サプリメン

サプリメン

好きな事を語ります

サプリメンはちりとてちんを応援します!

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
Q10
今期のドラマで唯一、一話も欠かさず見たドラマです。
当初は佐藤健もあっちゃんも好きだから見てみよう~なんて、軽い気持ちで見始めたんですが、見事にハマりまして。
土9+ヒロインがロボットって事で、軽いタッチのドタバタ学園コメディーなんて話かと思ってたら良い意味で裏切られました。
優しくて、深くて、切なくて、暖かい。
登場人物に悪い人が一人もいなくて、イヤな奴っぽい人もちゃんとそれなりの理由があって結果的には良い人間で。
全体的に淡々としてるけど、ものすごく愛と優しさに満ちたドラマ。
毎週見た後は清々しく…だけどちょっぴり切なくて、鼻の頭がツンとするような感じがしてました。

なんだか、子供の頃の夕方の感じっつーのかな。
何ともいえないノスタルジックな気持ちになるんですな。


そんなQ10が最終回を迎えました。
よかったです。ほんと。
見終わった後、涙と鼻水でぐしゃぐしゃでした。
まあちょっと急いでる感はありました。あと10分くらい時間があればなぁなんて。
特に平太が本当のリセットボタンを押すまでの経過は、もう少し丁寧さが欲しいところでしたが、ただその「淡泊さ」も、このドラマの特徴であり魅力でもありますしね。

Q10がいなくなる→Q10似の女の子が現れる→後に平太の奥さんになる→Q10はその奥さんに似せて作られたロボット
てな流れは、予想通りでしたが、わかっていた展開でもむちゃくちゃ泣けました。

一番最初に涙腺が崩壊したのは、「一年くらいたてばQ10を忘れてしまう」という事がわかった時。
なんというか…きっと人間は実体がなくなる事よりも、「忘れてしまう」事が一番怖いのかもしれないと思いました。
実体が無くても思い出したり心の中にあることで、いくらか救いになるというか。
それこそ目に見えなくても、頭で想像で大事な人と過ごすことが出来る。
忘れてしまう事は、何もないのと同じで…。

平太が一年後、自分とQ10に似た子が笑い合っている姿を見るシーンがあったけど、あれを見た平太はきっと一年後の自分に憤りとか恐怖を感じたんじゃないかなぁと思います。
「お前なにQ10の事忘れてんだよ!」って。

見てるこっちとしてもやっぱり「Q10」が好きだからQ10と一緒にいて欲しいという気持ちもありますし。
平太の奥さんになる子は見た目はQ10でも、決してQ10ではなくて、性格もしゃべり方も何もかも違うからやっぱりどこか喜べないし寂しいんだけど、ただそれでも救われたというか良かったと思えたのは、彼女が「Q10」の存在を信じ続けていた唯一の人だったからだと思います。
平太が忘れても、彼女だけはQ10が実在したと信じてた。
そして70年後にまた、平太自身もQ10がいた事を確信した。
思い出したわけではないけれど、それでもその事実があったからこそ平太は前に進むことができたんじゃないかと思います。

考えてみれば登場人物の全員、問題が解決した人はいないんですよね。
だけど全員が問題を抱えながらも、すべての人に小さな希望が感じられる。
藤丘君は貧乏なまま。
だけどもしかしたら、クリスマスを家族で過ごせたかもしれない。
影山君と河合さんも二人が再びつき合える約束はしていない。
だけどもしかしたら、うまく行くかもしれない。
久保君も入院したまま。
だけどもしかしたら、元気になって校門までの坂を上れるかもしれない。
全員が、それこそ山本民子が手にしていたサンタのような小さな頼りない光だけど、確かな希望がある。

