Hiro SW Fishing Blog

Hiro SW Fishing Blog

オフショアジギング釣行記 明石~丹後の遊漁船を利用し釣行しています!


テーマ:

皆さん こんにちは〜

今回は高砂の風よし丸さんで五目強欲ツアーへ。
絶品の明石海峡の海鮮を狙って素鰤sのメンバーと行ってきました。



出船前、大角船長とプランについて打合せ
船長:青物は好調で西で釣れてますよ〜
太刀魚は神戸沖が不調なので行かない方がよい。 
どうしてもやりたいなら林崎で様子見ましょう!

ヒロさんの好きなマダイは潮が青物と被るので両方は難しい。青物が不調なら行ってみる価値はありますが諦めましょう(涙)

潮的に14時までの上げ潮なのでほぼ青物がメイン
週末なので船が多いから早くエサを捕りに行きましょう!という事で午前6時急いで出船しました。



少し走って加古川付近のテトラ沿いでスローダウン、タカミ戦、S丸戦でアジが釣れず悔しい思いをしたので今回はロッドとサビキの改善を行いました。

いつものタイラバロッドはやめて少し硬めのライトジギングロッドで手返し重視。
ワゴンセールのサビキは食いが悪いのでメーカー品を、急速フォールで食わせたいので錘40号を使用しました。(アミカゴナシ)



船長がアジの群れを魚探で見つけてくれるので、
合図とともにサビキを急落下!
すぐにフォール中 4連5連6連とハメ当たり〜
あっという間に100匹くらい獲れたので完了。
やっぱサビキはケチったらイカンですわ〜(笑)
アジ釣楽しすぎ〜〜

イケスもエサで真っ黒になったので
これで弾不足の心配もなし、
次はブリメジロ会場、カ○○マへ。


おっ!明石の人気船、ビースマイルさん♡
もっさん船長も来てたのでご挨拶(笑)
またドラゴン狩で乗せてくださいね〜!

到着後タックルのスタンバイ。
A社 潮 50-240 
オシアジガー1500HG
PE2.5号 リーダー10号 
自作胴付き
伊勢尼13号 ハリス8号1m 捨て糸5号 40㎝
錘 60号〜80号



これから潮が始まり14時まで流れる満ち潮。
水深40mくらいから15mへのカケ上がりを狙って
アプローチ!!

だんだん潮が効いてくると周囲はポロポロ上がってるのに、なぜか自船は厳しい感じ。
そんなイヤなムードを払拭してくれたのはtakaさん、



ファーストヒットでハマチをキャッチ!



今日は紅一点、やっちんさんが好調で、
快調なペースでハマチを釣ってゆきます!!
アタリのない僕らは指を加えうらやましくファイトを拝見💦

タネやんも奥さまに負けじとメジロをキャッチ!!
ツダジグを付けて捏造写真を撮れとか言われてましたよー(笑)



素振り〜ズ会長、ノリさんには、
ブリを思わす強烈なファイト!!

右舷側でもやっくんが、
パワフルな曳き味を堪能していましたが、、



上がってきた正体は、


ん、何かが違う。



会長、やっくん、
メーサーちゃんのダブルヒット(TT)
ブリよりこっちの方が難しいと思うのですが、
ハァ〜残念なため息がとても印象的でした(笑)


タラちゃん、ノリ会長、
takaさんも難しいながらハマチを追加




いいなぁ〜

開始から約3時間、
カケ上がりにある根掛かり磯を狙っていると、
やっとボクにもアタリが〜!!
これは絶対にバラしてはいけない。
今日は後がない。。



大苦戦の中 ようやくメジロをキャッチ!
やれやれですわ〜

お昼が近づくとアタリは遠のき
さらに厳しくなって来たので太刀魚に浮気。

近くの林崎沖へ移り太刀魚を探すと、
映りはあるのですが潮が速すぎるのか?
お口を使ってくれずこちらも厳しい!!

数流し限定、早々と見切りをつけて、
まだ潮が残っている明石大橋方面へ。

ラストはタイサビキ&タイラバで。

初めての方がいるので船販
カワセミ針チョクリを半分に切ってエントリー!


開始早々、やっちんさんにアタリがあるが、
途中で離されてキャッチまで至らず残念!!

再び潮上へ登り、次の流しでは、、
タラちゃんにビッグファイト〜〜♫


かなりデカそうなお相手⁈
ブリ?メジロ?にしては横に走らないし、
大鯛にしてはたたかない。。
ライトタックルでトルクフルなファイトは楽しそう。


15分ほど続いた攻防戦でしたが、
最後はタラちゃんの勝ち〜っ!!




