誉模型へおいでませ

誉模型へおいでませ

誉模型の新製品情報や、製品の進捗状況などを発信する時があります


テーマ:

こんにちは、誉模型です。
今年も、ちくてつ電車まつりに参加してきました。

昨年の出展の際には、子供たちから
「動くのが見たい」
とリクエストが多く、今年は動く2000形を持ち込みました。

とても評判がよく、大変喜んでいただけました。
来年はもう少し良いものをお見せできればと思います。
 

 

今年は訳あって、筑豊直方駅のミニチュアは持ち込みませんでした。
楽しみにされていた方がいらっしゃったのに、大変申し訳ないことです。
来年は修理の上持ち込みたいと思います。


走行中の黄電はイズムワークス製のライトユニットを組み込み、ヘッドライト・テールランプが点灯する仕様ではありましたが
日中であったことと、コントローラーの問題でほとんど目立たなかったのが残念です。

 

 



暗いところで見るといい感じです。
控えめに言って最高です。

今回の目玉は(自分的に)何と言っても2000形の運用復帰&ニューカラー。
ちくてつ電車まつりは土日でしたが、木曜から九州入りし、ねっとりと乗り鉄、撮り鉄を楽しんできました。

福岡空港からソニックで黒崎へ向かい、そのまま楠橋車庫へ向かいました。

 

 


5000形がお出迎え。

 

 

西鉄電車カラーで巷を賑わせた3000形が昼寝していました。
日中の運用は5000形が多いですね。
そのまま奥へ進むと・・・



イター!
ツイッター等で事前には見ていましたが、やっぱり感動モノでした。

 



おおおおおお
このまま気が済むまで色々な場所・角度で撮影し、再会を楽しみました。
ちょっと帯の太さが変わったかな?
でも、お肌もつるつるでとても綺麗になりました。
やっぱりこの色が良いですね。

反対側のマルーンはこの位置から撮る事ができないので明日の楽しみにして、次の目的地へ移動します。


もうひとつの目的地とは、筑豊中間のにしてつストア。
ニューにしてつストアの姿を見たかったのです。
 

 

Reganet・・・にし・・てつ・・・
かろうじて、にしてつとわかります。

これからにしてつストアはこのおしゃれ系に変わっていくのでしょう。
オープンが楽しみですね。



この後はホテル(西鉄イン黒崎)へチェックイン。
大浴場のあるホテルです。
寒くなってきたので、お風呂はありがたいです。
まさに西鉄グループ三昧。

夜、何もすることがないのでまたフラリと用もなく電車に乗ってました。
せっかくなので、楠橋車庫へ。


夜の筑豊電鉄(笑)


ホテルへ帰るために楠橋駅へ向かうと、丁度3000形のマルーンカラーが居ました。
2000形のマルーンをこの電車に絡めて撮りたいなぁなんて思って撮影していると、
運転士さんが方向幕を変えてくださいました。

 



なかなかお目にかかれない方向幕。

 


こんな表示も出来るのですね。

何が良いですか?
と聞かれ、思わず
三ヶ森!
八幡駅前!
黒崎車庫前!
なんて言おうと思いましたが、無いよね~。
でも貴重な体験でした。
ありがとうございます!!

次の日は早いので、このまま黒崎へ戻り、早朝の撮影に備えます。



金曜日、始発で黒崎から楠橋へ向かい、出庫から撮影しました。
 

きたきた。


いいですねぇ。
折り返し出発までの時間はわずかなので、撮れるだけ撮って、乗り込みます。



久々の2000形乗車。
少しモーターの音が変わった気がします。
このまま筑豊中間まで乗り、また撮影。



なんだか都会的な写真になりました。


マルーン側。
この時期のこの時間は厳しいですね。
夏に撮りたいです。


そのまま筑豊中間で折り返しを待ち、ようやくマルーン側を撮影できました。
うん、いいですね。マルーンも似合う!

この後も、希望が丘高校や筑豊香月、楠橋などに移動しつつ、限られた運用の中で撮りました。
ただ、朝日の逆行が厳しい・・・。




どこでどう撮るのが一番いいか、あれこれ考えながら電車で移動します。
なので駅撮りばっかり。
車があればもっといろんな写真を撮れるのですが、あえて電車で移動します。
楠橋で2000形の入庫を見送って、黒崎へ戻り、ホテルで撮影データのチェック。
次の撮影のために撮影地選定をしつつ、昼寝しました。

夕方ころ目覚め、また乗りちくてつ。
直方まで行って折り返し、楠橋下車。
楠橋車庫で夜の筑豊電鉄を堪能しました。



うーむ、美しい。


あまりに用もなく行ったり来たりしているので、乗務員さんに不思議そうな目で見られていました。
不気味ですよね。ごめんなさい。
年に1~2度しか来られないので、許してください。

さて、土曜日はちくてつ電車まつり1日目。
もう1つの2000形も忘れずにご挨拶してきました。


2種類同時カラーとパンフレットに謳われていたいてので、2002号も復活か?という噂も流れていましたが、さすがにそれはなかったです。
かつての姿で、ここにいました。
おでこのアンテナの穴も埋まってますね。
ちょこちょこ場所移動しているので、まだ動けるのでしょう。



昼頃には臨時運用の2000形が走っていました。
日中の運用で、久々に筑豊直方まで足を伸ばすということでしたので、撮影される方も大変多かったようです。
撮りたい気持ちをぐっとこらえて、ワンマイルブースのあたりをチョロチョロしていました。

1日目が終わり、夜は中間東小学校の時の同級生、とそのご子息の3人で焼肉ウエストへ。
お腹いっぱい食べさせていただきました。(いつもありがとうございます)
その後、黒崎のホテルまで車で送って頂きました。

 

 

が、


また電車に乗って2000形詣で!
三脚を借りれば良かったなと後悔しつつ、なんちゃってバルブ撮影しました。


この後はホテルへ帰り、おとなしく2日目に備えました。


ちくてつ電車まつり2日目。

雨の予報でしたが、何とかもちました。
午後は少し降りましたが・・・。
この日は午後から中国へ出張のため、早めに切り上げ、福岡空港へ向かいます。

 



西黒崎から1駅だけ乗り、黒崎を後にします。




井筒屋さんの撤退も決まったようですね。
この建物の行く先は・・・。



博多行きソニックの中から2002号にお別れのご挨拶。
また来年お会いしましょう。

こんな感じで、自分的には若干消化不良な2018ちくてつ電車まつりでした。
来年は、筑豊直方駅のミニチュア、旧にしてつストアのミニチュア、そして、小さなジオラマを作成しようと思います。

さらにちょっとした企画を考えています。
それはまた決まり次第発表します。

では、ごきげんよう!




 

Ameba人気のブログ