ドル円×スキャルピング×感覚トレード。地味にFXブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

ゴトー日、様子見

先日の相場は157.8円台で小動きスタート。
東京時間はそのまま157.8円台を中心に小動きが続き、
15時30分頃に小幅に売りが強まると16時頃に157.61円まで下落。

欧州入り後は一転してじりじり買いが続き、
NY休場で薄商いの中早朝に一時158.13円まで上昇し、158.1円付近で戻ってきました。

取引結果ですが、1回、+1万となりました。
東京時間の値動きが限定的で、欧州時間は一方向の動きで
逆張りのタイミングがなかったため取引は伸びませんでした。

本日の相場はゴトー日、様子見。
まず本日はゴトー日となりますので、9時55分過ぎまでの動向に注目です。
その後は目立った材料は無く、基本様子見で焦らずチャンスを待ちたいと思います。

農林中金の巨額損失が話題になっていますが、
資産運用の変更に伴う影響がある程度出てくると思われますので、
意識しておきたいと思います。

米国休場、様子見

先日の相場は157.6円台で小動きスタート。
10時30分頃に小幅に売りが強まると157.52円まで下落するも、
157.5円を前に下げ渋り。

13時30分の豪中銀決定会合の結果公表後の豪ドル買いが何らかの影響を与えたのか、
そこからドル円はじりじり一方的に買われていき、17時過ぎに158.23円まで上昇。
買い一巡後は158円まで緩むも、下値を支えられると158.1円付近で小動き。

21時30分の米小売売上高が予想を下回ると157.61円まで下落するも、
米金利が低下する中でも下値での買い意欲は強く、もみ合った後158円まで切り返し。
158円で頭を抑えられると一時157.64円まで下落し、157.8円台で戻ってきました。

取引結果ですが、4回、+5万となりました。
午後にじりじり一方的に上昇した場面は、
気味が悪く逆張りリスクの高さを感じたため取引手控え。
米小売売上高はまずまずの値幅が出たものの、動きを読みきれず取引できませんでした。

本日の相場は米国休場、様子見。
本日は目立った材料は無く、米国市場が祝日休場となりますので、
欧州中盤以降値動きが細る可能性が高く、注意が必要です。
基本様子見で焦らずチャンスを待ちたいと思います。

米小売売上高

先日の相場は前週末比ほぼ変わらずの157.3円付近で7時スタート。
朝からじりじり買いが先行して8時過ぎに157.65円まで上昇するも、
9時に売りが強まると157.3円まで下落。

その後は157.4円を中心に小動きとなり、
15時に売りが強まると157.15円まで急速に値を崩すも、一過性の売りだったのか
その後は一転してじりじり買い戻しが続き、21時30分頃に157.95円まで上昇。

158円に乗せることは出来ず、
高値圏で小幅にもみ合った後じりじり失速し、157.7円付近で戻ってきました。

取引結果ですが、8回、-5万となりました。
15時頃の一過性の売りに騙されて10万以上の損切りをしてしまい、
その後はいつものじりじり上昇するパターンだったため取引を手控え、
マイナスのまま終えました。

本日の相場は米小売売上高に注目。
本日は東京・欧州時間は基本様子見とします。
NY時間には米小売売上高が発表されますが、予想比振れやすい指標ですので、
発表後の思わぬ変動に注意し、チャンスがあれば狙っていきたいと思います。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>