マスコミに取材される方法

マスコミに取材される方法

新聞社とTV局に21年。PR会社に1年。その経験でプレスリリースの発信とマスコミ登場をサポートします。


テーマ:

 

スモールビジネスといっても

小規模な商売、仕事のことではありません。

わずかな何かを「売りにする」という意味です。

わずかな量、わずかな違い、わずかな喜び。

ですから、スモールというよりも

Few things という言い方かもしれません。

でも、分かりやすく「スモールビジネス」。

そう見出しに付けました。

 

こんな時にあれがあれば・・・

 

日常の中で「こんな時、あれがあれば」と

願う物がいくつかあります。

 

私はタバコを吸わなくなりましたが、

止める間際は、

一日に数本程度の喫煙でしたので、

「1本売りがあれば」と思っていました。

喫煙所も提供して1本売りしたら…

今なら需要があるのでは、と思います。

 

香水もそうです。

女性はデパートの化粧品売り場で試せますが、

男性は対象ではありません。

しかも、香水は付けてみて、

しばらく経過しないと好き嫌いが分からないので、

コンビニなどで男性用の「お試し」があれば、

売れると思っています。

 

コンビニでよく、

化粧品の一泊セットが売られていて、

化粧水などが薄いプラスチック製の

包装になっていますね。

あんな感じで香水が売られていたら。

紙のシートに染み込ませて。

そう思うのです。

 

これが「わずかな量」の商売の考えです。

他にも「隙間」のようにたくさんあると感じます。

 

物ではなく「わずかな時間」も売り買いする時代。

スマホで見る画面に情報を滑り込ませたり、

15秒のテレビCMも「わずか」に的を絞った考えです。

 

わずかなオプションが受ける

 

次に「わずかな違い」の商売の考え。

一般的に売られているのだけれど、

ほんのわずかな「仕様の違い売りにする」考えです。

 

これは昔からある手法で、

乗用車などの「オプション」もそうです。

自分好みにしてもらう。

 

わずかな違いを売りにするのは、

これまでは高級な商品にありがちでしたが、

これからは安価な商品まで

「ちょっとした差を売りにする」でしょう。

 

 

CMもそうなっています。

検索サイトのサイドに出てくる広告は、

私が見るものと、あなたが見るものは違います。

人によって変えるのが当たり前の時代になりました。

 

アメブロにも時代が表れている


最後に「わずかな喜び」「プチ幸福」。

 

旅行も小型化しています。

先日、新聞の広告で客船旅行がありました。

西日本から沖縄にかけて5泊6日で7万円ほど。

食事は朝昼晩付いていますから、

遊んで食べて、の料金です。

 

アメブロのトップ画面に出る記事一覧に、

しまむらのコーディネートでこんな感じになったとか、

100均で見つけたお得な商品、なども

「わずかな喜び」の領域ですね。

 

 

あなたの商売は「小回りが利く」はず。

ならば「スモールビジネスの発想」を

取り入れてみませんか。

 

今ならアイデア次第で

マスコミが取り上げると思うのです。

 

元新聞記者、テレビ局デスク

新しい広報のカタチを目指して

荒川岳志

 


テーマ:

 

ひとつの企業や業界の声を代弁するのではなく、

地域や社会を結ぶ広報の考えを、

前々回の記事で書きました。

 

前々回はそうした広報の仕事として

自治体もありますよ、と書きました。

自治体はいま、

民間の発想を取り入れています。

企業の広報担当だった方も

少しずつですが採用されています。

 

研究機関は国立、民間いろいろ

 

今回は「研究機関の広報」について。

あまり一般的ではないかもしれませんが、

研究機関も最近、広報部門を強化しています。

 

研究機関と書きましたが、

どこからどこまでが研究機関なのでしょう。

 

 

国立の研究機関から

民間の研究組織、シンクタンクまで

いろいろあります。

大学も研究機関です。

そう考えると幅広いですね。

 

研究と広報を兼ね備える人はいない

 

先日も紹介したこのサイト。

JREC-IN Portal

科学技術振興機構の情報発信で、

広報をキーワードに打ち込んでください。

 

研究機関がいま、何を求め、

どこに向かおうと思っているのか、

垣間見えますから。

 

研究機関が広報部門を強化する理由は明確です。

研究者と広報担当を両立する人物は

なかなかいませんから。

少なくとも私は出会ったことがありません。

 

研究者は「研究に専念する」ことが良しとされ、

社会のための研究をしていたら、

いずれ科学誌で取り上げられ(PRしますが)

新聞が取材してくれた時代がありました。

 

今はメディアも人不足の時代。

メディア側からいえば

早く分かりやすく伝えてくれないと、

取材しにくくなりますよ、

という時代です。

 

だから、研究機関も

これまで重視してこなかった

広報部門に力を入れるようになりました。

 

僕はこの傾向を素敵だと思っています。

 

やっぱり「つなぎ役」が大切


素敵な研究をする研究者がいても、

知られるための努力は必要な時代です。

学会や科学誌、専門誌だけといった

従来の方法では多くの力を得られません。

研究費を出す側の注目度も違います。

 

