この度、4月1日に株式会社AKERUに入社いたしました、

 

 

名前は 佐藤 裕慶(ひろよし)と申しますニコニコ

 

 

清水区の三保・折戸エリアを担当いたしますのでよろしくお願いいたします。

 

 

簡単に自己紹介を下差し

 

生まれはトウモロコシの「甘々娘」で有名な、周智郡森町です。

 

結婚し、清水に移り住みまして、縁あってAKERUに入社いたしました。

 

座右の銘は清く、正しく、美しくです。

 

 

お客様にあった補償内容で保険にご加入いただき、万が一の時にはお力になれるように

ご案内をしていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

-----------------------------------------------------

保険のことならAKERU(アケル)!

静岡県静岡市清水区高橋4丁目17-13

TEL:054-361-3500

-----------------------------------------------------

 

AKERU 渡邊です。

 

またまた、ブログを放置してしまいましたゴメンナサイ。

 

前のブログでは、菅さんは「官房長官」ですね。

どれだけ触っていないのかが判ってしまいますね(笑

 

ここのところ、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染確認者数が拡大していますね。

4月の緊急事態宣言発令で、自粛期間を経て疲弊した経済の立て直しとして行われた「Go To~」ですが、感染拡大地域は一時中断を余儀なくされる事態に。

 

統計情報を見ると、11月25日時点での日本全体数字としては・・・

 

感染者数 13.6万人(新規1,471件)

回復者数 11.2万人

死亡者数 1,963人(新規12件)

 

となっています。

 

「感染者数」は、累積されて行くのでどんどん増え続ける事になりますが、その内の「11.2万人」が回復しているので、実際に今現在、国内で感染者として扱われているのは、「2.4万人」となりますね。

新型コロナウイルスによる死者数は2,000人に届こうとしていますが、感染者数の「13.6万人」から計算すれば、致死率は「1.443%」でしょうか。

感染者数も正確には「感染確認者数」であり、全ての人が検査を受けている訳ではないので、実際の感染者は各段に多いと思われ、更にその数字は低くなるのではないかと思われます。

 

こんな言い方をすると、「インフルエンザよりも弱毒で、コロナは怖くない」なんて思われる方もいらっしゃるでしょうが、そう言って感染を拡大させたのはアメリカ合衆国。

今や、感染者数も死亡者数も世界一の国となってしまいました。

 

アメリカ合衆国の状態は・・・昨日の時点で

 

感染者数 1,280万人(新規13.8万件)

死亡者数 26.1万人(新規2,216件)

 

人口が日本よりも多いとは言え、桁が違いますよ。

 

全世界でみると・・・・

 

感染者数 6,020万人

回復者数 3,850万人

死亡者数 142万人

 

だそうです。

 

この数字からの致死率で言えば、「2.358%」ですか。

この統計の取り方だって、国によっては検査状況の違いがあって信頼に足る物とは言い難いですし、「致死率」には国毎の医療体制も大きく関わってくると思いますので、単純にこの数字を基に弾くにも無理が有るかな?と思います。

 

 

春先の何も解らなかった時から比べ、現時点では幾らか解ってきている事を改めて整理しましょう。

 

・新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、新種のコロナウイルスによって引き起こされる感染症です。
・COVID-19 によって起こる症状のほとんどは軽度から中程度であり、特別な治療を受けずに回復します。

 

 

・症状が急激に進行する特徴があり、最初は元気であり軽視をしていたとしても急速に悪化してしまい、治療の手立てを打つことなく死亡してしまうという可能性があります。
・重症化すれば人工呼吸器を使用した治療が必要となり、感染者および重症者が増加して人工呼吸器をはじめとする医療物資が足りなくなれば治療をすることができなくなります。
・まだまだ未知の部分が多く、特効薬も無ければ、開発されたワクチンも安全性・信頼性が高いとは言い切れません。
 
感染経路
・新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を引き起こすウイルスは、主に感染者による咳やくしゃみ、または息を吐いた際にでる飛沫を通じて感染します。これらの飛沫はその重みのため、空中には浮遊せず、すぐに床や物の表面に落ちます。
・COVID-19 感染者の近距離にいる際にウイルスを吸い込んだり、汚染された物に触れてから自分の目、鼻、口に触れたりすると、ウイルスに感染する可能性があります。

 

ま、こんな事が書かれていますね。

 

無自覚で無症状の感染者が多数存在すると思われますので、まだまだ脅威である事に変わりはないのです。

「若いから平気」とか、「自分は大丈夫」だなんて言っていてはいけないのですよ。

 

緊急事態宣言が解除され、気を付けつつも経済が動き出し、「Go To~」の実施で人が動きましたが・・・。

 

皆さん、気が緩んでいませんか?

