第4セクターの乗りバス・乗船日記

第4セクターの乗りバス・乗船日記

大型時刻表に掲載されている、全ての地上・海上を走る乗り物の完乗を目指している第4セクターの記録です。

第4セクターへの質問・問い合わせ・意見などは、
dai4sekuta@gmail.com まで。

っということでございまして、日本最東端の根室市に本社を構える根室交通には、期間限定ではありますが、日本最東端の定期観光バスが走っています。

その名も「のさっぷ号」

本数が少ない花咲線に接続させての、絶妙なダイヤと的を得た観光地のチョイスが見どころなのかな?。

っということで、9月の某日に乗車してきた次第で。


釧路駅を朝一で出る快速列車に乗っかってやってきたのは、根室駅前にある根室交通バスターミナル。

発券場所では案内板を持ったガイドさんがお出迎え、こちらで乗車券を購入して乗車開始。

花咲線に乗車していた観光客らしい方々は殆ど乗車・・・、まあ10人程度ではありますが。

明治公園に寄ってから、まずは根室市最大の観光地納沙布岬に向かいます。

ここまでくれば全てのものが最東端となるわけでして・・・、ゴルフ場・乗馬クラブ・郵便局等々、ここが日本最東端ですよとの、ガイドさんの案内を聞きつつ納沙布岬に到着。

ガイドさん曰く、国後島まで見えるのは珍しいとのこと、お客さんたちは運が良いですと強調しておられましたww。

まあここまで来たら、最東端コレクション。

駐在所

電話ボックス

バス停

バス待合所

納沙布岬を後にして、北方原生花園を見学

時期が外れているので、荒涼とした草地だけです・・・。

で、金刀比羅神社にお参りしてから午前コースは終了。

引き続き午後の部スタート。

なぜか小学校の敷地内にある、歴史と自然の資料館を見学後、特別天然記念物の車石へ。

根室市の中学生が遠足に来ていたんですが、根室の中学校では基本的には学校内でもジャージだそうで・・・、制服を着る機会ってあんまりないそだそうで。

お昼は道の駅スワン44にて、エスカロップをば。

 

ネイチャーセンターで学芸員さんの案内を聞きつつ、野鳥の観察をしたり、北方四島交流センターで北方領土の勉強をしてから根室駅に戻ってまいりました。

 

利用状況ですが、北海道胆振東部地震で花咲線が不通な時は、乗客0でしたが、全体的にはそれなりに乗車しているそうです。

午前コースの方が人気が高く、午後はイマイチなんですけど、根室の魅力は午後の方があるはずなんですけどね・・・、やはり最東端というキーワードは強力なのかな?、とはガイドさんの弁。

 

まあ午前コースは、路線バスで単純に納沙布岬を往復するより安価で、さらにガイドさん付きというものすごくお得感が強いコースですし、午後まで入れても2500円という格安で、根室交通頑張っているな?、てきな感じですね。

なにより、本数の少ない鉄道に接続させてこれだけのコースを作った根室交通さんは凄いですし、このコースを公共交通機関で回ろうと思ったら不可能ですし、公共交通機関がなくなりつつある地方都市で、定期観光バスを活用して観光客に満足してもらえる良い例かと感じました。

まあ正直、根室市は宿泊施設が乏しいですから、いかに道東の主要都市釧路からお客を引っ張ってくるか?、といった命題があるわけで、そういった面からも「のさっぷ号」はそれなりの成果を上げているのではないかと考えています。

 

っということでございまして、ウィラーの飯バス・・・、もといレストランバスも第5弾になりますね。

たしか保有していたキングは7台だったはずですから、ボチボチ打ち止めのはずなんですけどねw。

まあどんな感じかというのは、動画でも見てください、自分が書くより専門の方が語ったほうがわかりやすいと思いますので。

 

 

では第4セクター何を書くのかと言いますと・・・

まずはこちらから。

 

燦然と輝く貸切表記。

なんとウィラーエクスプレスジャパンとして、貸切免許を取ったとのこと。

今までのレストランバスは、車両をレンタルしてレンタル先が運行会社に委託する(勿論運行先の選定にあたってはウィラーが助言を行いますが)のでしたが、今回は自ら運行するとのこと。

エクスプレスの平山社長を捕まえて、委託運行先が確保できなかったのかと聞いてみますと・・・(大概失礼な質問ですが

「今回は新木場ベースの社食の調理場で調理を行って、バスに料理を積み込むので、自社で完結できるため自社運行とした」

とのこと。

さらに追い打ちをかける様に、

「ウィラーは鳩さんを目指すのですか?」

と聞いてみると・・・

「いやいや、鳩さんとか口に出すのもおこがましい、先ずは地道にやっていくだけです」

との回答がww。

まあ正直言って、車両レンタルではそれなりにリスクを回避できていたのですが、今回は直接リスクをとって来たな・・・、それなりに勝算があるからこそ自社運行になったのでは?、なんて自分は思いました。

