【FAQ】保険の疑問をFPが一刀両断に解決

【FAQ】保険の疑問をFPが一刀両断に解決

ファイナンシャルプランナーが難しいといわれている保険をわかりやすく解説しますね。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
高額療養費制度とは、

月初から月末までにかかった医療費の自己負担額が高額になった場合、

一定の金額を超えた部分が払い戻される制度です。





高額療養費制度は収入によって自己負担限度額が違います。

健康保険制度の改正に伴い、

平成27年1月から高額療養費制度の区分が変わりました。




高額療養費制度は今まで3区分でしたが、

5区分に変更されました。

特に標準報酬月額83万円以上の人の負担が大きくなります。




では、例えば、


1ヶ月の総医療費が100万円の場合、窓口での負担はいくらになるでしょうか?




1ヶ月の総医療費:100万円

標準報酬月額:32万円

窓口負担割合:3割の場合



80,100円+(100万円-267,000円)×1%=87,430円


この87,430円が自己負担限度額となります。


つまり、総医療費が100万円かかったとしても

自己負担は約9万円で済むということです。







また、高額療養費制度の申請には2つの方法があります。



① 事後に手続きする方法(高額療養費を支給申請する)


② 事前に手続きする方法(限度額適用認定証を利用する)



①は、あとから自己負担限度額を超えた分の医療費が払い戻されますが、


②は、入院や外来関係なく、事前に「限度額適用認定証」を申請すると、

 窓口での支払いを最初から自己負担限度額で済ませられます。






保険会社のセールストーク(言い分)は・・・




高額療養費制度が適用されて負担が軽くなったとしても、

公的な医療保険が適用とならない

「差額ベッド代・食事代・治療中の生活費・先進医療」などに

ついては全額自己負担です。




自己負担の額も入院や治療期間が長引くほど増えていきますから、

病気やケガに不安がある方は民間の保険に加入することを

お勧めします。



・・・・と言います。





あなたは、費用対効果に低い「民間の医療保険」を

それでも必要だと思いますか?





>>>【老後設計・遺産相続ブック 大阪FPガイド】へ戻る   





テーマ:
こんばんは。


がん患者は確かに毎年増加しています。


だから


2人に1人はがんになり、3人に1人はがんで死ぬ。



このフレーズ、あまりに有名になってしまいましたが、

完全なる脅しです。


この数字の根拠になっているのは、

国立がん研究センター「現在年齢別がん罹患リスク」(別表)なんですが、

あくまでも「0歳の男性が80年後にがんと診断される確率」のこと。







表をよ~く見てください。


生涯でがんになるリスクは男性54%女性41%です。

だから「二人に一人はがん」は嘘ではないでしょう。




しかし、


がんになるのはその多くがかなり高齢になってからなんです。


しかも60歳でも男性7%女性10%にとどまり、

70歳で男性19%女性16%、

80歳でもまだ男性37%女性25%です。



どう思いますか?





がんの年齢別の罹患リスクは長年ほとんど変わっていません。



実は、



がんが増えたのは日本人が長生きになったからです。

がんは細胞の老化の結果でもあり、他の病気が減って長生きになり、

日本人の平均寿命が長くなれば、結果的に生涯の疾患や死因で

がんが増えるのは至極当然のことですよね。




ところが、この「2人に1人」の殺し文句のおかげで

がん保険加入者は増え続けています。

社団法人生命保険協会によれば、2008年に1860万人だった契約数は

4年間で2054万件に増えたりしています。






ちょっと待ってください。



40歳の男性が10年後までにがんと診断される確率は2%です。

厚労省の「平成24年簡易生命表」から算出した、

40歳男性の10年後死亡率(1.8%)とほぼ同じなんです。





この2つの確率がほぼ同じということは、40歳の男性が

10年以内にがんになった場合に診断給付金が支払われるがん保険と、

同額の保険金が支払われる一般的な定期保険の保険料は、

同額程度であるべきでしょう。






ところが、がん保険のほうが定期保険の2倍以上に設定される商品が

溢れかえっています。

保険会社によれば、がん保険の保険料が高いのは、

診断技術の進化などの不確実性があるからだといい、加入者にきちんと

説明されているとはとても思えません。





結論を言うと



「がんになると大金がかかる」は大きな間違い。

貯金が100万円ある人は、がん保険に入る必要がありません。

もちろん、病状や治療法で費用は変わりますが、せいぜい100万円あれば、

困ることはありません。





がんと診断されると100万円程度の

診断一時金が払われるがん保険が多いのは、がん治療費や入院費が、

一定額以上の医療費が戻る「高額療養費制度」を使わなくても、

100万円以内で収まると、保険会社は知っているからです。





がんにならなければ1円も元が取れないがん保険。



がん保険の保険料のつもりで、100万円を貯蓄しておけば、

使い道はあなたの自由ですよ。






>>>【老後設計・遺産相続ブック 大阪FPガイド】へ戻る   

テーマ:
生命保険は必要でしょうか?



いらないと思います。


お金が十分あるならです。


・・・何を当たり前にことをいってるのって思われたかも。






そもそも保険の役割は

想定外の(万が一)事態が発生したとき、

貯金で間に合わない大金を準備できるということです。





ですから、何が起こっても大丈夫なほど大金があれば

保険はいりません。



付け加えるなら、

人は誰でも年をとり老後を迎えます。

老後は想定外でしょうか? 違いますよね。

ですから、老後資金の準備を保険で考えてはいけません。




あなたにお子さんがいるなら、

進学は想定外でしょうか? 違いますよね。

ですから、学資保険でお金を貯めるのはおかしいのです。




>>>【老後設計・遺産相続ブック 大阪FPガイド】へ戻る   




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス