まず、神霊の世界は「モノ」ではない世界である。

 

とくに神や意識の世界が影響するものは「運」、つまりは「確率」だ。

 

そして、運や確率が「何の?」かというと、「現象化」する確率である。

 

 

 

 

この世界の理は、まあこんな感じだ。

 

「+1,+2,+3、−1,ー2,ー3」の面があるサイコロを思い浮かべて欲しい。

 

まあ、簡易的に「+」はなんか創造的な良いことで「ー」は破壊的なことでだいたいの人はネガティブに感じることだとおもってください。

 

 

 

で、

 

まずサイコロが目をだすためには、

 

必ず必要なことがあります。

 

それは「サイコロを振って、目を出すこと」です。

 

 

 

これが私たち「人がすべき」ことになります。

 

「モノの世界」は私たちしか動かすことができないのです。

 

だから、突然にモノが飛び出してきたり、別のモノに変わってしまったりしないのです。

 

 

 

たとえば、

 

「+3」のサイコロの目が出る確率がすごく上がっているとします。

1/2になっているとしましょう。

 

でもそのときに、サイコロを誰かが振らないと、そもそも+3の目は出ません。

 

 

 

あと、一度サイコロを振って、別の目が出てしまったとします。

 

そのときにもう一度振りさえすれば「+3」の目が出るのに、

 

やめてしまえば出ませんね。

 

 

 

1/2という確率はあまりに高いものですが、

 

「+」の出現する確率がせっかく高くなっているのに、

 

サイコロを振らなければ、良い目に出会うことがなくなってしまうかもしれません。

 

 

 

だから私達は、

 

「たくさんの人と出会い、やれることをとにかくたくさんやってみる」

 

という必要があります。

 

「マッシブ・アクション」が必要です。

 

 

 

でも、運が悪い時にマッシブ・アクションをすれば、

 

悪い目ばかりが出てしまいます。

 

そりゃ、いつかは良い目もでるかもしれませんが、

 

その前に精魂尽き果ててしまうかもしれません。

 

あまり効率が良いとは思えませんね。

 

 

 

 

で、話は「確率」に戻って、

 

この世界の確率はおそらく+とー、それぞれ1/2で、結局「±0」です。

 

ただ、ここで私達によって重要なのは、

 

私たち人間の寿命は「有限」である、ということです。

 

 

 

たとえば、私の人生が100年あるとして、

 

「100年での+ーの確率」を取ろうとすると、1/2で合計+ーで「±0」になってしまいます。

 

でも、

 

「100年」で確率を取る必要があるのか?という問題です。

 

 

 

たとえば、サイコロは1度だけ振ってそれで終わってしまえば、それぞれの目が1/6ずつ出ることはありません。

 

「+3」が出れば、その「ゲーム」は+3なのです。

 

 

 

サイコロは数をたくさん振れば降るほどそれぞれの目の出現率は1/6に近づき、

 

上記のサイコロなら+とーは1/2に近づいていきます。

 

 

 

でも、目の出現率には必ず「波」があり、

 

「+」が続いて出るときもあれば、「ー」が続くときもあります。

 

サイコロを2000回振って、はじめに+だけ1000回出ても、その後にーが1000回出るのでOK、「1/2」だよね・・・というのが、

 

現実的に、この世界を支配している法則なのです。

 

 

 

しかし、

 

2000回振る予定で、はじめの1000回で+ばかりが出て、

 

それでサイコロを振るのをやめてしまえば、

 

そのゲームは「+」ばかりになります。

 

 

 

この2000回を振る予定があり、

 

そこで「はじめの方に+を持ってくる」というのが、

 

神や潜在意識などの働きで可能なことなのです。

 

 

 

2000回予定しておいて、

 

1000回でうまく人生の有限期間が終わってしまえば、

 

その人の人生は+ばかり、ということになりますね。

 

 

 

実際、ギャンブルでは「ツキ」があって、「勝っているうちに止めてしまう」のが勝利の方程式と言います。

 

だからこそ、本来は意図的に「(勝利の)確率に偏り」が(親に)あるはずのテーブルで、

 

勝ち続けるギャンブラーというのが存在するわけです。

 

 

 

あと、「物理的」で「線形的」で「実体のある」の私たちの人生には

 

「順序」というものが存在します。

 

人生のはじめの方で「成果」を出した人と、

 

人生の終わりの方で「成果」を出した人では、

 

できることが変わってきてしまいます。

 

 

 

物事の発生する確率が同じでも、

 

良い運のときに「できること」が大きい人の方が、

 

「大きい現象」を発生させられます。

 

なので、「+」が人生のはじめの方にまず集中的に起こった人は、物質的な意味では得なのです。

 

 

 

他の問題は、

 

上記の例でいう

 

「2000回振る予定」をどうやって決めるか・・・?

