前回のブログ『神楽歌と時空を超えた二人の曾祖父からのメッセージ』より続きます。

2021-01-19 17:55 再投稿

2021-01-19 06:57投稿の当ブログ

すでにお読み下さった皆様へ

燃えないゴミの袋にも名前を書きます。

さらに、文書内に「あの国に・・」という言葉を書き足しました。

ひろっぷ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

私が球磨から発信するこのブログを御覧頂き ありがとうございます。
お読み下さった皆様方には心から感謝いたしております。
 
度重なる自然災害、さらに新型コロナウィルスの感染により、
愛するご家族、親戚やご友人の方々に看取られる事なく、一人で旅立つ事をよぎなくされた
御方々の御冥福を心よりお祈り申し上げます。

ご家族の代わりに、献身的な看護、そして治療に従事なさっていらっしゃる医療現場の方々の御苦労に心から感謝致しております。 

感染なさった方々の早期回復をお祈りいたします。
この難局を世界中がいち早く乗り切れる日が来ることを心よりお祈りいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今回の内容は、本当はもう一つどうしても書きたかった事を

合併浄化槽と球磨川とチベット上空と と題して書かせて頂きます。

お許しください。

 

何のこっちゃ(?_?)🙄🙄 と お思いになられるかと思いますが・・・

球磨川が大氾濫をおこした、大災害にも繋がるお話です。

何故?あのような事が起こったのか、その要因となる事に本当は気が付いていました。

今、とても願っている事と合わせて書かせて頂きます。

また 歴史のお話ではありませんが 私の 胸の内

お付き合い下さい<m(__)m>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

地元への願いと合併浄化槽とチベット上空

 

1.過疎地域での感染拡大の要因の一つ 

(私の考えですが・・)

 

新型コロナウィルス感染の拡大が中々止まりませんね・・・

私の住む熊本県は県知事が国の緊急事態宣言の対象となるように、政府にお願いされたようですが、対象からは外されました。

この事を受けて、熊本県では県独自の緊急事態宣言を発令。

2021年1月17日付の熊本日日新聞様の記事では一面に

熊本 爆発的感染 宣言外で最も深刻

と言う見出しの記事が載っています。

 

関連記事 熊本日日新聞社様 サイトより

 

 

政府の新型コロナ感染症対策分科会による感染状況を示す6指標について、過半数の四つ以上で「ステージ4」(爆発的感染拡大)に該当するのは12都府県であることが16日、厚生労働省が公表したデータ2県。

以上 熊本日日新聞社様 サイトより 抜粋致しました。

 

 

①熊本県では県独自の緊急事態宣言を発令

1月14日、熊本県では県独自の緊急事態宣言が発令。今日(1月18日)から県内の飲食店には夜8時までの時短営業が求められて(酒類提供は午後7時まで) 対象は1万7000軒に及びます。

 

国の緊急事態宣言の対象から外された理由を、多くの方々が「様々な意見」として書かれていらっしゃいますが・・・

あくまでも・・あくまでも私の個人的な考えとしては

コロナ禍において、未曾有の大災害を受けた地域、復興に向けてようやく着手が始まった地域の人達にこれ以上負担をかけたくない

と言う配慮があったのでは・・・と思っています(あくまでも、私が感じた個人的な考えですが)

 

熊本県内にお住まいの方々はお解りになられていらしたと思いますが

熊本都市圏での感染拡大が続く中、人吉球磨地方では感染が抑え込まれていました。

しかし、昨年末からは、この地方でも、感染者の方が散発的に発生・・

この地方での感染は、地元での「会食」と言うより、感染地域からの移動が主な原因の一つです。

 

感染なさった方々への誹謗中傷は絶対にいけない事です。

誰でも感染しうる状況になっている そう考えるべき時が来てしまった・・

私はそう考えています。

 

②余談・・・

誹謗中傷・・・何か大きな勘違いをしている人達がいるような気がします。

あくまでも私の考えですが、本来憎むと言うか責任を問うべきは・・・

ブログ『星に願いを 夢ではなくて・・・』で書いたように

 

新型コロナウィルスの感染拡大
新型コロナウィルス ・・・元々は洞窟の中で静かに眠っていたのですよね・・・
暗い深い洞窟で眠っていた物を、わざわざ出向いて目を覚まさせたのは人間です・・・
そして、世界中の脅威と変わってしまった・・・
見えない敵を起こしてしまったのは人間

本来、本来憎むと言うか責任を問うべきは

見えない敵を起こしてしまった人達の管理責任に対して

ではないのでしょうか・・・

 

ただ、今はどうする事も出来ないのならば

一人一人が感染しないように、自分で努力する事が重要となるのですよね・・

余談でした<m(__)m>

 

 

※この地方での感染は、地元での「会食」と言うより、感染地域への移動、感染地域からの

移動が主な原因です。

③「この地」から感染地域への移動 または往復が何故

必要なのか・・・

その理由、どうしてそうなるのか・・

それは、 理由の一つとして

地元で働ける場所が少ないから

と言う方々がいらっしゃるから・・でしょう

 

私は球磨に帰ってきてから、今年の3月で6年になります。

故郷に帰ってきて、昨年、初めて気が付いたのですが、高速道路を利用して、人吉球磨地域から、都市部に通勤なさっていらっしゃる方々の多さに驚きました。

かく言う私の主人も、山を越えて他県で仕事をしています。

 

家を継がなければならないけれど地元では働く場所が少ない

しかし、高齢の親御さんの側にいてあげたい・・

様々な理由がおありになられると思います。

 

家を継ぐ・・・

元々、農家でいらした方も、これからの日本の農業に不安を抱き、子供さんには、会社勤めを勧めた・・・そういうお家も多くいらっしゃるようです。

ただ、私の幼なじみのように、日本の農業に誇りを持ち、休耕田を借り受けて、自立する農業経営をされている方々もいらっしゃいます。

 

林業でもしかり・・

海外から安い木材が輸入されて、日本の木材の需要が減り、林業の後継者が少なくなって、管理する事が出来なくなり山は荒れてしまった・・・

日本の林業が勢いを持っていた時に雑木を切り、その上で植林した木の管理が不十分となり、その事により、山は保水能力を失ってしまった・・・

 

都市部への一極集中・・・

地方の過疎化問題という話は何十年も前から言われてきた事ですが、今まで、何か打開策が取られてきたのだろうか・・・

そういう私だって、この地を30年以上離れていた・・・

人の事は言えない 自分自身の問題でもある・・・

だから、色々考えてしまうのです・・・

パンデミックの中で大災害を経験した 去年から 色々考えてしまうのです・・・

「問題」が この地にいると 目に見えて・・浮き彫りになっているような

そう感じます

 

仕事がない・・地元の事を考えて・・

私の父は前々職を退官した後に、地元に帰ってきて「ある仕事」についていました。

「その仕事」は父にとってとてもやりがいのある仕事で、父はいつも地元の事を考えて働いた

と言っております😊

ただ(ー_ー)!! 父は、(こんな事を書いたと知れば父は激高するかもしれませんが)

「その仕事」 70歳での満期を迎える前に 当時の女性県知事さん と喧嘩して

辞めっちゃったのです(私が喧嘩早いのは父譲り・・😅)

喧嘩の理由は・・・娘の私が思うに

父は義を重んじる人だから、義を軽んじる行為には耐えられなかった・・・

のだと 思います

 

 

父が「ある仕事」に就いていた時に、この地方では複数の企業(誰もが知る大企業)の誘致の話が持ち上がっていたようです。

企業の方から、「この地でぜひ」というお声もあがっていたようで、

会議等で「その話」を聞いた父も

若い人が働ける場所があれば・・と好意的に考えていたようですが 反対意見によって誘致話は消えてしまいました。

反対意見 の多くは  「”川”や自然環境が破壊される」 だったようです・・・

企業側の説明では不安だった方々が多くいらしたのでしょう・・

ただ・・私なりに調べた所、誘致を希望した企業さんが、この地を断念された後に現在操業している地では環境を考慮したシステムが運用されて、環境汚染はもちろん無いようです・・

 

新型コロナウィルス感染の拡大が終息したら、今一度、若い世代の方々が都市部に

流失してしまう事、過疎化を食い止める事を真剣に考えて頂きたい・・

と心から願います。

働ける場所を増やす事は、自然環境を守る事と同じように、とても大切な事なのだ・・と

今一度、皆で真剣に考えて頂きたい・・

と心から願います。

今後、又、別の感染症が蔓延する事だってあり得る・・・

危機回避の思案は、新型コロナウィルス感染の拡大を経験したからこそ、2度と同じ事の繰り返しを行わない為にも必要な事だと 私は考えます。

 

今は私は一主婦ですが・・一応、何十年に渡る職歴、経験から、この地で今、考えている事

願いを書かせて頂きました。<m(__)m>

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2.合併浄化槽と球磨川と自然を愛する人達

(この地を襲った大災害の後、自分なりに調べていた事・・・)

 

①主人のカルチャーショック

球磨は私の故郷ですが、主人は北九州市の小倉生まれの小倉育ち・・・

球磨に戻ってすぐに、主人は此の地においてカルチャーショックを受けておりました。

(カルチャーショックと言うより、此の地の方々の意識の高さに感動していた!と言った方が良いかな・・)

数例を上げます(p_-)・・・😊

 

※ありがとうございます」と子供達

信号機の無い横断歩道に数人の小学生が・・

主人が車を停めると 子供達は黄色い帽子をさっと脱いで

ありがとうございます!」と深々と頭を下げて、横断歩道を渡りました😊

私は・・「懐かしいなぁ~ そうそうこれこれ😊😊」と思った瞬間!

主人が

「今のは何!? お礼を言われた!」

「横断歩道で停まるのは、車を運転している人は当たり前の事なのに」

「ありがとうございます!って 凄いよ・・」

主人が目をキラキラして感動していたので、私は何だか凄く嬉しくなりました😊

 

この光景は、普段通りの球磨の小学生であり、今でもいつでも見かけます。

「ありがとうございます」と言われたら、主人も私も

「いいえ、どういたしまして。気を付けてね(^'^) 」 と車の中で言っております。

ちなみに、主人の話ではお隣の宮崎県えびの市や小林市の子供達も元気よく

「ありがとうございます!」と言われるそうです😊😊

(もちろん、北九州の子供達もちゃんとしています。でも、知らない人にお礼を言う事は問題に繋がる可能性もありうるからではないのかな・・と、北九州で子育てをした私は考えています)

 

※ドラッグストアやスーパーでの「こんにちは(^'^)」

球磨に帰って来て初日だったかな・・・

主人と食料品等も販売されているドラッグストアに行きました。

お店に入ると、レジの方から

こんにちは!」と声をかけられました。

久しぶりだったので、私も「あっ!」と思ったのですが、主人は目を丸くしてビックリ・・

「知っている人?」と聞くので「ううん。知らない人だよ」と答えると

「えっ!?」と 主人。

 

一通り、必要な物をかごに入れて、レジに・・・

支払いを済ませると、レジの方から

「袋詰めはお願いしても良いですか?」と聞かれたので「ハイ!」と答えると

ありがとうございます(^'^)」と言われて、重たいかごを台に運んでくださいました。

さすがに・・私もビックリ・・・

主人もビックリ・・・

ありがとうございます」と私もお礼を😊

主人は「ここの人達は丁寧だし、凄い接客だね」と マタマタ感動で目をキラキラ・・

この日から、主人は一緒に買い物に行くと、レジの方に手間をおかけしないように、

かごはすぐに持って台に乗せてくれるようになりました(^'^)

すると・・「ありがとうございます!」と言って下さるので、主人もニコニコして

「いいえ(ー_ー)!! (^'^) 」と答えております😊

 

小学生とレジの方の心使いに感動した主人は

「ここに来て良かった」と言ってくれました。

主人が全く知らない土地に馴染めるかな・・と不安だったので、私はほ~っとしたのと同時に嬉しくてじわ~っと涙が出たのを今でも覚えています。

夫婦円満は球磨の皆さんのお陰であります<m(__)m>

 

②私のカルチャーショック

長らく、故郷を離れていた私も、実はカルチャーショックを受けておりました<m(__)m>

 

※ゴミ袋に名前を記入

ゴミの分別はもちろんの事ですが、燃えるゴミは 町指定のゴミ袋に

名前を記入して

出さなければいけません。

もちろん 燃えないゴミも名前を記入して出します。

ちゃんと、ゴミ袋に名前を記入する欄があります(p_-)

最初は本当に 

名前を書くの~!?と

ビックリしました!

