飾らない凄味 | ご縁を頂いたすべての心やさしい人へ♪

ご縁を頂いたすべての心やさしい人へ♪

尾張の隠れ家的結婚相談所 愛知県一宮市 結婚相談 婚活サロン Harvestの婚活毒吐きブログです。しかし、婚活の話題少なし。


テーマ:

 

いつも読んで頂いてありがとうございます。

毎回読者登録、クリック連打、コメに感謝致します。

日毎に秋めいておりますが、今日は長くなりますが、名言あれこれにお付き合い下さい。

先日下記のネットニュースに目が留まった。

 

デビュー45周年。コンサート回数は日本一で、2位以下に大差をつける4300回超。作った曲は570曲以上、著書累計300万部超、返済した借金は35億円…。

数字を羅列すると、その凄さが際立つが、この人の生き方や考え方に改めて注目が集まっている。著名人たちが彼の素顔について語った書籍『うらさだ』も刊行された。凄さについて、短期集中連載で同書に参画した語り手たちの発言を紹介。第1回は堀江貴文氏。この人は、希代の実業家の目にどう映っているのか。

 

云うまでも無く下記の文は、さだまさし氏の事をホリエモンが語った言葉の数々である。そこで読んだホリエモンのさだ氏描写の数々が実に興味深かったので紹介したい。

太字の部分はかなり共感したと同時に堀江氏のスルドイ洞察力を感じた。

下段からは堀江氏の言葉である。

 

 

2017年の夏のことなんですが、僕が準レギュラーコメンテーターを務める『5時に夢中!』に、さださんがゲストで出演したんです。何回記念だか忘れましたが、スペシャル番組で、放送前に「え? 本当にさだまさし本人が来るの!? あり得ないでしょ」と疑っていたら、本当に来た(笑)。

 しかも、めちゃくちゃ気さくで、ノリもメッチャいい。

たまに『生さだ』を観てたんですけど、あの気さくなノリが楽屋でもそのまま。「なんで、あんな番組やってんすか?」って聞いたら、「オレもわかんないよ」って気さくに笑わせてくれる。

 きっとさださんは、いわゆる大御所芸能人にありがちなヘンなプライドがないんでしょうね。自分が世間からどう見られているかというようなことを過剰に気にしていないんだと思います。

 

プライドが高くて得することなんて、ひとつもありません。

プライドが解決してくれる物事もなければ、プライドが高い人が優秀なわけでもない。

大事な決断をする時の障害にもなります。

 

逆に、プライドが低ければ動きやすいし、スピーディに質の良い判断ができます。

周囲から親しみを持たれ、愛されます。

僕の周りの人間関係を見ていても、本当にそのことを実感します。

さださんを見ていると、そういうくだらないプライドを全然感じない。他人の目など気にしていない

 

だから『5時に夢中!』というローカル番組にも気負わず出てきて、自分から楽しめてしまう。

さださんは「歌手」でくくっちゃいけない人だと思います。ひと言で表すなら「マルチな人」。だからいろんなことに手を出して、失敗することもあるんでしょうけど(笑)。「好奇心の塊」みたいな人なんでしょうね。悪く言うと、とっ散らかるし、飽きっぽい。

 だってあれだけヒット曲があるんだから、大人しく歌だけ歌っていれば間違いなく稼げる。でもそれだと本人はつまらないんでしょうね。僕もいろいろなことをやっているから、その気持ちがよく理解できます。マルチな才能を持っている人は、ひとっところにいられないんです。

 元リクルートの藤原和博さんが唱えていることですが、人はひとつのことに1万時間取り組むと、誰でも「100人に1人」の人材になれるそうです。

 1万時間というと途方もないように思えるかもしれませんが、1日6時間取り組めば、5年で1万時間になります。さださんの場合、歌手を45年やってるわけだから、まさにこの道のプロ。それだけじゃなくて、「詩人」「作曲家」「小説家」という・顔・(=肩書き)を持っている。会社の経営も長くしているから「経営者」の顔もある。何はともあれ、35億円もの借金を無事に返した手腕は見事です。それから「生放送のキャスター」。

つまりさださんは、マルチにいろいろ手を出して、しかもその分野にのめり込んだお陰で、「100人に1人(歌手)」×「100人に1人(詩人)」×「100人に1人(作曲家)」×「100人に1人(小説家)」×「100人に1人(経営者)」×「100人に1人(生放送のキャスター)」=「1兆人に1人」という価値を持つ人材になっている。