僕はそういうニーズを組み合わせる

新しい「つなぎ役」が登場すると思っています。

 

 

短視眼的でなく。

広くクロスオーバーさせてつなぐ役目が。

研究者が広報を兼ね備えるのではなく

(少しは意識してほしいのですが)

別の世界とつながる意識を。

そうすることで、

懸命に研究していることが

早く世に広がると思うのです。

 

JREC-IN Portal。

研究機関の広報の仕事も時々あります。

企業広報担当者もぜひチェックを。

 

 

 

元新聞記者、テレビ局デスク

新しい広報のカタチを目指して

荒川岳志

 


テーマ:

 

今年の夏休み。

高校生らしき若者が着ていたTシャツに

「インスタ蠅」の文字がありました。

 

2016年6月5日に札幌で開催した

最強のパーソナル発信セミナー

私が強く勧めたインスタグラムは、

私の想像をはるかに超えた勢いで伸びています。

 

まだインスタをやっていないなら、

今から少しずつ、手探りで良いので、

始めてください。

あとできっと「良かった」となりますから。

 

パブリシティの視点でいえば

 

そのインスタグラムですが、

冒頭に書いたようにTシャツの便乗商品が出たり、

これからもインスタペン(あるいはマーカー)、

インスタ餅やらクッキーなど

出て来るでしょうね。

 

 

今回はそういった目先の商品だけでなく、

ブームとあなたの仕事を結ぶ考え方を

私の視点「パブリシティ」と絡めて

書いていきます。

 

自分の仕事に絡めてみる

 

私のパブリシティ講座で何度も伝えましたが、

人は常に「過去→現在→未来(将来)」の「現在」にいます。

これから未来に向かう時、

その中にインスタグラムを絡める仕事をするならば、

「過去→現在」ともつながった線を示すと

大勢から分かりやすい構図になる訳ですから、

そこを考えていきましょう。

 

 

インスタ映えという言葉から分かるように、

大勢が「どう見られるか」を意識して、

そこにお金を掛けても良いと思っています。

 

インスタ映えする場所がにぎわう理由です。

インスタ映えする食事もありますね。

 

もし、あなたが何かのアクセサリーを

商売にしているなら…

もし、あなたが書画や筆文字指導を

商売にしているなら…

 

もう分かりますね。

そういうことです。

インスタ絡みのオリジナルを考え、

こうしたネットで発信するとともに、

貢献する姿として「無料講座」を開き、

マスコミにアプローチする…という

一連の流れは考えられるはずです。

 

 

発想の根元にあるのがあなたの心です。

何でもやってみよう。

取り入れてブラッシュアップしよう。

そういう気持ちがあれば必ずできます。

 

インスタと無縁の業界ほど

おもしろい商品が生まれると思います。

 

とりあえず「インスタグラム」をアタマに


とりあえず、こうしませんか?

 

あなたの商売(仕事)のアタマに

「インスタ映えする」

という言葉をくっつけてみる。

 

インスタ映えする自分カラーの探し方。

インスタ映えする姿勢の作り方。

インスタ映えを応援するHPの作り方。

インスタ映えを意識する飲食店にコンサルをするためのコンサル。(笑)

 

まだまだ出てきますよね。

何でもアタマに付けてみて、

ダメだったら発想から捨てて行けば良いのです。

 

インスタ映えする手作りバッグの作り方。

インスタ映えする昼休みの使い方。

インスタ映えするお酒の飲み方。

 

もうめちゃめちゃですが、

そのくらい何でも書きだしてみる。

 

これ、新聞記者時代にやっていた方法です。

時々、ものすごいおもしろい発想が出て、

それを関係者にやらせてみて、

実現すると取材して記事化する。

 

現役記者時代も

メディアコンサルタントみたいなことを

していました。

 

 

 

前回の記事「公共機関の広報という職業選択<1>自治体」の続きは

次回以降に…。

 

元新聞記者、テレビ局デスク

新しい広報のカタチを目指して

荒川岳志

 


テーマ:

 

今年のキーワードは「つながる」「つなぐ」。

そう何度も書いてきました。

 

つながるという言葉には

多くの意味が含まれています。

異業種の結びつきも「つながる」ひとつ。

次世代に教育する、または伝承もそうです。

こうしたネット発信で考えや知識を渡すことも

大きな意味では「つながる」ひとつです。

 

 

その「つなぎ役」として、

マスメディア、マスコミの意義があったと

私は思っていました。

今も思っています。

 

そこからさらに一歩踏み込んだ先。

その考えを共有したくてPCに向かいました。

 

一般的な広報は何かの利益のため

 

一般的に「広報」という仕事を指す場合、

企業や業界といった

一定方向の集団の行為を

広く世に知らしめることを想像されると思います。

 

私がかつてやってきた

パブリシティの指導やセミナーも

企業や自治体、あるいは業界の広報が

自ら属する団体のメリットのために

受講してきました。

 

 

すみません。

今日の記事は硬い表現が続きますが、

誤解のないように伝えたいので、

勘弁してくださいね。

 

プレスリリースや他の動きを通して

マスメディアから注目されるように、

ニュースとして取り上げてもらうための

パブリシティを教えてきましたが、

私は元々、新聞記者でしたので、

社会的な「つなぐ」役目をしたかったのです。

 

つなぐ仕事のオリジナルとして

新聞記者としてのニュース感覚を

企業や個人が理解できるように

パブリシティ指導のセミナー講師を務め、

誰にでも分かるように本を執筆しました。

 

自分の過去の経験の長所を

使っていこうと思ったのです。

それが新聞記者だったことへのけじめで、

私がやるべきオリジナルだと思いました。

 

その第一段階から抜け出して、

ひとつの企業や個人の思い、主張を

マスコミとつなげるパブリシティよりも

もっと大きな「つなぐ仕事」に

発展していくとどうなるのかを考えました。

 

「時代をつなぐ仕事」

「地域をつなぐ仕事」

それが合わさった「社会をつなぐ仕事」です。

 

全国の研究機関や教育機関の求人

 

そんな仕事がどこにあるのか。

注目したのがこのサイトです。

JREC-IN Portal

科学技術振興機構の情報発信。

 

全国の研究機関や教育機関が

出している求人情報を見ると

広報という職業そのままの求人のほか

新しい取り組みに向けた求人もあります。

 

その求人をじっとながめると、

時代の変化や求め、人の動きが見えます。

自治体も新しい考えの広報を求めています。

大学の新卒でいきなり広報をするのは

経験が無いため新発想が出ないでしょうから、

私は勧めません。

 

 

でも、30代以上であれば

一定の経験を積み上げて、

仕事を通した見方が身についている訳ですから、

自治体の広報という世界に飛び込むのは

とてもおもしろいでしょうね。

 

民間の発想が必要な自治体


自治体もそうした社会人を求めています。

新卒採用で自治体に入った人たちだけでは

新しく「何かと何かをつなぐ発想」は出ないでしょう。

自治体もそれを分かっています。

民間出身の人材が必要だと。

 

日本全国各地の自治体がある意味、

そのままでは生き残れない時代になっていて、

横並びではなく頭ひとつ、ふたつ抜けて

特長を出していく必要に迫られています。

 

「地域をつなぐ仕事」

私はとてもすばらしいと思います。

日本各地の地域で、つなぐ広報が活躍し、

さらにその広報同士が「つながる」ことで、

日本全体がおもしろくなる。

そんなことを考えています。

 

JREC-IN Portal。

社会の変化が見えますよ。

自治体広報の求人もあります。

 

 

 

元新聞記者、テレビ局デスク

新しい広報のカタチを目指して

荒川岳志

 


テーマ:

 

先日、野口健さんの講演を聴いて、

野口さんが登山を志したきっかけは

一冊の本との出合いだったと知りました。

 

その本のタイトルは「青春を山に懸けて」。

著者は植村直己さん。

世界有数の登山家、冒険家でした。

私の大学の先輩です。

 

野口さんはエベレスト登頂後、

今度は山に残されたゴミ撤去を行いました。

現場で強く感じたことを、

自分の行動につなげていったといいます。

 

医師や弁護士を目指した人が

 

医師を志すきっかけが

大病を患った母がいたから、という話や

弁護士を志すきっかけが、

社会的に弱い者を守りたかったとか、

そういう話をよく聞きました。

 

動物好きが獣医になったり…。

 

そうそう、

僕の高校の同級生は

クジラやイルカを見る

ホエールウオッチにはまり、

見学の案内や動態調査を仕事にしています。

 

私が新聞記者を志したのも同じ

 

私が新聞記者を志すきっかけは

ブラジルである光景を目にしたからでした。

悲惨な出来事を目にして

だけど、どうすることもできない無力感を

何とか仕事にするにはどうしたら良いか、

しばらく考えた末に選んだ職業でした。

 

ブラジルに行かなければ

新聞記者になっていなかったでしょう。

そこそこ楽しく、稼げる仕事は

バブル時代ならたくさんありましたから。

 

きつい仕事は

よほどのきっかけがなければ

選ばないものです。

選んだとしても長く続きません。

 

現場で空気感を得るのが大切


どうしてこんなことを書いたのか。

冒頭の野口健さんの話に戻るのですが、

野口さんが大切にしていることは

「その場の空気感」だと説明していて、

私はまったくその通りだと思ったのです。

 

その「空気感」は

緊迫した空気だったり切なさだったり、

その場の匂いや温度、湿度もあります。

 

そうしたことは現場に行かなければ体験できない、

ものすごく大切なことだと語っていました。

 

若者が海外に行かなくなった理由の一つが

スマホから得る情報で

ほとんど分かった気持ちになるからだと

誰かが言っていました。

 

その言葉と野口さんの言葉、

私がずっと思ってきたことがつながったのです。

 

若い時に

どれだけ現場に行くか、

そういう状況を選択してほしいな。

 

 

元新聞記者、テレビ局デスク

地域をつなぐ新しい広報・荒川岳志