 

しかし、父が (ー_ー)!!

ゴミは其々が責任を持って分別して、出すのは当たり前。

名前を書くという事は、責任を持ってゴミを出しています! という証となる。

ゴミを出す事が出来るというだけでもありがたい事じゃないのか。

と・・・

 

なるほど・・そう言う事かぁ・・

でも・・この地の人達は、分別せずにゴミを出すなんてことはしないと思うけど・・

と思いながらも、自治体の指示に従って、ゴミ袋にはちゃんと「宮原」と名前を書いて出しております。

 

ゴミと言えば・・・

私が子供の頃は、其々の家に焼却場があって、ばあちゃんも燃やしていたなぁ~と

思い出したのですが

今は、家でゴミを焼却する事は禁止です。

二酸化炭素や化学物質を排出する事に繋がると 禁止 なのであります。

 

この事を知った時

「じゃあ・・都会はどうなる??🙄🙄」と 考えた私でありました。

 

③合併浄化槽

球磨人吉地域では、各地で数十キロメートルに渡る排水管が整備されています。

田舎だからと、汚水を川に垂れ流す事はしません。

ちなみに、私の家は排水管より家が下にあるので、合併浄化槽が設置されています。

一般の浄化槽と違い、合併浄化槽は、メンテナンスや管理にかなりのお金がかかります。

維持費がかかるのですが、それは仕方ない事です。

排水管の整備や、合併浄化槽の設置は、川を守るために必要な事なのです。

球磨人吉地域の人達は、それだけ球磨川や支流を守ってきたのです。

 

こちらに帰ってすぐは、この事を考えた時に、ゴミの焼却禁止と同じく

「じゃあ・・都会はどうなる??🙄🙄」と 考えた私でありました。

 

※補足

都会・・でも30年以上住んできた北九州市は私の第二の故郷であり、主人の故郷。

大好きな街です。北九州市は素晴らしい街です。

東日本大震災の際は、災害廃棄物(がれき)の量は膨大で、処理が進まず、被災地の復旧と復興に大きな障害となっていました。

その災害廃棄物の受け入れをいち早く対応したのは北九州市です。

令和2年7月豪雨の際に出た災害廃棄物も北九州市はいち早く受け入れを開始して下さいました。

 

福岡県庁公式ページ 熊本県内で発生した災害廃棄物の受入れについて

 

 

北九州に住んだ事によって、多くの方々の温かい心に触れて、私は心の成長をさせて頂いたと、今でも感謝しております。

 

 

 

 

①主人のカルチャーショック

②私のカルチャーショック

③合併浄化槽

と書かせて頂きましたが、

「ありがとうございます」と感謝の気持ちが自然に交わせる「この地 球磨」

この地の自然を守ろう!と皆で協力しあう「球磨」の人達

美しい川は、皆の努力の賜物なのです

 

その地に

あの 数百年に一度といわれる 豪雨が襲い

大切に守ってきた 球磨川や支流が大氾濫をおこし、多くの方々の命が失われ

コロナ禍の中、一日も早く穏やかな日が来ることを願っていた この地の人達の生活は一変してしまった

美しい故郷を次世代に残していきたい!と強く願い、皆で協力し合っていたこの地が 何故? こういう事になるのか!

 

今まで、一度も書いていませんでしたが、

私は・・本当は

凄く悔しいのです!

行き場のない悲しみと悔しさが今でも湧き上がってきます

 

 

大災害の後は、しばらく歴史の事を書く事が出来なくなってしまいました・・・

心が少し落ち着いて、古代からの治山治水についてにも触れました・・・

でも、どうしても納得できなかった

どんなに、治山治水を学んだところで、それが今後に生かされるのか!?

また、同じ事が全国のどこかで繰り返されるのでは!?

と、さらなる恐怖が襲い掛かり

何かに突き動かされるような 気持ちになりました

 

地球温暖化!?

海水温の上昇!?

報道等で何度も目にしましたが、そんな言葉だけでは

私の悔しさ、行き場のない悲しみは

納得しませんでした

 

だから・・・

自分なりに 調べたのです!

 

今から、私が理解した事、勉強した事を書かせて頂きます!

 

3.令和2年7月4日 

  一体 何が起こっていたのか

 

令和2年7月・・・ちょうどあの時期、中国長江流域の大洪水の報道を連日目にしていました。

そして、すぐに 地元で大水害が発生。

 

私は、何か関連しているのでは? と 最初から考えていました。

そして・・ぜひ、皆様にご覧頂きたい、記事を見つけました。

 

①中国・長江周辺で「観測史上類を見ない」大豪雨

 

 

中国・長江周辺で「観測史上類を見ない」大豪雨 気象予報士 森さやか様の記事より抜粋

 

中国の気象局によると、6月1日からの長江流域の平均降水量は、1961年の観測開始以来最大となったということです。

 

水蒸気の川
豪雨の原因は何でしょうか。

大きな原因として、大量の水蒸気の移流が挙げられます。

そもそも西日本や中国の梅雨前線は南からの大量の水蒸気を持った湿った空気が、北の大陸からの乾いた空気とぶつかることによって発生します。今年はインド洋や東シナ海の海水温が平年よりも高く、より暖湿な空気が流入しているのです。

 

以上

中国・長江周辺で「観測史上類を見ない」大豪雨 気象予報士 森さやか様の記事より抜粋

 

南からの大量の水蒸気を持った湿った空気が、北の大陸からの乾いた空気とぶつかる

今年はインド洋や東シナ海の海水温が平年よりも高く・・・

中国の気象局によると、6月1日からの長江流域の平均降水量は、1961年の観測開始以来最大となった

 

西日本や中国の梅雨前線・・つまり、連動している・・

私はさらに、過去の長江流域の洪水について、調べました。

 

②チベット上空の気温と長江の洪水

皆様、ぜひ 以下の記事をご覧頂きたい と強く願います。

 

チベット高原の大気加熱で長江流域が大雨に
2020年6月26日 劉暁倩氏(科技日報記者)、陸成寛氏

 

 

 

チベット高原の大気加熱で長江流域が大雨にを拝見して理解した事

※長江流域で大雨が降るのは、チベット高原の大気が加熱されたことが原因である可能性があるということを知っている人は少ない

 

※チベット高原の大気陸面相互作用がアジアや北半球の天気、気候に与える影響、メカニズム。研究では、チベット高原の気温が上がると、中国中東部地域、特に長江流域で大雨が降る可能性があることが分かった。

 

※アジアの気候システムを自動車に例えると、チベット高原はエンジンである

 

※チベット高原というエンジンの働きは、アジア、ひいては北半球の気候の変化に影響を与えている。

 

以上 チベット高原の大気加熱で長江流域が大雨にを拝見して理解した事でした・・・

 

 

長江流域で大雨が降るのは、チベット高原の大気が加熱されたことが原因である

チベット高原というエンジンの働きは、アジア、ひいては北半球の気候の変化に影響を与えている。

 

地球温暖化!?
海水温の上昇!?

そんな言葉では 納得しなかった、 私の本能で感じる部分が

大きく目を見開いた・・・

この記事を拝見して そう感じました

 

③何故?チベット高原の大気加熱が起こるのか

※長江はチベット高原を発祥とする・・

 

さらに調べて、ようやく その原因となる記事を拝見する事が出来ました。

皆様、ぜひ ご覧頂きたい!と強く願う記事があります。

 

ダライ・ラマ法王日本代表事務所様サイト 

世界の屋根を守れ!チベット・クライメット・アクション です!

 


 

じっくりと ご覧頂ければ 何故?

チベット高原の大気加熱が起こるのか

その原因がお解り頂けたと思います!

 
私なりに 拝見して理解出来た事
チベット高原は、最も高地に位置する世界最大の高原。
北極と南極に次いで『第三の極』であるチベット高原には、4万6千の氷河があり大量の氷が貯蔵、存在する氷床が、モンスーンの時期や規模を決定する要因
 
チベットは、氷河と永久凍土の急激な溶解、草地の減少や砂漠化といった、気候変動に起因する問題に直面
中国政府がチベットの壊れやすい生態系の管理を怠ってきたために、気候変動による問題は悪化の一途をたどってきた
中国はチベットにあるすべての主要河川とその支流にダムを建設、そしてそれ以上のものがこの先も求められている
ダムの設置により大量の水が蒸発し、河川下流の国々で相当量の川の水量が減少する事態を招いている
水の損失は気候変動を引き起こす温室ガスの放出の一因でもある
河川下流の国々
チベット高原を水源とする川(揚子江、黄河、メコン川、サルウィン、インダス川、ブラマプトラ川)世界でも最も人口密度の高い10の国々
 
 
あらためて 
球磨川の大氾濫
私の故郷、地元を襲った 数百年に一度と言われた 大豪雨

地球温暖化!?
海水温の上昇!?

そんな言葉では 納得しなかった、 私の本能で感じる部分が

大きく目を見開いた・・・

この記事を拝見して 強く 強く そう感じました

 

地球温暖化を止めましょう

そんな 優しい言葉

言葉だけでは ダメなんだ

 

何故?近年 我が国において毎年豪雨による災害が相次いでいるのか?

その原因を突き止めて

強く強く 訴える事が大切なんだ

今のままでは どんなに河川整備やダムの建設を日本国内で行っても

同じ事の繰り返し・・

そんなこと 許せない!

強く強く 訴える事が大切なんだ

「その国に・・」

 

日本国内において、おそらくどの地にも引けを取らないように

環境、自然を守ってきた この球磨の地

その地を襲った 大災害

私は 目の当たりにして

強く そう 考えます!

 

今年に入り、テレビのCM等で、環境を守ろう と言った内容が多く見受けられるようになりましたが、 今回、私が調べていた事は おそらく専門家の方々は十分理解されている事なのでしょう・・

ならば! もっと 突き詰めた報道を行う事がマスコミの方々の

義務なのではないのでしょうか!?

 

 

この事を

去年から 書く事を躊躇していました・・・ でも

悔しさ、行き場のない悲しみ

多くの方々に 私が調べた事を知って頂きたい と 強く願い 今回、ブログを書きました。

 

過去ブログである御方から頂いたコメントの返信の欄に 私は

コロナも大災害も 先を見れば 同じところに原因はある・・・

といった言葉を書かせて頂いた事があります

 

それは、今回、書かせて頂いた事に 気が付いていたからです。

 

優しい言葉は誰にでも言える

でも、本当に悔しい思い 行き場の無い悲しみを受けると

人は 強い激しい憤りを感じるのです

その理由が解れば 尚更・・・・

 

でも 憤りだけでは 何も解決しません

だからこそ、 優しい言葉だけでなく

私は 強く 訴えます

 

本質を見極めてください

と・・・

 

改善にむけて

強く強く 訴えて下さい

あの国に・・

と・・・

 

 

皆様

歴史の事を今回もまた 書かなかった事を お詫びいたします

心の中にたまっていた事を吐き出して 申し訳ございませんでした

 

世界が変わってきた 今

毅然とした心 強い心 芯の有る心をもって

生きていきたい です

そう 努力したい です

 

最後までご覧頂き ありがとうございました。

皆様、お身体十分にお気を付けになられてお過ごし下さい。

 

 

NHKさんで2030年にむけての課題が放送されるようですが

「2030年未来への分岐点」

私が自分なりに調べていた事等も 紹介されるのかな・・・

楽しみです・・・・

 

私はテーマ曲 King Gnu の常田大希さんの曲が心に響きました・・・

 

 

球磨の地より 負けたくない ひろっぷ でした。

 

前回のブログ『新年のご挨拶と 球磨弁ひろっぷと共に徒然なるままに・・・』より続きます

 

私が球磨から発信するこのブログを御覧頂き ありがとうございます。
お読み下さった皆様方には心から感謝いたしております。
 
度重なる自然災害、さらに新型コロナウィルスの感染により、
愛するご家族、親戚やご友人の方々に看取られる事なく、一人で旅立つ事をよぎなくされた
御方々の御冥福を心よりお祈り申し上げます。

ご家族の代わりに、献身的な看護、そして治療に従事なさっていらっしゃる医療現場の方々の御苦労に心から感謝致しております。 

感染なさった方々の早期回復をお祈りいたします。
この難局を世界中がいち早く乗り切れる日が来ることを心よりお祈りいたします。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ひろっぷあるある?で申し訳ございませんが・・・