「人間は目にしたものしか信じない」という富士野月子の言葉。
それって昨今のドラマへのアンチテーゼもあるのかもと、ちょっと裏読みしてしまいました。
なんでも描ききってしまう事…答えを出しすぎてしまうことは、見る側の想像の幅を狭めてしまうんじゃないかと思うんです。
すべてを描かない事によって、見る側にその先を想像をさせ、想像させる事によって登場人物が見た人間の頭の中で生き続けるのでは無いかと。
きっとQ10を作ったのは中尾君なんだなって、そう想像出来ることが楽しいじゃないですか。
最後の「このドラマはフィクションですが~」も、そこにつながってるんじゃないかと思います。
まあ単純にうちがそういうドラマが好きだっていう、完全に好みになってきますけど笑


「マタアシタ」というQ10の最後の言葉も良かったなぁ。
結果その明日に平太は未来の奥さんに会えるんですけど、最後まで律儀に約束を守り通すQ10健気さにまた泣けてきました。

そして最初の出会いでQ10が奏でた音も、未来の奥さんがピアニカで奏でた音も、「ラ」。
こういう細かい部分のこだわりも、ほんまに「プロの脚本家」の技だな~と。
木皿さんの作品は初めて見ましたが、すっかりファンになりました。
ただ起承転結だけではなく、各話にテーマがあり、なおかつ伏線や小ネタをしいて、最後に「つながる」っていうのがね~、藤本有紀さんしかり、うちはやっぱりそういう本が書ける人が好きですわ。
まだまだ書き足りないことはありますが、今回はこの辺で。

あ、最後に
本当にドラマ史に残るくらい超魅力的なQ10を演じたあっちゃん。
あっちゃんじゃなかったら、こんなに可愛くてヘンテコなキャラクターにはならなかったんじゃないかなと。
まさにハマり役だったと思います。
そして佐藤君、むちゃくちゃ良かったな~。
平太が佐藤君だったからこそ感動できたシーンが山ほどありましたし。
池松君、細田君、田中さん、薬師丸さん、西田尚美さん、光石研さんも、白石かよ子さん…出演者全員がほんまにすばらしかったし大好きでした。
またエンディングの高橋優さんの曲が最高で~って、キリ無いわ笑

終わってしまってむちゃくちゃ寂しいけど…
「信じる限り登場人物たちは、誰が何と言おうとどこかで生き続けます」って事で。

あ、あと映像がすごくきれいで…←エンドレスw

テーマ:
龍馬伝最終回なう!!

のっけから「文化庁芸術祭参加」って何ーッ!
でも最初、違和感すら感じる映像美にはたまげたもんです。

つーか武市先生!?
こんなとこでなにしちゅうがかー!
そして長次郎ーッ!!
饅頭食ってるww
また饅頭屋に逆戻り笑
「よう似ちゅう」じゃなく、まさかの本人役で再登場。
洋ちゃんよかったね!
ぬはー!以蔵まで!
音尾君もいる!
なんだこのあの世のオールスターww
…って、夢オチかーい!

近江屋…ああ、いよいよ暗殺やね涙
土佐藩邸にて龍馬を探す弥太郎。
龍馬は近江屋におるから、後藤様を出してつかーさい!涙

うち、新撰組が実は大好きなんです。
池波正太郎の「幕末新撰組」と、司馬遼の「燃えよ剣」で、すっかり土方ファン。
泰造、いい役者になりもうしたな。
篤姫の時の大久保もよかった。

越前城
中川家礼二がいるwwなんか食ってるww

おっ!木戸さん登場!…って、事は…
虎ちゃんキター!!もんたキター!!
しかも割とアップ!
はああんっ、やっぱりええ男w
つーか睫毛長っ!!
ハチマキいいね~w
○○○…
そこは、も・ん・た←絶対無いわw
「毛利敬親公の事か」
この声、もんたですよね?
NHK兄さん台詞あざーす!!
クレジットの間違いは水に流します←

