橋本隆生(34歳)後編 | 虐待を受けて育った人が、色々やろうとしているブログ

虐待を受けて育った人が、色々やろうとしているブログ

僕は、父親と継母からの虐待を受けて育ちました。児童相談所や児童養護施設にも入りました。仕事が続かなくて沢山失敗もしました。そんな僕のこれまでの人生と、今後の取り組みについて書いています。

”自分が何者なのかを知りたい”
そんな思いで迷うことなく入塾を決めたのですが、
冷静に考えるとこの塾ってかなり胡散臭い。
ちょっとでも怪しい塾だったらすぐ辞めようと思いながら
半信半疑で通い始めましたが、
そんな不安は間もなく吹き飛びました。

そこでの講義内容はどれも新鮮で、
気が付くと夢中になって学んでいる自分がいました。
同じ塾に通う様々な志を持った仲間たちとの出会いもとても貴重でした。

塾に通い始めて3か月経ち、

学びも終盤に差し掛かってきたある日、
『自分年表作成講座』という講義がありました。

その講義は、自分の生い立ちを年表のような紙に書きだして、

最後に皆でそれぞれの生い立ちについてや、感想などをシェアするという内容です。

僕はそこで、初めて自分の生い立ちを紙に書き出すという体験をしました。
大人数の前で、生い立ちについてを細かく話したのも
おそらくこの時が初めてでした。

僕は成人以降くらいから、人に生い立ちを話すことは避けていました。
あまりにも普通とはかけ離れている僕の家庭環境の話を聞いたところで、
聞かされた人もどう答えていいか分からなくて、
困らせてしまうのではないかと思っていました。
かといって『かわいそう』だとか『それ分かるよ』などの
同情の言葉を掛けられるのも嫌でした。
『親を悪く言ったら駄目だよ~!』とか
『親は親なんだから感謝しなきゃ駄目だよ!』
などと言われて傷付くことも過去にありました。
あの家庭環境の何に感謝したらいいの??っていつも心で思っていました。

でも自分年表を作って、受講生に話をしたこの時の周りの反応は違いました。
『よくここまで立派な人間になられましたね。』
『生き延びてここまで来ることができて本当に良かったですね。』
などの言葉をみんなが掛けてくれました。
これまでにない反応に僕は正直戸惑いました。

その日、家に帰り改めて自分年表を眺めてみました。
素直に思ったのは、
”オレって本当に酷い家庭環境で育ったのに、
確かによくここまで生きてきたよなぁ…。”
と思いました。

家庭環境はもちろんのこと、
それ以外でも命の危険を感じるような出来事は、実は今まで結構あったのです。
それでも今…こうして生きている。

しばらくぼーっとそんなことを考えた後に、ふと思いました。

オレって…もしかして生きてきたのではなく、
”生かされてきた” のではないのか…?と。

でも…それは誰によって…?
 

そんな自問自答をしました。

僕は、亡くなった弟の隆(たかし)に生かされているのだと即座に思いました。

では何故、隆は僕を生かしてきたのか?
再び自分自身に問いかけました。
それもまた即座に思いました。

『虐待で僕のように命を落とす子どもを減らしてほしい』
 

たった4年でこの世を去った隆が、

僕に対してその思いに気付いて欲しくて、
ここまで僕を生かしてきてくれたのではないか、と思いました。


”そっか…そういうことか…。隆はここまでオレを守ってくれてたんだね…ありがとう。
これからは隆の思いと共に自分の力でしっかり生きていくよ。”


そして僕は、亡くなった弟の”隆”の字と
隆の思いと共に”生きる”という思いを込めて
橋本隆生という名で、このブログを書き始めました。

「橋本隆生」という名前について(過去の記事)

自分にできることなんてきっと本当に本当にちっぽけだ。
でも…それでも、できることを精一杯やりたい。
 

それが僕の命の使い方、使命であると信じて。

 

ここから橋本隆生の活動が始まりました。

 

⇒これまでの生い立ち

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎プロフィールや活動実績はこちらです

⇒橋本隆生について

 

◎虐待当事者による発信を目的としたグループです

internaReberty PROJECT(インタナリバティプロジェクト)

⇒Twitter

⇒Facebookページ

 

◎虐待当事者による傾聴を始めました

⇒詳しくはこちらをご確認ください

 

◎虐待当事者限定のLINEグループを作りました。
⇒ご興味がある方は、こちらからお問い合わせください

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