心療内科に通院して居る自律神経失調症の40代女性の為の鍼灸院

心療内科に通院して居る自律神経失調症の40代女性の為の鍼灸院

東京都江戸川区平井にあるうつ病施術に特化した鍼灸院のブログです。あなたは今、仕事には行けるけど頭痛などの症状を抱えていませんか?平井鍼灸院は「悩みに寄り添って話を聴くスペシャリスト」が、うつ傾向を感じているあなたの悩みを解消するサポートを行います。

初めまして平井鍼灸院の岡崎です。

今回からアメブロの担当をさせて頂きます。

今回は第1回目ということなので自己紹介をさせて頂きますね。

平成24年3月に鍼灸師の免許を習得して整骨院グループに就職しました。
6年間外傷と美容をメインで治療を行い続けて14院を対象に鍼灸師の育成を行っていました。

治療を続けていて外傷がメインで悩まれている方も不定愁訴の悩みやホルモンバランスの乱れ、自律神経の乱れでお悩みの方が多く整骨院では対処が難しい事が多くなり株式会社ブレイシングに転職することになりました。

入社当初は妊活をメインで診ている本院の住吉鍼灸院で働かせて頂き妊活と自律神経の深い関係があると感じました。

もともと、大学で鍼灸治療と自律神経、免疫の関係性を研究していた事もあり昨年の10月から平井鍼灸院に異動となり毎日を楽しく過ごしています。

今年からは食事管理に関して健康に繋がる事を自分でも実感しているので次回から食事に関してのブログをアップしていく予定でいます!
お楽しみに~

こんばんは!院長の梅田俊です!本日は、私が更新する平井鍼灸院のアメブロ最終日です。今まで約5年間、ありがとうございました。これからも違うSNSで更新を続けていきます。

 

私の代わりに更新をしてくれるのは、平井鍼灸院の血液型B型こと、岡崎真依先生です!(笑)

話してみると分かりますが、とっても面白い先生ですよ!治療のことから、セルフケアや身体の痛みのメカニズムなどよく知っているので、是非これからの記事も楽しくお読みいただけると思います^^

 

↑岡崎真依先生(B型)

 

私が更新する最後の記事は、平井鍼灸院の使命についてお伝えしようと思います!

 

1.平井鍼灸院が目指す使命、脱投薬治療とは?

平井鍼灸院には、自律神経失調症や精神疾患、うつ病などの症状でお困りの患者さんが通院されています。その中には、薬をやめたいと思っている方がいるのです。私たちは、患者さんの苦しみや悩みを解決するサポーターとして、鍼灸師の力を存分に発揮しながら毎日施術をしています。薬のやめ方や減らし方にも、専門家として情報提供をしています。

 

脱投薬治療とは、お医者さんの指示に従って、体質改善をしながらお薬から離れた生活に切り替えていくことを推進する考え方です。平井鍼灸院はそれを使命としております。

 

平井鍼灸院が存在する理由は、世の中の薬をやめたい人たちの願いをかなえることにほかなりません。

 

2.なぜ脱投薬治療を使命としているのか?

私たちは株式会社ブレイシング鍼灸院グループの1つの系列院として、営業をさせて頂いております。株式会社ブレイシングのビジョンは「予防医学を医療のスタンダードにする!」ということです。つまり、脱投薬治療は予防医学を医療のスタンダードにするために行っているのです。

 

株式会社ブレイシングが目指しているビジョンを実現すること、平井鍼灸院が目指している使命を実現することが、薬で悩んでいる患者さんの力になります。より多くの方が、笑顔で健康な生活をおくる人生を手に入れることができます。

 

きっと、そのような笑顔で過ごせる人々が増えた日本は、いまよりもさらに良い国になるでしょう。私たちの働きはまだまだ社会全体に影響力をだすほどではないですが、地域社会から変革を起こしていくという一端を担っていると感じております。

 

3.私は鍼灸師として、西洋医学とは違ったアプローチで患者さんを救います!

 

西洋医学では対応できない症状が増えています。西洋医学は薬と手術で治す医療を得意としております。生活習慣病や自律神経失調症は、薬や手術で治せる分野ではないのです(根本的な原因をなおすことができない)。

 

東洋医学は、骨折や切り傷などのケガ以外には幅広く対応することができます。東洋医学の考え方は「体の機能を回復させること」だからです。東洋医学で体を治すのではなく、体の機能回復を手助けすることで体を治すのです。

 

自然と調和する力、自分で治す力、生きる力、健全な精神を保って生活することが東洋医学が目指しているゴールです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

次回からは岡崎先生が更新していきますので、宜しくお願い致します。

 

院長 梅田俊

 

↑「梅田式健康法を知りたい方」登録は画像をクリック

 

 

 

⇧クリックするとHPを見ることが出来ます!

 

⇧クリックすると友達登録をすることが出来ます。

 

こんにちは!平井鍼灸院の梅田俊です!本日も宜しくお願い致します!