 

人は、「みんなやってるから平気」と、ついつい楽な方に流れてしまうものです。

 

旅行も飲食も、私は直接的な感染拡大原因では無いと思っています。

疲弊した経済を立て直そうとの試みであり、何とかしようとしての事なので、「Go To~」が悪いとは思っていません。(準備期間の短さによる内容のお粗末さや実施時期の悪さは感じますけど)

「Go To トラベルによる科学的な感染拡大の根拠は無い」と言われていますが、結果として「Go To~」のこの経済政策が、国民の警戒心を緩めてしまったのは間違い無いと思います。

「皆、外に出ているじゃないか」、「お店もやっているじゃないか」、「皆、遊んでいるじゃないか」、「これぐらい大丈夫だよ」と、警戒心が緩んだ人の行動で感染が拡大しているのだと思いますよ。

 

経済を動かすのはとても大事です。

外に出るなとは言いません。

食事だって、旅行だって、各種イベントだって、しっかりと施設側の対策がなされて、利用者自身も対策をしているのであれば、私は良いと思いますよ。

 

繰り返して言いますが、ウイルスの脅威は依然、去ってはいないのです。

ここで気を付けて行動をしないと、また来年も今のままの生活を強いられ、益々経済は疲弊し、国民生活に影を落とす事になります。

 

マスクの着用と手洗い。

「感染しない」「感染させない」との意識を持つだけで、随分と違うと思います。

 

正しく恐れ、自分の大切な人の為にも、今一度、一人一人が気を付けて行きましょう。

 

-----------------------------------------------------

保険のことならAKERU(アケル)!

静岡県静岡市清水区高橋4丁目17-13

TEL:054-361-3500

-----------------------------------------------------

 

 

 

AKERU 渡辺です。

 

前のブログでは、菅官房長官が「令和」の額縁を持っていますね・・・。

随分と更新をサボってしまいました。

元号が変わり、令和元年もあっと言う間に終わり、新年の挨拶も無いままで、令和2年最初のブログですゴメンナサイ。

 

気を取り直して、今、話題になっている「新型コロナウイルス」について、ちょっと書いてみようかと。

「コロナウイルス」で調べてみると、発熱や上気道症状を引き起こすウイルスで、ヒトに感染すると確認されている型が6種類。

その内、過去に話題になった、中東呼吸器症候群(MERS)」「重症急性呼吸器症候群(SARS)」などの重症化し易い型が2つあり、他の4つは、一般的な「風邪」と呼ばれる症状の原因菌だそうです。

 

昨年12月から、中国の武漢で発生したとされ、連日話題になっている「新型コロナウイルス」ですが、国内でも中国から来た旅行者だけではなく、いよいよ直近の渡航歴も無い日本人から感染者が出たとの報道がありましたね。

まだ、正確な情報とは言えないようですが、「ヒトからヒトへの感染」は間違いが無いようです。

個人差も有るでしょうが、実際に死に至るケースも出ており、罹ってしまえば適切な治療が必要でしょうが、予防や拡散を抑える方法は、普通の風邪と変わりはないそうで、厚生労働省のHPには、「咳エチケットや、手洗いに気を付け、過剰にならないように」と書かれています。

それでも、感染力の強さや引き起こす症状、治療法や防止方法が確立されるまでは、身に覚えがある人は、人との接触は控えるべきなのでしょうね。

 

 

 

さて、ここからは保険代理店らしい話題に。

 

私どもで取り扱っている商品でも、今回の新型ウイルスのケースでも支払い対象になる商品が幾つかあります。

 

