明日は、下田へ出張修理 | 住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

名古屋で自然志向の本物の輸入住宅を造りたいと思って、カナダから外壁用レンガ、ドライウォール用資材、バスタブ、キッチン・洗面キャビネット、水栓金具、自然素材等を輸入しているビルダーです。環境・アレルギー・アトピーの症状に配慮した家づくりを目指しています。


テーマ:


社内での木部塗装と外装の防水処理が完了し、旧ハード(Hurd)社製の
輸入サッシを修理する為に、伊豆の下田へ伺います。

今回修理をするのは、写真に写っている掃出しサッシの可動側のドア
1枚と大きなケースメント・サッシの建具2枚、その網戸1枚と
ケースメント用オペレーター金物3セットの交換です。

掃出しサッシのドアにはハンドルロックがあるのですが、古いドアに
付いていたものを流用することは出来ませんから、交換用のドアに
取り付けられる新しいハンドルロックも交換します。

掃出しサッシのドアもケースメントの建具もペアガラスの内部に雨が
入って曇ってしまったというトラブルだったのですが、アルミクラッドの
木製サッシの場合ガラスだけを交換するということは出来ません。

ですから、メーカーに新しい建具を製作してもらって、それを既存の
窓枠にはめ込むという方法で交換します。
(ドアは戸車も滑らなくなったということで部品を交換します)

ペアガラスの曇りや内部結露は、構造上どんなサッシでも避けられない
トラブルですが、適切な外装の防水処理を定期的に行っていれば
そのリスクを最小限に減らすことが可能です。

当然、今回交換する新しいドアや建具(障子)は、そういったことを
自社で行った上で取付けしますから安心ですが、それ以外の既存の
サッシは外壁の塗り直しの際に一緒にメンテナンスをするのが
望ましいと言えます。

それにしても、輸入のドアは大きくて重いですよね。バンの車内は
これだけでスペースがなくなってしまいました。

下田まではちょっと遠いですが、安全運転で行ってきます。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

むらピョンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