今回のブログは前回の補足と、正月3日に気が付いた事を書かせて頂こうと思いました。

その理由は、去年のお正月に経験した事を、いち早く皆様方にお話していなかった事がずっと心の中にあって、反省しているからです。

 

 

今年のお正月に気が付いた事は、会った事がない二人の曾祖父からの私へのメッセージのように感じました。

「この事」を書いて、今年の調査、勉強を始めたい!と勝手ながら考えました。

前々回のブログの続きは、次回以降、自分自身の気持ちを揺るがす事なく書かせて頂きます

 

今回のタイトルは『神楽歌と時空を超えた二人の曾祖父からのメッセージ』です。

皆様、どうかお付き合い下さい<m(__)m>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

1.神楽歌で気が付いた事

※前回の補足

 

前回のブログ最後に球磨神楽の動画をご紹介致しました。

国指定重要無形民俗文化財 球磨神楽一番 「三番(さんばん)」です。

前回、書かせて頂きましたが、文化遺産オンライン様サイト 球磨神楽(くまかぐら)の記述にもありますように

球磨神楽の特徴は

獅子以外はいずれも直面【ひためん】であり

神社の拝殿が舞台となり、拝殿の周囲や、天井から拝殿の四隅と四囲に注連縄が張られ、「三笠」を舞う場合は、拝殿の天井から二つの笠と楕円形の天蓋に似たものが吊される。舞の後段で、これが破れて中から紙吹雪が散る。
 楽器は太鼓(一)笛(一)(「笛揃」の曲で笛(二))及び楽板と称する板(一)で、各々本殿に向い拝殿の入口側に位置する。
 これは球磨郡にのみ伝承される神楽であり、採物舞で古風である。また、神楽歌には古い歌が多い。他に同類を見ない独特の神楽である・・・

 

※他に同類を見ない独特の神楽

※神楽歌には古い歌が多い

 

神楽歌には古い歌が多い・・・・

前回、ご紹介させて頂いた球磨神楽一番 「三番(さんばん)」の神楽歌・・・

皆様方、お気づきになられましたでしょうか?

 

私、凄く気になってパソコンにイヤホンを付けて、じっくりと聞いていたのです。

だからこそ、ぜひ、ご紹介させて頂きたい!と思いました😊

もし、お気づきでいらっしゃらいない御方がいらっしゃいましたら、

ぜひ、もう一度

音量を上げて、神楽歌をお聞き頂ければと思います。

 

5分2秒の動画ですが、3分24秒くらいで、

特に、聞いて頂きたい!と強く願う「お言葉」があります。

 

 

 

そもそも

天津神 国津やしろを 祝いてぞ

 

豊葦原の国は おさまる

 

球磨神楽一番 「三番(さんばん)」神楽歌 より

 

 

 

今の日本、疫病により混乱した 国難の中にある日本

私は、球磨神楽一番 「三番(さんばん)」の神楽歌 心にぐっと響きました

崇高な 古(いにしえ)の方々のお言葉を 受け止めさせて頂いた 

そういう 気持ちになりました

毅然とした心でありたい 強く 強く 思いました・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2.時空を超えた

     二人の曾祖父からのメッセージ

 

今年も、主人は仕事上、「正月休み」はありませんでした。

ただ、3日は通常の「休み」が取れましたので

地元の氏神様「岡原霧島神社」様に初詣をさせて頂きました。

過去ブログでも何度もご紹介させて頂いていますが、

岡原霧島神社様は、旧宮原村、旧岡本村が合併し「岡原村」となった後、各村に御鎮座であった中嶋大権現(中嶋霧島神社)、切畑大明神(切畑神社)、稲積妙見(稲積神社)、大炊神権現(大炊霧島神社) 他複数の神社様を合祀、遷座となられた神社様です。

 

創建当時の写真

 

 

御祭神は

天津彦火邇邇芸命(あまつひこほのににぎ)
天津彦火々手見命(あまつひこほほでみ)
火闌降命(ほすせりのみこと)
火照命(ほでりのみこと)
吾田鹿葦津姫命(あだかあつひめ)※木花開耶姫
伊弉美命(いざなみ)
須佐能男命(すさのお)
大歳神(おおとしかみ)天忍穂耳命
市杵島姫命(いちきしまひめ)
豊玉姫命(とよたまひめ)
罔象女神(みずはのめのかみ)
天照大御神(あまてらすおおみかみ)
菅原道真公(すがわらみちざね)
天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)
級戸神(しなどのかみ)
健磐龍命(たけいわたつ)
阿蘇津比咩(あそつひめ)
国造速瓶玉神(こくぞうはえみかたまのかみ)
大地主神(おおとこぬしのかみ)
応神天皇(おうじんてんのう)
建御名方神(たけみなかたのかみ)

 

私が過去、頂いていた資料には
『上記の他、葉山神、若山大神、豊嶽神の23柱を御祭神としています さらに

「飛び地境内社として熊野地区の熊野座神社、伊勢元地区の皇太神宮、檜山地区の天満宮、長岡地区の菅原神社、岡麓地区の諏訪神社があります」 』

と記されていました。

 

主祭神 は 現在は天津彦火邇邇芸命 様となられていらっしゃいますが・・・

何故か?昭和16年発行の球磨郡誌には

主祭神 は 天津彦火々手見命 様 と記されております・・・

 

ここで・・<m(__)m> 余談なのですが

過去ブログでは、合祀となられた神社様の中で、中嶋大権現様、切畑大明神様、稲積妙見様の各地に御鎮座であられた当時を描かれた古い絵をご紹介させて頂いておりましたが・・

他の神社様のお姿も見たかったなぁ~ 他には絵はないのかなぁ~と思っていたのですが・・

そのとても貴重な絵(原画)

実は、私が頂いておりました!!

\(◎o◎)/! \(◎o◎)/!  \(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

 

球磨郡久米郷の伝承 昭和18年 何を知っていたのか・・で書きましたように

 

 

最近、父が私に書斎を与えてくれましたので、求麻郷土研究会を高齢の為に退会なさった方から購入した相良藩関係の多くの書籍や、頂いた資料、その他、自分で購入した書籍が貯まりにたまっていたので、ようやく整理する事が出来るようになりました。

頂いていた資料の大半は複数の段ボールの中に入っていて、必要な物だけを出して読むの繰り返しだったのですが、やっと本棚に収納する事が出来ました。

 

でっ・・・その頂いていた資料の中に 

綴られた古い絵が何枚も丁寧に閉じられた「物」がありまして

中を開けて見たら・・

ナント! 岡原霧島神社様に合祀となられた 数多くの神社様の御鎮座地での「お姿」が描かれた「原画」だったのです!

 

ぎゃ~!! 原画は 私が持っていたの~!!\(゜ロ\)(/ロ゜)/

と、この時ばかりは もう 驚いてと言うか・・ビックリし過ぎて大きな声で叫んでしまいました。

騒動に気が付いた父が 何だ!? と部屋に来たので、絵を見せながら、事の次第を話すと

「この大バカ者が! 罰当たりな事をして! お前は何をしているのか!!」

とめちゃくちゃ叱られまして、すぐに、多くの神社様の絵は、本棚の一番高い所に置かせて頂きました😥

 

こういう恥ずかしい話、不甲斐ない自分の事も、ちゃんとブログに書いて、自分自身の反省とし、身を正しながら、ご先祖様、古代の球磨を調べて行きたいと思っています。

 

岡原霧島神社様に合祀となられた 数多くの神社様の御鎮座地での「お姿」が

描かれた「原画」は写真を撮って今後、ご紹介させて頂こう!と思います。😊

 

原画を拝見して、驚いた事は、旧宮原村、旧岡本村に御鎮座であられた神社様のお姿は

どの神社様もそれはとても立派な造りで、どうしてこの地には、このような数多くの神社様が御鎮座であられたのか? 疑問に感じる程でした。

 

ただ・・・最近、ある御方のブログを拝見して、

私の住む旧久米郷宮原村の旧名、地名の由来が「后宮の原」であった事を知りました。その方に、転記のご確認をさせて頂いた上で、後日詳しく書かせて頂きますが、

安倍姓「皆越氏・槻木氏」に関わるお話ではないか?と考えている事があり、詳しく調べた上で、ご紹介させて頂きます<m(__)m>

「后宮の原」・・・?

余談でした<m(__)m>

 

岡原霧島神社様のお写真は過去ブログ『お正月早々「宝珠」他、色々発見させて頂きました

でもご紹介させて頂いております😊

 

 

 

 

時空を超えた二人の曾祖父からのメッセージ 本題に入ります<m(__)m>

 

岡原霧島神社様 階段を登ると拝殿となります

 

拝殿でお参りをさせて頂き

 

家に帰ろうとした時に、ふと気が付きました。

 

 

幸野溝(世界灌漑遺産)を渡った先の鳥居のたもとに、石碑が立っていました。

今まで、あまり気にも留めていなかった石碑でしたが、何か凄く気になって、

何の石碑だろう?? と 初めてじっくりと見たのです・・・

 

 

 

 

大正11年旱魃 雨乞満願架橋記念

とありました。

 

お名前が刻まれているなぁ・・(p_-)と思いながら じ~っと見ていると・・・

あっ!! ・・・・ 気が付きました!

 

 


宮原留蔵 !

私の曾じいちゃん(曾祖父)だ!

 

さらに・・・

平川堅蔵 !

祖母方の 曾じいちゃん(曾祖父)だ!

 

\(◎o◎)/! 初めて気が付きました

私の二人の曾祖父の名前が刻まれています。

 

 

大正11年旱魃 雨乞満願架橋記念

架橋と 言う事は 幸野溝(世界灌漑遺産)にかかる この橋の事です!

 

 

 

私の曾祖父 宮原留蔵 については

ブログ『第一回国勢調査から・・うちの宮原家の事がまた少しだけ解りました』で

新たに曾祖父について知った事を書かせて頂いておりました。

 

 

 

祖母方の実家「平川家」の曾祖父「平川堅蔵」

平川の曾祖父は、昭和10年代から旧岡原村の助役(現代の副村長)を務めていた人です。

 

私の祖父母と伯父(赤ちゃん)と共に中国ハルピンで撮影 写真右端が 

平川の曾祖父です

平川曾祖父編集

 

 

子供の頃から、遊び場でもあった岡原霧島神社様

幸野溝に架かる橋は、何度渡った事だろう・・・数え切れない・・・

でも、今まで、全く気が付いていなかった 石碑・・・

 

大正11年旱魃 雨乞満願架橋記念

 

旱魃って何だ?? とここから勉強しなければならない 不甲斐ない私ですが😥

とても気になって調べました。

 

旱魃 ウィキペディアより

 

旱魃/干魃(かんばつ)とは、雨が降らないなどの原因である地域に起こる長期間の水不足の状態である。旱は「ひでり」、魃は「ひでりの神」の意味である。

 

旱魃の影響
旱魃によってその地域の環境、経済、社会に様々な影響が発生する。一般的には次のような事象が起こる。

自然火災(山火事など)
農作物・狩猟・果物などの収穫減少
河川の水量の減少が漁業に悪影響を及ぼすこともある
害虫問題の増加
貧困、生活苦による自殺
避難民、移住者の発生
社会不安
戦争
飢饉(飢餓)
疫病
砂漠化

 

以上 ウィキペディアより抜粋致しました。

 

 

 

あっ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウィキペディアの記述を読んで、言葉が出ない程・・鳥肌が立ってしまいました・・・

今の・・状況に 似ている・・

 

大正11年旱魃 雨乞満願架橋記念

大正11年と言う事は1922年

1918年から始まったスペインかぜの脅威が1921年(大正10年)感染終焉

大正11年はその翌年です・・・

1918年(大正7年)と言えば 第一次世界大戦終結の年

 

多くの危機を乗り越えた村には 次に・・

大正11年旱魃、つまり干ばつが襲ったようです・・

 

調べてみた所 大正11年は日本全国で大干ばつが発生したようでした。

 

例えば 伊予でも・・

四国災害アーカイブス様サイトより

大正11年の干ばつ

 

 

 

第一次世界大戦中にスペインかぜの脅威が世界に広がり、ようやく落ち着いたと思えば

大干ばつ・・・

 

しかし

当時の行政に関わっていた 私の二人の曾祖父は、この困難を乗り切り

そして、後世、私がこの世に生を受ける事が出来た・・・

二人の曾祖父は、困難に果敢に立ち向かい、しっかりと乗り越えて生きておられた・・

 

私は 二人の曾祖父の名前が刻まれた石碑を見た事で、

二人の曾祖父から

「負けるなよ ひろ●! 

