井上&モロニー 前日計量一発クリアっ‼︎ | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?
新型コロナウイルスに関する情報について

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?

https://news.yahoo.co.jp/articles/b9050d4f25b80ab3f43f2eea278390fdbdf283c4


>プロボクシングWBA&IBF世界バンタム級タイトルマッチ12回戦の前日計量が30日(日本時間31日)、米ラスベガスのMGMグランドで行われ、統一王者・井上尚弥(27=大橋)は117.7ポンド(約53.39キロ)、WBA2位、IBF4位の挑戦者ジェーソン・モロニー(29=オーストラリア)は117.9ポンド(約53.48キロ)でクリアした。
 
 軽く右手を挙げて計量台に乗った井上は一発クリアを確認すると、力強くポーズを決めた。それまでソーシャルディスタンスを保っていた2人が、フェースオフでは約10センチの近距離まで接近。関係者が制するまでの約15秒間、にらみ合った。 

 井上にとっては昨年11月のノニト・ドネア(フィリピン)と戦ったワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)決勝以来、約1年ぶりの試合。ドネア戦では眼窩(がんか)底など2カ所を骨折したが、ケガは順調に回復。当初は4月にWBO世界同級王者ジョンリール・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦を行う予定だったが、新型コロナウイルスの世界的流行の影響で延期され、ラスベガスデビュー戦の相手はモロニーに変更された。 

なお、井上のアンダーカードで米2戦目を戦う平岡アンディ(24=大橋)は140.9ポンド、対戦相手のリッキー・エドワーズ(30=米国)は140.7ポンドで計量をパスした。


…はい

両者とも無事ご苦労さまでした

さぁ、あとは英気を養い、心を整えるのみ

いよいよ、日本時間の明日ね

井上尚弥よ、平常心にて、いつも通りに、ぶっ倒してください‼︎

携帯更新