住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

名古屋で自然志向の本物の輸入住宅を造りたいと思って、カナダから外壁用レンガ、ドライウォール用資材、バスタブ、キッチン・洗面キャビネット、水栓金具、自然素材等を輸入しているビルダーです。環境・アレルギー・アトピーの症状に配慮した家づくりを目指しています。

タイトル




          ホームメイド 作品集 ダイジェスト


        (どんな家づくりをしているか、上の文字をクリックしてご覧下さい)




大幅な円高・デフレ・超低金利! 輸入住宅での家づくりはチャンス




ご契約頂いたお客様をレンガ積み建築の本場、トロントに無料でお連れします!




                ~建築相談はここから~




知多のお客様からペラウィンドウ(Pella)製のダブルハングサッシが
腐ってきたので交換したいというご相談を頂きました。

写真は、上下の建具が重なる合わせ目の部分を上から撮った処です。

上窓の建具の木部が黒く変色していて、中が腐っているのか木枠に
割れも入っている感じです。

ロッククレセントの受け側(ストライク)が上窓側に装着されていますが、
そのビスも抜けてきていて全く利いていない状態です。

ペアガラスの内部にも結露があるようですから、恐らくガラスが曇ってきて
初めて建具の腐りがあることに気付いたという感じでしょう。

アルミクラッドと呼ばれる窓の建具は、屋外側にアルミカバーが付いて
いますので、一般的に雨に強く耐久性があるように思われていますが、
アルミカバーとガラスとの境い目やアルミとアルミとのつなぎ目は
徐々に隙間が空いてくることがあり、そこから雨が浸入する危険性が
あります。

そういった部分から入った雨は、建具の下枠の中に溜まってしまい、
それが蒸発してペアガラスの中へと入り込む可能性があります。

つまり、ペアガラスが曇った段階で、木製建具の中には雨が浸入しており、
中で木を腐らせているということになります。

こうなってしまうと、ペラの場合は建具を新しいものと交換する以外
方法はありませんが、当然下窓の建具やこのおうちのその他のサッシでも
将来的な雨漏れによる木の腐りが心配です。

ですから、ペラだけでなく他社のアルミクラッドの木製サッシをお使い
であれば、全ての窓についてガラスやアルミ枠の防水作業を行うことを
お勧めします。(10年に一度、外壁の塗替え時に行いましょう)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。


大阪のお客様からミルガード(Milgard)製スライディング・パティオドア
(掃出しサッシ)のロックを直したいというご相談を頂きました。

写真のように、ハンドルに付属しているはずのロックレバーがなくなって
いますから、鍵は掛けられない状況のようです。

この場合単純に考えると、ロックレバーだけを調達して、ハンドル内に
装着してやれば直るような気もしますが、ドアに内蔵されたロック金物が
正常に動くかどうかは、この状態では分かりません。

ですから、ハンドルやロック金物等をドアから外すなどして、一連の部品が
全て正常に動くかどうかを確認する必要があります。

その上で、不具合のある部品を私たちに連絡してくれれば、正しい部材を
アメリカから調達してお渡しすることが可能となります。

ただ、こちらのお客様は、あまりおうちのメンテナンスをご自身でされた
ことがないのか、事前チェックには消極的な気がします。

勿論、私たちがリスクのありそうなパーツを全て調達して、お客様に
お渡しすることも可能ですが、それらを装着するにもハンドル等を分解
して取り外す必要があります。

そういう意味では、部材の取外しを事前にやるか、部品が来てからやるか
の違いだけでやることは同じですから、調達前に分解作業を行って
頂けるのが一番です。

ただ、やったことがないと、何をどう触っていいのか分からないという
状態で無理矢理外して壊してしまうなんてこともありますから、それは
それで困ります。

出来れば、私たちに修理調査から取付け・調整までご依頼頂くのが
一番いいのですが、それはお客様側のご都合に拠りますのでご判断を
お任せする以外にありませんね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。


日進市のお客様からベルックス(Velux)のトップライトを開閉する時に
使う手動開閉用のロッドを調達したいというご相談を頂きました。

この道具は、高い場所の天窓を開け閉めする際は、ロッドをいくつか
繋げて長くするのですが、繋ぐ部品が壊れてしまい延長出来なくなって
しまいました。

メーカーに部材の供給を相談した処、壊れた棒の部分だけの販売は
出来ないけれど、セットでの供給は可能とのことでした。

接続金具は非常に簡単な作りになっていますから、簡単に直せそうな
気もしますが、細い棒の中に付いている部品が破損したようなので、
ロッドごと新しいものに交換した方がよさそうです。

