マスコミに取材される方法

マスコミに取材される方法

新聞社とTV局に21年。PR会社に1年。その経験でプレスリリースの発信とマスコミ登場をサポートします。

 

先日、私より30歳若い方とお酒を飲みました。

彼は大学を出て勤め始めて2年。

明日から3年目です。

仕事に対する姿勢は真面目で手を抜かず、

先輩たちからかわいがられており、

私には順調に歩んでいるように見えました。

 

30歳離れた彼の悩み

 

でも、仕事で悩んでいたそうです。

人間関係でも。

人にはそれぞれ悩みがあるものです。

焼き鳥を食べながら彼の話に耳を傾けました。

 

このブログでも何度か書いたのですが、

悩んだ時、自分を楽にする言葉を

持っているかどうかでは違います。

 

私は子どものころ、こう考えました。

・この悩みは1年後には消えている

・地球全体から見てちっぽけな自分の心の問題なんて本当にちっぽけなものだ(長いですね)

「客観視」で乗り切ろうとしていたのですね。

 

私が使ってきた「3つの法則」

 

それから人生で何か困難に出合った時、

僕なりに考えた「3つの法則」を使ってきました。

 

 

中学生の時に考えた3つの法則は

50歳半ばの今まで使ってきたのですから、

私の中ではロングセラーというか長い付き合いです。

この3つです。

 

・物事をシンプルに考える

・方法はいくらでもある

・答えはいつも自分の心の中にある

 

困難だ、大変だ、大ピンチだ、と

絡まった糸玉のように思える事態も、

余計なものをどんどん取り除くと、

解決する内容は1つだけで済むことが多いものです。

主軸でないものをどんどん取り除く。

 

解決する方法を山ほど考える。

多くの人がこうすべきだと考えることから

脱するとうまくいくことがあります。

いや…むしろ、人と違う方法が良い結果を招くかも。

 

それから、これが最も大事なことです。

他人は答えを持っていない。

人はみな生き方が違いますから、

人の話は貴重な参考として拝聴し、

その上で「自分はどうしたいのか」を

自分の心の深いところに聞く。

自分の心の深いところを見る。

相対評価ではなく絶対評価。

自分が自分を誇れるかどうか。

それは他人は教えてはくれませんから。

 

中西哲生さんの「新たな一歩」の時


この1年間、午前6時からラジオを聴いていました。

中西哲生さんのクロノスという番組でした。

 

 

残念ながら終了したのですが、

最終週に中西さんがこんな話をされました。

 

中西さんが「新たな一歩を踏み出す時に確認すること」。

3位 不安定でいること

2位 「正しく生きる」ということ

1位 「人の心を動かせるか」考えること

 

元新聞記者、テレビ局デスク

新しい広報のカタチを目指して

荒川岳志

 

 

私は新聞記者やテレビ局デスク時代、

たくさんのプレスリリースを読みました。

どのくらい読むかと言いますと、

毎日、50~80枚です。

読むのが仕事ですから、仕方ないのですが、

この「苦しい体験」があって、

独立後のパブリシティ指導ではみなさんに、

分かりやすいプレスリリースとは何か、を

重点的に伝えました。

 

相手を考えない我がままばかり

 

みんな我がままなんです。

自分勝手。

だからマスコミに伝わらない。

そう感じました。

こちら(記者)の事情を知らないために、

一方的な主張ばかりのプレスリリースを送り付けてきます。

 

逆の面も承知しています。

マスコミも同様。

書きたいように書くため都合よく切り取る。

自分勝手。

相手(取材対象)は素人なのに、

相手(取材対象)のペースではなく、

マスコミのペースで聞いて報道する。

 

「自分勝手」はどちらにも当てはまります。

 

どうしたら双方にとって良くなるでしょうか。

私が企業や公共団体のパブリシティ指導で

強く意識していたことがあります。

 

相手が望む方法で情報を伝えることが大切だと。

書き方だけの話ではありません。

内容も大切です。

 

地域間をつなぐ。

思いをつなぐ。

そうすると、双方が良い方向に向かうと伝えました。

 

1枚判断するのに30秒でも

 

私が取捨選択したプレスリリースを先ほど、

毎日50枚から80枚と書きました。

仮に50枚(部)だとしましょう。

1枚(部)にどのくらいの時間を使うのが適切でしょうか。

私は30秒が限界でした。

1枚(部)に30秒かけたとしても、

取捨選択の全体で25分かかります。

1カ月では…500分以上。

8時間以上も取捨選択に費やすのです。

 

