岡山の総社と倉敷でおいしいパンを食べまくってからの2日目です。

 

 天気は前日と打って変わって晴れています。

 

 クルマはホテル近くの自走式の立体駐車場に停めていましたので、そちらでロードバイクを取り出し少しメンテナンスをします。

 

 タイヤの空気の補充と、チェーンへのオイル塗布です。

 高級なメッキのチェーンではありませんので一晩で少しサビが浮いていましたが、たいしたことはありません。

 

 前日は内陸を走りましたので、海岸沿いを走ることにしました。

 

 岡山駅から直接動いても良いのですが、せっかくクルマなのでワープして少し南下した道の駅に向かいます。

 

道の駅みやま公園

 

 道の駅 みやま公園 からスタートです。

 

 坂を下り時計回りに走ります。

 

 まもなく宇野港を通過します。

 

宇野港

 

 高松や小豆島・豊島などへのフェリーなどが利用できるようです。

 

宇野港

 

 港では釣りを楽しむ人がいました。

 

 造船所ですかね、クレーンも見えます。

 

 あまり食事ができるところもなさそうなので、目に入ったこちらのお店で昼食です。

 

ボヌール亭

 

ボヌール亭
080-9798-5539
岡山県玉野市渋川2-9-1
https://tabelog.com/okayama/A3302/A330202/33015202/

 

オムライスとカレーライスとハヤシライスがメインのお店です。

 

カレーライス

 

 カレーライスをいただきました。期待以上のお味でした。

 

 少し休憩して出発です。このあたりからしばらく海岸沿いを走ります。

 

児島

 

 海が綺麗ですごく快適なサイクリングロードです。

 

児島

 

 遠く向こうに瀬戸大橋の橋脚が見えます。

 

児島

 

 やがて児島観光港に到着します。

 

児島観光港

 

 児島ボートレース場を過ぎ、いよいよ児島半島の最南端鷲羽山に近づきます。

 

 鷲羽山の展望台へは若干のヒルクライムになります。

 

鷲羽山の展望台

 

 走ってきた経路が一望できます。

 

 ほどなく鷲羽山の展望台に到着です。自転車なので、展望台から先の遊歩道へ押して歩きます。

 

鷲羽山

 

 すばらしい展望です。四国へとつながる瀬戸大橋。

 

 遊歩道を外れて鷲羽山の山頂(三角点)を探します。

 

鷲羽山

 

 花崗岩っぽい岩山ですかね。

 

鷲羽山

 

 これだけの景勝地であるにもかかわらず、意外と見晴らしが効かないようで「四等三角点」にとどまるようです。

 

鷲羽山

 

 十分に景色を楽しみましたので、先を急ぎます。

 

鷲羽山下電ホテル

 

 下りの途中「鷲羽山下電ホテル」で撮影。

 

瀬戸大橋

 

 瀬戸大橋の下をくぐる手前から撮影。二階建て構造になっており、一階部分は鉄道、二階部分は高速道路となっています。

 

瀬戸大橋

 

 アップダウンをしながら、ブラジリアンパーク 鷲羽山ハイランドを通過します。

 

 

 なかなか激しそうなジェットコースターが見えます。観覧車からの景色も良さそうです。また機会があれば立ち寄ります。

 

児島

 

 鷲羽山スカイラインから児島市街を望みます。塩の産地から学生服の産地、アパレル産業の街へと変遷したとの解説があります。

 

児島

 

 瀬戸内海に浮かぶ島々が、見飽きない風景をもたらしています。

 

 このあたりから、本格的なヒルクライム区間が現れます。

 

峠

 

 ソロライドですので、バテないペースで淡々と坂を登ります。

 

 フロント34T、リア32Tの組み合わせなら(時間はかかりますが)体力をそれほど消耗せず坂をクリアできます。

 

 通称「乙女ギヤ」と揶揄されますが、脚力が伴わないので見栄を張っても仕方がありません。坂を含むかもしれない見知らぬ土地を走る場合には心強いギヤです。(見た目はマウンテンバイクみたいですが・・・。)

 

みやま公園

 

 日暮れ前にスタート地点のみやま公園に到着です。

 

 目につくお店などもなく前日とはうって変わってグルメ的な要素はありませんでしたが、美しい景色の中で無心に自転車を漕ぐという気持ちのよいサイクリングとなりました。

 

岡山

 

2019.3.24 68.4km

 数日前にたまたまアメブロを見ていて、ウィリアムス浩子さんが関西(京都と神戸)でライブをやるというのを知りました。

 

 京都は6/15(土)、神戸は6/16(日)ということでしたが、神戸のみまだ空席があるとのことでしたので、昨日予約しました。

 

 会場は垂水区塩屋の「旧グッゲンハイム邸」という洋館です。

 このあたりは海と山が間近に迫っていて、国道2号とJRと山陽電鉄が際きわに並行して通っています。このあたりの鉄道の車窓からの眺めは阪神間随一の美しさだと思います。

 この旧グッゲンハイム邸も山陽電鉄の踏切を渡ってすぐの丘の上に建っているそうです。

 

 昨日とうって変わっての晴れ日、風は少し強いですが湿度は低くサイクリング日和ですね。

 

 自宅の西宮から塩屋までは30キロ弱ありますが、ミニベロの慣らし運転にはちょうどよい距離です。

 

 少しカジュアルめのサイクルジャージとアンクルパンツの出で立ちで9時半すぎに自宅を出発しました。

 

 信号がなるべく少なくなるよう、まずは国道43号線と並行した裏道を進みます。

 

 神戸市灘区 大石川近辺

大石川

 ハーバーウェイが見えます。

 

兵庫県立美術館

 兵庫県立美術館前(神戸市灘区)

 

D51

 D51型機関車(神戸駅)

 

 須磨海浜公園駅まで行ってしまいましたが、休憩のため「ナナ・ファーム須磨」(産直マーケット)へ少し引き返します。

 

ナナ・ファーム須磨

 走り始めてからちょうど2時間ほど経過しました。

 

ソフトクリーム

 六甲山牧場の牛乳をつかった(だったかの)ソフトクリームをいただきます。甘すぎずあっさりとしておいしかったです。

 

 ついでに2階のお魚のレストランで昼食もいただくことにしました。

 

穴子重

 穴子のお重です。運動したあとなので基本的になんでもおいしく感じるのですが、それを差し引いてもなかなかです。

 

 開演時間が迫ってきましたので、会場までさらに走ります。

ナナ・ファームからは5kmほどです。

 

 正面に見えるのが旧グッゲンハイム邸のようです。

 

 門扉前で記念撮影しました。特に駐輪場はありませんので、じゃまにならないように端に寄せて停めました。

 

 なかなか雰囲気のある洋館です。

 

 落ち着く植栽です。

 

 庭木の向こうには須磨・垂水の海が臨めます。

 

 会場はこじんまりとしていて非常にライブっぽいです。お客さんは四、五十人といったところでしょうか。

 

 お昼間のライブというのもたまにはいいですね。サッシのガラスも昔に製造されたガラスのようです。平板でないので、外の景色がウネウネと歪んで見えます。

 

 開演時間の2時を少しまわっていよいよスタートです。

ウィリアムス浩子

 今回は

 ■ ウィリアムス浩子(vocal)

 ■ 鈴木孝紀(clarinet)

 ■ 北脇久士(guitar) のトリオです。

 

 クラリネットが入る編成はやや珍しい感じがしますね。

 

 そういえば、もう3年近く前になるようですがウィリアムス浩子さんの京都でのライブにも行きました。ブログが残っていました。

 「ウィリアムス浩子・馬場孝喜 My Room Sound DUO」

 

 練習時間も十分に取れずほぼ即席のトリオのはずなのに、破綻なく完璧に仕上がっているのはさすがプロですね。

 

 実は家を出る前、ウィリアムス浩子さんのCDの中から1曲だけ選んで聴いた曲は「All The Things You Are」でした。たぶん、この曲が好きなんですね、自分。

 

 この日のライブでは10曲強ほどがセットされていました。

 

 ライブでいい演奏に出会ったときには、僕は背中がビリビリとする感じを受けます。おそらく感動のサインなんでしょうね。

 

 3曲目だったかの「All The Things You Are」でビリビリが来ました。もう、それだけで30キロ自転車でやって来た甲斐があった感じです。

 

 これはこれまでのウィリアムス浩子さんのアルバムには収録されてなかったかな・・・?「'Round Midnight」でもビリビリです。

 ビル・エヴァンスのピアノでは毎日ほど聴いていてこの曲はお気に入りなのですが、今日の演奏はすごくカッコよくてよかったです。

 

 3つ目のビリビリは「My Favorite Things」です。

 この曲はこれまでそれほどピンと来てなかったのですが、ウィリアムスさんがイギリス在住時に感じていたこの曲のイメージの話を聞いて、自分がスコットランドを旅行した時の気候・風景・風のにおいなどを思い返すとストンと落ちました。

 

 柴田淳さんの「月光浴」「真夜中のチョコレート」もライブではビリビリです。大野えりさんの「Turn Out The Stars」「You Must Believe In Spring」も同じくビリビリです。

 さてこのビリビリの共通点はあるのでしょうか?

 

ウィリアムス浩子

 

 終演後、おそらく唯一ライブラリにないアルバム1枚を求めてサインしてもらい会場をあとにしました。

 

旧ぐっげん

 

 帰りは2時間強信号を除いてノンストップで帰ってきました。

 

塩屋

 

 サイン入りのCD

 

ウィリアムス浩子

 宛名が「ひろなか」ではなくて「ひろな が」になっておりましたが、まあそんなことは大したことではありません。

 

 名前を「ひろな が」に変えればいいだけです。

 

 

 

 (いや、変えませんけどね・・・。)

 

2019.6.16 58.7km

 もう3月のことになりますが・・・

 どうやら岡山県の総社市にはレベルの高いパン屋さんが多いらしいという話を聞いたので行ってきました。

 

 岡山県は県をあげてサイクリングロードの整備に力を入れています。 8つの推奨コースの魅力が紹介されています。

 ハレいろ・サイクリングOKAYAMA

 

 今回はパン屋さんとひっかけるには一番都合の良い「吉備路自転車道ルート」に行きました。

 

 早朝、岡山駅近くのコインパーキングにクルマを停めて出発です。

 

岡山駅

 天気はどんよりくもり空、時折小雨がぱらつき気味です。

 

 出発地点がもひとつよくわからないので、駅前のロータリーに向かいます。

 

岡山駅前

 

 案内板をみてもやっぱりよくわからないので写真だけ撮って出発です。

 

案内板

 

 歩道に自転車のアイコンがあるので、おそらくここが起点かな・・・。

 

 

 しばらくは、歩道をゆっくり進みます。

 

 

 旧の街道っぽい道標もありーの

 

いなり街道

 

 田園風景もありーの とてものどかなところです。

 

吉備路

 

 しばらくすすむと古墳が見えてきました。

 

造山古墳

 

 近くによるとこんな感じです。造山古墳だそうです。(歴史の教科書に出てきたかな・・・?)

 

造山古墳

 

 丘ですね。

 

 さらに進むと五重塔が見えてきます。

 

五重塔

 

 備中国分寺だそうです。

 

備中国分寺

 

 総社市に入り、いよいよパン屋さんに到着です。

 

ロジック

 

ロジック
0866-31-7661
岡山県総社市井手1041-4
https://tabelog.com/okayama/A3301/A330102/33012559/

 

 こじんまりしたお店ですが、駐車場もあります。

 

 店内の様子。

 

ロジック

 

 なかなか繊細な感じで丁寧につくっているのが感じられます。

 

 補給食としてこの場でいただく分を選びました。

 

ロジック

 

 店外のテラスを利用させてもらいます。

 

ロジック

 

 ほっと一息できる時間です。

 

 ちなみにサイコロ状のパンの中身はこんな感じでした。

 

ロジック

 

 ほどよい甘さのカスタードクリーム。

 

 さて、次は「総社のパンと言えばコチラ」と地元の人がいうくらいおすすめのパン屋さんへ向かいます。

 

 ちょうど昼食前の早めの時間に到着です。

 

 東総社駅横のこちら。

 

インダストリー

 

インダストリー
0866-95-2510
岡山県総社市総社2-21-38
https://tabelog.com/okayama/A3301/A330102/33014343/

 

 家具やさんか何かをパン屋さんに改装したような店構えです。

 

 店内のショーケースはこんな感じです。

 

インダストリー

 

 一人ずつ順番にオーダーをきかれます。時間帯にもよると思いますが、行列は必至のようです。

 

 1階の店舗で購入したパンは2階のカフェでいただくことができます。

 

 ホットサンドを選びます。注文後温めてくれますので、2階へ持って上がります。

 

 テーブルの間がゆったりとしていい感じです。

 

インダストリー

 

 1階とは別に2階のカフェでも、ピザなどを注文することができます。

 

 シュガートーストのセットをオーダーします。

 

インダストリー

 

 全粒粉っぽいですがパサパサせずモチモチとした独特の味わいでした。

 

 2階のレジでお土産用に一山頼みました。このパンは1階では購入できないそうです。(ややこしい・・・。)

 

 感想ですが、大変に気に入りました。

 

 地元の西宮・芦屋あたりもなかなかのパン屋さんがたくさんありますが、総社のパンも全く負けていないどころかむしろこちらのほうががんばっています。

 

 岡山の中でも総社という地域は文化的なレベルが高いところなのかな・・・。

 

 ゆっくりと休憩し、いい時間が過ごせました。

 

 帰り際、カフェから降りる階段には1階の店舗のパンを求める行列が誘導されて続いていました。

 

 ピークの時間帯は避けたほうが良さそうです。

 

 東総社駅から総社駅方面へ向かいます。

 

総社市

 

 さらに倉敷市に入っていきます。

 

倉敷市

 

 こちらは倉敷では評判のお店だそうです。

 

リトルライツ

 

LITTLE LIGHTS
086-423-1300
岡山県倉敷市日吉町442-11 ファインヴィラ西
https://tabelog.com/okayama/A3302/A330201/33012150/

 

 到着時間は14時半すこし前でした。

 

 あいにく、商品はすべて売り切ったようで営業は終了でした。

 

 最後にもう一軒まわります。

 

 

Prime
086-454-8880
岡山県倉敷市水江887-2
https://tabelog.com/okayama/A3302/A330201/33014205/

 

 くるみなどが入ってどっしりとしたパンなどを選びました。これもお土産になりました。

 

 このあたりからポツポツの雨が本降りになりましたので、写真はありません。

 

 雨の中レインジャケットを着込んでフードをかぶって走ります。

 

 たまにはレイニーライドもいいものです。(水しぶきでチェーンのオイルが流れてしまって最後はキュルキュルとチェーンが悲鳴を上げていましたが・・・。)

 

 夕刻、無事岡山駅前まで戻りました。

 

 岡山駅前のビジネスホテルで着替えて少し休んでから、夕飯をいただきにでかけました。

 

 良さそうなお店が何件かありましたが、満席で入れなかったりしたので、駅前のお寿司屋さんに行きました。

 

吾妻寿司 岡山駅店
086-227-7337
岡山県岡山市北区駅元町1-1 さんすて岡山 2F
https://tabelog.com/okayama/A3301/A330101/33001111/

 

 駅ビルの中のカウンターのみのお寿司屋さんです。地物の握りなどがいただけます。満足しました。

 

 部屋に戻り、お風呂に入ってそのまま寝てしまいました。

 

吉備路

 

(次の日につづく)

 

2019.3.23

 すでに梅雨入りしているのに真冬の話で恐縮ですが、とある事情があり年が明けてから外では自転車に乗れない時期がありました。

 