もちろんインバウンド客を目当てにしているわけですが、女子会やちょっとした宴会の需要もあるようで・・・、20人分の運賃を払えば貸し切り運行も可能だそうですよ。

まあ、こんな料理が出ますなんてお約束な画像を貼っておいて、自分が目に付いたのはこちら。

料理と一緒に青い機械が写っていますが、こちらは多言語案内システムの端末になります。

で、本体はと言いますと・・・

こちら。

北海道中央バスの多言語案内システムは、ガイドさんが周囲を見ながらスイッチを押して案内放送を流すものでしたが、ウィラーのシステムはGPSの位置情報を利用して、この交差点に差し掛かったら放送が流れるように制御されているとか。

今はレストランバスのみですが、将来的にはウィラー高速バス車両に水平展開をしていくとのことです。

 

現在道東に出張中の車両が帰ってきて、2台運行体制となります。

リスクを取って運行を開始した東京レストランバス、ウィラーの販売力が問われるものと愚行する次第です。

 

っということでございまして、基本的に飛行機が苦手な第4セクターでございます。

まあ苦手と言いつつも、休日時間の有効活用の観点からも、飛行機に搭乗しなくてはいけない場合があるわけでして。

飛行機の機内って、妙に静かですよね・・・

あれって、乗客の皆さんも自分と同じように、万が一の恐怖と戦っているために無口になるのかな??、なんて勝手に解釈しているわけですがww。

閑話休題。

さて、定期観光バスが本業の、はとバスさんとは比べ物になりませんが、地場の路線バスや高速バスを運行している、総合バス会社と言っていい北海道中央バスは、妙に定期観光バスが充実した会社になっています・・・、というか、今となっては唯一といって言い、たくさんのコースを取りそろえた運行会社です。

その数なんと22コース。

ほんと専業のはとバスさんも真っ青な数になっています。

ってなわけでして、表題の通り、午前観光のCコースに乗車してきた次第で。

っと、何故に中央バスの定期観光バスを指名したかと言いますと・・・、案内パンフレットに、多言語案内システム搭載との文字が、実際どんなもんなのか見てみたい欲求に勝つことができず、ちょっとスイーツライナーと絡めて乗車機会を作った次第で。

では、乗車したバスはこちら。

定期観光バス専用車っすか・・・。

中央バスさん、力入れすぎでしょうww。

入れすぎといったら・・・

札幌駅の定期観光バス発券所も、力が入っています。

係員さんは、英語・中国語が操れるようで、どんなお客さんも笑顔で対応、それだけのスキルを持った人材を配置している中央バスさん、ある意味凄すぎです。

車両の中はといいますと・・・

オーディオシステムが備え付けられており英語・韓国語・中国語・日本語の案内が流れるもので、同乗したガイドさんが、景色と案内がずれない様にスイッチを入り切りしつつ案内放送を流していくスタイル。

基本的には日本語案内でタイミングを計っているせいか、英語だとちょっと案内がズレてしまうのはご愛嬌というか、英語だと相当細かい解説をしているので、なかなか放送が終わらないという罠が・・・。

 

コース的には、

○○と煙は高いところに上りたがるので、大倉山ジャンプ台の最上段に上がってみたり、

羊ケ丘で羊と戯れたり・・・、てな、マッタリしたコースとなっています。

 

しかし、いくら観光地とはいえ、これだけのコースを設定できる中央バスさんの企画力には恐れいいります。

まあざっと見た感じですが、インバン率は半分強くらいかな?。

意外と東南アジア系が多いのには、驚かされました。

 

インバンへの案内も相当工夫してますし、何よりガイドさんの手元には、中国語や韓国語以外の言語で書かれた紙があり、インドネシアやタイの人に対しては、これらの紙を見せて案内するんだろうな・・・、なんて思います。

現状インバウンド向けでは、これ以上どうしたら良いのよ?、状態な中央バスですね。

さて、定期観光バスの雄、はとバスさんはどのような対応をしているのか、がぜん興味が出てきた第4セクターでございます。

 

 

 

昨日あたりから、朝晩を中心に涼しくなってきましたね。

しかし今年の夏の暑かったことと言ったら・・・。

勤務先では体調を崩してしまった人が続出して、ちょっと困ってしまっていたりします。

 