負けるなよ! 必ず乗り切れるから! 負けるなよ!」

 

とメッセージを受けた! そう感じました。

 

「二人の曾じいちゃん 私は負けんけんね!」

 ※負けんけんね = 負けないからね!

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

私は ブログで何度も「負けたくない」と書いてきましたが、それは 

新型コロナウィルスの脅威に負けたくない と 言う意味ではありません。

疫病の脅威はもちろんの事、その事から派生した国難を 皆で乗り切りたい

精神で負けたくない! という気持ちの 「負けたくない」なのです。

 

過去ブログをお読み下さっていらっしゃる御方々はお解りの事と思いますが

おそらく、私は 多くの方々とは異なる、特殊な環境で育ってきました。

祖母の教育・・

父は元 航空自衛隊幹部自衛官・・

 

でも、祖母や父から教わったきた事、祖父の生き方、二人の曾祖父の生き方を受け継ぐ事は「特殊」ではなく、本来、日本人が当たり前に持っていた「精神」の部分だと

私は思います

 

優しい言葉は心地よいものです

でも、優しい言葉は誰でも 言う事は可能なのです(心の内は関係なく・・)

優しい言葉は 簡単だ・・・

 

しかし、厳しい言葉は 真剣に心の底から訴えないと相手には伝わりにくいものです

ただ、厳しい言葉を言える人は 心から相手の事を思いやる事が出来る人だと

私は思います

 

大きな風が吹いてきた時に それが暴風であった場合

優しい言葉を信じるだけでは ふわふわと浮かぶだけではなく

びゅーっ!と 遠くに激しく飛ばされてしまい、取り返しがつかない事になったと

後で気が付いても 遅いのです

飛ばされない為にも、強い精神をもって、信念を持っていれば

自分が望まない所に 飛ばされる事はありません

 

家族を愛する心、故郷を愛する心、友達や知人、そして他人を思いやる心

それが国を愛する心へと繋がっているのだと思います

 

今の脅威に負けたくない

とか

国を守る とか 国を愛する と 言えば、

すぐに、危険な思想 と思われる方々もいらっしゃるようですが

国防とは、武器 と言った・・話だけではなく、 

大切な生活、家族を守るという事に直結している

例えば、災害を回避する事も国防に含まれるのだと私は考えています。

「そういう事なのだ」という事を多くの方々に知って頂きたいと 私は考えます。

 

自由や平和は 

安全が保障されてこそ成り立っている 

と 私は考えます

この考えは子供の頃から 全く変わっていないのですが

 

去年、拝読して たいへん勉強させて頂いた書籍をご紹介させて頂きます。

加藤ジェームズ様 著

 

 

 

 

加藤ジェームズ様のブログは いつも楽しみに拝読して 勉強させて頂いております。

女性にも解りやすいご説明で、とてもありがたいと思います😊

(加藤ジェームズ様 勝手にご紹介させて頂き、申し訳ございませんでした)

 

 

皆様
当たり前の事をちゃんとして
免疫力を高める食事をしっかり取り(茶まん はお勧めです(^'^) )
穏やかな日が早く来るように
日本を皆で守っていきましょう(^'^)


 
私は何度でも言います😊
私は日本が大好きです
他国にはない 超古代からの文化が

連綿と受け継がれている
日本を心から誇りに思います


 
だからこそ
負けんば~い!!! 
😊

 

 

今回は 

1.神楽歌で気が付いた事

2.時空を超えた二人の曾祖父からのメッセージ

と言った内容を書かせて頂きました。

 

 

さて😊

今回ご紹介させて頂く動画は

A Performance From DRUM TAO

 

スティーヴン・タイロン・コルベア氏 司会のザ・レイト・ショーに

DRUM TAO の方々が出演された時の映像です。

 

アメリカの方々の反応をご覧になられると良く解ります。

日本人の魂 スピリット※精神、情熱、根性 に驚きの絶賛の声をお聞きください😊

 

私は元々DRUM TAOさんの大ファンでして 特に江良さんが・・ (*^-^*) 

球磨に戻って来て、実は偶然にも・・

主人の仕事場に息子さんがTAOのメンバーでいらっしゃる方が以前勤めていらして

尚の事、さらにさらに TAOさんを応援するようになりました😊

 

 

 

 

皆様

最後までご覧頂きありがとうございました。

お身体十分にお気を付けてお過ごしになられて下さい。

 

今回はひろっぷあるある?で、前回の予告とは内容が異なりました事をお詫び申し上げます

次回は 必ず 書きますよ~!!(p_-) 

 

球磨の地より ひろっぷ でした 😊

 

次回『合併浄化槽と球磨川とチベット上空と・・・』に続きます。

 

 

前回のブログ『人間の地磁気感受性と阿米と繋がる中世の球磨』より続きます。

 

新年のご挨拶を申し上げます

 

普通の生活が、当たり前ではなく「ありがたい」と心から思える日が

穏やかな日が 一日も早く訪れる事を心からお祈り致します

 

皆様方のご安泰をお祈り申し上げます

 

ひろっぷ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

私が球磨から発信するこのブログを御覧頂き ありがとうございます。
お読み下さった皆様方には心から感謝いたしております。
 
度重なる自然災害、さらに新型コロナウィルスの感染により、
愛するご家族、親戚やご友人の方々に看取られる事なく、一人で旅立つ事をよぎなくされた
御方々の御冥福を心よりお祈り申し上げます。

ご家族の代わりに、献身的な看護、そして治療に従事なさっていらっしゃる医療現場の方々の御苦労に心から感謝致しております。 

感染なさった方々の早期回復をお祈りいたします。
この難局を世界中がいち早く乗り切れる日が来ることを心よりお祈りいたします。

開発されたワクチンが平等に多くの方々に行き渡りますように。

強く祈ります

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

無事に正月を迎える事が出来ました ありがとうございます

と 氏神様、ご先祖様にお礼を申し上げて、私の新年が始まりました😊

 

ただ、「この地」には、いまだ仮設住宅や仮住まいをなさっていらっしゃる方々が

4215人に上ります。

 

時事通信社様サイト 仮住まい4200人超 見守り支援本格化 7月豪雨から半年・熊本

 

 

 

 

同じ地域に住んでいらながら、自分は自宅で普段通りの正月を迎える事が出来た・・

その事はとてもありがたい事なのですが・・

ご自宅に帰る事が出来ない方々のお気持ちを考えると、申し訳なく感じてしまいます・・

昨年の末、私は独断で、

年賀状は年を明けて、氏神様にお参りさせて頂いた後に新年のご挨拶という形で

今年は必ず良い年になりますようにと願いを込めて、書かせて頂く事に決めました。

 

今回のブログは 番外編ですが タイトルは

新年のご挨拶と 球磨弁ひろっぷの徒然なるままに・・・

と致しました<m(__)m>

 

徒然なるままに・・・じゃなく 新年早々 かなり 激しいかもしれませんが

お付き合い下さい<m(__)m>

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

標準語ひろっぷ? と球磨弁ひろっぷの徒然なるままに・・・

 

 

標準語ひろっぷ?

ここで・・・今年最初の独り言を書かせて頂きます <m(__)m> 

 

私は以前からブログで度々書いていますように 球磨と同じく?静と動が共存しております。

おそらくかなり我慢強い方だとは思います(父や親戚皆そう言ってくれます)

が・・しかし

ひとたび、怒り出すと「動」が「檄」に変わってしまいます。

だから、自分をコントロールする事にこの10数年努めて参りました。

しかし・・1月3日に、テレビの映像で「見たくもない花火」を見てからは

胸の中に言いようもない 「激しいもの」が貯まってしまって 吐き出さなきゃ、どうしようもありません。(一部の方々にはすでに胸の内を聞いて頂いております<m(__)m>)

 

 

一部の国の利益の為に、コロナの脅威を受けて弱い立場にあられる発展途上国の方々が利用されるなんて事は許されない事だと、私は思います・・・

自国で発生したウィルスに対して世界にむけて「ごめんなさい」を言えない・・
ワクチンを開発しておきながら、発展途上国に対して優位な立場を得ようと、その後の自らの国への「利益のみ」を重視して「外交的な立場」でワクチンを供給する・・・
そんな国と裏で繋がっている人達は「平和」という仮面を被って無垢な純粋な方々を

本当の平和から平穏な日々から遠ざけている・・

 

去年一年は、世界はウィルスに翻弄されて、私の地元は災害にもあいましたが

しかし・・色々勉強する事が出来た年でもありました。

一年で全体像が見えたとお思いの方々も 多くいらっしゃるのではないでしょうか?

ただの一主婦である、こんな私でさえ

プロパガンダ的な報道を見抜く事を昨年の1年間で学ぶことが出来ました。

(特に、1月4日の昼の某局のニュースの流れは あまりにも・・と直ぐに気が付きました)

(日本政府に対して反発心を持たせる意図が見え見えでした・・)

 

日本国民をバカにしてはなりません(ー_ー)!!

 

某国はどうなのか 知りませんが(私には関係ない )

日本には

人間がそなえるべき五つの徳
人を温かく思いやる「仁」の心、澄んだ目をもって正しい道を知る「義」の心。
打てば響く智恵の「智」に、何者をも恐れない勇ましさ「勇」。
そして、清廉で潔い様子を意味する高潔の「絜(潔・ケツ)」。

 

この精神は今でも日本にはしっかりと受け継がれています!

だから

日本国民をバカにしてはなりません

 

負けるもんか!!!

 

ふ~っ すっきりした

独り言でした<m(__)m>

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが・・

ここで 球磨弁のひろっぷが 何か言いたいみたいです

皆様方にはご関係ない事ですが、すみません😥

(球磨弁ひろっぷ こっちの方が、もっと激しいから心配ですが😥)

 

球磨弁ひろっぷ です(*^-^*)

少しだけ?言わせて下さい <m(__)m>

 

 

多くのわっかもんは 協力して やりたい事も我慢して 凄かねぇ~!!

おばさんの若い頃は こげんことは無かったけん 気の毒っか・・と心から思います

早く落ち着けばよかね(^'^) と思っとるとですけど・・

 

一部のわっかもんへ どうしても伝えたい事が あるとです

 

一部のわっかもんへ

夜まで うろうろ すんなー!! 夜は家でおしゃもうしときなさい!

※おしゃもう = 静かに・大人しく

 

よ~テレビで見るばってん 一部のわっかもんの言葉

ちょっと怖いです・・・・

ちょっとって 何か~!?

 

亡くなる方も おんなっとぞー!!

気の毒か~って思わんとかー!!

休日、お正月関係無しに、一生懸命治療しよんなる方々の事を

考えたら

ちょっと怖いです・・・・

ちょっと じゃ なか!

とても 怖い じゃろ!?

 

ばってん このウィスルは 言われた事を当たり前にしておけば 大丈夫タイ!

「こうして下さい」と言われた事をちゃんと守らんと

忍び寄ってくる

すでにもう、どこにでも おっとやけん

だから、ちゃんと守っている人にまで感染が広がっていく

感染した人達には 早期回復をお祈りする事が大事ばい!

誹謗中傷とかは 絶対にいかん事!

 

 

穏やかな日が早く訪れるように

み~んなで 今は 協力する時 ばい(^'^)

普通の日々、穏やかな日が訪れたら

バカんごと花火は打ち上げんでよかけん

皆で、良くやったねぇ~😊って

喜び会いましょう!

 

 

球磨弁ひろっぷ おばさんは 一部のわっかもん(若い人達)に提唱します!

 

手洗いうがいはもちろん

密を避けて

そして・・・

爪は短くきりましょうー!!

ばい菌・ウィルスまみれバイ 😣

爪のおしゃれは 落ち着いてからで よかじゃなかね(^'^)

わっかだけでも 素敵なこと

武者ん良か こと なんやけん(^'^) ※武者ん良か = カッコイイ

 

そして 全てのわっか人達へ

日本を愛してください(^'^)

穏やかな日が早く来るように

日本を皆で守っていきましょう(^'^)

 

以上 球磨弁 ひろっぷ おばさんでした(^'^)

※ 翻訳が必要とおっしゃる方がいらっしゃいましたら、コメント欄にて 翻訳?させて頂きます

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

標準語ひろっぷ?に戻りまして・・

やっぱり 激しかった 😥 <m(__)m>

でも、球磨弁ひろっぷ の言う事も 一理あるような(あなたは二重人格か? とのお声が・・)

 

 

皆様

当たり前の事をちゃんとして

免疫力を高める食事をしっかり取り(茶まん はお勧めです(^'^) )

穏やかな日が早く来るように

日本を皆で守っていきましょう(^'^)

 

私は日本が大好きです

他国にはない 超古代からの文化が連綿と受け継がれている

日本を心から誇りに思います

 

だからこそ

負けんば~い!!!

😊

 

皆様 ご唱和を

負けんば~い!!!

 

今回は新年のご挨拶と、少々激しい 徒然なる言葉?を書かせて頂きました。

次回は、歴史の話に戻ります!

前回の、ブログに対して頂いた堀ノ内様、おちゃも様、yabutsubakime様のコメントでのご教示によって

マタマタ ありがたい事に とても大切な事に気が付かせて頂きました。

堀ノ内様、おちゃも様、yabutsubakime様 あらためて お礼申し上げます。

ありがとうございました

 

堀ノ内様から頂いたご教示より

球磨と北条時政の妻でいらした牧の方の御実家「牧氏」との関係

 

おちゃも様から頂いたご教示より

酢だこ と 古代

 

yabutsubakime様から頂いたご教示より

相良一族の所領地の一つ

筑前国長渕庄 とは 現福岡県朝倉市長渕 であり

この地には、 久米氏族 秋山氏がいらっしゃった!

 

と言う事に気が付きました。

次回は、上記のお話と、前回の続きをしっかりと書かせて頂きます(p_-)・・😊

 

皆様

今回は色々と胸の内を書かせて頂き、申し訳ございませんでした。

こんな私ですが 

今後とも どうぞ よろしくお願い致します

 

今年最初にご紹介させて頂きます動画は

国指定重要無形民俗文化財 球磨神楽一番 「三番(さんばん)」 です

 

球磨神楽が全国の御神楽と異なる点は

面をつけない

直面【ひためん】

という所にあります

 

良く存じ上げます宮司様から伺ったお話では

そもそも神楽は神様に奉納させて頂く舞であって

だからこそ球磨神楽では面は付けない

全国に広がる「人を楽しませる面を付けての舞」へと変わったのはかなり後世の事

とお聞きしました😊

 

詳しくは文化遺産オンライン様サイト 球磨神楽(くまかぐら) 

にもご紹介頂いております。

 

 

 

文化遺産オンライン様サイト 球磨神楽(くまかぐら)より

球磨神楽はもとは三十三番が伝承されていたが、現在は三番神楽・獅子・岩潜・大小舞・みさき等十七番が伝承されている。これらのうちの十番前後が神社の例祭の宵宮に、また四・五番が例祭に舞われる。なお、獅子以外はいずれも直面【ひためん】である。
 神社の拝殿が舞台となり、拝殿の周囲や、天井から拝殿の四隅と四囲に注連縄が張られ、「三笠」を舞う場合は、拝殿の天井から二つの笠と楕円形の天蓋に似たものが吊される。舞の後段で、これが破れて中から紙吹雪が散る。
 楽器は太鼓(一)笛(一)(「笛揃」の曲で笛(二))及び楽板と称する板(一)で、各々本殿に向い拝殿の入口側に位置する。
 これは球磨郡にのみ伝承される神楽であり、採物舞で古風である。また、神楽歌には古い歌が多い。他に同類を見ない独特の神楽なので、これを選択して、記録を作成する。

 

以上 文化遺産オンライン様サイト 球磨神楽(くまかぐら)より転記

 

 

 

数多くの球磨神楽の中から 今回は

「日本遺産:人吉・球磨」

国指定重要無形民俗文化財【求麻(球磨)神樂 一番】三番(さんばん)

をご紹介させて頂きます

 

 

皆様 最後までご覧頂きありがとうございました。

お身体十分にお気を付けてお過ごし下さい。

あらためまして

今後とも どうぞ よろしくお願い致します

 

球磨の地より ひろっぷ でした😊

 

次回『神楽歌と時空を超えた二人の曾祖父からのメッセージ』に続きます。

 

 

 

前回のブログ『番外編 負ける訳にはいかない・爪の裏側・・次回に続く前に独り言 ・・

より続きます。

※再投稿(2020/12/29 14:45)

2020-12-29 12:11に投稿の当ブログ、最下部近くに追記を書かせて頂きました。

 

訂正 2020/12/30 09:25

ブログ内記述

朝鮮半島まで到達した火砕流・・は 訂正いたします。

朝鮮半島まで到達した火山灰・・であります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私が球磨から発信するこのブログを御覧頂き ありがとうございます。
お読み下さった皆様方には心から感謝いたしております。
 
度重なる自然災害、さらに新型コロナウィルスの感染により、
愛するご家族、親戚やご友人の方々に看取られる事なく、一人で旅立つ事をよぎなくされた
御方々の御冥福を心よりお祈り申し上げます。

ご家族の代わりに、献身的な看護、そして治療に従事なさっていらっしゃる医療現場の方々の御苦労に心から感謝致しております。 

この難局を世界中がいち早く乗り切れる日が来ることを心よりお祈りいたします。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

初めに

前回、『この植物は一体何でしょう?』と書かせて頂いた、家の元敷地内に生えた「植物」に関して、ツボ様より

テイカカズラでは?  とのご教示を頂きました😊

 

早速、テイカカズラをウィキペディアで調べました(p_-)

テイカカズラ ウィキペディアより抜粋致します。

 

テイカカズラ(定家葛、学名: Trachelospermum asiaticum)は、キョウチクトウ科テイカカズラ属のつる性常緑低木。有毒植物である。

和名は、式子内親王を愛した藤原定家が、死後も彼女を忘れられず、ついに定家葛に生まれ変わって彼女の墓にからみついたという伝説(能『定家』)に基づく。

 

茎からは気根を出して他のものに固着する。茎の表面には多数の気根が出た跡が残るので、樹皮には多数の突起がある。大きくなると、枝先は高木層の樹冠に達し、幹は直径数cmに達する。

成木になると樹皮から離れて枝を空中に伸ばし、葉は大きく黄緑色になる。葉は長さ1cm(幼木)から数cm(成木)あり、質感は様々で、一般に幼木の方が革状で光沢がある。

特に幼木の間は地上をはいまわり、地面に葉を並べる。このときの葉は深緑色で、葉脈に沿って白い斑紋が入ることが多い。

6月頃に花を咲かせる。花は房状の花序が垂れ下がったところにつく。花弁の基部は筒状で、先端は5裂して広がる。それぞれの裂片は先端が断ち切られて丸まったような三角形で、それぞれにわずかにねじれ、全体としてプロペラ状になる。花ははじめ白く、次第に淡黄色になり、ジャスミンに似た芳香がある。

 

分布と生育環境
朝鮮半島、日本(本州 - 四国・九州地方)の温暖な場所に分布する。

 

古典に「まさきのかづら(真拆の葛)」「まさきづら(真拆葛)」とあるのも本種のことといわれる。
み山には あられ降るらし と山なる まさきのかづら 色づきにけり
—神遊びの歌、『古今集』巻第二十・1077番歌
我が手をば 妹(いも)にまかしめ 真栄葛(まさきづら) 手抱(たた)き糾(あざ)はり…〔下略〕…
—歌謡、『継体紀』

 

以上 ウィキペディアより抜粋させて頂きました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ウィキペディア の地上を這う様子(写真)を拝見すると確かに似ています(画像 小)

 

家の元敷地内の植物

 

 

テイカカズラには白い花が咲くようですが、こちらには白い花は咲きません・・・

がしかし!! 

ジャスミンによく似た香りの花が咲く木が近くに立っている事に気が付きました!

やはり、この植物はテイカカズラ もしくは近種ではないのか!?と考えた時に気が付きました

※古典に「まさきのかづら(真拆の葛)」「まさきづら(真拆葛)」と

あるのも本種のことといわれる。

み山には あられ降るらし と山なる まさきのかづら 色づきにけり
—神遊びの歌、『古今集』巻第二十・1077番歌

 

実は、今月15日以降から、こちらは、最低気温が-5℃から-7.5℃といった日が

数日続いていたのですが・・・(九州のヒマラヤか!?😅)

一例 <m(__)m>

 

お陰で、「謎の植物」も完全に色づきました!

 

古典に「まさきのかづら(真拆の葛)」「まさきづら(真拆葛)」とあるのも本種のことといわれる。

※み山には あられ降るらし と山なる まさきのかづら 色づきにけり

—神遊びの歌、『古今集』巻第二十・1077番歌

うちの かづらも 色づきにけり です😊

 

ツボ様 あらためましてありがとうございました!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今回のブログのタイトルは人間の地磁気感受性と阿米と繋がる中世の球磨と致しました。

 

11月27日投稿のブログ

『アニミズム 強磁性と反磁性 球磨は何故祈りの地なのか』に対して

堀ノ内様、青い海様よりとても参考になるご教示をコメントにて頂きました。

堀ノ内様、青い海様 ありがとうございました。

お二人から頂いたご教示を元に私なりに勉強をさせて頂き、気が付いた事等を今回書かせて頂きます。

時間軸の観点から青い海様から頂いたご教示、さらに堀ノ内様から頂いたご教示についてご紹介させて頂きます。

 

1.地磁気感受性を人間は持っていた

 

①クリプトクロムとは一体何か?

青い海様から頂いたご教示をご紹介致します。

〉クリプトクロム1aという化学物質が網膜にある磁場を知覚する物質らしい。これと同じCRY1,CRY2は植物にあり赤色、近赤外。光受容体である。これらの化学物質が渡り鳥にあり、磁場を知覚するが、哺乳類にも微量存在するらしい。

〉即ち、地球上の全ての物質は上空の磁場と繋がっているのでないかと独断です。

 

私も早速、クリプトクロムについて、勉強させて頂きました。

まずは東京大学 公式ページ内

総合文化研究科・教養学部 掲載日:2015年6月5日

動物の磁気を感じる能力の可視化に向けて
微小空間で光化学反応が磁場に反応する様子を直接観測
 を拝見致しました。

 

 

拝読して、理解出来た事は

ある種の昆虫、魚、鳥、哺乳類は、磁場を感知する能力を持っている=磁気感受能

磁気感受能に関係していると示唆される物質が =クリプトクローム

クリプトクロームとは タンパク質であり、その中でも特にフラビンアデニンジヌクレオチド(FAD)という分子が磁気感受能に関係している

という事でした。

 

※哺乳類は、磁場を感知する能力を持っている

では人間はどうなのか!?

すでに発表されていました!!

 

②人間の地磁気感受性

2019年3月19日、東京大学と米カリフォルニア工科大学などの共同研究チームは、

多くの人に地球の「磁気」を感じる能力があることを発見したと発表されていました!

 

プライムオンライン様 

あなたも「地磁気」を感じる“第六感”がある!? 何に役立つのか 東大の研究者に聞いてみた

ぜひ!皆様、ご覧下さい。

 

 

 

東京大学大学院の真渓歩准教授のお話を拝読して理解出来た事をまとめます。

地球と同じぐらいの磁気を発生し、その方向をコントロールできる装置を設置して人間の脳波を計測した結果、地磁気の方向を変えると脳波が変化することを発見!

人間も地磁気を感じることができると結論付けられた。

人間の頭の中の至る所にはマグネタイトと言われている鉄の酸化物が存在

目の網膜にはクリプトクロムというタンパク質が存在

今までは

「人間の祖先は地磁気感受性を持っていたけど今はずいぶん弱っている」と考えられていた。

この研究で使われた「アルファ波の振幅が小さくなる変化によって間接的に反応があったとする」方法は、第六感や意識の研究者にとってひとつの指針になるという。

 

 

凄い!!凄いです!! 

\(◎o◎)/!

やはり、人間には

磁気感受能が存在していた!

という事ですね!

 

ブログ『アニミズム 強磁性と反磁性 球磨は何故祈りの地なのか』で書いていた事

古代の祈りにも繋がっているのでは!?

と、私の直感(第六感)が感じております・・・・

 

 

※人間の祖先は地磁気感受性を持っていたけど今はずいぶん弱っていると考えられていた

しかし!ご研究で、今でも人間は継続して地磁気感受性を持っている事が証明された

 

古代の方々は、現代人より、もっと地磁気感受性が強かった・・

その能力を生かして、自然災害、例えば「火山噴火」や「地震」の前の磁気刺激に反応していたのではないでしょうか!?

そう考えると、以前から何度も書いていますように、喜界カルデラの爆発的噴火を

縄文時代の九州南部にいらした高度な文化を持った方々が何も感じずに「滅亡」したとは

私には到底考えられません!

事前に脱出なさったか・・・もしくは

ブログ『(追記あり)動画の補足 姫島・阿蘇・多久との交流 と球磨郡内のシェルター

で書いたように・・・・

 

 

天然シェルターとなる鍾乳洞等に避難されていた可能性も

ありうるのでは・・!?

縄文早期の遺跡では、球磨村大瀬洞穴遺跡と同村高沢洞穴遺跡が有名である。

いずれも石灰岩地帯にある鍾乳洞の遺跡で、骨や貝殻などの保存に適した条件を備えている。

球磨郡内には球泉洞を含む多数の鍾乳洞があります・・・

例えば 神瀬(こうのせ)石灰洞窟

 

日本最大の洞口を持つ洞窟
開口部の横が約40m・高さが約17m

 

 

天然シェルターとなる鍾乳洞に喜界カルデラの爆発的噴火によるアカホヤが積もっていたとは今まで勉強不足か、拝見した事が無いような気が・・・

しかし、喜界カルデラの爆発的噴火直後は、火山灰が空を埋め尽くし、太陽光は地上には届いていなかったのでしょうね・・・

それは・・まるで 夜が続くような日々が続いたのだろう

と私は推測致します・・

地上には、火山灰が蓄積して、すぐに人が住める環境ではなかったはずです。

移動を決意した方々は 何処に向かったのか・・・

 

喜界カルデラの爆発的噴火 ウィキペディアより抜粋

先史時代以前に複数回の超巨大噴火を起こしている。約7300年前の噴火は過去1万年では世界最大規模で、火砕流が九州南部にも到達し、九州南部の縄文人を絶滅させたと推測されている

 

画像 ウィキペディアより

幸屋火砕流と鬼界アカホヤの広がり。九州南部・東部、四国、本州瀬戸内海沿い、および和歌山県で20cm以上あり、広くは朝鮮半島南部や東北地方にも分布する。

 

朝鮮半島まで到達した火山灰・・

もしも・・・私だったら 海を経由して

火山灰の無い、東北か・・もしくは

中国南部まで逃げて新天地を探したかもしれない・・ と考えました。

 

九州南部には縄文早期から想像を絶する程の高度な文化を持った方々が住されていた事

ブログ『11万年前以前からの球磨人と、超古代からの球磨のおさらい』でもご紹介致しました

 

 

私は・・・九州南部の縄文人は絶滅したとは到底考えられません。

新天地で系を繋げて、弥生時代に戻ってこられた・・

とあらためて、強く感じました。

 

青い海様 あらためまして クリプトクロムと磁性に関するご教示を頂いた事を

心よりお礼申し上げます。 ありがとうございました。

 

2.中世の球磨 永里氏の出自

ブログ『アニミズム 強磁性と反磁性 球磨は何故祈りの地なのか』 の中で中世、南北朝期の球磨の国人衆をご紹介させて頂きました。

 

南北朝時代に登場する国人と城館分布図

 

当時の国人衆
上相良氏(多良木氏)・久米氏・小田氏・奥野氏・宮原氏・岡本氏・
須恵氏・永里氏・平川氏(平河氏)・下相良氏(人吉)

 

上記の永里氏に関して堀ノ内様よりありがたいご教示をコメントにて頂きました。

堀ノ内様よりご教示頂いた

人吉庄永里村地頭職系図 をご紹介させて頂きます。

 

橋口源右衛門所持古系図(この系図の横に橋口家系図があります。)
肥後国人吉庄東郷永里村并 同国合志庄高永地頭職相伝系図
合志九郎季高ー永里次郎季綱ー弥次郎基季ー小次郎保基ー

弥次郎基平ー彦次郎高重(一童名法師房丸)(この人の従兄弟に木場五郎季親)

 

私は人吉庄永里村地頭職系図を拝見して たいへん驚きました!

合志九郎季高! 最初からもうビックリです!!
以下をご覧下さい。

「建久八年(1197年)肥後国球磨郡図田帳(相良家文書)」に残る各氏をご覧ください(..)
相良氏入国以前の肥後国球磨郡図田帳です。

山江村誌 歴史編より引用
※蓮華王院人吉庄
領家 八条院
預所 対馬前司 清業 (中原清業)
下司 藤原友永 字人吉次良(人吉次郎)
政所 藤原高家 字須恵小太良(須恵小太郎)

地頭 藤原季高 字合志九良(合志九郎)
同  藤原茂綱
同  藤原真宗 久米三良(久米三郎)
同  尼西妙

※鎌倉殿御領 五百丁
預所 因幡大夫判官 (大江広元)
内永吉庄三百丁 地頭 良峯師高子息 字平 紀平次 不知実名
須恵小太良(郎)家基領 百五十丁

※公田 (旧久米郷)
豊富 地頭 藤原真家 字久米三良(久米三郎)
豊永 地頭 藤原家基 字須恵小太良(須恵小太郎)
多良木村没官領 伊勢弥二良 不知実名(伊勢弥二郎 不知実名)
※その後久米氏は寛元二年(1244年)五月十五日の人吉庄起請田以下中分注進状(相良家文書)の署判に「惣公文藤原真憲」として見える。

と山江村誌には記されています。

※地頭 藤原季高 字合志九良(合志九郎)
つまり!この方が、堀ノ内様からご教示頂いた
合志九郎季高』 でいらっしゃった!と言う事になります。

もう、ビックリして・・感動しました!

 

建久八年(1197年)肥後国球磨郡図田帳をみると

本来、『合志九郎季高』と言う方は蓮華王院人吉庄内の何れかの地の地頭となられ
後に永里次郎季綱と言う方が永里村(旧上村永里、現あさぎり町上永里)の地頭になられた・・
と言う事が解りました。
おそらく、相良長頼公が人吉庄の地頭職を源頼朝公から正式に補任された「後」の事だと思います。

 

さらに堀ノ内様は 私の過去記事をご覧になられた上で

永里村と高永の所に、小さく永里彦次郎とあるのを見つけました!
系図に名前がある。彦次郎高重という人と同一人物でしょうか!?古文書と系図の人物が一致するのは、珍しいのでおどろきです。

とコメントして頂きました。

 

私の過去記事とは ブログ 相良定頼并一族等所領注文 であります。

 

永里彦次郎という御方の名が記されているのは こちらです

画像最後の行「岡本又二郎分」から続きます。

相良定頼并一族等所領注文4

 

最初の行に 永里彦次郎跡、加庶子 と記されています。

 

相良定頼并一族等所領注文5

 

堀ノ内様がご指摘なさった事で、私も永里彦次郎という御方の名前・・

何処かで見た事がある記憶が残っていましたので、再度、過去自分が調べていた事でブログには書いていない事を見直しました。

すると(p_-) ありました!!\(^o^)/

 

南北朝の内乱について 「山江村誌」より抜粋します。
球磨郡では、人吉の相良定頼が九州の少弐・大友・島津らとともに足利尊氏に呼応した。
ところが・・
多良木の相良孫三郎経頼・須恵彦三郎・永里彦次郎・岡本・奥野・橘佐渡八郎・橘遠江入道道公らは、南朝方として挙兵。
「相良孫三郎以下凶徒」と呼ばれる事となる。
球磨郡の南朝方の拠点は、永吉庄木上城。そして、北朝方の拠点は山田城であり、いずれも、少弐頼尚領である。


※多良木の相良孫三郎経頼・須恵彦三郎・永里彦次郎・岡本・奥野・橘佐渡八郎・橘遠江入道道公らは、南朝方として挙兵。
ありました!「
永里彦次郎

 

この方が堀ノ内様からご教示頂いた系図に記された

肥後国人吉庄東郷永里村并 同国合志庄高永地頭職相伝系図
合志九郎季高ー永里次郎季綱ー弥次郎基季ー小次郎保基ー弥次郎基平ー
彦次郎高重(一童名法師房丸)(この人の従兄弟に木場五郎季親)


彦次郎高重(一童名法師房丸) この方のようです!

 

〉古文書と系図の人物が一致するのは、珍しいのでおどろきです。

私も非常に驚きました!

堀ノ内様 あらためまして ありがとうございました!

 

 

所で・・皆様

先にご紹介した私の過去ブログ 相良定頼并一族等所領注文

ぜひじっくりとご覧頂きたいと願います。

 

当時の相良一族が球磨だけではなく、九州南部から九州北部にかけて多くの所領地を持っていた事が良く理解頂けると思います。

相良氏族として記された方々の姓をご覧頂くと、さらに多くの姓がある事にもお気づきになられるはずです(p_-)

久米氏族 秋山氏 も 相良一族の中に名を連ねていらっしゃる事にも私は気が付きました

(p_-)・・・・・(yabutsubakime様へ  にこ~っ😊)

 

※多良木の相良孫三郎経頼・須恵彦三郎・永里彦次郎・岡本・奥野・橘佐渡八郎・橘遠江入道道公らは、南朝方として挙兵。
「相良孫三郎以下凶徒」と呼ばれる事となる。

 

橘佐渡八郎・橘遠江入道道公らは、南朝方として挙兵

所領地の大半を失う事になるのですが・・・・

でも! 宮原村だけは 重代相伝の地 として 残ったようです\(^o^)/

 

多良木町史より 橘薩摩公多譲状 小鹿島文書より

 

 

 

橘 公多譲状 『小鹿島文書 』より

ゆつり阿たうる左衛門か所 (譲り与える左衛門か所)
ひこのくに くまのこほり くめのかう東方下ふんミやのはう
肥後国球磨郡久米郷東方下分宮原

ふせんのくにそへたの志やう(豊前国副田庄) のうちやしき併にちとう志き(屋敷 地頭職)
の事

右、 所領者、公多ちう いさ うてんのしよりゃやう(重代相伝所領) 也、
したいのてつき(次第手継)御下文以下あいそゑ(相副)ゆつる所也、仍自筆之譲状如件


正平廿 一年三月九日  橘 公多 (花押) 

 

過去ブログで気が付いていた事ですが、

正平廿 一年

南北朝時代、北朝方と南朝方は其々異なる元号を使用していました。

正平廿 一年(1366年)とは北朝方が使用した元号で言うと『貞治5年』です!

「橘公多」が使用された元号は正平廿 一年(1366年)。 

使用された元号は南朝方が使用した
「正平」であった!!

つまり・・・橘 公多 という御方は・・・南朝方でいらしたようです(p_-)

 

さらに(p_-)

南北朝時代の球磨の国人衆 南九州国人一揆の契り状で詳しくご覧頂く事が出来ます。

 

多良木町史より

一揆神水契状案  (久米氏 相良氏)

 

 

 

続く 一揆神水契状案

拡大して頂くと 平川氏 や宮原橘公冬 といった球磨の国人衆の名を確認して頂けます。

 

 

 

う~む(p_-)

久米郷宮原村は 重代相伝を守る事が出来たようです・・(p_-) \(^o^)/

 

マタマタ、所で・・・(p_-)

今回のブログのタイトルに 私は※阿米と繋がる中世の球磨 と書いております。

今から書かせて頂く事は次回の予告編でございます。

 

阿米・・・ この方の名前は松野連系図に記載されたお名前です。

私は、かなり以前から気になる記述に気が付いておりました。

 

神武天皇様の意を受けて、大久米命様はイスケヨリヒメ様に会いに行きます。

するとイスケヨリヒメ様は、見慣れない風貌の大久米命様に驚きこう答えたのでした。

 

阿米都都(あめつつ) 知杼理麻斯登登(ちどりましとと) 那杼佐祁流斗米(などさけるとめ)

※天地 千鳥真鵐 など黥ける利目
(大意)あなたはなぜ、いろいろな鳥のように目のまわりに入れ墨をして、鋭い目つきをしているのですか。

 

阿米都都 知杼理麻斯登登 那杼佐祁流斗米

 

「阿米」を現代の方々は 「大地」と訳されていらっしゃるようですが、

私は・・・何だか違うようなきがするのですよね・・(ど素人がすみませんが・・)

 

あなたは=阿米 と訳するのならば・・

大久米命 様 = もしかしたら・・阿米様・・??

ではないのか!? と。

 

さらに、先にご紹介した球磨の永里氏・岡本氏 は藤原姓菊池一族の方々・・

球磨には藤原姓久米氏もいらっしゃる・・

その球磨を統治した 相良氏は藤原南家 工藤一族であり伊東氏から養子が入られている・・・

そこで、今年最後の謎を皆様にご紹介して、次回の予告編と致します<m(__)m>

 

皆様方にぜひご覧頂きたい系図がございます。

女王卑弥呼の特使派遣 < 「魏志倭人伝」と伊東氏大系図 > サイト様です。

 

 

南家伊東氏藤原姓 大系圖 には

 ①梨津臣命=梨迹臣命=難升米命 (なしとみ・なしょみ)
 ②伊世理彦命=伊聲耆命=伊聲耆命 (いせり))

この方々が記されているようです・・・

 

私も、所有する相良藩史に記載の相良氏系図を見たのですが・・

梨迹臣命 = 難升米命様??

記載されていました・・・

 

多くの国人衆の中から、室町時代初頭に相良氏が何故?

球磨を統一する事が出来たのか?

南家伊東氏藤原姓 大系圖を拝見して以降、この事が頭の中を

駆け巡っています

 

追記 2020/12/29 14:45

ご参照下さい・・・ブログ 共通のアニミズム 自然崇拝と・・金印・・

 

太伯王には子供さんはいらっしゃらなかった・・・
「呉太伯世家」 とは 弟の虞仲(仲雍)王の系 を指す・・・・
つまり 夫差(フサ)王は 弟の虞仲(仲雍)王の系であり 「呉太伯世家」である・・・
つまり・・・つまり・・・
自謂太伯之後 とは呉太伯世家夫差(フサ)王の 後裔である
と言う意味では・・・

球磨の熊津彦様のご先祖様は 
春秋時代の呉国国王夫差王となられる・・・・

熊津彦様の御子息が、難升米命様・・・・

天孫族と言われる方々は・・本当は全て繋がっていらっしゃるような気がします。

母系での繋がりかもしれませんね・・・

 

上記に書いた事は マダマダ次回の予告編でございます。

さらに、気が付いた事が 沢山 ございます(p_-)

 

皆様

最後までご覧頂き ありがとうございました。

 

今回が今年最後のブログとなりそうです。

今年一年、色々な事がありました。

コロナはもちろんの事、 100年に一度(実際はもっとでしょう)と言われる大水害も経験した

おそらく、一生忘れない悲しい年でもありました。

皆様方から頂いた ありがたいご教示、そして、辛い時に頂いた励ましのお言葉の数々

心からお礼申し上げます。

ありがとうございました

これからも、どうぞ よろしくお願い致します。

 

来年はきっと良い年になりますように!

 

皆様方 お身体十分にお気を付けてお過ごし下さい。

 

今年最後にご紹介する曲は・・・

川村ゆみさんの KUMAKOI六調子 で ございます😊😊

 

負けんば~い!!

 

 

 

球磨の地より ひろっぷ でした😊

 

次回『新年のご挨拶と 球磨弁ひろっぷと共に徒然なるままに・・・』に続きます。

 

 

前回のブログ『共通のアニミズム 自然崇拝と・・金印・・』より続きます。

 

私が球磨から発信するこのブログを御覧頂き ありがとうございます。
お読み下さった皆様方には心から感謝いたしております。
 
度重なる自然災害、さらに新型コロナウィルスの感染により、
愛するご家族、親戚やご友人の方々に看取られる事なく、一人で旅立つ事をよぎなくされた
御方々の御冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

ご家族の代わりに、献身的な看護、そして治療に従事なさっていらっしゃる医療現場の方々の御苦労に心から感謝致しております。 

この難局を世界中がいち早く乗り切れる日が来ることを心よりお祈りいたします。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次回、堀ノ内様、青い海様より、頂いたありがたいご教示から続く、

私なりに勉強させて頂いた事を書かせて頂く前に、今回は「独り言」を書かせて頂きます。

(本題を書く前の「はじめに」に書くつもりだったのですが長くなりそうなので・・)

知っていたようで、当たり前の事を知らなかった私の反省を込めて書かせて頂きます。

<m(__)m>

題して

負ける訳にはいかない・・爪の裏側

でございます。<m(__)m>

 

 

 

新型コロナウイルスへの感染症対策のお陰か、今年は国内でもインフルエンザの感染者が

極端に少ないようですね。

冬場に感染が広がるノロウィルスの感染も同様のようです。

 

でも、日本国内で多くの方々が辛抱して対策を行っているのに、

何故?新型コロナウイルス感染拡大が続いているのでしょうか。

ど素人の私は、とても疑問に感じます・・・

 

もうそろそろ・・書いてもいいかな・・

実は、私の主人は医療機関内の「ある施設」にて現場の責任者として勤務しております。

新型コロナウイルス感染症が国内でも確認された今年の1月から、毎朝体温を測り、出勤。日々、緊張感の中で生活をしています。

ウィルスはどこに潜んでいるか解らない・・誰でも感染する可能性はある・・・

だから、今年の緊急事態宣言の前から、主人とドライブで球磨以外の地に出かけた事はありません。

 

実は・・・

私はもちろん大自然、美しい景色は大好きなのですが・・・

北九州の小倉生まれの小倉育ちの主人より、どちらかと言うと、私の方が、賑やかな場所が大好きで・・・好きなカジュアルウェアブランドの服もあり・・美味しい食事をお店を探して食べるのも大好き・・

主人は、球磨周辺の美しい景色を水彩画で描くのが大好き・・

お気づきになられたと思いますが😊 私と主人、性格は真逆なのです・・・🙄

 

こういう私がストレス?を溜めないようにとの気遣いか?・・主人は

二人で球磨に戻って以降、昨年までは年に何度も、熊本市内や鹿児島市内、遠出して、福岡市内まで私をショッピングに連れて行ってくれていました・・(トホホ・・)

 

感染が少し落ち着いていた頃、どう答えるのかな? と思いながら・・少しふざけて

もうそろそろ・・たまには遠出する?」と私が聞くと、主人は

ダメ!ひろさんはまだ結界の外に出てはいけません(--〆) 

と真顔で叱られた事もあります・・・やっぱり!想像通り!(心の声)

 

もちろん、私も遠出する事は全く考えてはいませんでしたので、主人の答えは想像通り・・

父は来年80歳になる高齢ですから、私には家族を守る義務があります。

さらに

主人の勤務先には、沢山の患者さんや、デーサービスを利用する高齢の方々がいらっしゃるので主人自身、自分の身体を守る事は、他の方々の大切な命を守る事に繋がるという

責任感を側にいて、いつも感じています。

 

主人は衛生管理責任者の資格他、多数の衛生や栄養に関する資格を持っているので

家でも、「その面」ではとても厳しい人です。

もう、何年も前から使い捨てのビニール手袋は家には常備していて、主人の指導?で私は

生野菜を触る時はもちろん、鶏肉にはサルモネラ菌が付いている可能性がある(p_-) と生肉はビニール手袋をしないと触った事はありません。

 

父はと言うと・・・

実は・・自他ともに認める・・物凄~い神経質\(゜ロ\)(/ロ゜)/

物が真っすぐ、そして垂直、さらに平行に置かれていなければ、絶対に嫌!

という人です。(何せ・・元航空自衛隊の将校さんですので・・)

その父から育った私。子供の頃から手洗いうがいは当たり前!

適当~に手でも洗っていたら「やり直し!!(-_-)/~~~ピシー!ピシー!」と叱られていました😥

 

私はと言うと・・・

整理整頓はあまり得意ではないのですが・・(トホホ・・)でも「ホコリ」は嫌 (ー_ー)!!

(主人は整理整頓は当たり前の人ですが・・)

 

神経質な父の影響?で、

私自身、消毒用アルコールシートを欠かした事は、過去おそらく何十年も無いのでは・・

何十年も前から外出用には車の中にアルコールシートをいつも常備。

買い物をして車に戻ったら、必ず除菌シートで手を拭いて、ドアを拭いて・・

じゃないと運転は始めません(ー_ー)!!

喘息の持病があるので、風邪の季節には用心の為にマスクはいつもはめていました。

外出から帰宅したら、家族みんな、部屋着に着替えるのは「当たり前」。

 

と言う生活が当たり前だった、うちの家族にとっては、今の状況「手洗い・うがい・マスク」は

全くの当たり前の事で、普通に生活している時と、何ら変わりはないのです・・

もちろんパンデミックの状況下ではない平穏な状態の中では、家の神経質家族は

単なる変わり者なのかもしれませんが・・

 

と・・・ここまで書くと、「ただの神経質家族の話・・」となってしまいそうなので

本題に入ります(p_-)

 

衛生管理の面から、普段から主人の爪はとても短く「白い部分」は全くありません。

もちろん(p_-)父も爪には神経を尖らせ?ていて いつもプチプチ切って「白い部分」は全くありません。

こういう二人だから 気が合うのだなぁ~と私はいつもニコニコ笑ってその光景を見ています。

私はと言うと・・・仕事をしている時はネイル禁止だったので、仕事を辞めてからは思う存分大好きなネイルが出来ると「爪は短くした上」で最初は喜んでいたのですが・・・

 

主人は・・「マニキュアの下の爪の白い部分が少し伸びているのかな??」とか

聞くので男性二人の「冷たい視線」が痛くて、特に新型コロナウィルス感染症拡大が始まってから以降は全くしていません。

男の人には女性の心が解らないんだよねぇ~とブツブツ言うと

父が

学校の時に爪とハンカチの検査がいつもあった意味が解るか?」と

突然聞いてきました。

 

そう言えば・・あったな🙄

「不潔にならないように・・じゃないの!?」と言うと

父が、「もっと自分自身で調べなさい」(-_-)/~~~ピシー!ピシー!と言うので

仕方なく調べました・・トホホ・・

トホホ・・と思いながら調べ始めると・・・

ぎゃ~\(゜ロ\)(/ロ゜)/ とビックリする事が

多数の医療機関や製薬会社様から紹介されていました!

 

2017年

Vol.49 爪と指輪とネイルアート|矢野先生のコラム|健栄製薬株式会社様より

 

 

手の爪の下には多数の細菌が潜んでいます。

塗りたてのマニキュア液が爪周囲の皮膚の細菌数を増すことはありません。

しかし、剥がれかかったマニキュアは爪上で多数の微生物の発育を助けることがあります。

それ故、マニキュアが古くなったら除去するのがよろしいと思います。

 

中略・・・

付け爪やネイルアートの爪の人の方が、自然爪の人に比べて、手洗いの前後いずれの場合でも、指先に細菌を潜ませている可能性は高いのです。

このようなことは決して、指輪、つけ爪、ネイルアートをしないようにと言っているのではありません。

抵抗力に何ら問題のない人々では、多少の汚れや病原体が指輪の下や爪に付着していても重大な感染症を引き起こさないからです。しかし、抗がん剤によって抵抗力が低下している患者、何らかの疾患によって免疫が低下している患者、そして、そのような患者をケアしている人では、感染予防のためにも指輪や爪に配慮してほしいのです。

 

中略・・・

抵抗力に問題がある期間や抵抗力の低下している人に接触するときには避けることがよろしいと思います。もちろん、自然爪であっても、短くしておくのがよいことは言うまでもありません。

以上 2017年 爪と指輪とネイルアート|矢野先生のコラム|健栄製薬株式会社様より抜粋

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

※手の爪の下には多数の細菌が潜んでいます。

※感染予防のためにも指輪や爪に配慮してほしい

※抵抗力に問題がある期間や抵抗力の低下している人に接触するときには避けることがよろしいと思います。もちろん、自然爪であっても、短くしておくのがよいことは言うまでもありません。

 

2017年のご投稿と言う事は・・・新型コロナウィルス感染症拡大の前・・

じゃあ・・もっと何か検証されているかもしれない・・(p_-)

と思いまして、さらに調べました・・・

 

以下のサイト様の実験データは、多くの方々がご覧になられる必要があるのでは?

思いまして、内容を勝手ながらコピーさせて頂きました<m(__)m>

 

サラヤ株式会社様サイトより

手洗いの科学|プロフェッショナル手洗い|サラヤ株式会社 企業法人向け

 

 

データ5
爪が長いと指先には菌がたくさん!
手指のなかでも、特に指先に潜む汚れ・菌が多いことが知られており、食品衛生においては「爪は常に短く切りそろえること」が常識化しています。これを検証するために実験を行いました。
常に爪を短く切って整えている場合と、爪を切らずに伸ばしている場合との指先に潜む菌数の違いを比較しました。

結果のグラフから、爪を伸ばしている期間が長いほど指先からの回収菌数が膨大することがわかります。
爪は常に短く切り、手洗い時には指先の汚れをかき出すように手洗いを行うことが望まれます。

※フィンガーティップ法:指先を液体培地の入ったペトリディッシュの底に1分間こすりつけ、指先の菌を採取し、回収液から細菌培養して菌数を測定する方法。

 

 

サラヤ㈱ バイオケミカル研究所調べ

 

データ6
爪部分にはこんなにも菌数が!
爪の下に多数の菌が存在することを明らかにしたデータです。

爪の下をマニキュアで覆った場合と覆わなかった場合とで、それぞれに殺菌剤未配合の普通石けんで手洗いを複数回行い、手指から回収される菌数の変化を調べました。

 爪先を覆った場合は菌数は減少していきますが、爪先を覆わなかった場合は、手洗いを複数回行っても多数の菌が回収されています。つまり、爪下の隙間部分に菌が多数存在していることがわかります。
このことから、手洗いを行う際には、ブラシを用いるなどして爪下の隙間部分の汚れを丁寧にかき出すことが望まれます。

 

 

J.J.Leyden,K.J.McGinley,S.G.Kates,K.B.Myung,Hosp.Epidemiol.,10(10),451(1989)

 

以上 サラヤ株式会社様サイト 

手洗いの科学|プロフェッショナル手洗い|サラヤ株式会社 企業法人向け 

より抜粋させて頂きました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ぎゃ~ 

\(゜ロ\)(/ロ゜)/

何だこの菌の数は・・・!!

今更ながら ビックリ致しました・・

 

※手指のなかでも、特に指先に潜む汚れ・菌が多いことが知られており、食品衛生においては「爪は常に短く切りそろえること」が常識化しています。

 

当たり前の事がデータで見ると一目瞭然だったのですね・・!!

 

そう言えば・・・昨今 手洗いうがいの推奨は当たり前の事だけど・・

爪については、当たり前の事として、多くの方々は認識していらっしゃるのかな・・?

何せ、私もネットで調べて ぎゃ~\(゜ロ\)(/ロ゜)/ となった一人ですので・・・トホホ

 

マタマタそう言えば・・・

以前拝見した 感染症・予防接種ナビ様 サイトでも・・・

 

 

正しい手洗いの方法
 
手洗いは、新型コロナウイルスを含む感染症対策の基本です。

 1.流水でよく手をぬらし、石けんをつける

 2.石けんを泡立てて、手のひらをよくこする

 3.手の甲をしっかりのばすようにこする

 
4.指の先・爪の間を念入りにこする

 5.指の間を洗う

 6.親指を反対の手でねじり洗いをする

 7.手首も忘れずに洗う

 8.流水で十分に洗い流す

 9.清潔なタオルやペーパータオルでよく拭き、乾かす

手を洗う前に時計や指輪など外して、手首までしっかり洗えるようにしましょう。

また、爪はなるべく短く切っておきましょう。

 

と書かれていらっしゃいます。

 

※ 4.指の先・爪の間を念入りにこする

※ 爪はなるべく短く切っておきましょう。

 

爪の裏側等には細菌が沢山・・

当たり前の事がよ~く理解出来た事で

この2行がとても大事な事なのだと・・・恥ずかしながらこの年になって解りました。

トホホ・・・

 

父から聞かれた

学校の時に爪とハンカチの検査がいつもあった意味が解るか?

単純に 「不潔にならないように・・じゃないの!?」ではなく(ー_ー)!!

何故?不潔なのか・・!?

と言うと

爪を長くすると、多くの細菌やウィルスが潜んでしまうから!

でありました(p_-)

 

父に話すと

「そういう事は常識」

「常識を知らずに、当たり前の事のように不潔にならないように・・

なんて言っているから 調べなさいと言ったのだぞ」

「解ったか? (^'^) 」

これが80代をまじかにする父と50ウン歳の私の会話です。

なんだかなぁ~と自分自身が恥ずかしくなりながらも

父が 単純に神経質な人

というだけではなく・・知識を持った上での神経質であった事は、子供として嬉しかったのであります。(神経質過ぎるところは確かにありますが・・😌😌)

 

ここで・・おやっ?? と思いました。

この「当たり前」の事って、本当は凄く重要な事なのではないのかな!? と・・・

 

新型コロナウィルス感染症拡大・・

そう言えば 子供さんが感染源になった・・と言う話はあまり聞きませんね・・🙄

小学校、中学校では、 爪検査は日常的に行われている・・

日本は 本当に衛生的な国なのだな・・

とあらためて感じました。

 

じゃあ・・・もっと年齢があがったらどうなのかな・・??

爪を短くしてのネイルで、剥がれるとケアをしっかりやるのは 良いかもしれませんが・・

長いと 細菌やウィルスの巣になってしまいそうで・・

怖い\(゜ロ\)(/ロ゜)/

と私は考えるのですが、どうなのでしょう・・🙄

 

ファッションは自由なので、人其々の考えがあって当たり前・・

きちんとした情報を得た上で、自分はどうするべきか選択するのも個人の自由・・

 

だけど・・

そのきちんとした情報を マスコミ等では、多くの人達にきちんと伝えているのかな・・?

例えば、今回、私が初めて知った 爪に潜む細菌やウィルスの話・・など。

何故?手洗いの際に

※ 4.指の先・爪の間を念入りにこする  のか?

※ 爪はなるべく短く切っておきましょう。 なのか?

※ 学校の時に爪とハンカチの検査がいつもあった意味・・

何故なのか?

 

 

海外の感染拡大状況と比べたら確かに、日本は感染者数は少ない方かもしれません

しかし感染拡大が続いている!と連日報道されている中

感染拡大の盲点があるとすれば・・本当は些細な事なのかもしれませんね・・

 

少し気になったのですが

※手指のなかでも、特に指先に潜む汚れ・菌が多いことが知られており、食品衛生においては「爪は常に短く切りそろえること」が常識化しています。

「この事」は飲食業を営む方々にとっては、もちろん常識だと思いますが

同じく、接待を伴う飲食業の方々には、きちんと情報は伝わっているのでしょうか・・?

 

接待を伴う飲食業でのクラスター発生のニュースは頻繁にみかけますが、

きちんとした情報や指導の中に「爪」に関しての項目はあるのか?と思いました。

もし、何の指導も無いのであれば・・

それはあまりにも不親切だと思います。

 

世の中には、沢山の仕事、業種がありますが、仕事をすると言う事は生活をする為に必要な事です。

生きて行く為に皆、何らかの仕事に就いていらっしゃる。

もしも・・もしも・・ 「爪」に関しての指導が無いのであれば

クラスターの原因を押し付けるだけで、相手の身になった親切が抜けている事になるのでは。

もしも・・もしも・・と考えたら、凄く気の毒に感じました。

もしも・・が無い事を心より祈ります。

 

 

 

爪が気になって色々調べたら、日本企業の嬉しいありがたいお話を知る事が出来ました😊

よろしければ、皆様、じっくりとお読み下さい。

 

 

カミソリや包丁、爪切りなどの刃物メーカーとして知られる日本の「貝印」が、いま国境を越えたインドで高い支持を得ているという。

 

担当者「衛生的に爪を切る文化を作っていきたい」

 

インド人は手でものを食べます。だからこそ、我々のような企業がミッションとして、インドに衛生観念と清潔感を新たな文化として取りいれていくための活動を行っていかなければならないと強く感じています。

その第一弾として、デリーの公立学校の生徒1,500人にツメキリの無償配布を行いました。教育用のチラシとともに一人一人手渡しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

素晴らしい活動ですね・・

だからこそ 今の国難の中、些細な事ですが 日本でも もっと 爪の重要性を

多くの方々が知る必要があるのではないでしょうか。

 

どうした?ひろっぷ!!?

とお考えになられた方々もいらっしゃるかもしれませんが・・・

私はただただ 見えない脅威に負けたくない!だけです。

尊い命が犠牲になられて、医療現場は混乱し、経済も混乱している

多くの人達の生活に多大なる混乱を招いている

自殺者の数も急増・・

今の状況は まるで 戦争と同じ

と私は思います。

 

見えない敵に勝つ為には、些細な事を真剣に考える事も必要なのではないのか!?

と考えて、今回のブログを書きました。

 

日本が世界がこの戦いに勝ったら 平穏な日々が戻ってきたら・・

私は、主人のご両親の元へ行って、

主人の顔を早く見せてあげたい!

と思っています。

私も、愛する子供達に早く会いたいです!

 

最初に書きましように

日本国内で多くの方々が辛抱して対策を行っているのに、何故?新型コロナウイルス感染拡大が続いているのでしょうか。ど素人の私は、とても疑問に感じます・・・

と言う所から、些細な事ですが「爪」について調べた事を書かせて頂きました。

 

最後に・・

マスコミの方々も 大騒ぎするだけではなくて

感染拡大の盲点について、真剣にお調べになられて、きちんと報道なされば

もっともっと、皆さん安心して生活できるのに・・

まさかの落とし穴は 実は 些細な事にあるかもしれません。

と・・・ど素人の私は考えました。

 

所で、

全くの別件ですが 皆様方にぜひお教えいただきたい事があります<m(__)m>

実は、家の元敷地内「井口川※旧久米川」の上の竹林に生えている植物なのですが

(ネットで探しても該当する写真もなく「何という植物」なのか全く解らないのです(@_@。

竹林に生えている植物(竹かな?笹かな?)で秋を過ぎると何故かピンクに色づくのです。

 

コレです<m(__)m> 地面に低く生えています。

 

 

秋になると 葉っぱが所々 ピンクに色づきます。

 

球磨に戻った最初の年から ずっと コレ何だろう?? と思って調べているのですが

いまだに解りません(@_@。

 

他の場所で見かけた事が無かったのですが、ある日、同じ旧宮原村(現あさぎり町岡原)の

熊野地区にある「大王橋」の袂で偶然見かけて あれ~っ?? と思ったのですが

前々回のブログでご紹介した 山田城跡の山の登り口でも見かけて・・

少し気になりました。

 

旧宮原村宮野の外園と、熊野の大王橋の袂と、山田城跡の登り口

でしか、今まで見かけた事がない植物です。

気にし過ぎとは思いますが(^'^) 正式な植物名を知りたくて、皆様方にお尋ね致しました。

背丈が低く、笹のような竹?の子供のようなピンクに色づく植物

 

もし、御存じの方がいらっしゃいましたら、ぜひご教示を頂ければ幸いです。

<m(__)m> ・・・・😊

 

今回のブログ

本当は、いつもブログで書く「はじめに」のコーナー?で書く予定の内容だったのですが

長くなりそうなので、一つのブログで書かせて頂きました<m(__)m>

何だか・・スッキリしました\(^o^)/

 

これで(p_-) 次回、早々に書かせて頂く

堀ノ内様、青い海様より頂いたありがたいご教示から続く、私なりに勉強させて頂いた事を

心置きなくじっくりとお伝え出来ます😊

 

 

最後までご覧頂き ありがとうございました。

皆様方、お身体は十分にお気を付けてお過ごし下さい。

 

追記

皆様、私のブログをお読み下さり ありがとうございます。

ブログを書き終わったところで、テレビで2020年100年に一度の「九州豪雨」という放送を

見ました。

あの日、停電やネットが使用出来ない中、皆様方から頂いた励ましのコメントに

心を救われました。

感謝いたしております。

ブログを介して沢山の方々と心が繋がっている!

とても心強かったです。

あらためて お礼を申し上げます。

ありがとうございました

 

※2020/12/24 追記

初めてのマスク越しの写真、すっぴんでお恥ずかしい限りでしたが

削除させて頂きました<m(__)m>・・・😊

 

 

これからも 皆様 どうぞよろしくお願い申し上げます。

球磨の地より ひろっぷ でした(^'^)

 

次回『人間の地磁気感受性と阿米と繋がる中世の球磨』に続きます。