『I AM FROM AUSTRIA-故郷は甘き調べ-』 〜宝塚歌劇 月組公演〜 | 西宮・門戸厄神 はりねずみのハリー鍼灸院

西宮・門戸厄神 はりねずみのハリー鍼灸院

日本抗加齢医学会指導士、AEAJ認定アロマテラピーインストラクター、ケアマネジャー、保育士(!)でもある鍼灸師のサイトです。

宝塚大劇場へ、月組公演、


日本オーストリア友好150周年記念
UCCミュージカル
『I AM FROM AUSTRIA-故郷(ふるさと)は甘き調(しら)べ-』

作曲・作詞/ラインハルト・フェンドリッヒ
脚本/ティトゥス・ホフマン、クリスティアン・シュトゥルペック
オリジナル・プロダクション/ウィーン劇場協会
潤色・演出/齋藤 吉正

 

を見に行きました。


2017年9月〜2019年6月まで異例のロングランを果たした話題作を、

宝塚歌劇月組が日本初演するということで期待していました。

 

想像以上の素晴らしいお芝居、レビューでした。

 

★ネットに初日公演の映像が紹介されています。

 

ミュージカルのタイトルと同名のヒット曲(ラインハルト・フェンドリッヒ作詞・作曲)

「I AM FROM AUSTRIA」を核にして作られたミュージカルのようです。


詳しく書くとネタバレになるので止めますが、
ハッピーエンドの恋物語に


●プライバシー
●うわさ
●家族
●祖国

 

の4つのサブテーマが複合的にからみついた、
いかにもヨーロッパ発ならではのミュージカルでした。

また、


「寄り添い合える環境がないと自立できない」


という逆説的命題はとても現代的とも感じました。

ただ集まっているということと、寄り添え合えていることとは、似て非なるものです。


とにかく良かった。

おすすめです。
 

素敵な舞台をありがとうございました。

 

※個人的に その1※

主人公ジョージ・エードラー役の珠城りょうん。

ただ一言、天才的です。

舞台度胸があり、「いてくれないと芝居に深みが出ない」安定感がありました。

今まで「『うるさら7』のひと」ぐらいにしか思っていなくて申し訳ありません。


※個人的に その2※

主人公の恋人、エマ・カーター役の美園さくらさんは

写真写り、ポスター写りが悪いと思う。

実際はもっと魅力的なジェンヌさんです。

 

 

 

【主な配役 】     
ジョージ・エードラー[ホテル・エードラーの一人息子]珠城 りょう    
エマ・カーター[ハリウッド女優]美園 さくら     
リチャード・ラッティンガー[エマのマネージャー] 月城 かなと  
ヴォルフガング・エードラー[ジョージの父] 鳳月 杏     
ロミー・エードラー[ジョージの母 ホテルの社長]  海乃 美月  
パブロ・ガルシア[アルゼンチン代表のサッカー選手]  暁 千星   
エルフィー・シュラット[ホテルのコンシェルジュ]光月 るう      
ヘルタ・ヴァルトフォーゲル[エマの母]夏月 都