 

ということですが、

 

まあこれはまだはっきりしませんが、おそらく「意識」でなんとかなりそうです。(このあたりはとくに水口清一先生の仮説による)

 

ようするに、

 

「ここからここでひとまとまりね」と誰かが「決める」ことによって、

 

そこで+ーの確率が「±0」になるよう(普通のサイコロなら一つずつの目が1/6になるよう)辻褄が合うように「設定」される、ということです。

 

 

 

2000回を、「私一人」で振らなくても、

 

5人で振ることにしてもいいかもしれません。

 

私だけは1000回振って、私のところでは「+」がたくさん出ますが、

 

他の4人・・・ある人のところでは「ー」がとくにたくさん出て、

 

5人合わせて「±0」です。

 

でも、世界は実際にはたぶんこんな感じです。

 

 

 

総論として、

 

私たちは、

 

ただやみくもに行動するばかりでもダメで、

 

ラッキーなことを願ってばかりでもダメ、

 

ということになります。

 

 

 

「良いことが起こる確率=運を上げることをする」

 

と同時に、

 

「たくさんの人と出会い、できることを可能な限りいっぱいする」ことで、

 

『良いことがいっぱい起こる』という結果(=現象)を生きられるようになる、

 

ということですね。

 

 

 

テキストで記述するのは限界があるので、

 

なんとなくダラっと書いてみました★

 

 

 

PS.

ちなみに

 

「運命」

「宿命」

 

というものがあるようです。

 

 

 

上の話は

 

「運命」の話なので、

 

こっちは変更できるようです。

 

「運命」=「あなたはこれこれに関してこういう確率を持っている」

 

ということです。

 

 

 

「宿命」というのは、

 

基本的に変えられないと古代から思われていたようです。

 

「宿」なので、

 

「宿」をどうにか変えてしまえば変えられるんちゃうか?

 

というところですが、

 

誕生日・・・とかになってくるのかな?

 

そうなると、生まれるときから変えないといけないので、たしかにあとからは無理そうです。

 

・・・・で「帝王切開」・・・ということになってきたんでしょうねえ。。。

 

 

 

 

独り者と家族持ちの心理学

テーマ:

徒然と書く。

 

独り者またはパートナー持ちだけの人(Aとする)と、

 

子供を持った人(Bとする)とは、

 

必要とする心理学が違う。

 

 

 

独り者またはパートナー持ちは、

 

「自己実現または自己解放」の心理学で良いが、

 

子供がいる場合には、それは十分には可能ではない。

 

 

 

パートナー持ちは、

 

本当の責任関係にはないので、

 

実質独身者とあまり変わらない。

 

あくまで「大人と大人」の関係である。

 

 

 

AとB、なにが違うか、というと、

 

子供は100%、親(または保護者)に依存しているからだ。

 

 

 

親は必ず、

 

自分の人生の幾分かを、

 

こどものために使わないといけない。

 

 

 

自分の時間、お金、エネルギーといった資源は、

 

確実にこどもに使われる。

 

自分で使えていた資源は、

 

一人では使えなくなる。

 

 

 

こどもの一生に親の行動、親が与えたものは深く関与するから、

 

自分で考えて行動できる大人を相手にするときのように、

 

「私がどうしようとあなたの人生を決めるのはアナタ」

 

というわけにはいかない。

 

 

 

たとえば一人なら、

 

自分が好きなことに全財産をつぎ込んで、

 

あとは車で生活して、パンの耳で暮らしていく・・・ということも可能だが、

 

子供がいたらそうはいかない。

 

 

 

まあ、実際にそれを極端にやってる人はいて、

 

ようするに・・・いわゆる「虐待」をしている人なのだが。

 

ただ「やりたいことをやっていて」はいけない、のが子育てなのだ。

 

しかも、自分が「望まないタイミング」であっても躊躇なく。

 

 

 

このAとBの違いは、

 

本質的に大変に大きなものだ。

 

それゆえに、

 

まあ、「自己実現」や「個人主義」が猛威を振るう先進国では、

 

「少子化」が進んでいるわけだ。

 

 

 

「自己実現」は子供を減らす。

 

これは間違いがないといっていい。

 

 

 

ときに、自己実現の「優先度」的に、

 

「こどもがいる家族を持つ」

 

という意識が高い人の場合は問題ないが、

 

それ以外の場合は、基本的に子供は自己実現の「重荷」にしかならない。

 

 

 

「じゃあ、子供なんていらないじゃん」

 

と思うのがある種ロジカルではあるけれど、

 

いつも「未来」を運んでくるのは子供であり、

 

希望を運んでくるのは子供だ。

 

 

 

批判を覚悟でいうが、

 

子供を産まない人たちに未来はない。

(※1: なお、あくまで「集合的」に捉えることが大事で、個人個人に対して考えるべき問題ではありません。)

 

 

 

これは「不都合」かもしれないが、単純で揺らがない「自然の摂理」、現実だ。

 

