香港が危ない! そして沖縄も・・・ | 同 床 異 夢

同 床 異 夢

こちら「地球市民」対策本部

 香港はイギリスから中国に返還されたときに、50年間は生活様式も変えず

デモクラシーな政治体制を維持するということだった。(外交、安全保障は別)

 

これを一国二制度という。

 

返還されたのは1,997年7月1日

まだ22年しか経過していない。

 

最初にポチッとお願いします。

 

 

 

      にほんブログ村 にほんブログ村へ
人気ブログランキング        にほんブログ村

 

      (今年6月に起こった香港100万人デモ)

 

 香港で現在も続いているデモは、中国共産党の圧政に対する反発で起こっている。

ことの発端は、中国本土への容疑者引き渡しを可能にする

「逃亡犯条例」改正案に反対するものだった。

 

しかし、一つの法案で急に反発が起こったわけではなく、これまで色々中国の圧政があり

一国二制度とは名ばかりで、中国共産党の影響が生活にまで及んできたので、この法案で

皆の不安と反発が一気に爆発したのだった。

 

     (香港行政長官 キャリー・ラム)

 

香港行政長官のキャリーラム氏(習近平の子飼)はデモで立法府が取り囲まれた時に

「逃亡犯条例の改正案は死んだ」

と訳のわからないことをいい。

香港市民から、撤回を求められたが、それには答えなかった。

つまり、「撤回するつもりはない」と市民は受け取った。

     (6月12日 立法府を包囲した香港市民)

 

デモ隊に対して、香港警察は催涙ガスやゴム弾が使われるようになり、

香港市民の反発はさらに高まっていった。

デモ隊は、破壊活動や暴力活動をしていない。

 

 (8月12日 デモ隊は空港ロビーを占拠し、全便が欠航した)

 

日本人には理解できないかもしれないが、香港市民は命がけでデモをしている。

なぜなら、彼らには軍隊もないし治安維持する組織もない。

それらは、全て中国共産党が握っている。

 

このまま、デモが続けば天安門事件の再来が予想される。

香港市民もそれを覚悟しているようだ・・・

香港のデモ隊がこのようなメッセージを街頭で掲げている。

 

意味は・・・

 

「台湾人よ、我々香港人の屍を踏み越えて

中国のくびきから逃れろ」

 

軍隊もない彼らが、死をも覚悟している証拠だといえる。

「日本で九条を守れ!」

などと言っている人に、こんな覚悟あるのだろうか?

 

「おおげさなことを言うな」

と思っている人へ・・・

香港と中国の境にある深圳(シンセン)に武装警察が集結している。

       (8月16日の様子)

 

武装警察と言っているが、中身は人民解放軍と思ってよい。

「人民解放軍」とは名ばかりで、正体は人民抑圧軍である。

(深圳は中国で香港の九龍島と接している、そこに武装警察が集結している)

 

その団体が、深圳に集結しているという事実。

また、7月24日に中国国防省の呉謙報道官は・・・

「香港問題で人民解放軍の出動可能!」

といっている。(7月24日 産経新聞)

大げさでもなんでもなくて、香港市民の生命が危機にさらされているのだ。

 

こういうときに、日本で普段から「人権」とか「自由」と言っている人は

なぜ、中国共産党を批判しないのだろうか?

 

   (収まらない香港デモは170万人にも達している 産経新聞 8月18日)

https://www.sankei.com/world/photos/190818/wor1908180012-p4.html

 

そんな中、アメリカが台湾にF-16を売却することを決定した。

 

米、台湾にF16戦闘機を売却へ 中国「断固として反対」(8月17日 日経新聞)

7月には戦車を売却することも決定している。
 
香港も台湾も中国に飲み込まれそうなのが、わかってもらえただろうか。
現在の香港の状況は明日の台湾の姿と言われており、さらに・・・
明後日の沖縄の姿と言われている。
しかし、何も対応もしていないのが我が日本である。
 
アジアの国々、それも比較的親日的な所が、中国の圧政に対して命をかけた抗議活動を
しているのにも関わらず、日本政府は習近平を国賓として来年招くと発表した。
発表したのは、香港のデモが起こっているときだ。
 
「おいおい、マジか!安倍総理」
とニュースを聞いてつぶやいてしまった。
 
 
 
香港は軍隊がないので、命をかけた非暴力の抗議をしなければならないが、
台湾は生き残りをかけて、米国から軍事支援を勝ち取った。
 
 では、沖縄はどうなのだろうか・・・
 
 
玉城デニー知事が描く沖縄「自治州的な一国二制度」とは?
 
知事が一国二制度を目指しているというのだから、終わっている。
一国二制度とは中国共産党が侵略する方便だ。
 
尖閣諸島の領海には、毎日のように中国の公船がきている。
だから、尖閣の領有権は日本にあることを主張しようとして
石垣の議員や漁師が尖閣沖に近づくと、日本の海上保安庁から追い出される。
一体どこの国の警察権なのだろうか・・・
 
また、そのことについて、普段は自衛隊の応援などしているジャーナリストもどきの
女性が
 
「海上保安庁の職員の手を煩わせない為にも、
一般の人は尖閣の海域に行くべきではない」
 
などとブログで発信している。
 
その発信を喜ぶのは中国共産党だという認識もない
お粗末な人がジャーナリストと名乗っている。
 
 
そもそも、日本の民間人が尖閣海域に行かなければ、中国の公船は来なくなるのか?
そんなことはサルが考えても解りそうなものだ。
 
沖縄の知事も、日本の保守派と思われている人も親中だから、手の施しようがない。
現在の香港は近未来の沖縄だと思った方がよい。
 
「私には直接関係がない」と思っている人へ・・・
 
関係ありますよ。
なぜなら、有権者だから。
有権者が未来の日本を作っているという自覚をして下さい。
 
最後までお読み下さりありがとうございました。
「ちょっと、日本も危ないんじゃないの?」と思われる方は
ポチッと下のバナーをクリックしていって下さい。
多くの人に認識して貰うことが大切だと思っています。

 

 

      にほんブログ村 にほんブログ村へ
  人気ブログランキング               にほんブログ村