ミルガード・サッシ用網戸を作りました | 住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

名古屋で自然志向の本物の輸入住宅を造りたいと思って、カナダから外壁用レンガ、ドライウォール用資材、バスタブ、キッチン・洗面キャビネット、水栓金具、自然素材等を輸入しているビルダーです。環境・アレルギー・アトピーの症状に配慮した家づくりを目指しています。


テーマ:


輸入住宅の樹脂サッシでよく使われていたミルガード(Milgard)。

今回福島のお客様から輸入網戸を2枚作って欲しいというご依頼を
頂きました。

お客様から頂いた寸法や仕様を基に、アメリカから部材を取り寄せて
ホームメイドで作った網戸がこちらです。

網戸の幅や高さ、厚みもお客様から頂いた寸法通りですし、網戸固定用
のテンション・スプリングや取っ手も付いています。

輸入サッシの網戸のフレームはアルミで出来ていますから、鉄工用の
ノコを使えば、比較的簡単に切断出来ます。

ただ、樹脂製のコーナー材の大きさも頭に入れてカットしないと、
変な大きさのものが出来てしまいます。

切断用のノコも電動や手動のものなど、いくつか試しながら
一番きれいにカット出来るものを選びました。

そういうことに気を遣いながら、私がこの網戸を作ったのですが、
クオリティは如何でしょうか。

簡単なように見えますが、切り間違いや切断面のきれいさも考えて
作業するのは、ちゃんとした道具や細かな気遣いがなければ
出来ないかも知れません。

網戸のフレームが曲がってしまったり、コーナー材が劣化して
割れてしまったりしたら、新しく網戸を作っては如何でしょうか。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

むらピョンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