ウ◯コをしなかったらお腹が痛くなって発生したガスが体中に回って最後には死んでしまうようなことと・・・なにも変わらない、極めて単純なこと。

(この例えも、たぶん怒られるんだろうな。苦笑 「どんなに面倒とか、したくないとか考えようとも」・・・という意味であえて。)

 

 

 

しかし、心理学は、個人主義の国で誕生したためであろうが、

 

家族持ちのため(家族を持つことを優先とした考えたをベースとした)の心理学、

 

というのは存在しないんだ、これが。

(旧体制の精神論的なものは残ってるが)

 

 

 

自己を犠牲にすること、

 

自分を抑えること、

 

自分ではなく「家族」という単位で考えて行動することなど、

 

それは決して「悪いこと」でも、「抑圧的なこと」でもないんだよ。

 

と僕は声を大にして言いたい。

 

 

 

それはただ、ぜんぜんきちんと欧米で研究されていないだけなんだ。

 

 

 

なんでこんなことをわざわざ書いているか、というと、

子育てをしている親が迷っているからである。

「自己実現」がメディアで流れるほど、

本来は尊い仕事をしているはずの子育てをしている親たちが自分のやっていることについて、自分の人生について悩むからだ。

 

子育てはあちこちで「邪魔モノ」扱いされ、

自己実現はただひたすらにもてはやされる。

 

日本社会でニグレクトなどの虐待が増えているのは、

間違いなく「自己実現」「自己解放」がひたすらに強調されることの悪しき側面だ。

 

子育て者が、

自分を抑え、自分を犠牲にしていることは、

子どもを産まなかった/産めなかった人を含めての「必ず訪れる未来」への、尊い貢献であることを決しては忘れてはいけない。

 

自己実現/自己解放は、決して「影なき太陽」ではない。

 

子育て支援は「社会福祉」ではない。

私たち未来に生きているすべての人への「投資」だ。

 

 

 

(※2:なお、この考えは、木全慎也個人一人のみに属するものであって、その周りの友人知人家族一切で共有・理解されているものではありません。)

僕としては、
今の世の中のほとんどの人が、
普通に考えること、
つまりは「自然に基づいて考えること」ができなくなっていると思う。

自然とは、
要は科学的でもあるのだが、
科学でさえも、
理想主義的でポリティカルに正しい発表しかできなかったりするので、
歪められているように思いますね。


例えば、
この世界というのは、
やはり「力」というものはとても大きいものとして働いている。

だから、平和で、争いのない世界を作るなら、
やはり何らかの「力」を持たないといけない。


と、ここで、
「力を持たないといけない。」とか書くと、
「おっ、キマさんは憲法9条反対派か?!」
とか
「なんかええこというてるけど、結局パワー主義なんか」
とか考える人が出てくるわけだけども、

僕が言いたいのは、
「力」は必要だとして、
では平和を作り出したり、
自分たちが幸せに暮らせるため、
「そもそも力って何よ?」
と考えることを問いたい。

例えば僕らが毎日生活しているなかで、
平和な生活を守ってるものは何かと考える。

もちろんそこにはいろいろな「力」が働いてるわけで、
お金の力もあれば、暴力の力もあるし、、、ということですが、
それだけ?
ではないよね。

例えば、仲間がいる力とか、カリスマ性とか。

ようは「力」って、
「他人への影響力」
なんだよね。

僕が思うには、
人というのは、自分たちが一緒にいて、
助けてくれて、
楽しくて、
自分を大事にしてくれる人
なんかは、やっぱり幸せに平和に生きられると思う。

そういう「人の繋がりをもつ力」ってのもある。

じゃあ、それを国家戦略・防衛に役立てようぜ!
って考えだってあると思うんですよね。

例えば、
国軍とかではなくて、
国で外国へのボランティア団体を持つ。
で、徴兵ならぬ、「徴ボランティア」をして、
人生の何年かは他国の人を助けることをしなければいけないわけだ。

もちろん危ない地域もあるから、
彼らを守るために、自衛隊が派遣されることもあるだろうね。

そうやって、世界中の国の人を積極的に助け、繋がっていくって戦略を立てれば、
日本という国の防衛になると思うんだよね。

軍事兵器に使われるお金を考えたら、
多少贅沢な感じで海外でボランティアすることもできるだろうし。

そもそも、人を助けることがどうみても比較的好きな日本人には合う「戦略」であると思える。
国際的な視野も広がるし、コミュニケーション能力も上がる。
生きる目的だって、見つかる人がいっぱい生まれるだろう。
だって、そこで目の前に広がるのは、
「不都合な現実」
なんだもの。



このやり方がうまくいくかどうかは別として、
そもそも実際にやって見る前から判断しても仕方ないんだけども、

こうやってもっと普通に、
基本のところから考え直す時期に来てると思うのです。