 ということで室内で自転車に乗れるバーチャルライド(ZWIFT)の機材を揃え、なんとか自転車から離れなくてすむ生活を維持することを考えました。

 

 またあれやこれやの散財となるわけですが、考えた結果リアの段数が8速のロードバイクを追加購入することにしました。

 

 なぜ8速にしたかといいますと、娘のロードバイクも8速なのでバーチャルライド用のローラー台(Tacx)に装着するスプロケット(ギヤ)を共通で使用できるからです。

 

 ロードバイクの変速段数は11速から12速の時代になっていますが、トレーニング用途なので8速もあれば十分です。

 

 現在使用しているロードバイクはMERIDA社のScultura4000というカーボンフレームのエントリーモデル(11速)です。

 ロードバイクの8速といえば、アルミフレームのエントリーグレードに当たります。

 フレームのジオメトリが近いので、同じMERIDA社のアルミフレームのScultura100(8速)を選択しました。フレームサイズは470mm(XSサイズ)です。

 

scultura100

 

 今年中学に進学する長男も身長が伸びて、じきに乗れるようになるので無駄にはならないと思いました。

 

scultura100

 

 近所をちょろっと走りましたが、最初からホイールをミドルクラスの軽量のものに付け替えて走りましたので、Scultura4000と比べてもそれほど見劣りする感じは受けませんでした。

 

 フロントのクランク周りが若干頼りない踏みごたえなのと、フロントの変速がややスムーズでないのが少し気になるくらいでした。

 

 フレーム自体は定評のあるMERIDAのより上級なものと同等のものですので、案外良い買い物だったのかもしれません。

 

2019.2.10

 半年ぶりのご無沙汰です。

 

 年明けから時間的な余裕と気持ち的な余裕が足りなくなり、ブログの更新をお休みしておりました。

 

 この間も新しい自転車も増えたり、久々のマイカーの入れ替えがあったりブログのネタはたくさんあったのですが・・・。

 

 さて、スーパーに青梅が並び始めたので梅酒を仕込みました。2年ぶり、3回目ですね。

 

 我が家の消費量からすると2年で1回のペースで足ります。

 

 写真右側が2年前に仕込んだもの、左側が今年仕込んだものです。

 

 たまにソーダ割り、もしくはロックでいただきます。

 

 青梅と氷砂糖とホワイトリカーと材料がシンプルですので、市販の梅酒よりもスッキリとして美味しいような気がします。

 

 面倒に思わないくらいにぼちぼちブログの更新もリスタートできればいいなあと思います。

 最近は外であまり自転車に乗れない事情がありライドできていませんでしたが、これから近所でポタリングします。

 

 尼崎21世紀の森で開催されている「森のマルシェ」です。

 

 サイクルロードのある武庫川にほど近いのでちょうどいいロケーションです。

 

 少し小雨がぱらついているので、気をつけて行きたいと思います。

 

 

http://ama21mag.jp/event/event-central/7443/

 

 これまではクルマをトランポにしてロードバイクを積載するにしても1台まででしたので、さほど大層なことにはなりませんでした。
 
 ところが娘のロードバイクも含めて2台(あるいは3台)載せるとなるとそれなりにうまくやらないと、バイク同士が接触して傷ついたり破損したりするおそれがあります。
 
 これまでも前輪フォーク用の金具を使用してクルマの荷室に固定していましたが、その金具を再使用してこの機会にちゃんとしたサイクルキャリアを製作することにしました。
 
 メーカーものでも2台用のサイクルキャリアなら2万円までで同様のものがあるのですが、買ってしまうとすでに使っていた金具が無駄になってしまうのでDIYでいきます。
 
 製作にあたってのポイントは何点かありました。
  • バイクが転倒しないような安定性の高いキャリアであること
  • キャリアを別のクルマへ容易に載せ替えできること
  • 固定金具の間隔が変更できること
  • 製作が容易であること
  • メーカー品より安価であること
 実物の金具の寸法をもとに図面を手書きします。 
image
 
 コーナンのホームページを見て、実在する木材の寸法を確認し、板取りを考えました。
 
 メインの板は幅250mm長さ910mm厚さ12mmのパイン集成材を使用することにしました。
 比較的寸法に狂いがないこと、反りなどの癖が出にくいこと、適度に硬く柔らかいこと、安価なことなどが選定理由です。
 
 近所のコーナンで材料を買い、木材はいつものようにカットしてもらいました。
 
 カットマシンはおそらく1mm程度の精度なので、店員さんの腕により仕上がりは変わってきます。
 
 レール部分のパーツのカットの実寸法を確認しながら、ベース部分のパーツの指定寸法を修正してカットしてもらいました。
 
 C字のレールの中を金具が固定された凸字のベースが動くイメージなので、寸法があまりにキチキチだとベースが動かなくなります。ゆるゆるだとガタが大きくなりそれはそれで具合が悪いのです。
 
 何のことだかわからないと思いますが、写真を見ていただくとわかっていただけると思います。
 

 

 少々クリアランスが大きめになってしまっているように見えますが、今は季節的には乾燥している時期なので、湿度の高い時期に木が膨らむことを想定すればこれぐらいでいいかもしれません。

 

 具合がよくなければまた寸法を変えて凸字ベースだけ交換します。

 
 完成写真はこちらです。

 

 工作自体は簡単です。

 

 各パーツを木工用ボンドでズレの無いように貼り付けて適当な場所に下穴(直径4mm)を開けて適当な長さの木ねじ(直径M5)で固定します。

 

 凸型のベースと金具の間には(写真では見えていませんが)スペーサーとしてワッシャを噛まして1mmほど浮かせています。

 

 スライドレール部分に蜜蝋を塗って滑り具合をコントロールするとともにパーツの異常な摩耗を防止します。

 

 前輪フォークを固定する金具(黒色)が左右にぐぐっと動きます。

 

 手持ちの金具が2つしかありませんでしたので、真ん中に1つベースだけがスタンバイ状態です。金具がもう1つあればそこに付きます。

 

 室内でさっそくためしてみます。

 見た目は大丈夫ですね。

 

 ロードバイクは軽いのでおそらく強度的には問題ないように思いますが、使用感など近い内に一度テストしたいと思います。

 

材料費約 ¥5,000(木材¥1,000、金具¥2,000×2)

所要時間 設計30分、製作60分

 

2019.1.5

 昨年何度か訪れた場所で初乗りとなりました。

 兵庫県加古川市の権現ダムです。

 ときおり小雨がぱらつく中、自転車に乗りたくて仕方がない娘に予定を決められました。

 年末にロードバイクを買ってもらったばかりなので、ニューマシンに早く慣れたいと思うのはもっともなことです。

 ジュニアロードは24インチです。

 子供のスピードに合わせるにはミニベロのほうが走りやすいですね。こちらもロードバイクだったらフラつき気味となり気持ちよくありません。

 権現ダムの周りの半分は自転車道になっていてほとんどクルマとすれ違うことはありませんし、景色も変化に富んでいて飽きることはありません。


 途中でお約束の補給です。ブロックのビスケットを2本、ペロリですね。

 シフトチェンジはまだ手間取っていましたが、難なく1周できました。

 子供の吸収力には感心します。

 もう1周走れそうでしたが無理はせず、近所の みとろ荘の温泉にゆっくり浸かって帰宅しました。

 いいお湯でした。

2019.1.1

 季節は1年ごとに巡り、また新しい年を迎えました。

 新しい年も皆さまにとって良い年となるようお祈りいたします。


 昨年の正月は入院からスタートしましたが、その後は体調に気を配ったので、年末の胃腸風邪以外は病気らしい病気もせず過ごすことができました。

 健康のためロードバイクに乗るようになったことで、よりポジティブに生活できるようになった気がします。

 初詣で珍しいおみくじを引き当てました。

 周囲を幸せにできるよう、まっとうな生活を送る1年にしたいですね。