他にもいろいろ極めているでしょうから、「1兆人に1人」どころじゃないかもしれません。

 ヘンなプライドがないから、これからも新しい分野に躊躇なくチャレンジしていくでしょう。「失敗して後ろ指さされたらどうしよう」と考えないわけだから。僕も同じですが、さださんも、仕事と遊びの境界線がなくて、ただワクワクすることに飛びついていっただけだと思います。そうして自分でも気づかないうちに、いつの間にか何足ものわらじを履いている。

プライドのなさと好奇心の強さが、様々なさだ作品の源泉になっているんだと思います。

 

 

…正直ホリエモンを見直した。

今まで個人的に良いイメージは持ってなかったからだ。

私はさだ氏は好きなのだが、世間的には賛否両論だろう。

 

・暗い

・長い

・重い

 

このイメージがまだまだ強烈に有るのだろう(笑)

しかしながら、真面目な顔しながらもやる事はケタハズレ、やってきた事の金字塔もハンパ無い。

それでいて「オゴリ」のカケラも無い。

天才なのか努力の人なのか私には見当がつかない(笑)

けれども、あれだけの人でありながら常に明るく気さくで謙虚…。

さだ氏を取り巻くスタッフの数々もほとんど変わっていないとか…。

私はココに凄味を感じるのである。

才能は云うまでも無いが、「お人柄」なのだろう。

大ヒットした歌に「関白宣言」と云うのがある。

この歌の中にこんなフレーズがある。

 

オレは浮気はしない♪

たぶんしないと思う♪

しないんじゃないかな(^^♪

…ま、ちょっと覚悟はしておけ♬

 

キョーレツな男の勝手さを見事に表現している(爆)

最初はしない!と断言しながら徐々に変わり、最後は少しは覚悟しろと来る…(笑)

男目線ではあるが、見事な「さだワールド」であろう。

次の言葉でもさだ氏の凄味に感服した。

 

「さだはキライだ~~~!」

名指しで云ってもらえるこの歓び…。

 

過去にこう云った事がある。

要はキライだと云いながらも、自分の名前を覚えてもらえる歓び…これは名前すら覚えてもらえない人も多い中で、自分は恵まれていると云ってのけたわけだ(笑)

 

上記で堀江氏も云っている。

「プライドなんて高くたって良い事は一つも無い」

私も大いに共感する。

この厄介なプライド…実はこれを勘違いしている人も多いのだ。

私の周りを見ても分かる。

プライドの高い人は、不思議と屈折してしまい、決してスムーズな人生を歩んでいない事に気付く。

その結果、間違ったプライドを身に付けてしまって、自慢話が多くなり、必要以上に自分を大きく見せようとしてしまい、その後八方塞がりとなり、心根までが歪んでしまい、やがて自爆する事となる。

これは気の毒であるが、本人が分からん以上仕方ない。

私はこのような人を見ながらいつの頃からか、間違い無い事は「本物こそ必ず謙虚」なのだと知る事となった。

 

そんなさだ氏であるからこそ、いくつかの名言が有る。

それを最後に紹介したい。

 

会場を満員にし続けるためにはどうしたらいいのか、必死に考えましたね。今回、満員になっても、次回はその半分は来ない。

そういうもんなんです、コンサートっていうのは。

次回も満杯にするには、また来てくれる半分の人たちに、もう一人ずつ連れてきてもらう必要があるわけです。そこでトークも磨かれていったんじゃないかな。

 

常に客席を満席にしてきたこの人でさえ、危機感との闘いだったのを感じる。当然、ドタキャンなどもしない。恐らく、この人は観客が1人でもやるであろう。

次はコレ。

 

貧しさを知らなければ、本当の意味での豊かさは分からないと思うんですよ。

 

粋な言葉だ。

次はコレ…

 

自分の謙虚さを計る物差しとして「神様」は存在する。

「このような仕事をさせて下さってありがとうございます」

と頭を下げられる人の所に「神様」は降臨するのだと僕は思います。

だって、「これは自分がやったんだから、全て自分のチカラなんだ」と思える人には神様は不要だと思うわけです。

 

大御所らしからぬ言葉ですが、大御所だからこその重い言葉であるのを感じずにいられない。

 

しかし、私は次の最後のふざけたようでもある前向きでシンプルな言葉が好きだ。

 

 

人生にはこのような分岐点が付き物だ。

迷った末…やらなかった後悔ほど苦い事は無いように私は思う。

迷うならやるべきだ(笑)

仮に失敗しても良いではないか。

と云うより、失敗する事の方が多いのと違いますか。

やった上の失敗から学ぶべき事の方が遥かに多いと云わねばならない。

その事をさだ御大は云いたいのではあるまいか…。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

今日も訪問に感謝致します。

 

婚活風来坊さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス