KAZのブログ (ルーン魔女KAZのブログ)

KAZの自己満足ブログです。

【2016/08/19】  (2017/02/13更新)

■KAZの自己満足ブログです。

■ルーン関連、スピリチュアル関連の記事はもう更新しないと思います。
  ↑過去記事はそのまま残っていますので、いつでもご覧ください。

↓のご注意点をご理解いただける人にご活用いただければ幸いです☆

 【お願い】 KAZのルーンリーディング関連記事をお読みになる方へ

 

■ルーン文字の詳しい解説記事をお探しの人は、
KAZのHPのルーン文字一覧ページ からアクセスしていただくのが便利だと思います。
ルーン解釈記事のインデックス&リンクを張っています。

  ルーン魔女KAZのホームページ  http://happy-runes.jimdo.com/  


 

******************************************************


ベル ルーン魔女KAZの著書 ―― Amazon.co.jpにて好評発売中




 実用ルーン占い    ■日用ルーンメッセージ~実用ルーン占い応用編~
 
 ■違和感は新天地からの招待状――不毛な忍耐ゲームはもうやめよう
 
 ■旧約聖書と外典に学ぶ95のライフアドバイス(スピリチュアルライターKAZ名義)
 
 ■アングラ天使と語る、スピリチュアルな本音のおはなし THE BLOOD JOKE
 
 ■スピリチュアルにつかれてしまったあなたへ スピリチュアル依存から卒業するための、27のヒント集

 ■ 【KAZ監修】 ことばのギフト366日シリーズ  (毎日の記念日&コトダマの本)

テーマ:
■8月15日は、日本の終戦の日ですね……

戦争を生き残った人々が、焼け跡を復興して、
高度経済成長~今の日本につながっているわけですね。

今もこの世界では、武力紛争が続いている地域がまだまだありますが、
一日も早くそうした事態が収束して、復興に全力を注いでいけますように。

とくに、非武装の民間人が、理不尽な状況から解放されて、
安心して普通に暮らせますように。

普通の暮らし。

普通の暮らしが、どれだけ貴重なことか……

平凡な日常のありがたさに感謝ですね。


■激しい内戦が続く中東のシリアで、一部では復興活動も始まりつつあるという、
明るいニュースがアルジャジーラに出ていました。

一か月前の記事ですが、暗いニュースが多いシリア情勢について、
希望の光が感じられる内容です。

私の感想などを交えながら、要約シェアしたいと思います。

http://www.aljazeera.com/news/2017/06/syrian-ngo-rebuilding-destroyed-parts-idlib-170604074154016.html



メモ シリアのNGO団体、破壊されたイドリブの街を再建中

  ヴァイオレット・オーガニゼーションは、
  反体制派(打倒アサド政権を目指す武装組織)に占拠されていたイドリブで、
  街の清掃、学校、道路、公園、公共スペースの復興にあたっている。

■記事の主役は、シリア北部のイドリブに本部があるNGO Violet Organization です。


  Violet Organization 

  (英語HP) http://violetsyria.org/en/#home

  
この組織は、日本語でどう訳せばいいのか……直訳すれば、「スミレ色の組織」なんだけど。

スミレ組? 紫組織? 

……どうも私はコピーセンスが悪いので、この組織名の和訳はしないで、
そのまま ヴァイオレット・オーガニゼーション と書くことにしますガーンあせる

■目下、ヴァイオレット・オーガニゼーションの活動エリアは、
シリア国内の6カ所(イドリブ、アレッポ、ハマー、ダマスカス、ラタキア、ホムス)の他に、
3カ所の難民キャンプとのこと。


■シリアの人道支援組織といえば、
命がけでレスキュー活動を続けているホワイト・ヘルメッツをすぐに連想します。

ホワイト・ヘルメッツについてはこのブログでも何度かシェアしました。
※何それ?と思われた方は、ぜひ↓の記事をご覧ください。
 
 (関連記事) 【シリアの市民救急隊】 なすべきことをなすのみ。【Syria's White Helmets】

         砂漠に水をまこう … シリアのホワイト・ヘルメッツ(アカデミー賞受賞)

ホワイト・ヘルメッツは、砲弾飛び交う市街地で決死の救助活動をしているのに対し、
ヴァイオレット・オーガニゼーションは、もっとマイルドな活動……
後方支援的な活動をしているようです。

主な活動内容は、避難民への食糧・日常生活品・医療・教育の提供、街の復旧作業など。

ホワイト・ヘルメッツが最前線での緊急支援活動を行い、
ヴァイオレット・オーガニゼーションは、中長期の支援活動を行っているという感じでしょうか。
アルジャジーラの記事では触れられていませんが、
両者が連携・共働していることもあるでしょう。

■ホワイト・ヘルメッツと混同しないためなのか(?)、
ヴァイオレット・オーガニゼーションのヘルメットは、白地にスミレ色ですチューリップ紫


メモ 街路樹を植え、ペンキを塗り、公共スペースを修理する。
   これらすべてが復興活動である。


街の復興とは、個人宅を建て直すこともそうなのだけれど、
まずは公共スペース、公共施設を復旧させて、
人々が安心して集える場所を作ること……なのかな。

メモ 最初のプロジェクトは、「イドリブの春」と名付けられた。
   イドリブの中心地で、ボランティアたちが、
   有名な時計広場の塗装、植樹、修理を行った。

1,500人ほどのボランティアたちが活動をしているそうです。

「イドリブの春」という名称は、シリア内戦の発端となった、
「アラブの春」という民主化運動からとっているのだと思います。

 (関連記事) 商人の天秤・神の天秤【アラブの春】

■最優先で復旧されたイドリブの時計広場は、イドリブの街の象徴だったようです。


噴水前の花壇の形が、
ちゃっかりヴァイオレット・オーガニゼーションの
シンボルマークになってますね。

日本の桜花にも似ていて、なんだか親近感がわきます桜



メモ 時計広場の復興プロジェクトが完了したとき、皆が希望を感じたのです。

  イドリブの人々にとって、この時計塔にはそういう意味があるのです。

  大人も子どもも、皆が幸せな顔をして喜んでいました。

  いつもの生活が戻ってきたという実感がこみ上げてきました。

この時計広場は、イドリブの象徴か、観光名所か、そういう場所だったようですね。

噴水が、ヴァイオレット色に塗られていますね……

元々こういう色だったのか、ヴァイオレット・オーガニゼーションの仕事だとわかるように、
あえてこういう紫色に塗ったのかは不明です。

ただ、この組織の本拠がイドリブであることを考えると、
ヴァイオレット色は、何かイドリブと深い関わりがあるカラーなのかもしれませんね。

メモ イドリブの大部分は、2015年から反体制派に占拠されて以降、
  シリア政府軍&ロシア軍の空爆が日常的にあり、
  多くの学校、病院、民家が破壊されました。

イドリブは、激しい空爆と混乱が続いたアレッポにも近い街です。

この記事では書かれていませんが、イドリブでも多くの犠牲者が出て、
難民として出ていったきり、まだ街に戻って来ていない人も多くいることでしょう……

記事の最後は、シリア全体の人的被害状況報告でしめくくられています。

メモ 7年にわたるシリア騒乱で、46万5,000人以上の命が失われ、
   100万人以上が負傷し、1,200万人以上が難民となっている。
   つまり、シリア国民の半数が死傷または難民となった


これは、残りの半数が安泰でのんびり暮らしているという意味ではないと思います……

■シリア騒乱は、まだ続いています。

ヴァイオレット・オーガニゼーションのような復興活動が、
イドリブの一地域での特異な活動なのか、
シリア各地で少しずつこうした復興が始まってきているのか、全体像は私にはわかりません。

つい先日にもイドリブで、
ホワイト・ヘルメッツのメンバー7人が狙撃(頭部の狙い撃ち)されて犠牲になっており、
まだまだ情勢は不安定なようです。
狙撃者はまだ不明のようです。

ただ、ホワイト・ヘルメッツのツイッターアカウントを見る限りでは、
市街地攻撃件数自体は減ってきている感じではあります。

すでにシリア政府軍が、IS(イスラム国)のシリア拠点であるラッカの一部と、
ホムス全域を奪還したという報道もあり、
イラクのモスルも最近奪還されましたから、ISもかなり勢力が弱ってきているかな……
このまま消滅していただきたいです。

そのためには、ISに武器と資金を提供し続けている元を断たねばなりませんが。
いったいどこの誰がISを組織して、煽って、訓練して、武器を供給し続けているのか……

ともあれ、日本が戦後の復興と経済成長をなしとげたように、
あるいはアフリカのルワンダが、絶望的なルワンダ内戦終了後に、
ルワンダの奇跡と呼ばれる復興をなしとげたように……
きっとシリアでも、他の中東エリアでも、本当の春が来る日があると信じています。

ヴァイオレット・オーガニゼーションの広報担当者は、こう語っています。

メモ Our message to the world is that
   the Syrian people can and will get back on their feet.
  We will bring life back to our country
   and smiles back to our peoples' faces.
  The war must stop; the air strikes and the fighting must stop,"


 私たちが世界に伝えたいメッセージがあります。

 シリアの人々は、自らの足で再び立ち上がることができます。
 
 私たちは、この国での生活を、人々の笑顔を取り戻します。

 戦争を止めなければなりません。
 空爆と諸々の戦闘を停止しなければなりません。

 
「自らの足で再び立ち上がる」と訳した個所は、
「自分たちの自立した生活を取り戻す」という意味です。

シリア人は、外国からの人道支援にすがるしかできない無力者ではないし、
無力で可哀そうな人たちだと憐れまれるだけの存在でもないと。

当面は各種支援団体のサポートを受けながら、
シリア人の手で、シリアの生活を再建していくというニュアンスです。

きっと、そうなるでしょう。

■これは私のまったく個人的なことですが、先日に、ふと、鮮明なビジョンを見ました。

きれいに復興されたシリアの街をウキウキ気分で歩いているというビジョン。
日本のようにゴチャゴチャしたビルや電線だらけの街として復興したのではなく、
歴史ある石造りの街並みを復元した街でしたね。

私は観光か何かで歩いていたんでしょうかね。
のほほんとした気分で、ジューススタンドのジュースを買って、ちょっと休憩して。
人々の顔も明るかった。

残念ながら、それがいつのことなのか……西暦2030年か、2300年か、どちらかなんですが。
ビジョンの年代を見るときに、エゴの判断がささっと割り込んできてしまって、
どっちなのかわからなくなってしまいました。

2030年なら、13年後ですから、そう遠い未来ではない。
2300年なら、来世ということになってしまいますね……

個人的には、2030年であってほしいので、そう信じています。
シリアだけでなく、中東全域……主にイスラム教圏で悪さをしている諸々の勢力も、
その頃にはもういなくなっているはずです。








***************************

※このブログのコメントは承認制です。
ブログチェックのタイミングにより、
コメントの反映・返信が2,3日後になる場合もあります。
土日は休みです。


***************************

本 ルーン魔女KAZのホームページはこちら
  

本 【ルーン魔女KAZの著書】 Amazon.co.jpにて好評発売中!


 ■実用ルーン占い    ■日用ルーンメッセージ~実用ルーン占い応用編~
 
 ■違和感は新天地からの招待状――不毛な忍耐ゲームはもうやめよう
 
 ■旧約聖書と外典に学ぶ95のライフアドバイス(スピリチュアルライターKAZ名義)
 
 ■アングラ天使と語る、スピリチュアルな本音のおはなし THE BLOOD JOKE
 
 ■スピリチュアルにつかれてしまったあなたへ スピリチュアル依存から卒業するための、27のヒント集


本 【KAZ監修の書籍】 ことばのギフト366日シリーズ Amazon.co.jpにて好評発売中!

今日のコトダマ 1月のおくりもの ~ 12月のおくりもの
毎日の記念日とメッセージをお楽しみください☆
12冊分をまとめた総集編も刊行予定!(2017年予定)


本 無料WEBコミック雑誌てんてる …… KAZの著書の版元さんが運営しています☆
無料WEBコミック雑誌てんてる
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。