投稿の文字量が増えていきました。
 
一つには曖昧な表現やわかりにくいことは横川さんからツッコミを入れられるので、気をつけて曖昧な表現を避けてわかりやすく説明をするという習慣がついたこと。
 
もう一つには、書いている内に書くことが楽しくなってきたので自然と文字量が増えていったという理由です。
 
日記と違い、読んでくれる同期の仲間がいるから、仲間に読んでもらいやすいように書こうと心がけました。
 
また必ず読んでもらえるということは書くというモチベーションをキープする上でとてもありがたいことでした。
 
最初は文章を書く苦手意識を無くすことが主な目的だったので、そのことで頭が一杯で、お題を順に取り組むことが、自分を掘り下げていく構成になっていることには気が付きませんでした。
 
しかし、しばらくすると、上手く練り上げられたお題を順に取り組むと、自然と自分のことを見る作業をしているのだということがわかりました。
 
合宿中は、投稿するために、深く考えるようになりました。
 
文字量を多く書くためには思考を深く掘り下げる必要がある、と横川さんが言われていたことが、実際にやってみて初めて腑に落ちました。
 
今まで考えたこともないようなことを、なぜだろうと考える作業は楽しくもありました。
 
だっていつも深く考えていくのは、全く関係ない人のことではなく、自分自身のことですから。
 
またお題に対する投稿文を見ていると、同期の仲間の考え方がいろいろ違うのがわかります。
 
なるほど、このような受け止め方もあるのかと勉強になります。
またコメントを書いてもらうことが励みになるし、勉強になるので、私も出来るだけ全員にコメントを入れました。
 
コメントを入れるためには投稿文をしっかり読まなければなりません。
 
ですから自然と読む力もつきました。
 
なにしろ、最初に文字化のPDFを読んだ時にはその文字量に圧倒されそうでしたが、今は圧倒されずに読めます(笑)
 
 
☆3ヶ月間での変化
 
〇書くことに対する苦手意識がなくなり、文章を書くことを楽しめるようになった。
 
私が合宿に参加したメインの目標は達成されました。
しかも苦手意識がなくなっただけではなく、書くことを楽しめるようになったことは素晴らしい成長です。
 
〇言葉の使い方に敏感になった。
 
講師をするときの言葉の使い方や、通訳をする時の言葉の選び方を気をつけるようになりました。
結果、仕事でもパフォーマンスが上がりました。
 
〇圧倒的に書く文字量が増えた。
 
日本語でも英語でも、わかりやすい文章を書くことを心がけるようになった結果、文字量が増えました。
 
〇Facebookで発信するようになった。
  
横川さんに「このような記事を発信するとよいですよ。」と促され、こんな記事でよいのかしらと思いながら、発信しました。
以前は事実のみの投稿内容でした。
自分の考え方も書くようにしたら、色々な反響があり、楽しくなりました。
発信に対する考え方が変わりました。
 
〇主人との関係が良くなり、朝の出勤時と夜の帰宅時にハグをするようになった。
 
主人も機嫌よく、家族も喜んでいる。
人間関係の基本の家族ですが、後回しになっていました。
これで胸を張って、人に人間関係のことを語れます♬
 
〇人の言うことを真剣に聴くようになった。
特に家族は喜んでいます。
これまでいい加減に聴かれて一番嫌な思いをしていたのは家族ですから。
  
〇継続できたことで、自信がついた。
 
てっきり自分は三日坊主だと思いこんでいたので、私でもやれば出来るのだと自信になりました。
 
大げさに聞こえるかもしれませんが、自分自身の短所だと思っていたので、やればできるという経験は本当に貴重です。
 
次に何かに挑戦する時も、この経験を活かします。
 
〇成長する仲間の様子をリアルタイムで見ていると人間はきっかけさえあれば短期間で成長することがわかった。
 
ケーススタディではなく、リアル事例ですから、とても勉強になりました。
 
横川さんの「教えない」スタンスを尊重して、私もカウンセラー目線から気が付いたことがあっても、あえてコメントを控えました。
 
自分で気が付くその貴重な経験を奪ってはいけないからです。
仲間の成長が自分のことのように嬉しかったです。
 
〇仕事の依頼が増えた。
 
合宿で考え方が成長したからでしょう。
今後も増えるはずです。
 
フリーランスの私は仕事の依頼件数がそのまま仕事の評価ですから嬉しい限りです。
 
もちろん、それに伴う収入もアップです。
 
〇異性にモテるようになった。
注:家庭があることは公言しています。
 
しかし、たった3か月の間に何度も言い寄られるのは、おそらく「人の話を真剣に聴く」が身に付き、その変化が功を奏したものと思われます(笑)
 
〇教わらなくても、自分で考え、気が付くようになった。
 
安易に答えを聞こうとするよりも、まずは自分で考えてみる癖がつきました。
 
〇教えない導き方が勉強になり、人の指導法が変わった。
 
カウンセラーとして、クライアントにどの程度アドバイスや指摘をするべきか決め兼ねていたので、横川さんの本人に気付かせる指導法が勉強になりました。
 
〇英語の研修用のFacebookの非公開グループを作り指導するやり方を導入した。
 
試行錯誤を繰り返しながら改善しています。
ここで感じたのは、この研修を受けている人達は自分で研修代を払っていないので、研修費用以上のことを吸収するぞという意欲に欠けるということです。
高い研修費の場合、必死に勉強します。
だから上記に書いたライターに無料で文章を教わっていたら合宿参加のような成果は得られなかったはずです。
 
〇自分が提供する講座などの価格を高くすることが、受講生のためでもあり、自分自身の成長にも繋がるということを知った。
 
実際に自分が経験しないと、言葉で教えてもらってもわからなかったことだと思います。
これは予想もしていなかった合宿の成果です。

〇潜在意識の勉強が出来た。
 
潜在意識を勉強中ですが、同期の仲間の投稿がとても良い勉強になりました。
投稿の端々に、顕在意識としてはそのように言っているけれど、潜在意識では望んでいることが異なるのだなということが表れていて、勉強になりました。
 
〇会ったこともない同期の仲間と深い仲間意識で繋がった。
 
誰一人楽に合宿を終えた人はいません。
仕事をしながら、子育てをしながら、睡眠時間を削ったり、何とか時間を捻出しながらも、仲間の投稿やコメントに励まされながら、やり抜いた感覚は中学校の部活の感覚に似ています。
他では経験できない仲間意識を楽しみました。
 
〇誰に対しても何事にも感謝するようになった。
 
継続して毎日感謝するように決めて取り組んでいると一瞬一瞬が感謝の対象であることがわかり、自分が十分に幸せであることが認識できました。
 
☆オススメしたい方
 
文章力に苦手意識を持つ人だけではなく、自分を成長したいと考えている全ての人におススメします。
 
いくら私がここで良いですよと書いても、全てを伝えることは難しいし、実際に経験しないとわからないことだらけです。
 
高額であるにもかかわらず、それでも全ての人に薦めるのは、その金額以上の価値があるからです。
 
「Aやる」と「Bやらない」の二つは両方を経験しないとどちらが良いかは判断できません。
 
私は判断するときの基準はどちらがより後悔しないかです。
 
Aの「やる」を選べば、必ず大きな学びがあります。
 
 
だから挑戦することに価値があるというのは正しいです。
 
失敗を恐れて、後悔を恐れて、何もせずに部屋に閉じこもっている人生を送るためにこの世に生まれたのではありません。
 
失敗などは存在しないこの世の中ですから、成長したい人は私の保証書付きでおススメします! 
 
== ここまで ==
 
中尾さんにここまで書いていただいた文字化力強化合宿の第11期を下記日程で開催します。
 

この合宿で行うことは、Facebookのグループページを使って、ボクが毎日出すお題に、15分で回答していくことです。

では、なぜその1日1題15分で、受講生が変化していくのか??

その秘密も合わせて公開していますので、ぜひ下記PDFを読んでみてください。


☆文字化力強化合宿 第14期
7月31日(月)~10月29日(日)
募集人数:残り3名

詳細はこちらをクリック!!
⇒ http://pmlifect.com/mojika.pdf
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。