家族のグループラインで毎日誰かから日常の面白かったことが回ってきます。

 

ライちゃんのギャン泣き保育園初登園や、公園で桜の花びらを追いかけるひいちゃん。最近特に面白かったのが、

 

ファンタジーすぎるレン君!

ママとの会話が面白いです。

 

  サンタさん編サンタ

サンタさんを信じているレン君(信じていることにびっくり爆  笑

 

レン君「ママ、サンタさんて何歳まで来てくれるの?」

ママ「レン君がサンタさんを信じてる限り来てくれるんじゃない?」

レン君「いやいやいや~!!

    そんなに甘くないでしょ!!

    そんなに甘いこと言っているのはママくらいだよ!

    グーグル先生で調べてみてよ!」

ママ「うん、分かった、調べておくね。」

 

安心したレン君は、結果を質問してこないそうです。

 

 

  ハリー・ポッター編オーナメント乙女のトキメキ

このところ、ハリー・ポッターに夢中で、DVD全巻を見ているレン君。

とうとう10周目に突入しました。

 

先日ママとハリー・ポッタースタジオツアー(旧としまえん)に行き、魔法を体験してきたレン君は、その後から、自分を人間と魔法使いの半純血と思い込んでいるようです。

 

レン君「オレはマグル(人間)じゃないでしょ?」

ママ「レン君はマグルでしょ?」

レン君「オレはハリー・ポッターのところで魔法の練習して使えるようになったか          ら、半純血だよ!」

ママ「そうなんだ。(笑い)」

レン君「あとはパパがハリー・ポッターのところに行けば、オレは純血になるんだけ      

    どな…えー

ママ「いつか純血になれる日がきたらいいね」

  

        魔法学校のレン君       

 

ママのコメント「3年生になっても激かわです!」

 

 

早く純血になれる日がくるといいね! 応援しているよチョキラブラブ

ママがひいちゃんを叱っているとき、

 

どうも、ひいちゃんは頭の中をフリーズさせて、

よく聞いていないようだと言っていました。

 

今日もまたひいちゃんが危ないことをしていたので、注意をしたら、

「ハイ!」「ハイ!」という返事が返ってきました。

 

ママは、なんだかまたフリーズして聞いているなと思ったけど、

「分かった?」

「うん」で終わりにしました。

 

するとフリーズから戻ったひいちゃんが

「ねぇ ママ、これって怒ってたの??

「そうだよ」

「よかったルンルン ハイ! って言っといてウシシ

 

やっぱり都合が悪いことは、フリーズ&適当でした爆  笑

 

5歳児ひいちゃん、今日もマイペースです。

 

            

 

2年生のレン君。

今の興味はゲーム、ユーチューブ、ローラースケート、料理 カレーショートケーキ

自分が夢中になれることはとことん追求するタイプです。

 

ただ、レン君は学校が苦手。

友達関係も良好だし、学校に特に問題があるわけでもありません。

でも、勉強は好きではないようで、字はくしゃくしゃなことが多くて、先生からノートに「?」を書かれています。

 

そんな状態なので、ママの仕事が休みの時はお腹が痛くなる確率がとても高くなって「学校休む」となります。

ママもどうしたらいいのか困っていました。

 

先日、小学生向けの通信教育の更新をしたほうがいいのか、ママがレン君に聞きました。

その時レン君は「なんでお勉強しなくちゃいけないの?」とママに質問しました。

 

ママはレン君が大好きなゲームに例えて、

「お勉強をするのは自分の人生のHP(ヒットポイント・ゲームのキャラクターが持つ体力の数値)を獲得するためにするんだよ。いろんな勉強をいっぱいしたらいろんな使えるアイテムも増えるし、HPも上がるでしょ。それに経験値も上がるから、自分の人生の問題にぶつかったときに使える体力もアイテムも経験値もたくあることになると思うんだ。」

 

レン君は「そうか」と納得した様子でした。

 

お風呂に入っているときにレン君がママに

「ママ、勉強をしたら俺のHPやアイテムが増えるってことだよね。

つまり勉強をどんどんやって倒していくっていうこと?」言いました。

 

ママは「倒していくよりは味方につけて、レン君が使えることを増やしていくんだよ」

 

レン君「ふ~ん。お勉強をどんどんやんないとHPとか経験値が上がらないっていうことでしょ。

どんどんやんないと、下がることもあるよね。」

 

この話をした翌日から「俺、HP取ってくる」と言って学校に行くようになりました 爆  笑

ノートも漢字も見違えるようにきれいに書くようになりました。

 

勉強に意味を見出せなかったレン君に「やる気スイッチ」が入りました。

 

学校の勉強も通信の勉強も自分から進んでやるようになっているそうです。

前は見せたがらなかったノートや教材も「ママ、これで大丈夫?」って聞くようになってきました。

 

「やる気スイッチ」がパチンと入ったレン君、HPやアイテムを獲得して、経験値をたくさん上げていってね。

 

                                                            

                                                                                   ニコちゃんとお散歩