セッションにおいて‘中立’ということはありえない | 意識デザイン

テーマ:
いま、毎週火曜日の夜にオンラインセミナー『トート版タロット~入門から奥義まで~』を開催している。

昨日は、第2回目。

そのなかで、「セッションにおいて‘中立’ということはありえない」ということを申しあげた。

受講者のみなさんに、補足のメールをお送りするように手配をしたんだけど、せっかくだからみなさんにもシェアをしたい。



----------------------------------------------------------------------
もちろん、ごくふつうに言うのであれば、セッションにおいては中立(ニュートラル)が基本です。

統合や癒しや問題解決はどのようにして起こるのでしょうか?

──自己治癒力によって、です。

生きている人は必ず自己治癒力をもっています。
身体についてはもちろんのこと、心についても。

生きとし生けるものは、基本的にはごく自然に、できるかぎり平和で調和的でよろこびと活力に満ちた状態になろうというはたらきをもっています。
だから、生命力に委ねればいいのです。

セラピストの仕事は、まずは生命力を喚起することですし、それに加えて、もしクライアントさんのなかで生命力を堰き止めている何かがあるのであれば、その部分を解消するお手伝いをすることです。

そのためには、作為をもたないことです。

自分がどう考えるかとか、好き嫌いとか、自分にとって都合がいいか悪いかとか……、そういうことは生命力とは関係のないことですし、むしろ自然で円滑な生命力を損ないます。

中立(ニュートラル)というのは、生命の流れとか、自然の摂理とか、大袈裟に言うなら宇宙の法則に対して棹ささないということです。



誤解してはいけないのは、無色透明を目指すわけではないということです。

無色透明な人なんていなし、あり得ません。
かりにあり得たとしても、それはけっして生命の流れでも、自然の摂理でも、宇宙の法則でもないでしょう。

あなたが女性であるという時点で、あなたは無色透明ではありません。
あなたが今日は黄色い洋服を着ている(あるいは白衣を着ている)という時点で、あなたは無色透明ではありません。
あなたの顔が美人か、ブスか、十人並みか、それは判りませんが、いずれにせよあなたの顔は無色透明ではありません。
あなたがタロットカードを扱う、あるいは占星術をする、あるいは心理カウンセリングをする、あるいは霊視をする……、どんなメソッドを採用するにせよ、あなたのすることは無色透明ではありません。
あなたが友人として相談に乗るのであれ、直接お金をいただくのであれ、ボランティアであれ、あるいは何かの社会制度の一環として相談に乗るのであれ、すでにその時点で、あなたは無色透明ではありません。

……

単純に言えば、女性のタロット・リーダーと男性のタロット・リーダーとは、リーディングスタイルは違ってしかるべきです。

論理的なタイプと、情感豊かなタイプでも、やはりスタイルは違ってくるでしょう。

あるいは、アメリカ人のリーディングスタイルが、必ずしも日本人に向いているとも限りません。

自分がどういう人間で、どういう境地、どういう状態でセッションをするのか──それは、絶対にセッションの行方を左右します。

いや、むしろセッションの行方を左右するのは、その部分だといってもよいくらいです。

クライアントさんに統合や癒しや問題解決を促すことができるかどうかは、技術や方法論ではないのです。

真の芸術家であれば、油絵の具でも、水彩絵の具でも、パステルでも、鉛筆でも何を使っても素晴らしい絵を描くことでしょう。

真のセラピストであれば、タロットだとか占星術だとか心理療法だとか、そんなこととは関係なく、クライアントさんにに統合や癒しや問題解決を促すことができるはずです。

信頼のおける方法論を採用して、自分の個性を消していればセラピーが起こる……、ということは絶対にあり得ません。
それはモノに対するアプローチであって、生命に対するアプローチではないのです。



人が生き生きと生きているということは、何かの個性を発揮しているということです。
発揮している個性はまちまちでしょう。

でも、生き生きと生きているのであれば、必ずその人のまえに座った人の生命力も動き出します。

その作業をじょうずに進めること──ぼくは、それがセッションだと考えています。



ぼくが、「セッションにおいて‘中立’ということはありえない」と申しあげたのは、そのような趣旨だとご理解ください。

セッションだけでなく、占いも魔術も、もっと大きくいうなら人生すべてに言えることではないでしょうか。


以上
----------------------------------------------------------------------




人生がスムースにいくかどうかって、「自分もそして周りのみんなも生きている」ということに対する感受性で決まるんじゃないかな。【こちらをクリックしてくれるとうれしいです! → 人気blogランキング】


エフララージの小笠原和葉さんが主催してくださいます。
10月9日(水)松田仁のお話会『<私>と<宇宙>のクエスト(第2回)』のご案内はコチラから
 
   ◆

★次回のトーク&ワーク等、各種ワークショップのご案内はコチラから

★個人セッション等のご案内はコチラから


   ◆
よかったら、フェイスブックでも!





メールマガジンも発行しています。
バックナンバーの閲覧、ご購読の登録はこちらから。



 







11月10日(日)開催 出展者募集中です!




松田 仁さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります