[ふいに無性に]♫我が心のジョージアを聴く | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?

今日の「ふいに無性に」は…






マイケル・ボルトン

♫ジョージア・オン・マイ・マインド

1989年発売の「ソウル・プロバイダー」に収録…


バラードの帝王…とニックネームされるブルーアイドソウル

確か、僕は当時高校一年生くらいだったかなぁ〜

これ、大ヒットしたんですよ

もとはジャズのスタンダードナンバーだけど、やっぱり、1番有名なのは、もちろんレイ・チャールズのこちらでしょうな

マイケル・ボルトンはこの ♫我が心のジョージア の他にも、♫ドック・オブ・ベイ とか、♫男が女を愛する時 とかヒットさせてますよね

もともとメタル・シンガー(^^)だったんだけど、そっちは泣かず飛ばずで、でも、心機一転、ルーツ・ミュージックに回帰して覚醒を果たすんだよね

あ、ちなみに、メタル時代は聴いたことない

でね、僕はマイケル・ボルトンのこの曲を聴いて、まじまじと理解したのよ

歌がうまい…ってのは、こういうことか、って

つまり、それまではかっこいいとか心に響く…とか、なんか漠然とそれぞれのアーティストを受け入れていたんだけど、まぁ、僕の私観ではありますが、この、マイケル・ボルトンの ♫我が心のジョージア を聴いた時、あぁ、これは磨きに磨き上げられた歌唱なのだ…と、ふいにはっとしたわけ

もちろん、どんなスターも努力と根性を以ってスタイルを構築しているわけだけど、僕はアーティストたちのそういう陰の努力と研鑽を初めて意識した…ってわけなんです



この、鍛えに鍛えられた、ムキムキなる肉体から繰り出されたる渾身の絶唱…



と、肌身で感じ、震撼したのだ


ややや

沁みるなぁ

望郷…という二文字が浮かぶ


んで、僕はマイケル・ボルトンのこの ♫我が心のジョージア を、ふいに無性に聴きたくなるのだ

伝統と研鑽の見事な融合を噛み締め、その味わいの深さとコクを愉しむのだ


で、今、施設にいる母親と、故郷でひとりで暮らす父親に想いを馳せる


我が心の…


鮮やかに脳裏に蘇る、風景と記憶…



んんん


で、つぶやく



父よ、母よ、そして、ふるさとよ


ありがとうございます


この素晴らしい名曲もまた、スペシャルの域にあるな、と思っております

御愛読感謝