再び近江屋。
藤吉、ええ奴やな~…でもこの後。。
龍「後藤様が土佐に戻られてから…」
ああ後藤様…土佐ですか涙

ミニエー銃で儲けた金を、悔しさのあまり龍馬にやると弥太郎。
当然受け取らない龍馬。
じゃあ、わしがもらう!!←

真木よう子、好きだな~
要潤も好きだ。

おお!再び虎ちゃん!
しかし今回のメインは伊藤さん。
でも尾上君も好き←

龍馬伝の西郷は、うちが思う西郷のイメージと近いかもしんない。
中岡「ほんなら、確かめて来ましょう」
ああ~!中岡さん行ったらだめじゃあああ!涙

近藤VS中岡
上川さん素敵やなぁ。
中岡「こん刀が、何の役にもたたん世が目の前に来てるがじゃ!」
近藤さん、切ない。
でも最後まで信念を貫いた、新撰組もそれはそれで素敵なんだよな。

視点が変われば、見方が変わるというか…
でも何も誰も傷つかず、世の中を変える事は無理だし。
結果龍馬は多くの人の命を救ったけれど、多くの魂を奪ったのかも。
プライドやら何の役にもたたんと思う人間もいれば、プライドがすべてという人間もいる。
どちらが正しいなんてわからないけど…
龍馬側であれ、その逆であれ、身を削ってもなんとしても「信念」を貫く姿は惹かれます。人間的に。

お、龍馬誕生日か!ハピバ!←軽っ
亡くなった同士と杯を交わす龍馬。
佐藤君の以蔵もよかったな~。
最初は綺麗過ぎじゃないかと危惧してたけど、あの華奢な感じも以蔵にぴったりやった。
長次郎!高杉さん!
洋ちゃんも伊勢谷君も大好きー!
…そう考えると、うちが好きな俳優ばっかだったなぁ。

いよいよ中岡が来てしもた…涙
龍馬って、昔は単純に大好きだったしヒーローだって思ってたけど(もちろん今も好き)、大人になって龍馬を疎ましく思う人の気持ちもわかるようになった。

中岡の涙、ぐっとキタぜよ…。

そしていよいよ暗殺シーン。
おそらく一年見続けて来たファンも、そうでない人も、もっとも注目するであろう…いわば一年の集大成みたいなシーンです。
なのに…それなのに…
よりによって一番のクライマックスシーンで、愛知県知事当確速報てッ!!

テロップ自重。
NHK兄さんどんだけ空気読まれへんねーん!
いやまじめな話、あの瞬間に流さなければならない速報じゃないだろうよ。
速報きました→流しましたって、どんだけマニュアルバカ。
自社制作のドラマの空気を、自社が潰してどないすんねん!
アタクシ、基本NHK兄さん贔屓ですがこればっかりはカチンきました。
ドラマスタッフもがっかりだったでしょうなぁ…。。
とりあえず中村時宏氏、当確おめでとうございます。


暗殺シーンは迫力があって良かったけど(速報さえなければ)ただその後の中岡との会話が、ちょっと長すぎるというか…会話の内容もうーん…
まあこれは好みでしょうね。

むしろ弥太郎のシーンが泣けた。
シーンがというより、香川さんの演技がすばらしかった。

いやほんと、速報の悲劇は香川さんの芝居で取り戻しましたよ。
ありがとう香川さん!


『幕末、新しい扉を開いたのは、龍馬や弥太郎のような志を抱いた、名も無き若者たちでした。それはわずか150年前の事だったのです』
解説の締めの言葉が、もしかしたら今日一番ぐっと来たかも。


次の『江』も見ます。
上野樹里大好きなんで。
てるてる家族からずっとw

テーマ:
まだ龍馬伝、ちゃんと見れてませんが噂のクレジットを先に拝見。

ほー、さすが虎ちゃん。
井上聞多だけやなくて、伊藤俊輔役までやっとったんやなぁ!
一人二役!
いやー大河ドラマでおいしい役ですなー…って、どアホ!

NHK兄さん逆や逆ーッ!!

井上聞多=加藤虎ノ介
伊藤俊輔=尾上寛之

じゃろがい!
伊藤と井上、どんだけニコイチやねんwww

最終回に、
まさかのNHK兄さん凡ミス笑

つーか後藤様出てへんのかーい!!
三又又三まで出てるのにっ!笑
後藤様ああああ!!涙

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス