生理痛の原因として「子宮内膜症」というのがあります。


これは、本来子宮の内側にある「内膜」という組織が、様々な理由で子宮の外側に飛んで増えてしまったり、子宮の壁である「筋層」に入り込んでしまう状況です。


病名で言えば、卵巣が腫れるチョコレート嚢腫や、子宮の壁が腫れる子宮腺筋症というものになるのですが、これらの子宮内膜症とメンタル面での不調との関係について調べた報告を見ていきたいと思います。







この論文では、25歳までに手術で子宮内膜症と診断された女性4,532人と、そのような診断をされていない9,014人を比較して、様々な精神疾患のリスクについて検証しています。


平均年齢は22.9歳、平均追跡期間は20.0年です。


結果

手術により子宮内膜症と診断された方では、


・うつ病: 1.87〜2.57倍


・不安障害: 2.09〜2.40倍


・双極性障害: 1.66〜1.71倍


と、いずれもリスクが高くなっていました。



睡眠障害も追跡期間の最初の10年間で3.83倍とリスクが高く、入院患者さんに限って言えば、アルコール/薬物中毒も2.07倍と高くなっていました。



パーソナリティ障害も、最初の10年間では2.12倍、10年以上では3.08倍と高くなっていました。


うつ病や不安障害は、卵巣以外に内膜症がある場合の方がリスクが高くなっていました。


このように、手術で診断される子宮内膜症では、様々な精神疾患のリスクが高くなる可能性があり、その理由として、内膜症による慢性的な痛みが精神疾患のリスクになるのではないか、とされています。


特に手術で確認されるような内膜症というのは、卵巣だけに止まらず、子宮・卵巣主体の腸なども巻き込んでいる事があり、それによって生理以外でも腹痛が生じたり、排便痛や性交痛と言った痛みの原因になることも。



そのような慢性的な痛みが続くことが、精神疾患のリスクになるのだとすれば、早い段階でピルなどの治療により生理痛をコントロールする事が大切だと言えますね。





生理痛や生理前の調子の悪さ(月経前症候群:PMS)に対する治療としてピルを使う事が多いのですが、避妊目的でピルを使うこともあり、一番最初に飲み始めるのは「生理中から」というのが基本となっています。



ただ、その方法だと、次の生理開始まで待たないといけない、というデメリットがあり、それを補う方法として「ピルを希望したその日から内服する」という方法もあります。



今回は、そんな「希望当日から内服する方法」での避妊効果に関する報告を見ていきたいと思います。





この論文では、ピルを始めとした様々な避妊法を「希望当日」に開始した場合の避妊効果について検証しています。



対象

2015年〜2017年の間にアメリカのクリニックを訪れた3,568人が対象で、72.2%(2,575人)が生理開始から7日以上経過した時点で避妊法を開始する「当日スタート」を選んでいました。



結果

避妊法開始前5日間に避妊しない性行為をしていたのが12.5%(2,575人のうち322人)で、開始前6日〜14日間に避妊しない性行為をしていたのは9.9%(2,575人のうち254人)でした。



妊娠した人数は、


・当日スタート群: 0.4%(11人)

・生理開始から7日目までに開始した群: 0.1%(1人)


でした。


避妊法ごとの1ヶ月目の妊娠率では、経口ピルや腟内避妊リングが最も高く、1.0〜1.2%でした。


当日スタート群のうち、6.8%(174人)は緊急避妊薬も併用しており、そのうちの4人(2.3%)が妊娠していました。


以上のことから、希望当日にスタートする方法は避妊効果も高く、どのような方法であってもいつでも開始するのが効果的、という結論になっています。



日本だと、避妊という目的で希望されることが最も多いのは低用量ピルになるのですが、生理開始まで内服を待っている間に妊娠してしまうリスクを考えると、希望した時点で内服を開始する方法も十分考慮して良さそうですね。

先日は無痛分娩でエスケタミンという薬を使うことで産後うつが軽快する可能性についてブログを書きました。






そこで、同じようにエスケタミンと産後うつの関係について調べたところ、帝王切開でエスケタミンを使用した報告を見つけたのでご紹介したいと思います。







この論文では、帝王切開をした妊婦さんに対してエスケタミンを使用した時の鎮痛効果と産後うに対する効果を調べています。


対象

2018年から2020年にかけて帝王切開をした240人の妊婦さん。


50μgのスフェンタニルという薬を使用したコントロール群の132人と、それに加えてエスケタミンを0.2〜0.5mg/kg使用した群108人で、産後の痛みと産後うつのスケールを比較しました。


結果

産後の痛みは、どの時点で評価してもエスケタミン群の方が明らかに軽く、EPDSという産後うつを評価するスコアも、産後3ヶ月以内でエスケタミン群の方が低い結果でした。


産後1週間での睡眠の質もエスケタミン群の方が明らかに良く、産後3ヶ月での回復レベルも優れていました。


エスケタミンの使用量で比較しても、低用量と高用量で大きな違いは認めず、副作用の点から考えて低用量でのエスケタミンが効果的であると言う結果でした。


このように帝王切開後にエスケタミンを追加することで、術後の痛みだけでなく、産後うつのリスクも下げられる可能性があると言えそうです。



無痛分娩に続き、帝王切開でもエスケタミンを使用することで産後うつのリスクが減らせる可能性があるようですね。


産後に薬を短期間使うだけで、産後うつのリスクが減らせる、というのは非常に興味深い結果です。


なかなか日本では主流になってない治療かと思いますので、より多くのデータが集まって、日本でも効果的な治療として広まるといいのですが。。。