プレスリリースは、

あなた本位ではなくて、記者本位で書くのがベスト。

私の著書でもそう書きました。

 

記者は「読み疲れ」ています。

一般から寄せられるプレスリリースだけでなく、

所属する記者クラブを管轄する官公庁からも

何かしら報道発表、記者会見案内があり、

常に読むことが仕事になっています。

 

そこで…。

こんなプレスリリースがあったらいいな、と

イラストの才能ある方にアドバイスしたことがあって…

見事に実践されていました。

 

 

私が求める分かりやすさにイラストを加えたる手法。

このオリジナルのプレスリリースを

地元の記者クラブに提出して

すぐに数社から取材依頼が来たそうです。

 

記者が楽しむプレスリリース


このプレスリリースが記者クラブに届いたら…

記者にとっては一服の清涼剤のようで、

とても注目されるでしょう。

 

僕が大好きなベクトルです。

・地域をつなぐ

・長所を人のために使う

 

紹介いたします。

イラストレーターのノグチノブコさん。

彼女が日々、発信されているインスタグラムも注目。

僕はこれもプレスリリース代わりだと思う。

 

 

 

 

彼女がメディアに出て注目され、

ノグチさんに発信を頼みたい企業が今後、

たくさん出るでしょうね。

 

素敵な循環が始まると思うのです。

ノグチノブコさんのホームページはこちらからどうぞ。


 

元新聞記者、テレビ局デスク

新しい広報のカタチを目指して

荒川岳志

 

 

今年の取材キーワードは「つながる」「つなぐ」。

そう何度も書いてきました。

 

つながる起点をつくってくれた人

 

私もこうしてアメブロで発信して、

いろいろな方とつながるようになりました。

大きな転機は、

札幌でパソコンの先生をされている

川上さんとの出会いでした。

 

 

川上さんがブログでたくさん、

私を紹介してくださいました。

その後、縁が縁を呼ぶように、

ブログやリアルで他の方と繋がっていき、

私は出版し、人前で話すようになりました。

 

川上さんにはとても感謝しています。

もちろん、他の方々にもです。

 

人生はたった一度切りの一筆書き

 

川上さんはパソコンの先生です。

でも、10代の時から作曲もして歌って…。

本当は…本業をそちらにしたかったでしょうね。

 

川上さんは20代にはすでに歌から離れて…。

大人にはそういうことがよくあります。

家庭の事情…ということもあるでしょう。

 

 

私も新聞記者時代に取材していたら、

社長さんが「昔はな~」と話すのを

よく聞きました。

本当はもっとやりたいことがあったという意味です。

 

でも、でもですよ…。

人生はたった一度きりなんです。

たった一回だけの一筆書き。

 

先日、お笑い芸人の「みやぞん」さんが

トーク番組で語っていました。

「今をいかに楽しく生きるか。今です。この今」

その言葉に共感しました。

 

いまを一生懸命に生きる


川上さんの口ぐせもそうなんです。

「いまを一生懸命に生きる。ただそれだけ」

 

そんな川上さんが50歳を超えて、

音楽活動を再開して今回、

メジャーデビューをします。

僕はおもしろいと思う。

 

 

書き方次第で大きな記事になると思う。

ニュースだと思う。

 


 

ここからです。

川上さん。

また新たに、何かと何か、人の思いをつなげていこう。

いまを生きよう。

 

元新聞記者、テレビ局デスク

新しい広報のカタチを目指して

荒川岳志

 

アメブロさんのお誘いで。

過去の記事を読みました。

 

こんなことがあったな~。

懐かしい。

 

ブログの中でもアメブロの場合は

リアルでどれだけ交流できるのか、

それも大きなポイントだと思う。


 

うれしい。

とっても。

将棋の三段リーグ最終戦が本日、行われ、

午後の1戦を残して

出口若武さんの四段昇進が決まりました。

 

藤井聡太さんと新人戦決勝を戦った

 

前にも書きましたが。

藤井聡太七段と新人戦決勝を戦った出口さんが

とても清々しくて、

私は彼の活躍を願うようになりました。

 

 

ほんの少しの差で…

 

新聞記者として

第一線で活躍されている人をたくさん取材しました。

活躍されている方でさえも、

下積み時代は大変で、

その過程でライバルだった方がほんの少しのことで

プロになれなかった例もたくさん聞きました。

 

出口若武さんを覚えてください


出口若武さん。

わかむ、と読むそうです。

アメブロのみなさま、

覚えておいてください。

 

僕が注目した方は大活躍しますから。

 

 

元新聞記者、テレビ局デスク

新しい広報のカタチを目指して

荒川岳志