住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

名古屋で自然志向の本物の輸入住宅を造りたいと思って、カナダから外壁用レンガ、ドライウォール用資材、バスタブ、キッチン・洗面キャビネット、水栓金具、自然素材等を輸入しているビルダーです。環境・アレルギー・アトピーの症状に配慮した家づくりを目指しています。

タイトル




          ホームメイド 作品集 ダイジェスト


        (どんな家づくりをしているか、上の文字をクリックしてご覧下さい)




大幅な円高・デフレ・超低金利! 輸入住宅での家づくりはチャンス




ご契約頂いたお客様をレンガ積み建築の本場、トロントに無料でお連れします!




                ~建築相談はここから~




こちらは、先日ウェザーストリップの劣化をお伝えしたミルガード
(Milgard)製ケースメントサッシの窓枠部分。

建具(障子)を開けて、窓の下枠を写真に撮りました。

下枠には2ヶ所穴が明いています。

1つは、窓を閉めている時強い雨風で窓枠内に雨が入り込もうとした際、
その雨水を穴の中へと誘導する為の水抜き穴。

もう1つは、その雨水を窓枠の外に出すための排水穴。

水抜き穴が塞がっていると、溜まった雨水が窓枠内に溢れますから、
最悪の場合室内に雨漏れが発生します。

排水穴が詰まっていると、窓枠のフレームの中に水が溜まってしまい、
それが一杯になれば水抜き穴の方へと逆流して溢れてきます。

ですから、どちらも重要な役割があるのですが、このおうちの以前の
所有者の方が、その両方をわざと塞いでいました。

今の所有者であるお客様から、このサッシは室内に雨漏れするんだけど、
どうしてだろうというご相談を頂き、調べた処それが発覚しました。

以前の所有者の方は、恐らく穴の中に砂やゴミが入り込んで通水出来ない
状況になったり、台風などでたくさんの雨が降って、雨を排水出来る許容量を
越えてしまったりした時、水が部屋に溢れたのだろうと思います。

そこでサッシを調べてみた処、こうした穴を見付けて、この穴から雨が逆流
してきたのではないかと考えたのではないでしょうか。

でもそれは、反って雨漏れを助長するだけで、予防の効果は全くありません。

それよりも、サッシ枠を定期的に掃除して、穴に入り込んだ砂や泥を
水流で押し出してやることで、雨漏れのリスクを最小限にすることが
出来ると思います。

勿論、絶対逆流しないということはないと思いますが、逆流のリスク
よりも排水出来ないリスクの方が何倍も高いと思います。

素人判断は控えて、専門家に問題を相談したり、メーカーがどうして
こうした穴を明けたのかを考えたりすることが大切ではないでしょうか。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。


昨日、浜松のお客様からハード(Hurd)社のサッシのメンテナンスについて
ご相談を頂きました。

いろいろとメンテナンスする窓があるのですが、最も不具合が大きいのは
ダブルハングサッシ。

写真のように、建具(障子)の木部が黒く腐ってきているものが、いくつか
存在するようです。

恐らく何年も前からこうした症状は出ていたでしょうから、既に建具フレーム
の中身はスカスカになくなっている状況かも知れません。

これは、屋外側の上窓の下枠アルミとガラスとの隙間に雨が浸入して、
徐々に建具の中を腐らせたのが原因だと思います。

ですから、このまま放置すれば、建具が窓から脱落する恐れもあるんです。

ただ、ハード自体はしっかりした会社ですから、こういうトラブルでも
新しい建具を供給してくれる体制は整っています。

それでも、20年も前の古いダブルハングの仕様では新しい建具は作れません。

ですから、サッシ枠側に付いている樹脂製のレール部材(ジャム)も
一緒に交換して、古いサッシ枠に新しい建具が馴染むようにしてやる
必要があります。

まあ、こういった修理に慣れた私たちなら、特に難しいことはありませんが、
輸入住宅に精通していないリフォーム業者さんがやったのでは、相当
ハードルが高い仕事になるでしょうね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。


千葉のお客様からローウェン(Loewen)製のハーフサークル・サッシ
(半円窓)の部材が破損したので、交換したいという相談を頂きました。

屋根付きのインナーバルコニーの屋外側の壁に取り付けられた窓のようで、
半分屋外のような場所にある感じらしいのです。

破損したのは、オークで出来た木製の飾り格子(グリル)。

脱着出来るタイプのもので、室内側のガラスに張り付く形で取り付けます。

その格子が割れて3分の1くらいがなくなったような状態ですが、この窓は
結構高い位置にあるサッシで、殆ど人間の手が触れることはないと思います。

ですから、脱着時に破損したとか、何かが当たって破損したとかという
ことは考えにくいので、何か他に原因があるはずです。

お客様に確認した処、半屋外といった場所にある為に木製グリルが
劣化して破損してしまったというお返事を頂きました。

確かに雨には当たらないかも知れませんが、常に戸外の空気に曝され、
湿度や温度の変化も大きな場所にあるでしょうから、木目に沿って
割れが入ってしまうということは考えられます。

また、恐らく塗装も室内用のニスのようなものしか塗っていないでしょうから、
木の膨張・収縮を抑える効果も殆どなかったのかも知れません。

(私たちなら、屋外用防水塗料としてパラペイントのティンバーケアを塗る
処ではありますが・・・)

何れにしても、メーカーに確認して、交換部材の調達が可能かどうかを
相談してみないといけませんね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。


今日、名古屋市のお客様の輸入住宅に伺って、ミルガード(Milgard)製
ケースメントサッシの修理調査をしてきました。

サッシ枠や建具の周囲に付けられているウェザーストリップ(気密パッキン)が
劣化したので、交換がしたいというご希望でした。

それは、台風の際にオペレーターの付近から雨が室内に浸入してくるので、
ウェザーストリップが悪くなったのが原因ではないかということからでした。

実際のウェザーストリップの写真が、こちらです。

建具(障子)の下端は、ウェザーストリップが擦り切れて残骸を残して
なくなっている状態ですし、サイド部分は1cm間隔くらいで割れが入って
使えなくなっています。

確かにこれだと建具と窓枠との隙間から雨が中に入ってくる恐れがありますが、
実は原因はこれだけではありませんでした。

取り敢えず、ウェザーストリップの交換をするように段取りをしたいと思いますが、
ミルガードのウェザーストリップは非常に特殊で手に入りにくいのです。

それでも何とか入手ルートはありますから、調達をするように手配をしたいと
思います。

ウェザーストリップ以外の雨漏れの原因については、また次回記事に書かせて
頂くようにしますね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。


今日、あま市の古いお客様の処に伺って、カナダのローカルなサッシ・
メーカーのシングルハングについて、修理調査を行ってきました。

こちらのお客様は、20年以上前に私が勤めていた会社が建てた輸入住宅
なんですが、私が退職した後全く輸入材に対応することが出来ず、
不具合も放かりっぱなしになっておりました。

そこで、今回私の方に修理のご相談を頂き、メンテナンスをすることに
なりました。

写真は、調査の際に使い物にならなくなったユニーク社製のチャネル
バランサーを外してきたものです。

バネが錆びて途中で切れてしまい、吊り紐を巻き上げる滑車とバネが
分離してしまっています。

こうなると、バランサーで建具を吊ることが出来なくなりますから、
うまく窓を開けられないといった症状が出ます。

ただ、今回はサッシの両袖に付いているバランサーの片方だけが
切れたという状態でしたから、辛うじて片側のバランサーで窓を開ける
ことは可能です。

そして、今回初めての経験ですがもう少し幅が狭いシングルハングの
サッシには、チャネルバランサーではなくコイルバランサーが装着されて
いるではありませんか。

勿論、普通の輸入サッシ・メーカーであれば、バランサーを変えるという
ことはあり得ないのですが、この窓メーカーではその常識はなかったようです。

幸いコイルバランサーそのものには不具合はありませんでしたので、
今回は付属部品のみの交換修理を行いますが、珍しいことがありますね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。


こちらは、ミルガード(Milgard)製引き違いサッシ用のロック・
クレセント。

引き違いだけでなく、上げ下げ窓(シングルハングやダブルハング)にも
使われたりしますね。

このタイプのロック金物は、多くの輸入サッシで採用されていますが、
似たような形でも微妙に違うというものがたくさん存在します。

ですから、形だけでなく、全体の大きさや取付け穴の位置や間隔、
ストッパーの有無などといったことをチェックしないと、調達したは
いいが取付けが出来なかったなんてこともあります。

今回のお客様にも既存のものの写真を送って頂いて、それと同じ形状・
同じ大きさのものを調達しました。

このロック金物は、鋳物で出来ていますから結構丈夫なんですが、
建具同士の噛み合わせが固かったりすると、回転する爪が削れたり、
レバーが抜けてきたりします。

ロックがスムースに行かないようなら、長く気持ちよく使い続ける為に、
取付け調整をしておきたいものですね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。


昨日、北名古屋市のお客様から、コーラー(Kohler)のキッチンシンクの
細かな傷やボヤっとした汚れをどうやってきれいにしたらいいかという
ご相談を頂きました。

コーラーやアメリカンスタンダード(American Standard)といった
輸入住設メーカーのキッチンシンクや洗面ボウルは、国内の輸入住宅で
広く使われています。

エナメルのホーローで出来た大きなワン・シンクのベーカーズフィールド
などは、輸入住宅好きの皆さんにとっては憧れの商品だったと思います。

ただ、そんなシンクも使い続けていると、細かな傷(スクラッチ)が
付いたり、そこに油汚れが入り込んでせっかくのツヤが失われてしまう
なんてことがよくあります。

そこで、メーカーの国内代理店に傷の取り方やメンテナンス方法について
問い合わせをしたのですが、これと言ってメンテナンスをする方法がない
という返事しか返ってきませんでした。

そこで、製造しているアメリカ本土でどうしているか調べた処、ちゃんと
シンクやボウルの傷や汚れに対処出来るクリーナーがあることが分かりました。

写真は作業の前後を撮ったものらしいのですが、本当にこれくらいきれいに
なれば嬉しいですよね。

勿論、こういったクリーナーを使う前に、ある程度の油分や汚れを取り除く
必要があると思いますが、クリーナーを併用することで更に美しく蘇る
のではないでしょうか。

こういったメンテナンス用の材料なんかも輸入出来ますので、ご希望の方は
ご相談下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。


今朝は、用事を済ませる為に、近くのコンビニに歩いて出掛けました。

その途中、ご近所さんの花壇に咲いているツツジを発見。

赤い花はまだツボミでしたが、白いものは今が盛りというくらい
きれいに咲いていました。

まだ4月の半ばだというのに、ちょっと今年は早いですねぇ。

さて、そんなツツジやサツキが咲く時期に気になるのは、毎年の如く
「シロアリ」の旅立ち。

無数の羽アリたちが、小さな巣穴から一斉に飛び立つのです。

その数は尋常ではありませんから、数匹見付けただけなら、それは
羽アリの残骸(行き場が見付からず、死ぬ寸前の虫)かも知れません。

何れにしても、羽アリが出るシーズンはこの時期しかありませんから、
巣を見付けて駆除する絶好のチャンスなんです。

勿論、建物から遠い庭や近所の林なんかに巣があっても、気にする
ことはありません。

家のすぐ際などに巣があったり、家のどこかから羽アリが飛び出して
きたりしたら、この機会に駆除すべきです。

シロアリに対してあまり神経質になる必要はありませんが、放置する
のはいいことではありません。

この記事をお読みになった皆さんは、是非週に1度は家の周囲を歩いて
シロアリの蟻道が家の中へとつながっていないか、チェックしてみると
いいかも知れません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。


こちらは、ミルガード(Milgard)社の両開きの2連ケースメントサッシ。

ガラス内に飾り格子も入っていて美しい上に、格子がガラス掃除の邪魔にも
ならず窓拭きもしやすいと思います。

ただ、この輸入サッシは左側のペアガラスが曇ってしまっています。

これは、屋外側から雨が入り込んだいわゆる内部結露という不具合です。

こうなると、ペアガラスを交換するしか直す方法はありませんが、一般的に
アルミクラッドの木製サッシではガラスだけでなく建具(障子)ごと交換
になってしまいます。

しかし、こうした樹脂サッシの場合は、割れやすい樹脂製のガラス押えさえ
破損させないように外すことが出来れば、ペアガラスのみの交換は可能です。

勿論、正確なガラスの大きさを確認して、それに合わせてペアガラスを
新しく作らなければなりません。

ですから、ガラス押えは、寸法計測時とガラス交換時の2回取外し・取付け
の両方を行います。

何度もガラス押えを触りますし、交換時のガラスの位置出しや交換後の
防水処理も適切に行う必要がありますから、結構気を遣う仕事です。

でも、ちゃんと以前の美しいデザインを取り戻した時は、気持ちいいですよね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。


ハード(Hurd)社のダブルハングサッシは、スプリング式のバランサー
によって建具の開閉をサポートしています。

写真の部品は、スプリングと建具とを接続する場所に使われていますが、
プラスチックで出来ているので、経年劣化で割れてしまうことがあります。

そうなると、バランサーで建具を引っ張り上げることが出来なくなりますから、
窓の開閉が出来ない状況になるのです。

多くの場合、このクラッチシューを新しいものに交換してやれば、元通りに
直りますから、バランサーのバネの交換は要りません。
(勿論、スプリングも一生持つ訳ではありませんが・・・)

ハードも輸入住宅ブームの際はよく採用されたサッシですので、こうした部品も
そろそろ交換時期に来ています。

メンテナンスを疎かにせず、常にスムースに使えるようにしておきたい
ものですよね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。