しかしながら相手は水族館の人気者。
タラちゃんご愁傷様でした。



このあと、あげ潮で終わるはずが、
さげ潮に変わっても釣らせてあげようと努力してくれる船長。海峡〜明石川沖をジギングでランガンするが、残念ながら獲物を追加することは出来ませんでした。


帰港後、全体の釣果、メジロ2本、ハマチ19本、

やっちんさんがハマチ5本で竿頭、
素振り〜ズらしくボウズの方が1名。
やっちん、タネやん、ハマチのお土産ありがとう!(嬉)


今後の素鰤sの予定、
11月 黒潮爆烈組vs素鰤s トップスジャパン戦
12月1日(土) 若松飯店で忘年会、
12月29日(土) 舞鶴えっちゃん丸で、
恒例の素鰤s年越ジギング(調整中)
皆んなでワイワイ出来る日を楽しみにしています。

テーマ:


皆さん こんにちは〜

今回は近所の波止で太刀魚狙いへ。
台風21号以降釣場の状況が気になっていたので、確認もかねて出かけてきました。


夕まずめを狙って16時ごろ現地入り。

バイクを入口付近に停めて高波の被害のあった
ボートパークのフェンスを横目に入っていくと、
タモに獲物を入れたアングラーが走ってやってきて
ネット内には6-70㎝の大型魚が!!

シーバス、いやサゴシかな〜と思いきや、
ロングミノーを咥えた立派なメジロちゃん!!
これにはビックリ〜!!


ベイトのイナっ子を追って湾奥まで入っているそうで昨日は深江、今日は○ーソンでキャッチしたそうです。ナブラが立ったので投げると一撃やったとか。ショアからも連日フィーバー中ですよ〜♫(笑)


さて、今日のターゲットは太刀魚なので
台風の状況が気になりながら、
閑散とした釣場を沖へ向かっていくと、、、



第1コーナーを曲がると台風の爪痕が、、
まずは巨大な角材が散乱して
道をふさぎ



角材が点在


第2コーナーまでは流木やパレット、タイヤなど、
浮遊物が打ち上げられています。



第2コーナーを曲がると、
あのタンカーが乗り上げていた衝突の跡地。


テトラポットが砕かれ防潮壁が(約50m)消失してました。今は撤去されあの大惨事から復活!!


内側で(甲子園浜向き)サビキをしてる方がいらっしゃったので挨拶するとアジサバが入れ食い中。さっき沖合いでもメジロが釣れてたよ〜って教えて下さりました。マジで出勤前メジロ狙いに行こかな?!(笑)




よく釣れる太刀魚ポイントが判らないないので、
タンカー衝突跡付近を陣取って、沖向き、内向きを交互に投げながら回遊待ち。


地元のオジちゃん達がハイシーズンになると群がる
人気の場所ですが今日は貸切で4.5人で状態でした。


開始から約一時間 キャストを繰り返しますが、
反応がないのでメンタルも遣られ始めました。

ハァ〜っ沖堤は好調ですがまだ湾奥は入ってきてないんかぁ〜?

いつものレンジバイブを投げ倒し、
時計を見ると17時30分、
そろそろ釣れ始めても良さそうな時間やのに!

辺り一面イナっ子の群れが悠々と泳いでいるので
きっとフィッシュイーターは居ないのでしょう!!

せっかく来たんだしあと30分様子を見てから帰る事にして、外側に向かってキャストを続けると、、

今度は水面下が騒めきまじめて、
やっとこさ待望のファーストヒット!



17時45分、指3くらいのをキャッチ!

これでボウスも逃れひと安心(笑)

しかしここから30分バイトが続くのですが、
うまくヒットに至らず。
5バイト2キャッチで終了しました。


嫁の大好物なので
帰宅後さっそくお刺身で頂きました。

明日もメジロ太刀魚狙いで行きたいなぁ〜
でも出勤前に行ってたら
疲れて仕事にならんしなぁ〜
忙しい秋のシーズンうれしい悲鳴です(笑)w

テーマ:

皆さん こんにちは〜

今回はビニールタイサビキで明石たかみ丸さんへ。
最近好調のブランド真鯛を狙って若松さんグループの5名で行ってきました。


台風25号が接近しており
東の強風&高波で船酔いしそうな明石海峡。
大橋東側のマダイ会場に到着すると、水しぶきを浴びてびしょ濡れ〜、一気にテンションダウンでした(涙) 


船酔いを防ぐため遠くを見ながら
ビニール鯛サビキのスタンバイ!!

