国税庁との攻防 | ”保険のススメ” スタッフブログ 保険の相談で本町、淀屋橋なら

”保険のススメ” スタッフブログ 保険の相談で本町、淀屋橋なら

大阪市中央区で2店舗営業中の「保険のススメ」スタッフによるブログです☆気軽に相談できる保険屋さんを目指しています♪生命保険の見直し・無料相談で本町、淀屋橋、大阪なら保険のススメ。堺筋本町と長堀橋、御堂筋線本町が最寄り駅です。毎週火曜日更新


テーマ:

桜法人向けの定期保険の新たな税務取扱(案)が国税庁から発表され、ようやく見通しが付き令和に入る来月から基本通達が改正される予定です。15年以上この業界に携わってきている中で、いわゆる税の繰延を目的とした税務改正は今回で三度目となりますが、この業界に限らず例えばビールメーカーと国税庁間で繰り広げられている商品開発と税制改正も同様で、麦芽の比率で定められているビールの定義を掻いくぐり発泡酒や第三のビールを開発していく、まさに行政とメーカーのいたちごっこあせるが繰り返されてきた歴史がある。その根底には消費者に支持されている絶対的なニーズが存在している音譜しかし最近のビールメーカーと国税庁の動きをみていると、単純に網掛けをするのではなく定義を緩和することで、メーカー側に多様な商品開発を促す狙いもあるようだ。業界としては市場を拡大させて国も税収が伸びるような方向性を期待したいビックリマーク

メモ一方、法人保険の分野においては、ニーズがあるにしても節税があまりにも全面に立ちすぎて、ここ数年は保険本来の保障が置き去りにされている印象がある。いま一度、業界全体で生命保険の本質・価値を見直していくべきであると思う!!