おかたづけサポートサービス
おうちのたなおろし

大阪・池田在住の
整理収納アドバイザー、かつべえつこです。

『モノとキモチをたなおろししたら、暮らしはずっとラクになる』をモットーに
モノとのつきあいかたのヒントをお伝えしています。

 

派遣の職場のパソコンが、新しくなりました。
 
仕事では、マクロを使ってExcelファイルどもをどんどん自動印刷するのですが
今までのパソコンだと
い…んさつ…を…していますよ………多分………
ぐらいのスピードだったのが
インサツインサツインサツインサツインサツインサツ!!!
になって、
「印刷なかなかできねえなあ。」という私のイライラも減って
当社比で仕事がさくさく進みました。
 
なんとかとハサミは使いよう、という諺がありますが
『切れないハサミでも使い方によっては何かの役にたつように、
なんとかも上手に使えば役にたつのですよ。』
『なんとかを悪く言っているのではなく、使う側の技量を問うているのですよ。』
と言われても、
ハサミはハサミでしかないのだから
切れないハサミを無理して使うより、よく切れるハサミでスパンスパン切る方が気持ちいいし
いくら使う側に技量があっても、
使うならなんとかよりハイスペックな人の方がええだろうと思うのです。
 
 
何が言いたいのかというと、
若い頃に買った、肩パットがバリバリに入ったの喪服
パットを取ったらまだ着れるかなあ?と悩むよりは
今の年代と流行に合った喪服をさっと買ってしまった方がよいと思うのです。
 
でも、この喪服ちゃんとしたところで買った高いやつやし…
今同じようなスペックのモノを買うのは財政が厳しいし…
買い替えたら、「出番待ってるんか?」って思われるかもしれないし…
…って悩んでいる間に、
肩パットバリバリ状態で出向いて
故人を偲ぶ気持ちよりも羞恥心の方が勝ってしまう
なんてことになりかねません。
 
…といいつつ。
私も「結婚したし体型も変わったし(!)向こう10年は着れる喪服を買おう」
と喪服を買い替えてから10年が経ったわけですが
 
肩パット入ってないし、スカートも膝が隠れる丈だからまだ大丈夫。(多分)
 
整理収納サポートサービスについては→こちら
セミナー・イベント情報は→こちら
をごらんください。

ポチっとしていただけると
やる気がみなぎります。


にほんブログ村

 

おかたづけサポートサービス
おうちのたなおろし

大阪・池田在住の
整理収納アドバイザー、かつべえつこです。

『モノとキモチをたなおろししたら、暮らしはずっとラクになる』をモットーに
モノとのつきあいかたのヒントをお伝えしています。

 

最近の私の関心事は「子供の勉強法」でありまして。
暇さえあれば
「塾なし 高校受験 大阪」や
「勉強 苦手 子ども 対策(原因)」などで検索して
出てくるあれこれを読み漁っています。
 
 
そこで。
私のブログを読んでくださっている方(友人知人を除く)
一体どんな方だろう…と考えてみたのですが
今までの私の行動に鑑みると
 
整理収納アドバイザーになりたいと思っている人
趣味や特技を活かして起業したいと思っている(している)人
 
そして
 
おうちを片付けたいと思っている人
 
だと思うのです。
 
片付けたいとは思ってるけど、なかなかやる気が出ない…
 
という声をよく聞きますが、
こういうブログを読んだり、おかたづけの本を買ったりする時点で
 
実はやる気はすでに出ていて
あとは実際に動いてみるだけなのかもしれません。
 
というわけで、まずは目についたゴミを捨てるところからはじめてみましょうか。
 
 
整理収納サポートサービスについては→こちら
セミナー・イベント情報は→こちら
をごらんください。

ポチっとしていただけると
やる気がみなぎります。


にほんブログ村

 

おかたづけサポートサービス
おうちのたなおろし

大阪・池田在住の
整理収納アドバイザー、かつべえつこです。

『モノとキモチをたなおろししたら、暮らしはずっとラクになる』をモットーに
モノとのつきあいかたのヒントをお伝えしています。

 

先日、某FMのDJさんが
 
若者の活字離れというけれど、
ワカモノはSNSやブログを読んでるから
語彙力の低下とかは、そんなに心配することじゃないと思うんだよね
 
というようなことをおしゃってたんですが。
 
シロートが書いた誤字脱字ねじれ文だらけの文章読んでも
語彙力や文章力なんかつかねーよ。
 
 
※ちなみに、わざと脱字を仕込んでおいたんですが、お気づきですか?
 
…と毒づきつつも、私も「文章で情報を発信している者」のハシクレ。
できるだけ「正しい文章」で「私の思い」を「伝えたい」なあと思っていたところ
いろんな意味でちょうどいい講座が開催されるとのことで
参加してきました。
 
「見て」楽しむ大人の文章表現講座
 
講師は株式会社コトバノミカタの代表、本下瑞穂先生。
以前、本下先生の「チラシの作り方講座」にも参加して
とてもわかりやすく、的確に「チラシを作る際に気を付けるポイント」を
教えていただけたので
今回もわくわくしながらうかがったのですが
 
コトバ=情報の記号
 
というオハナシが、私にとっては非常に目からウロコでした。
 
私は「文章より図の方が頭に入ってくるタイプ」なのですが
※なので「見て」楽しむに惹かれました。
「この言い表せない気持ちをなんとかして伝えたい」っていうのは
結局
言語化したい。
ということなのね。私もコトバを味方につけねば…。
 
ワークショップで「絵を見て説明的文章を書いてみた」ところ、
私の文章は
簡潔に伝えようとするあまり、なんだか温かみに欠ける
ような気がしました。
ブログでは「私なりのやさしさ」と「私らしさ」を出すために
若干(?)ふざけて婉曲表現しているけど
もう少し「わかりやすく」した方がよいのかもしれません。
 
というわけで、前回の記事をわかりやすくしてみましょう。
 
===
(前略)そのような洋服は
 
一度実際に着てみて外に出て
鏡やガラスに映っている自分をチラっと見てみる

 
ぐらいのことをしないと、なかなか客観的に見ることができません。
 
それができないようなお洋服は
潔く処分するか、思い入れがあるモノなら
「洋服」としてでなく「思い出の品」として洋服とは別におさめるのが適当ですが
「でもまだ着れそうだし…」
「思い出というほど思い入れもないし…」となってしまう方は
まずは片付けよりも、判断力を鍛えることからはじめましょう。
===
 
…なんだろう、あんまりやさしくないしょぼん
「ヤバイ」という言葉は「やさしさ」でできているんだね。
 
整理収納サポートサービスについては→こちら
セミナー・イベント情報は→こちら
をごらんください。

ポチっとしていただけると
やる気がみなぎります。


にほんブログ村