ドル円×スキャルピング×感覚トレード。地味にFXブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

8月相場入り、セブン&アイの大型買収

本日の相場は8月相場入り、セブン&アイの大型買収に注目。
本日より8月相場入りとなりますが、先月下旬のドル安主導の下落、
月末の急激な買い戻しに対してどういった動きになるのか注目です。
買い戻しの反動で下落するイメージを持っていますが、柔軟に対応したいと思います。

そして今年前半に破談となったセブン&アイによる
米スピードウェイの大型買収の話が再び出てきています。
今回は状況的にも決まっていると思われますので、
これに伴うドル買い円売りの動きに注意が必要です。
実際にはすでにある程度手当されている可能性がありますが、
思惑的な動きに注意が必要です。

月末相場

金曜日の相場は104.7円台で小動きスタート。
前夜の流れを引き継ぎ、7時頃から徐々に売られていき、
仲値通過後に売りが加速すると11時頃に104.19円まで下落し、
売り一巡後は104.3円付近で小動き。

欧州入り後は月末に絡んだ動きからかドル買いの流れとなり、
じりじり買われて23時頃に105.8円まで上昇。
24時のロンドンフィックス通過後も売りは限定的で、
深夜に一時106.05円まで上昇し、105.9円付近で引けました。

取引結果ですが、5回、+11万となりました。
月末絡みで一方的な動きが目立つ中、9時やロンドンフィックス前後に取引し、
損切りもありながら何とかプラスで終えました。

月末需給、ロンドンフィックス

先日の相場は104.9円付近で小動きスタート。
7時頃からじりじり買われていき、9時30分頃に105.15円まで上昇するも、
頭を抑えられるとその後は105.0円台で小動き。

月末に絡んだ動きからか、13時頃に買いが再燃すると、
一方的な動きで14時30分頃に105.29円まで上昇。
その後しばらく下げ渋る動きを見せるも、
16時前に売りが強まると16時30分頃に全戻し。

105円手前で下げ渋ると、21時30分頃に105.28円まで上昇するも、
22時頃にドル売りの動きが強まると、
105円レベルで下げ渋る動きを見せながらも抜けた後は一方的な動きとなり、
一時104.67円まで下落し、104.7円台で戻ってきました。

取引結果ですが、1回、+2万となりました。
チャンスはそれなりにあったものの、15時を挟んだ取引1回に留まりました。
株に注力していることもありますが、慎重になりすぎています。

本日の相場は月末需給、ロンドンフィックスに注目。
本日は月末となりますので、実需の動きに注意が必要です。
特に9時55分の東京仲値、24時のロンドンフィックスに注意が必要です。
今回はいつも以上に動きが出やすいイメージを持っており、
チャンスがあれば積極的に狙っていきたいと思います。

月末は9時から9時55分にかけて売りが優勢となりやすい傾向にありますが、
本日は既に売りが先行しているため、異なるパターンとなる可能性が高そうです。

需給に振らされやすい時間は9時、9時55分、15時、16時、20時、24時、
その前後1時間で、じりじり一方的な動きが出た場合は注意が必要です。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>