Web手外科研究所

「手の外科無料相談所」で相談を受けたメールとその返事を患者さんの氏名を匿名にする等一部改変して掲載しています。どなたでも読者登録O.K.


テーマ:
 相談お願い致します。年齢55才、女性。10日ほど前から右手親指の第一関節を曲げると痛みがあり、一日くらいたつと第一関節のところが4~5回コキコキとなり、その後曲がらなくなりました。医者にいこうかと思ったのですが、少し様子をみてと考えインターネットなどで調べてみました。湿布で冷やしていると少しよくなり関節も少し曲がるようになりました。またこのような症状になった原因が分からず、ぶつけたとかの心あたりもありません。現在は専業主婦ですが、事務的なしごとのアルバイトやパートを15年くらいのあいだ継続的では無くちょこちょことやってました。ばね指なのかなと思ったのですが親指の付け根は痛くありません。親指の第一関節が痛く十分に曲がりません。専門の病院にかかったほうがよいでしょうか?このようにメールでご相談出来ることを本当にありがたくかんじます。よろしくお願い致します。

 メール拝見しました。
 文面からは第一にばね指、次にヘバーデン結節の可能性を考えます。ホルモンバランスが影響しているかもしれません。整形外科の中でも出来れば手の外科が専門の医師の診察を受け、診断を確定されるといいかと思います。
 手の外科病院一覧を貼っておきます。参考にしてみてください。(これ重要⇒手の外科専門の医師の診察を受けないと意味はありません)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
 ばね指です。新聞に副腎皮質ホルモンの一種のトリアムノシノノロンを注射すると治ると紹介されてました。詳しいことが知りたいのです。

 メール拝見しました。
 トリアムシノロン(ケナコルト)はステロイドの一種でばね指の治療に有効だという報告が出ています。定説になりつつあったころにケナコルトが販売中止になりまた販売再開になったいきさつがあります。一度注射を受けられてもいいかと思います。
 手の外科病院一覧を貼っておきます。参考にしてみてください。(これ重要⇒手の外科専門の医師の診察を受けないと意味はありません)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 42歳の女です。10年ほど前から腱鞘炎(右手)に悩まされています。ドゥケルバン腱鞘炎と診断され、発症して一年後に手術をし、その後も痛みは無くならず、一年半前に二度目の手術をしました。親指周辺の感覚は無くなったけれど、痛みが軽くなったのですが、数ヶ月前から痛みが酷くなり、小指(右手)もバネ指のようになり、思うように動かせません。病院を紹介され、診察を受けたのですが、症状もロクに聞いてもらえず、ただ腱鞘炎という診断だけで治療もなしで、薬もありません。仕事が、青果業で10kgから20kgの荷物を運んだり包丁もかなり使うので、休業してます。お箸も使えず、包丁も落としてしまうなど、私生活にも支障があり、労災や傷病手当ても受けられないようなことを言われました。たかが腱鞘炎で。と、紹介された医師にも迷惑がられてしまい、病院に行くのも無駄なのかと悩んでいます。痛みは酷く、夜中に何度も起きる次第です。少しでも良くなりたいけど、諦めて痛みも我慢するしかないのでしょうか…。

 メール拝見しました。
 小指の症状についてですが、ばね指ならばステロイドの注射を行い、二~三回注射を行って症状が軽減しなければ手術を検討します。消炎鎮痛剤(痛み止め)や湿布(貼り薬)や塗り薬も補助的な役割を果たすかと思います。基本的にきっちり治療するべきなのできっちりした治療を行う病院を探すしかないかと思います。
 手の外科病院一覧を貼っておきます。参考にしてみてください。(これ重要⇒手の外科専門の医師の診察を受けないと意味はありません)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)