20年以上前に施工したおうちですが、天窓もメンテナンスが出来ますし、
交換部品も同じものが手に入りますから、大したものです。

(ベルックスの天窓でも、既に製造を終了しているものもありますから、
全てのものが調達可能という訳ではありませんのでご注意下さい)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。


滋賀のお客様から輸入サッシの網戸用固定ピンを調達したいという
ご相談を頂きました。

サッシは、メーカー不明の木製アルミクラッド・サッシ。

頂いた網戸の写真には、頭のツマミ部分が黄色く劣化した網戸固定ピンが
写っています。

写真を見る限り、私共がマーヴィン(Marvin)やハード(Hurd)の網戸用
として調達しているものが使えると思います。

私たちの網戸ピンは、樹脂製のシャフトを使っていますから、昨今のアルミ
シャフトに比べて装着がしやすいと思います。

また、写真のように頭のツマミ部分は経年劣化してきますが、樹脂シャフトは
窓枠の中に隠れてしまう為、殆ど劣化しないというのが普通です。

そういう点を踏まえて、私たち ホームメイドは樹脂シャフトのスクリーン
ピンをご提供するようにしておりますので、必要な方はご相談下さい。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。


ホームメイドが会社を設立したのが2000年。そして、最初に手掛けさせて
頂いた輸入住宅が、塗り替えの時期を迎えました。

玄関周りは、カナダ製の積みレンガで飾り、全体は同じくカナダ製の
塗装済み木質ラップサイディングを1枚1枚丁寧に張ってあります。

この白いサイディングは、カタログでは25年は色落ちしないという
ことでしたが、そろそろ塗装が剥がれ出してきていることもあり、
塗り替えることとしました。

でも、国産のコンクリートサイディングが10年程度で塗り替えをする
ことを考えると、耐久性は驚異的と言えるかも知れません。

確かに少々お値段はしましたが、20年持つということを考えると、
足場代を含めた1回分の塗替え費用、200万円が浮くことになりますから
お値打ちと言えるかも知れません。

屋根は、40年保証のカナダ製アスファルトシングル屋根材を葺いて
ありますから、今回塗装や葺き替えといったことは行いません。

屋根のない一部のウッドデッキは劣化が進んでしますから、この部分は
撤去して新たな木製手摺を取り付ける予定です。

アメリカ南部のコロニアルスタイルのデザインで建築したおうちですが、
手を尽くして造っただけのことはあると思います。

昨今、円安やウッドショック、物価や建築資材の高騰といった悪材料が
住宅産業に降りかかっていますが、焦って安いおうちの住宅メーカーと
契約すると、こんな家は建たないでしょうね。

それよりも、もっと収入を上げる為に仕事をして、十分貯蓄が貯まってから
物価が落ち着いたタイミングで家づくりをすることを考えるべきだと思います。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。


お客様から輸入サッシに付属している網戸の取っ手を調達したいという
ご相談を頂きました。

どこのサッシかは不明ですが、写真のような樹脂製の取っ手が付いています。

輸入網戸の取っ手はいろいろ種類がありますが、形状や大きさの違いが
あってもおおよそどれでも取り付けることが可能です。

また、樹脂以外でも亜鉛メッキされた金属で出来たものもありますが、
破損しにくい分手触りがイマイチで、樹脂のものの方がお勧めです。

確かに樹脂製の取っ手は、15年くらいで交換しなければいけませんが、
グラスファイバーの網を交換するタイミングで一緒に交換出来ますから、
然程取り替えに面倒なことはありません。

窓の屋外側に設置した網戸は、網も取っ手も劣化するスピードは早く
なりますが、定期的に掃除をしたり手入れをしたりすれば、その分
寿命は延びますから、メンテナンスするように心掛けて頂きたいです。

こういった小さな輸入部品も取り寄せることは出来ますが、それでも
輸入に係る送料はそれなりに掛かりますので、少し多めに調達された方が
費用はその分得かも知れませんよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。


お客様から掃出しサッシのロックを解除した後のドアの写真を頂きました。

サッシは、ミルガード(Milgard)製のスライディング・パティオドア。

ドア枠の中に隠れているロックラッチ(鍵爪)を解除しようと、いろいろ
手を尽くした様子が窺い知れます。

ドア枠側には、ノコギリのようなものを使って縦に長い穴が明けられた様子が
見受けられます。

また、ドア本体の方もドアハンドルを無理に外して、ドアの中に内蔵された
ロックケース(モーティスロック)を破壊して、ロックを解除しようと
した感じのようです。

恐らくこのメーカーのロック金物の仕組みを理解していない状況で、無理に
外そうとしたんでしょうね。

壊す前に私たちに何らか相談してくれたなら、ここまで破損することは
なかったかも知れませんが、やってしまった以上仕方がありません。

自分たちでは何とも仕様がない状況の時は、私共のような輸入住宅のプロに
相談して、出来るだけおうちが傷付かない形で復旧して頂きたいと思います。

まあ、取り敢えず鍵が外れたということで、ベランダに出られるようには
なったと思いますが、今度は鍵が開いたままになりますから、防犯上は
心配ですよね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。


佐世保のお客様からシングルハングサッシ(下窓だけが開閉する上げ下げ窓)
のバランサーを調達したいというご相談を頂きました。

サッシは、インシュレート(Insulate)製の樹脂サッシ。

2つのタイプのサッシがあるらしく、それぞれの窓についてバランサーの
詳細をお聞きしました。

頂いた情報からすると、大きな窓の方が「16 3」。小さな窓が「19 2」という
ことでした。

ただ、ここでおかしいのが、通常数字が大きくなるとバランサーの長さが
長くなり、小さな数字になると短くなるのですが、実際はその逆です。

恐らく、バランサーが古くなってその刻印(印刷)が見えにくくなって
きているのか、刻印自体が間違っているかということが考えられます。

刻印を大きく撮影した写真を見ると、恐らく「19 2」ではなく「13 2」
なのではないかと私は思います。

ここを間違えると、せっかく調達してもサッシに装着することは出来ません。

言われた通りのものを手配するのではなく、間違いやミスがあるかも知れない
状況では、ちゃんとお客様に確認を求めることも大切ですね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。


日進市のお客様からミルガード(Milgard)製スライディング・パティオドア
(掃出しサッシ)の鍵が掛かったまま開けられなくなったというご相談を
頂きました。

写真は、開かなくなったサッシと同型のものですが、ロックの鍵爪(ラッチ)が
上下に2つ付いていて、ガッチリと鍵が掛かる構造(ダブルフック・ラッチ)に
なっています。

この部分は、鍵を掛けた時にドア枠の中にスッポリ入ってしまって、
外からは全く見えなくなってしまいますから、ロックラッチが動かない
状態になっていたら、ドア枠に穴を明けて解除する以外に方法がなくなります。

勿論、そうでない場合もありますから、最初からドア枠を傷付ける必要は
ありませんが、慣れていないと相当難しいかも知れません。

また、ドアに内蔵されたロック金物(モーティスロック)が悪いのではなく、
ロックレバーに不具合がある場合も鍵が掛かったままになることもありますから、
そういったことも一度チェックする必要があります。

但し、ハンドルの取付けビスがドア枠に非常に近い距離にある為、普通の
ドライバーではビスが外せないなんてこともありますから、適切な道具が
ないと手も足も出ませんよ。

今回、ロック金物とロックレバーの2つをアメリカから調達して、交換及び
ドア調整をする予定です。

単純に交換さえすればそれで終わりなんてことは通常はありませんから、
ちゃんと原因を突き止めてそこを解決しておく必要もありますね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。


昨日、豊橋市のお客様の処で、ポジー(Pozzi)社製ダブルハングサッシの
上下建具の交換を行いました。

ポジー社自体は既になくなってしまいましたが、ポジーの建具を新しく
作り直してくれるというメーカーがあって、そこに頼んで交換用建具を
製作してもらいました。

8ヶ所(建具合計16枚)の交換修理をピッタリのサイズで無事に終えることが
出来ましたが、建具を両サイドで吊っているバランサーが1本破損していました。

バランサーの先に取り付けられたバランス・シューと呼ばれる部品の樹脂部分が、
経年劣化で割れて建具のピボットバーを保持出来なくなりました。

残ったもう一方のバランサーでどうにか建具を吊ることが出来ましたが、
片方だけでは建具の開閉が重く、開けても少し下がってくる感じです。

この部品はポジー独特のものなのか、あまり見掛けたことはありません。

建具を製作してくれたメーカーに再度問い合わせをして、バランス・シューだけを
供給してもらうか、左右のバランサー本体を供給してもらうか、何れかをお願い
したいと考えております。(もしかしたら、全く同じものはないかも知れません)

今回は樹脂部品の経年劣化ということですが、バランサーは施工から15年程度で
定期交換をするパーツです。

輸入の上げ下げ窓をお使いの方は、ポジー以外でも15年程度を目安に取り換え
することをお考え下さい。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。