ドル円×スキャルピング×感覚トレード。地味にFXブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

株価・金・金利・米ドル・円動向

先日の相場は前週末比変わらずの113.5円付近で7時スタート。
ゴトー日要因もあり、朝からじりじり買いが続いて9時前に113.7円まで上昇。
9時になると一旦押し戻されて113.54円まで下落するも、仲値前に買いが再燃し、
通過後に買いが加速すると10時過ぎに113.83円まで上昇。

買いが一巡すると11時過ぎに113.59円まで下落するも、
株価の反発と共に買いが強まると113.8円まで上昇。
株価の戻りが一服すると、その後はNY時間まで113.6円台を中心に小幅にもみ合い。

21時30分頃に突如買いが強まると113.92円まで上昇するも、
買い一巡後は一転して押し戻されて22時30分頃に113.59円まで下落し、
その後は再び113.6円台を中心に小幅にもみ合い、そのまま戻ってきました。

取引結果ですが、11回、-2万となりました。
朝から買いに傾いていたため、仲値天井と見て売りを入れるも、
通過後に買いが加速し一気に-15万。
その後良い動きが続いたものの、仲値の損失を引きずってしまい、
思うように取れずマイナスのまま終えました。

本日の相場は株価・金・金利・米ドル・円動向に注目。
先日は買い仕掛けのような動きが何度か見られたものの、
上値を伸ばしきれず、もみ合いが続きました。

その時々で反応しているものが異なっているように見え、
金・金利・米ドル・円動向を眺め、
一方向の動きが出た場合は十分引きつけて逆張りを狙っていきたいと思います。
東京・欧州時間は株価動向にも注目したいと思います。

ゴトー日、株価・金利・米ドル・円動向

本日の相場はゴトー日、株価・金利・米ドル・円動向に注目。
まず、本日はゴトー日となりますので、9時55分過ぎまでの動向に注目です。
週初でもありますので、いつも以上に過不足が発生しやすく注意が必要です。

そして引き続き金利・米ドル・円動向に注目しながら柔軟に対応したいと思います。
東京時間は株価にも反応しやすいイメージですので、合わせて注目したいと思います。

ドル円続落

先日の相場は114円付近で小動きスタート。
8時30分頃に売りが強まると9時前に113.81円まで下落するも、
9時になると一転して切り返し、10時頃に中国恒大集団が9月23日期限の利払いを
実施すると伝わると、買いが加速し10時30分頃に114.21円まで上昇。

買い一巡後は調整ムード再燃でじりじり値を下げ続けて24時頃に113.56円まで下落。
24時過ぎにパウエルFRB議長の発言に反応して金利上昇につれて
113.87円まで上昇するも、金利の反落と合わせて押し戻されると、
その後は113.5円を挟んで小幅にもみ合い、安値圏の113.4円台で引けました。

取引結果ですが、2回、+5万となりました。
朝から上下に荒い動きとなり、10時時点で+5万となるも、
その後は値動きが読めなかったことから取引を見送り、
利益を伸ばすことが出来ませんでした。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>