・生命保険分野商品

生命保険分野の商品であれば、コロナウイルスが原因での「死亡」・「入院」に対象になると思います。

元々、生命保険商品は、怪我・病気は問わない商品ですからね。

「新型ウイルスだから~」とかは関係ありません。

①『終身保険』『定期保険』『養老保険』などの死亡保障系の商品

「死亡」は問題有りません。

②『医療保険』と呼ばれる物は、「入院」した場合には支払われますが、「通院」だけの治療の場合はおそらく対象にはならないかと。

お持ちの保険証券をご確認の上、ご加入の保険会社、ならびに保険代理店にお問い合わせください。

 

・損害保険分野商品

①『傷害保険』

基本的には突発的な事故などによる『ケガ』による「死亡」「入院」「通院」を補償する商品ですが、『疾病特約付き』の場合は「入院」時に支払い対象となる場合があります。

保険会社、商品により、特約の引受け自体にバラツキがありますので、内容をご確認ください。

②『海外旅行傷害保険』

海外旅行時に加入をする保険ですが、この保険は「病気」も対象になり、「治療費」も支払い対象となります。

新型コロナウイルスでも支払い対象となります。

ただし、保険期間終了後(一般的には帰国日から)72時間以内の発病・治療開始が要件となります。

損害保険は、全ての商品において、保険事故との因果関係が必要となるのです。

原因が何かを明確にしなければならず、時間が経ち過ぎている物だと特定できないとなってしまいます。

「72時間」と言うと、3日ですよ。

今回の新型ウイルスは潜伏期間が長いのと、特定までに時間が掛かるのがネックとなっています。

海外旅行帰りで、少しでも体調不良を感じたのであれば、速やかに病院に掛かる事をお勧めします。

③その他

他の賠償や労災の事業用の商品の中に、『特定感染症特約』などの特約を付帯してカバーする物も存在しますが、「一類~三類感染症」「指定感染症」など、対象となる感染症にも区分があり、今回の「新型コロナウイルス」は対象となる物とならない物があるようです。

政府が1/28の閣議で、今回のウイルスを「指定感染症」とする動きを見せていますが、現状は「一類~三類」までの指定にはならないとか。

これまた、保険会社、商品、オプション構成、支払い要件などにバラツキが有りますので、ご加入の保険会社・代理店にお問い合わせください。

 

保険の支払いもそうですが、何よりもご自身の健康の為と、大切な家族や周りの人達に迷惑を掛けない為にも、「海外旅行帰り」、「海外旅行者との接触」、「不特定多数が集まる所に行っていた」など、身に覚えがあって、体調が優れない方は、早めの受診をお勧め致します。

 

-----------------------------------------------------

保険のことならAKERU(アケル)!

静岡県静岡市清水区高橋4丁目17-13

TEL:054-361-3500

-----------------------------------------------------

 

AKERU 渡邊です。

 

5月からの新元号が、『令和』に決まりましたね。

 

万葉集からの出典だとか。

 

今朝のテレビで言っていましたが、レイワ「018」と覚えて・・・

 

例えば

 

令和元年 ならば 「018」 に 元年の「1」 をプラスで 「西暦2019年」。

令和5年 ならば 「018」 に 5年の「5」をプラスして 「西暦2023年」だそうです。

 

和暦と西暦、仕事の上でもかなり入り乱れますので、ちょっとした豆知識として使えそうですね。

-----------------------------------------------------

保険のことならAKERU(アケル)!

静岡県静岡市清水区高橋4丁目17-13

TEL:054-361-3500

-----------------------------------------------------

 

 

AKERU渡辺です。

 

バタバタした年度末も終わり、4月になりました。

平成31年度となりましたが、5月1日から新年号に変わりますので、今月が「平成最後の月」となる訳ですね。

 

昨年から、何度も耳にした「平成最後の~」のフレーズ。

 

何が変わる訳でもないのですが・・・。

 

そろそろ、新年号の発表ですね。

 

-----------------------------------------------------

保険のことならAKERU(アケル)!

静岡県静岡市清水区高橋4丁目17-13

TEL:054-361-3500

-----------------------------------------------------