さて暑い盛りの休日に運行されていたのが、しずてつジャストラインが運行する定期観光バス「しぞ~か満喫コース」です。

今年の4月にコースをリニューアルして、静岡市内の名所を早回りしてしまおうと、結構欲張ったコース設定になっています。

で、暑い盛りの8月上旬にやってきたのは静岡駅前・・・。

定期観光バス専用のバス停が設置されているのは、ポイント高し。

発車オーライネットで予約をして、案内所で乗車券を購入するといったスタイルで乗車。

乗車したバスはこちら。

元ジャストラインの高速車を定期観光バス専用にリファインしたもの。

料金箱は撤去されていますが、車内トイレとUSB電源が付くという、定期観光バスとは思えない豪華な内装。

6月より、さくらももこ先生オリジナルのラッピングを纏っての運行となっています。

ちなみにイラストは、版権の関係でちびまる子ちゃんではないそうです。

浜松からいらしたという初老の女性と第4セクターとの二人旅となりまして・・・、これにガイドさんと運転士さんが付くのですから、本当に大名旅行気分ですww。

まず向かったのは日本平、そこからロープウェイで久能山へ向かいます。

定期観光バスの注意書きにもあるんですが、とにかく久能山は階段地獄。

また階段の一段一段が30cm位あってキツイノなんの・・・。

そのあと、お茶摘み体験をしてから、由比さくらエビ館で昼食。

さくらエビ丼、真面目においしいです。

で、由比の街中を散策したり、広重美術館によったりしてから

興津の清見寺を見学。

ガイドさんが一対一で案内してくれて、静岡にこんな穴場な観光スポットがあったのか・・・、なんて感心してしまうほどの場所です。

二階の大広間で、日がな一日読書をしていたいですね・・・。

てなわけで、簡単なこーすの紹介となりました。

 

さて、4月にコースをリニューアルしたそうですが、なかなか客足が伸びていないそうです。

もともと定期観光バス自体を休止しようかとの話が社内で出ていたそうですが、三保の松原が世界遺産の構成資産として認定されたことにより利用客が激増して、なんとか命脈を保ったとの経緯があったそうです。

ではなんでそれだけ人気で知名度もある三保の松原」をコースから外したかといいますと・・・

三保の松原自体集客力が落ちてきているとともに、松林保全の観点から、松林近くの大型バス駐車場が利用できなくなり、約1km離れた場所にバスを停めなくてはならなくなり、乗客が相当歩かなくてはならなくなってしまったので、一旦中止にしようと相成ったそうです。

まあ、久能山での階段地獄もありますからね・・・、体力を使うコースであるんですけどね・・・。

 

基本的に言って、定期観光バスはお年寄りの利用が多い感じですから、コース設定にもいろいろ大変さがあるんだな、なんて思った次第。

 

最近定期観光バスは減少気味ですから、ジャストラインさんには、ぜひとも踏ん張ってもらいたいものです。

 

 

まあ正直言って、寛一・お宮と言われて=金色夜叉と想像できるのが何人いるか疑問なんですが・・・。

尾崎紅葉先生の名作金色夜叉の主人公から名前をもらった、伊豆箱根バスの定期観光バス「寛一号」「お宮号」、午前発午後発と名前が違ているだけで、コース自体は全く一緒です。

 

ってなわけで、熱海駅前第一ビルにある伊豆箱根バス案内所に集合してから、ガイドさんに先導されてバスに向かったわけでして。

乗車したバスはこちら。


 


当たり前の話なんですが、定期観光バスって乗合バスなんですよ、乗客一人でも運行するという、場合によっては自分専属のガイドさんと運転士さんとで大名観光ができる優れものですよww

ちなみに乗車当日のお客は7人です。

まずは海岸線に降りて、一路好事家には人気スポット?、の後楽園に向かいます。

日本で一番短いロープウェイ熱海ロープウェイで、八幡山展望台に。

ロープウェイの往復運賃は定期観光バス運賃に含まれていますが。その上の日本唯一となった秘宝館の入場料は含まれていないので念のため。

景色と瓶コーラとソフトクリームを楽しんだ後は、パワースポットな来宮神社へ。

ここで定期観光バスの本領発揮、通常貸切バスは離れている大型車用駐車場に停めなくてはならないわけですが、伊豆箱根バスは来宮神社前に定期バスのバス停を持っているので、こちらで下車。

これまたちなみになんですが、姫乃沢公園には定期観光バスのみが停車するバス停が設置されています。

宮司さんが代替わりして、社務所の建て替え、積極的にSNSを活用する等、一時期落ち込んでいた参拝客が持ち直してきているとか・・・、とはガイドさんの説明。

落雁を頂いて、バスはけっこうヤバめな旧熱函道路を上がっていき、姫乃沢公園へ・・・。

まあこの時期正直見るものないですよね・・・。

ってなわけで、雨が酷くなってきたので姫乃沢公園はスルーして、十国峠へ。

が、到着直前に、落雷がありケーブルカーは運休となりまして・・・

ケーブルカーに乗車できないということで、団体運賃相当の返金を受けました。

定期観光バスって団体運賃扱いなんだ、7人しかいないのに・・・。

まあそんなこんなで、熱海駅に降りてきて、解散となったわけですが、定期観光バスってガイドさんのキャラクターに結構左右される所があるんだな?、なんて思った次第。

昔の社会科見学で乗った貸切バス的なノリで、ノスタルジーを感じる案内が良かったですね。

 

まだ数社の定期観光バスしか乗れていないので、何とも言えないところですが、数をこなしていけば何となくですがこれからの定期観光バスの活用方法が見えてくるのかもしれませんね。