 

いま私がメインでUPしているアメブロ記事ですが、5月からは他の先生にメインでアメブロ記事をUPしてもらいつつ、私も別の形で情報提供をさせていただこうと思っています。私がメインでアメブロにUPするのも残りわずかですが、どうぞよろしくお願い致します。

 

私は筋トレが趣味で2年前から本格的に体の筋トレを始めました。家の中でもジムでも筋トレを行うのですが、子供と公園に行ったときにも実はトレーニングしています!笑

 

実は私がトレーニングをしている理由は、患者さんにその価値を知っていただきたいからなんです。今回のテーマでもある、「新型コロナウィルス禍だからこそ、やっていけない生活習慣とは?」にもつながるので、是非ご覧になってくださいね。

 

↑環境利用トレーニング中!

 

それでは本題に入りましょう!

 

1.新型コロナウィルス禍になって、どんな生活習慣の変化が起きているのか?

 

新型コロナウィルス禍では、どんなことが起きているのかをお伝えしますね。それは運動量の減少です。こちらの統計をご覧ください。RenoBodyアプリ活用者11,697名を対象に行った統計調査です。

 

 

 

 

 
 

こちらの統計結果をみるとよくわかるのが、30代~50代の方の運動量の変化などが大きいということです。2020年4月からの緊急事態宣言がもたらした、新しい生活様式への転換が如実に数値に表れています。

 


https://gyazo.com/a627da10a95100e1425a1008ecdf8ac1

 

この事実がどんな結果をもたらしているのかというと、「メンタルが落ち込まないようにしている」や「自分の身体や不調の変化を感じている」方が増えているのです。これは、運動量の変化がメンタルや身体の不調につながっていることがわかる数値ですね。

 

2.運動量の変化がもたらす、目に見えない悪影響とは...?

 

以下は、RenoBodyのアンケート回答の引用情報です。多くの方がストレスを感じています。

引用:

 

 

 

回答数:3,096

 

◼︎ストレスの増加(イライラ、気持ちが沈む、寂しい、不安、疲れなど)・・・31.1%
・外出ができずストレスが発散できない
・毎日のニュースやワイドショーの内容がストレス
・先行き(仕事、収入、健康など)が不安
・休めない仕事のため、自分が感染源にならないかという不安

 

◼︎家族・子供について・・・18.7%
・家族との時間がとれるようになり、会話が増えた
・イライラや衝突が増えた
・家事が大変になった(3度の食事や洗い物、買い出し、掃除など)
・子供のストレス(外出できず運動不足で機嫌が悪いなど)が大きく心配

 

◼︎仕事・職場について・・・10.9%
・仕事環境の変化(進まない、集中できない)
・会話する機会がなくなった

 

◼︎食生活について・・・10%
・間食が増えた
・食欲がない、食欲不振
・食べる量が増えた、過食気味(ストレスのため。食べることだけが楽しみになった)

 

◼︎人間関係について・・・5.5%
・人との関わりが減った(飲み会ができない、会えない、話せない)
・友人や離れて暮らす家族とメールや電話する機会が増えた

 

新型コロナウィルス禍において、見過ごしていけないのが不安を抱えている心理状態です。不安はストレスとなって徐々に精神疾患につながる恐れがあります。

 

3.新型コロナウィルス禍だからこそ、やってはいけない生活習慣とは?

 

それは、3つの要点にまとめることができます。

 

①運動量を減らして、家で過ごすことを増やす。

②食事をデリバリーやインスタント食品で済ませる。

③家族以外の人との交流をもたないで過ごす。

 

いま、家で過ごすことは良いとされていますが、実は平井鍼灸院にいらっしゃる患者さんの多くは「新しい生活様式への転換」で体調を崩されている方なのです。

 

最も増えている症状はパニック障害、その次にうつ病です。

 

「どうすれば自分の体調がよくなるのだろう?」と不安を抱いているのであれば、一歩踏み出して平井鍼灸院にお問い合わせください。きっと、安心できる情報や体験をすることができるはずです。

 

何故なら、私たちは江戸川区平井で約10年間、自律神経失調症とうつ病の専門鍼灸院として結果を出し続けているからです。4月に入ってから減薬できている患者さんの数も増えてきました。その体調不良、あきらめないでくださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

院長 梅田俊

 

↑「梅田式健康法を知りたい方」登録は画像をクリック

 

 

 

⇧クリックするとHPを見ることが出来ます!

 

⇧クリックすると友達登録をすることが出来ます。

 

こんにちは!平井鍼灸院の梅田俊です!

4月から、新しく田中慎一郎先生が仲間入りしました!

 

 

皆様宜しくお願い致します!平井鍼灸院は東京都内で数少ない、自律神経失調症とうつ病専門鍼灸院です。田中先生もとても優秀な先生なので、自律神経失調症やうつ病の患者さんを救っていきます。

 

早速ですが下記の症状別の検索ワードをご覧ください。

頭痛は調べられている量が多いですが、昨年の4月よりは少ないです。うつ病は昨年4月比較で増加傾向。めまいに関しては同じくらいの検索数。不眠もやや増えています。

 

最も増加しているのは、4月に入ってから「パニック障害」というワードが増えているのがわかります。実際に、患者さんからのお問い合わせも多いのも、パニック障害です。

 

 

平井鍼灸院では、パニック障害の方でご自宅から出ることができない方向けに往診も行っております。パニック障害は単体で起こるのではなく、ほかの頭痛・うつ・めまい・不眠と併発することが多い自律神経失調症です。

 

 

パニック障害の方に行っている平井鍼灸院の施術をご紹介します。それが、頭蓋骨施術です。頭蓋骨施術は脳のストレスを開放する施術です。自律神経の乱れは脳にかかるストレスが大きければ大きいほど起こります。

 

やっている間に寝てしまうほど、ゆったりと受けて頂きます。

 

ところで、あなたにとってのストレスって何でしょうか?

 

ストレスマグニチュード表で確認してみましょう!

ストレスマウンテンというサイトがありますので、参考までに試してみるのもよいでしょう!

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

いま、1年間のコロナ禍によって精神的ストレスと運動不足による免疫力低下が起こっています。自律神経失調症の中でパニック障害が増えてきています。

 

心の状態や体の状態に不安があるのであれば、一度鍼灸院で体を診てもらってください。平井鍼灸院には、メンタルクリニックや心療内科に通院している方も多くいらっしゃっています。心配事は、9年間自律神経失調症とうつ病専門で診療を続けてきた平井鍼灸院にご相談ください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

院長 梅田俊

 

↑「梅田式健康法を知りたい方」登録は画像をクリック

 

 

 

⇧クリックするとHPを見ることが出来ます!

 

⇧クリックすると友達登録をすることが出来ます。

 

おはようございます、平井鍼灸院の梅田俊です!週に3回はジムで体を鍛えております。家で鍛えることもしばしばですが、どちらにせよ体を追い込むのが好きです!

 

平井鍼灸院でもトレーニングしています!!

撮影:岡崎先生

 

食事内容にもこだわっており、朝は低糖質で昼と夜には必要であれば炭水化物をたんまり取ります!体力をつけるためです!筋肉をつけるための習慣形成は、自律神経の乱れを調整する生活にもつながります。

ご飯をたくさん食べる方は、合わせてたくさん運動することをおすすめしておりますので、食べるだけ食べて体力をつけるという習慣にならないようにしましょう!

 

↑冷凍ゴールデンキウイのギリシャヨーグルト

 

↑蒸し鶏とキムチとためねぎの3食おかず

 

本日は、病院に行くべきか?それとも鍼灸院に行くべきか?という内容をお伝えしていきます。最近ご来院される方に、よく聞かれます。

 

「私の症状って、何科に行けばよいのかわかりません...どうしたらいいんでしょうか?」

 

平井鍼灸院にくる方は、様々な悩みを抱えています。病院にも様々な科がありますよね。病院に行けばよいのか、鍼灸院に行けばよいのかを簡単に判断するのであれば、以下のようになります。

 

★薬で治す病気⇒病院で投薬

 

★薬で治さなくても治せる病⇒鍼灸院で鍼灸施術

 

薬で治す病気は、実はまだ一握りしかないとご存じでしたか??頭痛薬とか抗うつ薬とか抗不安薬、安定剤や睡眠薬というのは薬で治すために作られていません。その場のつらさを軽減させるために開発されたお薬です。

 

つまり、明らかにこの病気にはこの薬が効くし、病気の原因は薬で取り除けるとわかっていない限り、鍼灸院に来ても大丈夫です。

 

心療内科、メンタルクリニック、大学病院などを渡り歩いている患者さんも平井鍼灸院にいらっしゃいます。その方たちの理由の多くは、「薬を飲んでも症状が変わらない」「薬をやめたいけどやめられない」ということなんです。

 

薬は本当に必要な方は病院で処方を受けてほしいです(命に関わる場合)。しかし、本来は薬を飲まなくてもよいのであれば、鍼灸治療や正しい生活習慣への改善を続けていけば、薬を使わない症状改善も可能です。

 

症状には必ず原因があります。

そして原因を取り去れば、症状はなくなるものです。

 

西洋医学で薬でアプローチをする場合は、原因除去というよりは症状緩和という結果を求めています。

東洋医学で鍼灸を使ったアプローチをする場合は、原因に対してご自身の体質改善を行い、原因除去と症状がなおった状態を維持する結果を求めています。

 

この記事を読んでいる方が、病院や鍼灸院を選ぶきっかけになれば幸いです。平井鍼灸院では新規患者さんの受け入れを随時行っています。本当に困っている方たちが、改善への希望を抱いていらっしゃいます。

 

1人1人の求める結果に対して、スタッフ全員が真摯に向き合い対応していくのが平井鍼灸院のほかにはない良さです。

お困りであれば、ネットからご予約いただくか、LINEや電話でお問い合わせください。宜しくお願い致します!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

院長 梅田俊

 

 

↑「梅田式健康法を知りたい方」登録は画像をクリック

 

 

 

⇧クリックするとHPを見ることが出来ます!

 

⇧クリックすると友達登録をすることが出来ます。