ライトゲームCI4 73 200M
オシアコンクエスト200PG
PE1.5号 リーダー5号、

自作ビニールサビキ、グレ鈎8号 ハリス3号(40㎝)
幹糸4号、ピンク擬似の7本鈎、オモリ50号
サビキの間合いは手書きメモをもらって、、


夜な夜な内職で4セット作製!


徳島市某町の指定ゴミ袋を裁断

いつも鳴門で使うビニールタイサビキを
明石で使うのは今回が初めて。
サバ皮やチョクリが主流の海域なので
釣れるかどうか調査を兼ねて釣行です!



ピンク色を全ての鈎に取り付けて

まずはひと流しめ・・

サバ皮サビキの同船者さんに早速アタリがあり
ヨンマル強をキャッチ!うらやましいなぁ〜


ボクは船の横揺れで仕掛けの収納箱を滑らせ
落下してしまって投入前からグチャグチャ、、
あや取り合戦からのスタートでした😢


船上2-3枚上がる高活性なのに、
完全に時間のロス もったいないなぁ〜!


ふた流しから参戦し、
水深40mで10m位巻いてアタリを拾うが、
リールのドラグが緩すぎて空回り、離されてしまう。もう少しキツく締めてたらフックオンやったのに、と思いながら少し反省。


カラ流しが続いたあと次のアタリを拾うが、
船が激しく揺れて本アタリの前に離されてしまう、、


けっきょくモーニングでマダイに会えず撃沈。
若松さんらは1〜6尾キープしてるのに残念でした。


転流が始まると東から強風と下げ潮がぶつかり合い、海峡筋はさらに高波へ。


行きたいポイントに行けず、
風裏の江崎周辺を行ったりきたり・・・


船長が浮き上がる感度を見つけてくれたので、
ボトムから10mあたりを重点的に攻めていると、、やっとこさ30センチクラスのチャリをゲット!

(写真ナシ)

次の流しでも強烈なアタリのあと、
ドラグ音がキュキュキュキュキュ・・・
タイサビキで体験したことのない力強い曳き!!

メジロ?
いやブリ??
それとも大鯛??


ラインを10メートル巻き上げると、
20m出て行く攻防で相手はかなりデカそうな感じ。

ゆっくりファイトを楽しんでると、、


「それエイ掛けとるんちゃうか?!」
若氏からのひと言で一気にテンションダウン
でも確かにそんな気がする!
これ以上やると周囲に迷惑かけるので
スプールをロックさせハリスから飛ばす事にする。


この後、周囲でも同じようなビッグファイトがあったので、エイの群れだったかもしれませんね〜


さてお昼が近づき残り時間もあとわずか。

潮止まりの時間を迎えたので再び大橋付近へ移動。

船長はバチバチの感度を確認してから潮上に付け
ポイント内へ侵入!!

アナウンスで、映ってきましたよ〜、水深50m、
底から15m〜20mに大量の感度あり!!


タイサビキは浮いている時がチャンスなので、
今が最大のチャンス!!


ラインの色を読みながらボトム〜3色分をしっかりと巻き巻きしながら、オレンジからブルーに変わるあたりがヒットレンジで待望のアタリ!!
そのままゆっくり巻き上げると本アタリへ発展し
マダイ特有のグイグイ絞り込まれるのは本当に気持ちいいですね〜♫


平均40〜50㎝くらいの良型マダイが連発!

朝の遅れを取り戻して4枚追加。


明石にタイが居らんようになるんちゃうかぁ〜
思うような釣れっぷりですが、
次の流しがいよいよ最後のコール。


ラスト流しでも本アタリを拾えたので
ヨンマルを追加して計6枚の釣果。

まだまだ釣れていたので残念ですが、
タイムアウトで泣く泣く撤収。


メンバー5名で、12.12.10.6.4枚
(サイズ50㎝〜35㎝)
ふた桁獲りたかったなぁ〜


明石でもビニールで釣れることが判ったので、
タックルや仕掛けの改善を行って
リベンジしようと決めました。


帰りは若松家からハマチを強奪して、

職場の女子にお昼ごはんの
海鮮丼を作ってもらいました。


マダイ・ハマチの2種盛りで、
胡麻だれ風味とダシ醤油のコラボで激ウマ。


来週は素鰤sメンバーと五目強欲ツアーなので
takaさんに頼んでタイサビキもメニューに
入れてもらおうかな??
また来週の釣行が楽しみです(笑)

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス