とにかく書道(Calligraphy)に夢中です in パリ
●お問い合わせ●

sawa@happycalligraphy.com
  • 31Oct
    • カリグラフィー活用法♡

      イタリアのプリントペーパーを使って、自分好みのノートを作ろうと思いついたのが先週。お気に入りなので、工程をざっくり記録しておきます。既存のノートに合わせて紙をカット!この時点で最高にかわいい♡♡♡しっかり糊付けをして、今度はラベル作業!色々と試行錯誤して…できました‼︎何パターンか作りました♩全体の雰囲気を見て、書体を決めました。飾り文字でイニシャルを入れて…文字の並び、仕上げたい雰囲気に合わせタイトルはアンティカ体にしました^^♡左のノートのタイトルはゴシック・テクストゥラで!右のノートはアングレーズ体で!決まりはないので感覚を大事にしています。ラベルも手づくり^^イメージしていたものを何パターンか作って試しました。微妙な違いで雰囲気が変わるから、それぞれの個性を生かして。書体もどのお手本を取るかが大切。色々なモデルがあるから、好みの文字を書く人(師匠)に出会えたら最高です。それぞれの文字の形をかわいいと思えて世界観をイメージすることで色々な場面でカリグラフィーは活用できます^^。私は紙を購入するところから各工程、どの瞬間もときめいて♡ノートを完成させました。中も色々と工夫したので、また記事にしようと思います^^。・・・今日の夜は絶対にヨガに行きたいので、日本出発までにやらなければならない事務作業、お仕事を終わらせるぞ〜!ヨガは自分へのご褒美、プレゼント♡

      12
      テーマ:
  • 28Oct
    • ロゴをカリグラフィーで

      京都のフラワーサロンFiorito_Chiakiさまから、カリグラフィーでロゴのご依頼をいただきました。Insta:@fiorito chiaki “大人かわいい”がテーマで格好良さと可愛さの両方を取り入れたデザインがご希望とのことでした^^。フレンチ草書をメインにして柔らかさや、流れを意識しました。メインが斜面の時は、縦の書体を組み合わせるとまとまります。サロン兼お花屋さんなので、真ん中に植物のデッサンをプラスして…♡同時に名刺のご依頼もいただきました。手書きの名刺!アルファベット部分はカリグラフィーでお名前は筆を使って楷書で書きました。お見せできないのが残念です(>_<)どちらも何パターンかご提案させていただいてたくさん書いてきましたが、最終的に3点まで絞って、選んでいただいたのですが...手書きなので、一枚一枚微妙に違うんですよね。でも今見返してみると、選んだロゴ以外考えられなくて…!本当に不思議です。やはり、これが良かったんだなぁと納得!レッスンバッグなどサロングッズにこちらのロゴを使っていただけるそうです*・゜゚・*:.。..。.:*・これから彼女のサロンはお客様と共に成長、進化されると思います。続けいく中で何かあった時、ふとロゴを見て初心に戻ったり、前に進む力になれたら嬉しいです。イメージを形にする作業生み出す喜びとやりがい✨カリグラフィーを通してまた一つ、貴重な経験をさせていただきました^^。好きなことを仕事にできているって幸せだなぁ♡

      12
      テーマ:
  • 27Oct
    • 好きなこと集合

      夜の乗馬レッスンから戻ってきました。夕方雨が降ったせいか足の先から段々と冷えてきてしまいましたが、集中して乗れました。一昨日も乗ったので、まだ筋肉痛が治っていなくて…なかなか体にきました >_<30代に入ってから意識して運動するようになり、数年かけて今ではヨガは完全に習慣化。馬には週一ペースで乗っていますが、未だに次の日筋肉痛に襲われます。ヨガと乗馬は習っていると同じ単語をよく使っていることに気付きます。即効性のない、じんわり効いてくる感じが似ているのだと思います。バランスを保つことだったり、胸を開いて肩を後ろにすること、おへそを意識すること。それなのにヨガと乗馬、使っている筋肉が違うので、疲労を感じる箇所が異なるのもおもしろいのです。最近ヨガの生徒さんで、何人かが乗馬をやっていることを知りました。どこのクラブに通っているのか、何年やっているのかなど話した後、一番盛り上がったのが筋肉痛の話題でした笑とにかく、内腿が痛くなるんです。鍛えていても日々、体は変化してるんだなぁと。いつも違う。守りに入るのではなくて興味を持ってチャレンジすることやらないよりはやった方がいい!でもこれは、人に言われて行動するものでもないと思うのです。本気でやりたかったら何とか都合をつけて絶対にやっている。いてもたってもいられなくなるんです。言い訳しているうちはまだ、気持ちが高まっていないのかもしれません。いつかはない、そう自分に言い聞かせています。話はそれてしまいましたが、わたしは心と身体の変化に敏感でありたいと思っています。内側を意識する時間を毎日少しでも良いから持てたら幸せですよね^^♡・・・・・前回のカリグラフィー教室でやったもの↓ゴシック・バタルドの続きです!アルファベットによってはいくつかヴァリエーションがあって、oのつぎは半分のrを使うとか、パズルのようにしてはめ込んでいくように書いていきます。今と多少違うフランス語でも、意識して合字を使うことで一気にモデルに近づきます。何度か繰り返し書いていくと滑らかになっていきますが、テキストを選んでカリグラフィーで書こうと試みた時に、最初はなかなか思うようにいきません。「あ、いまのはこっちのsを使えばよかった〜 T_T」とか、そんなことばっかり。そんな時は焦らずに。みんなそうです。カリグラフィー歴10年の向かいに座っているマダムだって…!また書けばいいのです^^。頑張って練習しようと思います♩

      11
      テーマ:
  • 25Oct
    • 10月後半!カリグラフィー書いたものシリーズ

      数日前から急に、肌寒くなってきました。住んでいるアパルトマンはまだ中央暖房が付いて いないみたいで「冬が来た、冬が来た」と口にするようになりました。何気なく過ごしているとあまり感じませんが、確実に日が短くなっています。19時過ぎ。10月の前半2週間は、ヨガの師匠がヴァカンスに行ってしまった為その分のクラスをプラスで入ったのでなかなかハードでした。毎週土曜日にある上級クラスを2回、任せてもらえることになり、仲間の力を借りて無事に乗り切ることができました。振り返ると2〜3行で終わってしまいますが、それにだけ没頭できていたわけでなく他に考えなければならないことが同時にあり切り替えて集中するのに苦労しました(>_<)終わってみると、達成感というかホッとしたというか、プラスの感情しかありません。一年前とやっていることはそこまで変わっていないけれど、比べると気持ちの余裕があったり、違う視点、次のステップへ行っているのを感じます。同じことをやっているのに、毎回違う。これを感じるか、そうじゃないか。やったことがあっても前回やった時の自分と、今の自分は変化している。だから何度も繰り返し^^!ここからはカリグラフィーシリーズ。今度レッスンでやるテキスト↓色合いが気に入っています!アングレーズ体。新しいカラーに挑戦!ゴシック・テクストゥラ(モダン)行ごとにインクの濃淡をつけて!日によっていろいろな書体を書いていました。スペンサリアンNewインク♡サンプル。水彩とのコラボ!…まとまりのない感じになってしまいましたが、書きたいことは書けました^^♩あと少しで日本です!毎日意識して準備を進めています 。楽しみです^^♡

      9
      テーマ:
  • 09Oct
    • ゴシック・バタルド体に挑戦!

      前回のカリグラフィー教室でやったこと、まとめです^^!Bâtarde gothiqueバタルド・ゴシック体を習い始めました。時代は13世紀。大好きな飾り文字‼︎勉強したら今度レッスンでやりたいなぁ^^♡ゴシックの一種だけどカチカチ、カクカクしすぎず程よくやわらかさらがあるところが魅力です。真っ直ぐではなく、ほんの少し傾斜があるところがポイント。ゴシック体は似たような形なのでテキストを書くと単調になりやすいのですが、一見「f」に見える「s long」と呼ばれる「長いs」が所々入ることによって心地良いリズムを作ってくれています^^。この「s long」は単語の最後には使えず最初か途中で使います。終わりのsは別の形があります。さて、この2つは何と読むかわかりますか^^?Lam と Labnではありませんよ(^_-)正解は…3番目という意味の la 3 ème.7番目という意味の la 7 ème.ぱっと見読めませんが、一度読めてしまうとそれにしか読めなくなってくるから不思議です。あとは前後や全体のテキストで予想がつくようになってくるみたいです。13世紀に使われていたフランス語なので今とは変わっていますが、少しでもフランス語を知っているとこんな時役に立ちますし、読めると嬉しいものです^^♩まずはテキストを臨書したり、じっくりと読み込んだりしながらBâtarde gothiqueを学んでいけたらと思います(^^)/・・・・・これを更新したら今からヨガのレッスンへ!1時間半のクラスを教えてから、その次のクラスを受ける予定です^^。夜ヨガの後はよーく眠れます。それでは、行ってきます♩

      14
      テーマ:
  • 05Oct
    • 日々のトレーニング

      習慣化するまで繰り返し書くのがカリグラフィー上達への近道だと思います^^。ひとつの書体、A-Zまで学習したら短いフレーズを用意して書いてみる。この時意識して気をつけること優先しているのは、●同じ言葉を何度も繰り返していないもの(文字を揃えたり同じ文字を並べることを避けた方が、動きのある面白いものができます!書道もカリグラフィーも。)●使いたいアルファベットが含まれているか(アングレーズのA好き!と思えば、それを使ったフレーズを探すのです)この2つを満たすテキストを選ぶことです。鉛筆でまずは書いてみて全体のバランスを見てからぺんを持って書きます。たまに相性の良いテキストに出会った時にはふっと全体像が舞い降りてきて、直接カラー用紙に書くこともありますが、まずは準備をすることが大切です。基礎トレーニングみたいに、反復練習。そうしないと、いざ何かカードを書こう!と思っても腕が止まってしまいます。普段運動していないのに、いきなり全力で走るみたいな…結果、どうなるかわかります。そんなことにならないようにカリグラフィーの基礎トレーニングを続けています^^。まずペンを持つことから^^。1日10分!紙の上にペン先を滑らせるだけでも積み重なれば、力になると思うのです。1ヶ月後にはペンを持たずにはいられないかも…⁈そうなってしまえばこっちのもの。何事も習慣化するまでが大変なんですよね(>_<)今では私…カリグラフィーはもちろん、習慣化してしまったことでヨガもやらずにはいられなくなってしまいました。年齢は重ねましたが10年前より、圧倒的に体は柔らかく筋肉も付きました。初めてから今日までを振り返ると、やっている時はキツイけど終わったあとは最高に気持ちが良くて、無理なく今の状態まで来たという感じです。①やると決める②習慣化するまで続ける③前に進むだけが正しいと思わず時々基礎に戻り、さらに強い土台を作っていくこれを私はカリグラフィーとヨガから学びましたが、他の分野でも通用すると思っています。私のヨガの師匠がいつも言うのです。「基礎に戻りなさい」「正しいやり方で」それを聞くとなぜか涙がでそうになるのです。私がこの言葉を求めていたからなのか、やってもやっても終わりのない奥深さに感動しているのか、限界ギリギリの境界線に触れて、気持ちが敏感になっているからなのか。。。理由は色々ありそうです…目に見えて急激な成長はないけれど時間をかけて成果を感じられれること。その小さな喜びを感じたいという気持ちが、今日も同じことを頑張ろうと思えるエネルギーななっているのだと思います。

      13
      6
      テーマ:
  • 30Sep
    • 日本出張レッスンのお知らせ♡

      11月上旬、今年も日本へ一時帰国することになりました。去年に引き続き、福岡で活動されているフルリストのヒロミさん@romietfleurとのコラボレッスン、カリグラフィーのみのレッスンを予定しております。オープンからもうすぐ一年を迎えられるLe Magnolia さん@le __magnoliaでまたお世話になります^^。レッスン詳細です↓↓11/2(金)15:00-17:30【Écriture droite 飾り文字レッスン】フレンチ書体〔Écriture droite〕を使った飾り文字のレッスンです。droit(e)はフランス語で、まっすぐな、傾いていないという意味があります。先がくるんっとしたかわいらしい文字に植物モチーフをプラスして🍃◇レッスン料: 8500円(ペンセット、インク付き)◇定員: 6名満席11/3(土)13:00-15:30【Cursive American handwriting 】ポイントを抑えて美しく筆記体を書いてみませんか☺️ワンレッスンで大文字、小文字、数字まで!読み易く実用でも取り入れやすい書体のレッスンです__✍🏻◇レッスン料: 8500円(ペンセット、インク付き)◇定員: 6名満席【花とカリグラフィーの世界を楽しむ】天然石にカリグラフィーで文字を書き、作ったお花のコンポジションにデコレート。プレートとして石は飾ることができます😊◇11/2(金)18h30-◇11/3(土)10h00-◇11/3(土)14h00-所要時間はそれぞれ2時間が目安で30分はパリトークとお茶会です♡◇レッスン料: ¥10000◇定員: 各レッスン8名【花とカリグラフィーの世界を楽しむ】◇11/2(金)18h30-◇11/3(土)10h00-◇11/3(土)14h00-金曜日の夜はまだお席に余裕があります。ストーンの上に書くモダンカリグラフィー。紙に書く時とは違った感触です❣️ご参加ご希望の方は参加日と時間をご記入の上、sawa@happycalligraphy.comまで📩.......................................もうひとつのレッスンは大阪で。この度ご縁がありプライベートサロン「la boutique S」さんで11/6.7の2日間、レッスンをさせていただくことになりました。Sさん拘りの品を置いている小さなお店。お花、お料理、小物などオーナーのSさんがコーディネートされています。Instagram: @la _maison _de _septembre【 Bienvenu chez moi 】ようこそ、わが家へ!~Art de vivre 暮らしのアート~◇内容:●カリグラフィーレッスン「merci」をテーマにしたカード制作●フラワーwsでアレンジメント●それらをテーブルに飾りランチタイム11/6(火) 11:00-14:3011/7(水) 11:00-14:30◇レッスン料: 13000円(プレゼント付き)◇定員: 各6名 両日とも満席ありがとうございます🙇‍♀️..................................................募集が始まり、準備をする時間も楽しい♡それぞれのレッスンのお手本を作って、道具を買いに行ったり…書体も各レッスン違うので切り替えてながらパズルを組み合わせるように順を追っていく作業。最後ピタっとはまる瞬間が何とも気持ちがいいのです^^。また皆さんとワクワクするカリグラフィー時間を共有できたらと思っております。どうぞよろしくお願いいたします*・゜゚・*:.。..。.:*・

  • 28Sep
    • 【再会】プライベートレッスン

      現在パリで花修行、ブラッシュアップの為に滞在中@hanakumi6(←インスタ)さん がプライベートレッスンに来てくださいました。今年4月の東京でのレッスンで初めてお会いしたのですが、久しぶりの再会に何だか嬉しくなりました^^♡お仕事で良く使用されるフレーズを…短い時間でしたが、日本に戻ったらスグに実践していただけるようにレッスンを進めさせていただきました^^。役立ていただけたら嬉しいです*・゜゚・*:.。..。.:*・………11月に日本へ行くことが決まっているのですが、今回も出張レッスンをさせていただくことになりました^^。福岡と大阪の2ヶ所、それぞれ2日ずつです。大阪レッスンは有難いことにSNSでの募集の前に満席となりました。福岡でのレッスンは去年同様、Le Magnoliaさんで花とカリグラフィーのコラボレッスン、カリグラフィー2コマをやらせいただきます。昨日から募集が始まっております。続いて私のインスタでもポストさせていただきます。全レッスン、異なった書体を使用します。準備しながらカリグラフィーの世界の奥深さを改めて感じています^^。最高のレッスンになるよう、お手本制作・道具選び…気合い入れていきます!今から本当楽しみです♡♡♡

  • 24Sep
    • 5年目に突入!

      今週からカリグラフィー教室が始まりました。早いもので教室に通い始めて、今年で5年目。やっぱり好きだから。時間を確保して毎週1回、コンスタントに習い続けています。夏のヴァカンス前に学習していたバタルドイタリエンヌ体。お休みの間は、別のことに取り組んでいたのでこの書体はほとんど書いていませんでした…(T_T)途中だったので、とりあえず最後まで書いて…スペルを間違えたり、傾斜がバラバラだったりとブログに載せるのも悩みましたが記録として残しておきたくて。これはインスタにも載せたのですが、もう一度傾斜と形を腕に覚えさせようと思って基本の練習を。その後フレーズを書きました^^♩少しずつ思い出してきました‼︎以前は色々な書体をどんどんやりたいという気持ちが強かったけれど、今年は焦らずじっくりと。今までやってきたことをもう一度掘り下げたり、自主学習と合わせながら、余裕があれば新しい書体を学んだり。引き続き楽しいカリグラフィーライフを送ることが目標です^^♡9月最後の週は書道に力を入れて、秋の展覧会作品を仕上げたいと思います。カリグラフィーと書道の同時進行。フランス語と日本語を使って同じことを伝えるみたいに…自然に切り替えて。違うけど実は、ひとつ。そのことに気がつく為に色々な選択をしてきたのかもしれない。それぞれを繋いでいくと、今自分がここにいることの意味がわかる気がするのです。来週はどんな経験ができるのかな*・゜゚・*:.。..。.:*・

      11
      テーマ:
  • 22Sep
    • ご無沙汰しております(>_<)

      久しぶりにブログを書きます(ノ_<)いつもはパソコンから更新するのですが、iPhoneから投稿してみようと思います。ブログを始めてから、こんなにも更新しなかったのは初めて。わたしはブログを書くのが好きで、始めた頃は仕事を辞めた後だったので時間にも気持ちにも余裕があって、夢中でやっていました^^。ひとつの記事を書くのに2時間とか、半日かけることもありました。今はあの頃からだいぶ状況が変わって、カリグラフィーが仕事になって、好きでやっていたヨガもまた…教えるようになって。やっていることは変わらないのだけど、それぞれ進化して、求められることや立場が変わったり、その他色々なこともあって、後ろ髪引かれながらもブログ更新までいかない日が続いてしまいました。その時に、当たり前のことなのですが時間というのは流れているものなんだと思ったのです。考えて行動しないと、ただただ流されちゃう。そんな危機感のような、気づきのようなことがあって、つくづく時間の大切さと有限だということをもう一度胸に刻んだのでした。前回、書道の師範試験の記事を更新したところ「読みました!」というメッセージを個別でいただきました。試験に“落ちた”なんて書くのは楽しいことではなかったけれど、わたしの想いが届いて欲しい人達に届いてるということがわかって、本当に嬉しかったのです。こんなわたしでも、誰かの背中をそっと押すことができた、力になれたと思うとやはりじんと胸が熱くなります。今年初め目標に掲げたのは“貢献” でした。モノではなくて気持ち、ココロでしたいと思っていました。自分のことで精一杯で、振り返ってみるとまだまだ至らないことばかりですが改めて考える機会にもなりました。こちらの方こそ “ありがとう” です^^。近況としては、11月に書道の展覧会があるのでその作品制作に取り組んでいるところです。今回4回目の出品ですが、いままでにない大きな作品に挑戦しています!夏の間練習をして、今はだいぶまとまってきました。10月の初旬の締め切りまであと少し。最後まで頑張ります‼︎今も書道の練習の休憩中。合間にブログを書いています。更新したらまた続きを…今週からカリグラフィー教室(習いに行く方)も始まったので、そちらの記録も今まで通り残していきたいと思います^^。マイペース更新ですが今までと変わらずパリ生活を送っています。久しぶりの投稿にも関わらず、最後まで読んでくださりありがとうございます。

      16
      テーマ:
  • 18Jul
    • 書道師範試験【結果】

      ずっとこの記事を書きたかったのだけれど、気持ちをまとめるにはものすごいエネルギーと時間が必要でした。やっと...書くことができます。今年の4月、日本に一時帰国したのですが1番の目的が「書道の師範試験」でした。夫をパリに残し、この試験の為にひとり日本へ行きました。約3週間、正直長かったです。それでも、1年に1度しかない試験。パリで受けることはできないので、ずっとこの時を待っていました。今回の試験、結果から書くと、残念ながら「不合格」でした。結果通知からもうだいぶ経ってしまったので時系列での感情の変化はあまり覚えていませんがそこまで激しい感情の揺れはありませんでした。結果的に色々なことを深く考える良い結果になりました。「とにかく書道に夢中です」というブログを書いている以上今後どうしていくのか、これからの展開や決意みたいなものを書かないとなぁ。というか、ここでしか冷静に振り返る場がないのでしっかりと自分の中に落とし込みながらも読んでくださっている方達にしっかりと伝える気持ちで書いています。結果を知ったのは母からのLINEでした。一瞬、本当に一瞬「えっ?」ってなりました。一発、鈍器で殴られたかのようなショック。でも、当たった瞬間は痛いけど、当たりどころが良くて後遺症の残るような傷ではない感じ。上手く例えられているのかわからないけど軽いショックの後、すぐに結果を受け止めることができました。不合格によって恐れていたこと、それは何だったのかと考えました。何を失ったのだろうか、と。人に笑われること?時間とお金...を失ったこと?自分自身のことだから、他の人からの評価は特に気にしていません。今まで費やしてきた時間やお金のことを考えるとちょっと胸がチクっとするのですが、それを経験に替えたと思ったら気持ちの整理がつきました。結果は結果なので。だったら今起こっているこの意味はなんなんだろう、って考えました。自分に足りないものは何なんだろう。技術..なのか、経験...なのか。私が日本に住んでいて、毎月先生の指導を直接受けていたら...点数で見ても、まんべんなく点数は取れていて取り立ててどこが悪かったということもなかったのです。全てのカテゴリーであと一点ずづでも高かったら...ここは考えても仕方のないことでした。でもまず最初に思い浮かんだのは、書道に対する気持ちが足りなかったということです。練習時間も足りていなかった。振り返ったらこの1年、圧倒的にカリグラフィーに比重を置いていました。書道の毎月の課題は提出するし、作品展にも出品する。でも、軌道に乗り始めたカリグラフィーに力を入れる方を選びました。その前に、漠然とこなしていればいいというものではなかったのです。ただでさえ日本語を書かなくなっているのに。ブログは書いても"打つ"ものなので使う頭が違っていました。日本語を書くとすると毎日綴っている6行の日記のみ。それ以外はアルファベットを書くことがほとんど。カリグラフィーだけでなくメモもアルファベットで書くことが多く普段目にしているのもアルファベットなので正直、テスト期間中ローマ字が一つもない世界に「おおおっ」となりました。言い訳はこのくらいにします。でも、信じられないかもしれませんが環境ってそれほど影響を受けるものなんです。そんなことでは師範にはなれないと思いました。気持ちも練習量も何もかも、あの時の私には欠けていました。書道の神様はちゃんと私の行いを見ていました。・・・・・・普段、あまり自分のことは人に話さないのですが何だか人に話したい衝動に駆られました。結果が来てすぐに顔を合わせた友人に報告。ちょっと弱気になって「パリにいるうちはやめた方がいいのかも、って思ってる。正直、気持ちを保つのが大変。」そう言ったら、「もったいない、ここまで来たんだから。来年は良い結果が聞けるように祈っているし、応援しているよ^^」と言われました。そう、自分の気持ちは、自分でわかっているんです。絶対に続けるんです。知りたいのはその先の道、どこに向かって、どう向き合っていくのか、その答えを見つけなければいけませんでした。そして、私はとある人のアドヴァイスからついに答えを出すことができました。「そこまで資格って必要なんですか?」それが最初に聞かれた質問でした。私の本心はこうです。資格というよりは、前の仕事を辞めた自分に対して引け目を感じていたから師範を取得することで自分を納得させたかった、、、というのが一つと、いつ日本に帰ることになっても良いように(仕事ができるように)何かしらベースを作っておきたい、、、という理由がありました。やってきたことが形として表現できるのが資格取得だと思っていてそれまでは何者でもない私で、モヤモヤとした気持ちで過ごしてきたけどクリアすることで、スッキリとした気持ちでスタート地点に立ちたかった。当てはめるとしたら将来の自分への積み立て、もしくは保険のようなものです。そう答えた時に「もっと深いところにある気がする...」と。そう言って、続けてくれました。書道とカリグラフィーの両方の美しさがわかるというのは私のひとつの特徴で、自分が思う、感じる、「美しさ」をもっともっと追及したらどうか?というアドヴァイスでした。ほとんどの人が共感する「美しい」と言われるお手本でももうちょっとこっちなんだけどなぁ、と思う事ありませんか?って。あります、あります。.....その時ピン !!! ときたんですよね。そこをもっと追及したらいいんだって。自分だけのオリジナルを確立すること。もちろん基礎は大切です。それは大前提だけど、オリジナルを育てていった方がテストの平均を目指して大勢がいる枠に入るよりもよっぽど価値があることなのだと。人間がやってきた仕事をロボットで賄えるような時代。これからはもっともっとそうなる。だからオリジナルが大事なんだと教えていただきました。資格取得だけにとらわれ落とし穴にはまる前に本質に気付くことができて良かった。何か起きることは、そこに何かがあるってこと。だからこういう挫折をして、そこから色々な葛藤があってもっと深みがあって心のある文字が書けるようになりたい。去年とは違う心構えでこれから書道と向き合っていけそうです。オリジナルを追求しながら基礎トレーニングを積み重ねること環境のせいにしてはいけない、どこにいても私であって書道への愛、情熱を注ぎ続けること。むしろ今の私は、色々な方向から柔軟に物事を捉えることができるというこの環境に感謝しなければならないと思いました。東洋のエスプリと西洋のエッセンスカリグラフィーも本当はもっと一つの書体習得に時間をかけないといけないこともわかっています。大事なのは書体の数でないことも承知です。そういうことも伝えていくことも私の使命でもあるのかなと思っています。試験への取り組み方も含め自分のダメな部分が浮き彫りになって忙しさで余裕がなくなっていた時期、そういう時って何やっても上手くいかなくて。それが自分だけならよいのだけど、人に対して間違った対応をしてしまう時があって。その後「あんなことを言ってしまった」となるのですが、もう遅いんですよね。余裕を持たないといけないと反省する日々です。だから決して急いだりしないで時間をかけて、自分と向き合うことが大事なんだなって。今回の記事で何が言いたかったのかと言うと、私はいつも上手く行っているわけではないということです(*_*)試験には落ちてしまったけど、それでもまたsawaが「頑張る」って言うことで誰かの励みになってくれたらこの記事を書いた甲斐があります。ここまで記事を書いてスッキリしました。大事なことは始めること、続けること、自分を信じること。自分が主人公、オリジナルの物語を築いていくこと。それは絶対にまっすぐでシンプルな道じゃないんです。躓いたとき、最後に立ち上がるのは自分自身でですが、そこまでの過程の中で周りの人に支えられて、助けられているということを絶対に忘れたらいけないと思うのです。どんな結果でも、挑戦して良かったと心から思っています。また、一歩ずつ歩いていこう!自分らしく。

      30
      2
      テーマ:
  • 16Jul
    • Bravo les Bleus!

      ワールドカップ2018 ロシア大会。7月15日(日) フランス時間の17:00~ フランス vs クロアチアの決勝戦でした。今日、昼頃仕事に向かう途中何度もフランス国旗を目にしました。日曜日だし、パリ祭の翌日ということもあって街全体はいつもより静かでしたが、いつもと何かが違いました。試合まであと6時間もあるのに既にお祭りが始まっているかのような雰囲気。ソワソワしているというか、フワフワ?ウズウズ?人の姿は見えないけれど、思わず音が聞こえてきそうな感じでした。私はブログにサッカーのことを書けるほど知識もないしそもそも、サッカーの試合を普段から見るタイプでもないのですが、ワールドカップ優勝国に身を置き、優勝の瞬間に立ち会えるなんて人生でそう何度もある経験ではないという思うので今の気持ちを綴ろうと思いました。私がここで言いたかったのは、人がひとつになっていく瞬間とか同じことに感動して、幸せを共有できるということにものすごい価値を感じている。ということ。見知らぬ人と肩を組んだりハイタッチをしたり、心からの笑顔で「最高だね」って言えること。普段は他人のふりをしていてもみんなが友達だったかのようになるのってすごいと思う。言葉が通じなくても、心を通わせることができる。この時ばかりは嫌なことも忘れて喜びを爆発させるんだ、って。人って本当はそうやってできるんだよななんて思ってしまいました。(これはフランスが試合に勝ったから言えることなのかもしてないですが(^^;))フランスがベスト8に入った辺りから少しずつ1998年の初優勝の時の話を耳にするようになりました。ひと言でまとめると「フランス中が幸せに包まれた」ということ。色々な問題や課題があったフランスが「ひとつになった」のが1998年だったそうです。私が学生の時に見ていたワールドカップ。フランスのチームに対して抱いた印象は、"多人種"だということ。一瞬どこの国なのかわからなくて、当時の私にはちょっと不思議な光景でした。まだフランスのことを知らなかったのです。フランス、特にパリは一つになることって難しいのかなと思うことがあります。バラバラというもの違うのですが、色々な人種と国籍の人住んでいて、それぞれが自分のルーツを守りながら生きているように感じます。自分のテリトリーを守りながらの生活。同い年のフランス人の友達が言った言葉が忘れられません。「20年前に優勝した時、フランス人みんなが喜んでその後しばらく人々のHappyが続いたの」想像して本当に嬉しくなったのを覚えています。纏っているものを脱ぎ捨てて、心で感じ合うそんな日常だったらいいなって。2015年以降、人混みが怖くなったり騒ぎがあると警戒したり大人しく過ごしている人が多いように感じていたから。だから今日だけは....試合が終わった直後の凱旋門当然ですがスゴイ人でした。メイン通りは完全にブロック。人が多すぎて進めませんでした。そういえば、ここからエッフェル塔も見えるんだった!国旗がユラユラ~人種や国籍関係なく、そこにいる皆で喜びを噛みしめていました。こ、これは...笑発煙筒注意!でした。こんな落書きまで...(^^;)勝ったからいいっか。バス停...こんなところ大人が何人も乗ったら危ないですよ~早々に帰宅しましたが、続々と凱旋門に向かって歩く人々。今夜は長くなりそうです。凱旋パレードの日はどうなっちゃうんだろう。表面的かもしれませんが私目線の記録でした・゜・。*フランスチームの皆さま、お疲れさまでした。そして、幸せをありがとうっ!

      8
      テーマ:
  • 13Jul
    • 平筆で遊ぶ

      少し前に、平筆を2種類購入しました。幅が6ミリと8ミリのものです。書体習得のは10ミリを使用していたのですが、大きな作品を書くとき以外あまり出番がないということに気が付いて小さめのものを探していました^^。最近はそれを使ってちょくちょく練習しています♪ちょっとチグハグになってしまったけど。テクスチャーや大きさ、道具の違う文字を組み合わせたものが書きたいんです(*^-^*)始めて書いたオンシャル体平筆。シンプルで平筆で書くにはもってこい!の書体です♪色々練習。奥行きを出したりできるのが面白いっ!これは昨日書いたもの。全体的に暗くなってしまったけど。あんまり色を使わない方が、好き。最近、これからのことを考えます。今までやりたい!と思ったことはほとんどやってきて、やってから考えようっそう思ってやってきました。何かを始める時ってすごくエネルギーがいるのだけど、やる、と決めてやらなきゃいけないこともあるんだなって思います。そう思えるのは、今ちょっと落ち着いて来ているからかもしれません。余裕が出てきたから、また何か始めようという気持ちになっているのかも。逆に余裕がないと何も入ってこないんですよね。詰めすぎるとひとつひとつのことに魂を込めてできないしユルすぎると退屈してしまう。。。というかもったいない!何事もバランスが大切ですね。でも、ちらっと頭に浮かんだことはやろうと思います。皆さんはどうですか^^?今やりたいこと、挑戦してみたいことはありますか?一緒に頑張りましょう....!!!!

      12
      2
      テーマ:
  • 11Jul
    • 現在カリグラフイー教室で習っている書体

      カリグラフィーレッスン2017/2018 3学期後半のレポートです(*^-^*)現在はバタルド・イタリエンヌという書体を学んでいます。名前の通りイタリアで生まれた書体。1500年代半ば~1600年代半ばあたりのモデルを使ってそれぞれの書家(Frqncesco Cresci, Jodocus Honduis, Van de Velde, Barbedor etc...)、それぞれの時代に合わせて変化していく過程を学んでいます。初期の頃のバタルド・イタリエンヌからインスピレーションを受けて...あまり崩さずきっちり丁寧に書きました。このテキストを書いたのは割と最近で、初めの頃は地味に練習していました。↓力のかけ方がよくわからない頃。角度もバラバラで、リズムも不安定。この画像は2回目のレッスンの時かな?そこから少し発展して...掴んできました(*^^*)その後、先生にインクを変えて書くことを進められ...18世紀の製法で作られたなんと、お手製インク。作り方が知りたい(/ω\)見た目はブラックですが紫がかっています。見た目は普段使っているクルミ染料と同じくらいサラサラですが実際に使用してみると、色のせいか少し厚みがあるように感じます。このペンは鵞鳥の羽です。フランス語でPlume d'oieと言います。使用する前にtailler (形を整えるために削ること)します。鵞鳥の羽ペンがなぜこ良いのがというと、バタルド・イタリエンヌの特徴であるポチっとした玉しずくがとても書きやすいのです^^。なんてことなく、線を折り返してくるだけでしっかりとしずくになってくれます。金属ペンだとそれが難しいんです。参考にしている書家たちは羽ペンで書いているので金属ペンで再現しようとすると無理があります。なので、枠を書いてから塗りつぶすような感じで書いています。あまり強調せずに、塗りつぶしを最小限にしたバージョン↓これはペン先をもっと細くして、玉しずくを強調したもの。黒の玉しずくが強調されて特徴的。こちらは金属ペンで書きました(*^-^*)後期に入ってくるともっと動きが出て柔らかくなってきます。こなれてくる感じ。この滴の角度や大きさも書く人によって全然違うのです。こういうのを何度も見てきて、私はカリグラフィーの書体のモデルは一つではないということを知りました。イタリック体とひとことで言っても、びっくりするほど違います。同じモデルからとっても、書く人によってもまた違うし、もっと言うと、同じ人でも経験を積んでくると同じ書体でも進化して洗練されてきます。手書きって本当にスゴイです。だから、おもしろい。そのことを知ってから、書道をやるときも意識するようになりました。今まではそんなことを考えたこともありませんでしたが、パリスタイルのカリグラフィーを学ぶようになってから驚くほど見方が変わりました。先生が良いのだと思います(*^-^*)本当に勉強になります。新しい視点、価値観、気づきって経験からくることだと思っているので本に書いてあることだったり誰かが言っていることを語るより説得力があると信じています。もっと発展させていきたいのだけど、私の欲望はレイアウトに向かっていたのでイタリア書体繋がりで平筆アンティカ体と組み合わせようと思っています。レッスンがお休みの間コツコツ練習しようと思います♪もっと練習して、いつかレッスンでできたらいいな(/ω\)♡

      16
      テーマ:
  • 10Jul
    • 【レポート】お花とカリグラフィーのWS・2018夏 

      あれから1ヶ月以上が経ってしまいましたが...6月1日はお花とカリグラフィーのWSでした(*^-^*)今日はそのレポートです。去年に引き続き福岡のフルリストのHiromiさんにラブコール♡をして今年も企画させていただきました。お気に入りの一枚♪胸キュンな世界♡♡♡今回は4名の方にご参加いただきました。去年も参加してくださった方が2名、初めましての方が2名の半々でした。一緒の時間を共有できるということは、何かご縁があるのだと思います。参加してくださる方たちがいてこそのWS、本当に感謝しています。ありがとうございます(*^-^*)ここでもう一つの物語があります。去年参加してくださって、数ヶ月前に日本にご帰国された方がいらしたのですが、帰国前に頂いたものがありました。それがこちら↓白バラのドライフラワー。実はこれ、去年のWSで使用した花材なのです。その時の記事はこちらから↓パリでWS実現までの流れ③【お花のレッスン】ずっと取っておいてくださって日本に持って行けないからと私にプレゼントしてくださったものでした。実際にそのバラがまだ存在していたことも嬉しかったのですが、何よりその気持ちにぐっときました(ノД`)・゜・。わかってはいましたが、本当に心の綺麗な人なんだなと改めて感じました。そういう方が私の生徒さんとして通ってくださったことを誇りに思います。・・・・・今年のレッスンはカリグラフィーからスタートしました!フレンチ書体でフレーズを書いていただきました。流れに沿ってリズム良く。La vie, c'est comme les bonbonsune couleur différente chaque jour.レッスンの時はできるだけ話続けることを心がけているのですが、集中している姿を見ると、ここは口を閉じた方が良いのか迷います笑フレーズを書き終えたらシーリングタイム。好きな色のシールを選んでいただき、溶かしていきました。作品大集合!!皆さま、本番用紙に直接!きれいに書かれていました。素晴らしいです(*^-^*)続いてはお花のレッスン!使用した花材1. Pivoine2. Scabieuse3. Dicentra4. Graminées5. Framboisier6.Mentheこれこそパリスタイル♡♡♡何とも言えない空気感。この世界観が好きで、この目で見れてしまうとやっぱりやめられない。ありがとうHiromiさん・゜・。*このネームプレートは「ようこそ!」という気持ちを込めて参加者の方のお名前を書かせていただきました^^。仕込みをしてた押し花を添えて...♡文字の美しさってバランスだと思う今日この頃。Mixが絶対にかわいいっ!束ねたブーケにピックで留めて完成です・゜・。*ピンクのグラデーションが素敵!窓際にお花って似合います♪今こうして振り返っても、とても充実したレッスンでした。本当にありがとうございました・゜・。やっぱりパリって特別。かと言って、私は夢見る夢子と言うよりはかなり現実的な人間です。厳しい現実もこれでもかという程見てきたし、でもそれを他人にどうこういう事でもないと思うのです。自分でしっかり受け止めて、前を向いて歩い行くしかない。自らがパリを選んで、限りある人生を全うしているのだから。何気ない日常だけれど、今に集中することの大切さというか...その一瞬一瞬が既にかけがえのない宝物なんだということ。そんな話をHiromiさんとしていて、彼女との会話は共感する部分が多くて本当に勉強になります。だからこれからも自分のことを信じてやっていこう、そう思ったWSでもありました。感性を磨いて、直感を大切にしたい。その為に心と身体を鍛えて笑理想の世界を現実にしていきたいです(*^-^*)またやりたいな、♡

    • お久しぶりです

      ブログを始めてから、こんなに更新をお休みしてしまったのははじめてです(^^;)皆さまお元気でしたでしょうか?もう見てくださる方はいないかもしれないと思いながらも真剣に、パソコンの前に座っています。やっていることは以前と変わらないのですが、色々と忙しくなってきてしまいブログを書く時間の確保が難しかったというのが理由です。最近のパリは暑くて暑くて、もうヴァカンスに行った方が良いのでは...と毎日のように思う日々です。年中暑い国の人たちは、どうやってモチヴェーションを保っているのか気になります。度を越えると人の気持ちというのは緩んできますね( ̄д ̄)いやーでも、頑張ろう!近況報告ですが...カリグラフィーのレッスンも続けてやっていて、週に1回のアトリエに通って学んでいるということも変わっていません^^。まだ記事にしてないレッスンはブログに書こうと思っているのでその時はよろしくお願いいたします。今はバタルド・イタリエンヌというイタリアの書体を勉強しています♪乗馬も6月最後の週でヴァカンスに入り、9月から4年目に突入!1年に40鞍なので、単純計算すると120鞍。その他旅行先やstageなど合わせると140鞍ほどになります。6月の中旬に【Galop3】のテストに挑戦をして無事に合格いたしました。実技と筆記....どちらも大変でしたが、チャンスはそんなにないと髪を振り乱して頑張りました。実技の試験中、ムチを思いっきり入れたら馬が暴れてかなり派手に落馬をするというアクシデントもあり...(*_*) (今年初の落馬がテスト中だなんて)興奮していたのもあってすぐに立て直したのですが、正直痛かったです...涙テスト受験者の中で日本人は私だけでしたが、ここまで来るとフランス語がどうとかいう問題ではなくなってきます。どれだけ理解をしているかを確かめるのがテストなので、引け目を感じることはもうありません。強くなりました。乗馬に関しては別でブログを作りたいほど内容が濃く、得に今年は先生♀が本当に良くて、(厳しくて笑)乗馬は優雅な趣味ではなく本気のスポーツなんだということを身に染みて感じた1年でした。来年も同じ先生に習いたいと、来年度の申し込みもしました。厳しいけれどかわいい先生なので、毎週楽しみなんです(*^-^*)♡ヨガも地味に続けていて、自分でプラティケしながらも今はパリのとあるスタジオでヨガを教えています。それまではカリグラフィーだけだったのが、ヨガが入って、カリグラフィーを教えてからヨガを教えに行くというのをかれこれ1年近くしています。(まさに去年の今日、ヨガの講師養成講座の最終日でした。あんなに不安だったのに、今日もヨガの仕事があって、何だかんだで充実していてこの1年も全力で駆け抜けました。2足のわらじを履くのは簡単ではないけれど、流れに乗るというのは大切な事で。そうすると思いもしないチャンスがやってきたりして、そんな楽しみ方も悪くないなと思っています^^)最近その2つの速度が加速してきて、常にブログのことは頭にあったのですが...(>_<)アウトプットがずっと続くと、バランスを取ろうとして行動が変わって来ます。だから自然に任せてというか、気持ちが乗るまで日々のことをこなしていた感じです。ようやくバランスが戻ってきて今ブログを書いています。久しぶりのブログ、書きたいことが沢山あります。6月1日の花とカリグラフィーのWSのことや書道師範の結果のこと、最近のレッスンのこと。やっぱりブログに書き残したいと思って♡花とカリグラフィーのWS写真一部↓↓この日使用した植物リスト♡植物図鑑をイメージして、レッスン後に撮影しました(*^^*)いつか冊子にまとめたいなぁ♡やっぱり好き!!!!これからも好きな世界を追求していきたいです(*^^*)

      12
      2
      テーマ:
  • 11May
    • 日本製のカリグラフィーペン

      日本で見つけたMade in Japanのペン軸とペン先。上: ZEBRA PEN中: Tachikawa T-25下: NIKKO N-20左: NIKKO スクールペン No.5右: 日光 N-丸ペン N659-2差し込み口はこんな感じ。左と右のペン軸は、それ自体に切り込みが入っていました。私がいつも使っているものは、金属が仕込まれているものなのでこのタイプははじめて(*^^*)真ん中のペン軸はプラスティック。2重になっているのでどちらのペン先も入ります。左: ZEBRA PEN中: Tachikawa T-25右: NIKKO N-20左: 【ペン軸】 ZEBRA PEN 【ペン先】NIKKO スクールペン No.5右: 【ペン軸】 NIKKO N-20 【ペン先】 日光 N-丸ペン N659-2Tachikawaのペン軸は 日光のN659-2 も スクールペンNo.5 もどちらも入ります!画像は日光のN659-2 をセットしたところ♪実際に使ってみたけれどすごく書きやすい!両方とも固めで開きが少ないので、皆さんが思い描いているようなカリグラフィー特有の強弱のある線を書くことは出来ませんが、私が持っているどのペン先よりも繊細な線が書けて引っ掛かりがないので気に入りました(*^^*)相性の良い書体を探すのが今の楽しみです♪日本滞在の思い出にと思って、何気なく購入したのですが普段から活躍しそうで嬉しい!良い買い物ができました(*^-^*)

      18
      2
      テーマ:
  • 10May
    • 押し花が大活躍♪

      お花とカリグラフィーってやっぱり合います♡ちょっとヴィンテージっぽい雰囲気にしたい時はもちろん、クラシカルな文字とドライのお花の組み合わせは一瞬時が止まったかのように、はっとさせられる何とも言えない魅力があります。先日のプライベートレッスンでも使いました(*^-^*)実家(日本)のビオラを押し花に。1週間でこのくらいになります。(フランスでやったらもっと早くできるのかな?)専用の紙を使ったり、紙を交換するということはしていません(^^ゞ色が抜けたり、変わったり...ということも、今のところありません♪もともとがこれ。水分が抜けるともっと小さくなります^^。押し花はすぐには出来ないので、作ってストックしておくと便利です(*^-^*)かわいい♡ってちょっと心躍る瞬間。小さな幸せの積み重ね^^。

      12
      テーマ:
  • 09May
    • 【Parisスタイル】花とカリグラフィーWSのお知らせ♡

      今年もParisで@le__magnoliaオーナーのヒロミさん@romietfleurとコラボレッスンを開催させていただくことになりました(*^^*)初のコラボレッスンから1年が経とうとしています。あれから月日が経って、お互いに状況が目紛しく変化して、ぐんと成長した今、またコラボレッスンができることを本当に嬉しく思っています。どんなことも、続けるってそう簡単なことではないと思います。こうしてまた企画ができたこと。今年は2人でどんなレッスンができるのだろう…今から本当に楽しみです♪【テーマ】花とカリグラフィーを丁寧に楽しむ【日時】6月1日(金)10時〜12時半(2時間半)●季節を感じるお花を使ったブーケレッスン 1時間●フレンチ書体でさらりとポエムを…カリグラフィーレッスン 1時間【レッスン料】110ユーロ※お茶、お菓子付き【レッスン場所】パリ8区・凱旋門近く【定員】4〜5名 《申し込み開始日》5月10日(木)日本時間21時〜フランス時間14時〜私のインスタ@sawagraphyかお花を担当してくださるヒロミさんのインスタ@le__magnoliaのDMにて募集いたします!※お申し込み順にご案内させていただきます。ご参加お待ちしております♡

  • 06May
    • 母の日カード2018

      5月13日(日)は母の日ですね(*^^*)(フランスは5月27日(日)です!)今年は渋谷区神宮前にブティックをを構える花宴(hanano-en)さんから母の日カードのオーダーをいただきました^^。3種類のカードを紙の素材、書体を少しずつ変えながら書かせていただきました!母の日のカードを書くのが夢だったから本当に嬉しいです(^^♪皆さんに喜んでもらえるといいなぁ....♡お花とカリグラフィーって最高の組み合わせですよね♪花宴さんのブティックにお邪魔させていただいた時の写真♡癒されます(*^-^*)

      11
      2
      テーマ:

プロフィール

sawa

お住まいの地域:
海外
自己紹介:
「フランスに住んでみたい」 いつの日からか、そんな思いを抱きながら仕事をするようになりました。 ...

続きを見る >

フォロー

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス