大したことも起きない日常 ver2

大したことも起きない日常 ver2

門前仲町の音楽家・塙一郎のまあまあ満足な日々の記録

昨日は「東京マラソン2024」が開催されました。

2017年から我が門前仲町がコースに入り、しかも折り返し地点でもある重要ポイントになったという事で、翌2018年に生まれて初めて世界的なマラソン選手の走りを目の前で見物しまして。

そのあまりのスピードに驚愕しましたよ、人間ってアレで2時間以上走り続ける事が可能なのか!

 

というわけで去年も観に行ったのに続き、今年もチェック。

朝テレビをつけるとランナーたちはすでに浅草付近まで来ている様子。

信号ナシの状態で彼らはかっ飛んで来るので、こりゃもうじきやって来ちゃいそう?

さっそく家を出てみると・・・。 

 

交通規制で門前仲町駅界隈には車は近づけません。

徒歩でも横断不可の場所が多くて近所なのに行く事が出来ない場所だらけ。

地下鉄の駅構内に入るワザを使うしかないけど、自転車だとそれも無理だよな~。

 

 

 

あちこちに配備された警官、その視線の先には・・・。

 

 

 

モノモノしい警察車両による道路封鎖。

いつもはのんびりムードの下町で何かヤバい事が起きているかのような風情です。

 

 

 

参加ランナーを撮影するオフィシャルカメラの視界を遮らないように、人の流れが逐一制限されています。

 

 

 

そろそろトップ集団がやってくるタイミング? と人々が待ち受ける中、最初に目に飛び込んできたのは車椅子ランナー!

拍手喝采で迎えられます。

 

 

 

空撮のヘリコプターの音がデカくなってきて、いよいよか?

 

 

 

選手たちは清澄通りを南下して門前仲町の街に入ってきます。

僕は交差する永代通り沿いに陣取ったので、選手たちが交差点を曲がってくるまでその姿は見えません。

人々の歓声がどんどん大きくなり、先導車・パトカー・白バイ・日本テレビの車、の順で姿を現しまして(何かディズニーのエレクトリカルパレードを思い出しちゃいましたよ)ついに! 来たようです!

 

 

 

 

 

 

キター!! トップ集団!!

すでにペースメイカー以外は3人に絞られています!

 

 

 

いやあ、やっぱりめっちゃ速い! まさに「褐色の弾丸」たちです。

 

 

 

トップからしばらくは、やって来るのはアフリカ系の選手ばかり。

もう見るからに身体能力の塊という感じ。

 

 

 

永代通りをしばらく進んで富岡八幡宮を過ぎた先あたりに折り返し地点があり、あっという間にそこまで行って戻って来たトップ集団。

まだ全然日本人選手は登場しません。

 

 

 

テレビ中継でよく見る、走る選手の姿を横から捉えた映像を撮っているカメラマン。

まじまじと見るとなかなか凄い仕事です。

 

 

 

そしてトップ選手が折り返して去って行った後、ついに日本人選手たちがやって来ました。

 

 

 

見た目で速さが決まるわけでもないと思いますが、どうしても「コレはちょっと分が悪い」と感じてしまいます。

でもそこで勝負しているランナーたちは凄いっす。

 

 

 

折り返し地点にまで行ってみました。

今回は写真に撮れなかったけど、猫ひろし選手は大人気!

 

 

 

 

という事で後から探したら、2018年の時に撮影した猫ひろし選手の写真を発見!

 

 

 

重要な場面を撮り逃さないよう、ずっと集中し続けているプロの仕事。

 

 

 

折り返し地点の近くにある富岡八幡宮では、毎回なぜか選手たちに向かってドンドコドコドコと太鼓を鳴らしての応援(?)をします。

前回観たときは何か「悪魔の太鼓」みたいなテイスト(笑)でしたが、今回は割と爽やかタッチ。

 

 

 

やがて、走って来るランナーの数はどんどん増えてきました。

めっちゃ大勢いるけれど、このへんの人たちでさえも僕からすると異次元のスピードで駆け抜けていきます。

 

 

 

 

何の知識もない僕にはわかりませんが「2時間50分」というフラッグを持って走るペースメイカーに付いて来る一団。

つまりここが2時間50分でレースを終えられる場合のペースの目安という事なわけで、その記録と言うのは何か一定以上のレベルという意味なのでしょうか。

さて、そろそろ家に帰る事にします。

 

 

 

家に戻ると、さっき目の前を通過したランナーたちがテレビ中継で大写しになっていて、ちょっと不思議な気分。

日本人の中でトップの西山選手でしたが、設定タイムに届かず残念ながらパリオリンピックへの出場を逃してしまいました。

アスリートの世界はキビしい。

 

 

 

 

そして、ケニアのベンソン・キプルト選手がトップを快走、丸の内の町並みを駆け抜けて来ます。

 

 

 

そのまま2時間2分16秒でゴール!

今現在、日本人の男子選手の最速記録が2時間5分とかだから、もう絶望的に速い!

 

 

 

そういえば東京マラソンって最初の頃はゴール地点がお台場あたりの殺風景な場所でしたが、今は絵になる東京駅前に変更になりましたね。

 

 

 

 

◆ ◆ ◆ ◆ ◆

 

僕がリーダーを務める「ハレノヒ楽団」の前回ワンマンライブ時のダイジェスト前半です。
このチームの雰囲気が伝わるといいなあ、と思います。

よろしかったらぜひYoutubeへの「いいね!」「チャンネル登録」をお願い致します。

 

 

 

 

◆ ◆ ◆ ◆ ◆


トシちゃん2023・拡散祭り、僕もイッチョ噛みさせてもらってステージからの撮影で勝負してみたシリーズです。素人なりにですが渾身の編集をしています、ぜひご覧くださいませ!

 

 

 

 

ハレノヒ楽団・4回目のワンマンライブは、素晴らしい夜になりました!

たくさんのお客さん、バンドの中で感じられる演奏やハーモニーに対する新たなる確かな手応え、そして予定時間内に超キッチリと収まった完璧なセットリスト。

要は僕がグダグダと喋らないようにしただけですが。(^^♪

 

詳細レポートはまた後ほど。

ご来場いただいた皆様、ライブ開催の手助けをしてくれた方々、気にかけて下さっていた皆様、そしてさすがに素晴らしい会場だった赤坂ビーフラットのスタッフの皆さん、ありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

◆ ◆ ◆ ◆ ◆

 

ハレノヒ楽団・前回のワンマンライブのダイジェスト動画(前半)です。
このチームの雰囲気が伝わるといいなあ、と思います。

よろしかったらぜひYoutubeへの「いいね!」「チャンネル登録」をお願い致します。
 

 

 

さあ、明日3月1日は赤坂ビーフラットにてハレノヒ楽団のワンマンライブ「ハレ舞台・Vol.4」です!

ご予約をいただいた皆様、本当にありがとうございます。

ナニゲにライブ前夜のプレッシャーでちょいと落ち着かない気分になっている僕ですが、未だにこんな気持ちを味わえるというのも幸せな事なのかもしれません。

 

さて、今回の会場はささやかなる我々の活動歴の中で一番広く、まだお席に余裕があります。

という事で最後のお願いにまいりました。(^^♪ お時間合う方、ぜひ!

 

 

楽しいライブに出来るよう、メンバー全員で「一休さんが何かトンチを考えてる状態」で知恵を絞っております。

 

 

ハレノヒ楽団ワンマンライブ【ハレ舞台 Vol.4】

3月1日(金)at AKASAKA B-flat(赤坂ビーフラット)

18:30 Open / 19:30 Start

予約4,000 / 当日4,500(+1Drink+1Food / 税別)

ご予約はコチラ ↓ ↓ ↓ から

https://haregaku.com/contact.html

赤坂ビーフラット

https://bflat.yamano-music.co.jp/

東京都港区赤坂6-6-4 赤坂栄ビルB1F

03-5563-2563

 

 

以下、実務担当・メグねぇからのメッセージです。

 

会場の赤坂ビーフラットはハレノヒ楽団初の会場なのですが、当日のシステムをご案内します。

ご来場いただきましたらまず入り口でチケット代(予約4400円/当日4900円)を頂戴いたします(おつりがないと有難いです)。

そのあと会場受付でお席を聞いていただき、各自飲食注文用のQRコードを受け取ります(グループは代表者様の場合あり)。

こちらのQRコードで1フーズ1ドリンクのご注文をお願いいたします。

お帰りの際の清算となります。

いろいろお手数おかけしますが、なにとぞご容赦ください。

お食事、お飲み物は充実しています。

ぜひ、ごゆっくり飲食しながらハレノヒ楽団の音楽をお楽しみいただけたらうれしいです。

予約はまだまだまだまだ受け付けています!

会場ほんと広いんですよ😅

ぎりぎりまでご予約はFB参加ボタン・ハレノヒ楽団HP・メンバー各自で受け付けています!

どうしても予定が立たないかたも当日でもお席大丈夫です。

ぜひご来場お待ちしています❣️

#ハレノヒ楽団

 

 

 

 

前回ワンマンの時のダイジェスト前半です。
このチームの雰囲気が伝わるといいなあ、と思います。

よろしかったらぜひYoutubeへの「いいね!」「チャンネル登録」をお願い致します。

 

 

 

 

◆ ◆ ◆ ◆ ◆


トシちゃん2023・拡散祭り、僕もイッチョ噛みさせてもらってステージからの撮影で勝負してみたシリーズです。素人なりにですが渾身の編集をしています、ぜひご覧くださいませ!

 

 

 

 

一昨年の春、ハレノヒ楽団が5人で初めて会った日は誰も楽器も持たず何の音も出さず。

渋谷の街でショッピングしたんですよ。

衣装をどうするか相談しながら。

ただ、僕はリーダーですが、ファッションリーダーにはなれません。(^^♪

 

さあ、今週金曜日!「会いに来てアイニージュー」

 

 

 

 

ハレノヒ楽団ワンマンライブ【ハレ舞台 Vol.4】

3月1日(金)at AKASAKA B-flat(赤坂ビーフラット)

18:30 Open / 19:30 Start

予約4,000 / 当日4,500(+1Drink+1Food / 税別)

ご予約はコチラ ↓ ↓ ↓ から

https://haregaku.com/contact.html

赤坂ビーフラット

https://bflat.yamano-music.co.jp/

東京都港区赤坂6-6-4 赤坂栄ビルB1F

03-5563-2563

 

会場の赤坂ビーフラットはハレノヒ楽団初の会場なのですが、当日のシステムをご案内します。

ご来場いただきましたらまず入り口でチケット代(予約4400円/当日4900円)を頂戴いたします(おつりがないと有難いです)。

そのあと会場受付でお席を聞いていただき、各自飲食注文用のQRコードを受け取ります(グループは代表者様の場合あり)。

こちらのQRコードで1フーズ1ドリンクのご注文をお願いいたします。

お帰りの際の清算となります。

いろいろお手数おかけしますが、なにとぞご容赦ください。

お食事、お飲み物は充実しています。

ぜひ、ごゆっくり飲食しながらハレノヒ楽団の音楽をお楽しみいただけたらうれしいです。

 

予約はまだまだまだまだ受け付けています!

会場ほんと広いんですよ😅

ぎりぎりまでご予約はハレノヒ楽団HP・Facebook参加ボタン・メンバー各自へのメッセージ等で受け付けています!

どうしても予定が立たないかたも当日でもお席大丈夫です。

ぜひご来場お待ちしています❣️

#ハレノヒ楽団

 

 

前回ワンマンの時のダイジェスト前半です。
このチームの雰囲気が伝わるといいなあ、と思います。

よろしかったらぜひYoutubeへの「いいね!」「チャンネル登録」をお願い致します。

 

 

 

 

◆ ◆ ◆ ◆ ◆


トシちゃん2023・拡散祭り、僕もイッチョ噛みさせてもらってステージからの撮影で勝負してみたシリーズです。素人なりにですが渾身の編集をしています、ぜひご覧くださいませ!

 

 

 

 

静岡あたりは明日は25度に到達して「夏日」になるかもという予報です。

2月だけど。

東京は明日も雨が続いて湿度も高く、ほぼ「梅雨の時期のような」気候だそうです。

2月だけど。

でも今度の日曜あたりは雪も降るかも、という予報です。

2月だから。

いやぁ~、勝手に名付けさせていただきます、「ジェットコースター・ウェザー」と。

 

 

さて、少々手狭だったとしても、僕としては愛着満点の自室スタジオ。

この空間も駆使しつつ、現在粛々と進んでいる某レコーディング・プロジェクトです。

本日の作業では小型のグロッケン(鉄琴)のダビングもありまして、持参してもらった楽器のサウンドをチェックしてみたら実に良い響き。

よくよく見ると「ソナー(有名な一流打楽器メーカー)」製でした、さすが!

 

 

 

その後、エレキギターもダビング。

登場したのは僕は全く知らないメーカーのギターでしたが、フラットトップ&ホローボディー&クラシックギターのようなヘッド形状(スロッテッドヘッド)、めっちゃ独特でカッコいい!

 

 

 

あとで調べてみたらなんとイスラエル製、日本で見られるギターでは珍しい出自。

あまりにカッコイイので僕も同じヤツを買おうかな、その代わりにぜひ「No more wars」お願いします。

立場があるのは重々分かりますが、それでもやはりお願いします。

給食の白米が残りがちなので生徒が「ふりかけ」を持参しても良いかどうか、で非常にモメているという平和な国の人間から言われたくないかもですが、すみません、お願いします・・・。

 

 

そして、実にアナログ指向な今回のプロジェクトですが、エレキギター用のアンプやらエフェクターやらの音作りにはデジタル・モデリングを大活用。

最近思うのですが、機材が録音結果に与える影響って、演奏者の使う楽器と「弾き方」の違いに比べたら実に僅かだなあと。

追及する優先順位をしっかり把握して取り組みたいと思う今日この頃です。

 

 

 

 

 

◆ ◆ ◆ ◆ ◆

 

会いに来てアイニージュー! 渾身の音楽をお届けします。

 

ハレノヒ楽団ワンマンライブ【ハレ舞台 Vol.4】

3月1日(金)at AKASAKA B-flat(赤坂ビーフラット)

18:30 Open / 19:30 Start

予約4,000 / 当日4,500(+1Drink+1Food / 税別)

ご予約はコチラ ↓ ↓ ↓ から

https://haregaku.com/contact.html

赤坂ビーフラット

https://bflat.yamano-music.co.jp/

東京都港区赤坂6-6-4 赤坂栄ビルB1F

03-5563-2563

 

 

ハレノヒ楽団の前回ワンマンの時のダイジェスト前半です。
このチームの雰囲気が伝わるといいなあ、と思います。

よろしかったらぜひYoutubeへの「いいね!」「チャンネル登録」をお願い致します。

 

 

 

 

◆ ◆ ◆ ◆ ◆


トシちゃん2023・拡散祭り、僕もイッチョ噛みさせてもらってステージからの撮影で勝負してみたシリーズです。素人なりにですが渾身の編集をしています、ぜひご覧くださいませ!

 

 

 

 

ハレノヒ楽団のワンマンライブまで気づけばあと2週間を切り!

という事でしばし宣伝が増えます。

よろしかったらぜひ会いに来て下さい、3/1金曜日「赤坂ビーフラット」に会いに来てアイニージュー。

 

ところで、ちょいと物忘れが激しくなってきている気が(もともと注意力散漫系である事に輪をかけて)する僕なので、ナニゴトも指差し確認を徹底したら良いのではと思い。

メンバーみんなも一緒にやってもらったところ、指差しひとつで人によってだいぶスタイルが違うもんだなあと気づきました。

メグねぇの超・毅然とした感じ、ボビー大久保のどこか寂し気な手首の角度、等々。人狼ゲームの投票タイムの瞬間は各自こんな感じになるのかも・・・。

 

 

そして最近は肩コリも激しくなってきている僕なので、リーダーの権力を使ってメンバーにマッサージをさせています。

ウソです、何の権力もありません、こっちのコード進行のほうが良いと思うとかちょっと偉そうに言う程度です。

いつも心やさしい優が「疲れてるっぽいですね!」と、年長者を労わってくれている図。

 

 

 

そして、Asamiは演奏中に何か閃いたようで・・・


 

スタジオで練習している時に打楽器の山の中に埋もれながら後ろを振り返って何か叩き始めました。

今回の彼女は今までとはひと味違うと思われます。

彼女からの伝言も伝えます。→「会いに来てアイニージュー」

 

 

ハレノヒ楽団ワンマンライブ【ハレ舞台 Vol.4】

3月1日(金)at AKASAKA B-flat(赤坂ビーフラット)

18:30 Open / 19:30 Start

予約4,000 / 当日4,500(+1Drink+1Food / 税別)

ご予約はコチラ ↓ ↓ ↓ から

https://haregaku.com/contact.html

赤坂ビーフラット

https://bflat.yamano-music.co.jp/

東京都港区赤坂6-6-4 赤坂栄ビルB1F

03-5563-2563

 

◆ ◆ ◆ ◆ ◆

 

ハレノヒ楽団の前回ワンマンの時のダイジェスト前半です。
このチームの雰囲気が伝わるといいなあ、と思います。

よろしかったらぜひYoutubeへの「いいね!」「チャンネル登録」をお願い致します。

 

 

 

 

◆ ◆ ◆ ◆ ◆


トシちゃん2023・拡散祭り、僕もイッチョ噛みさせてもらってステージからの撮影で勝負してみたシリーズです。素人なりにですが渾身の編集をしています、ぜひご覧くださいませ!

 

 

 

今年は東京の桜の開花が3月中旬くらいでは、と予想されているようですが、3月アタマには開花しちゃうんじゃないか? とさえ思えるようなここ最近の陽気ですね、2月半ばで気温20度オーバーとは!

実に心地よい南風まで吹いてるし。

あったかい事自体はイヤじゃない人が多い(もちろん僕も)だろうから平穏な日々ですが、何か歪みも現れる気もしますね・・・。

 

さて、先日は新宿にて「フィクションズ」の面々で打ち合わせを兼ねた飲み会。

20数年の付き合いですが、ライブ当日でもリハーサルの日でもない時にこうやって5人だけで集まったのって初めてです。

出会った当初はまだまだピチピチ感も多少はあった我々もだいぶイイ歳になったので、どうにかみんな元気でいられるうちに何かワンチャン挑戦してみたい、という感じです。

みんなそれぞれ興味深いスキルを持っているミュージシャンたちで、今までにも色んな場面でお互いに頼りになったり頼られたり、そんな関係性でやってきました。
ただ、見事なまでに各自のキャラクターが凸凹なので、明確なリードオフマンがいない状況で果たしてちゃんと形になるところまでいけるかはちょっとアヤしい面もあります・・・。(^^♪

まあ、いっちょ頑張ってみますかい!

続報を、乞うご期待!

 

 

取り敢えず集まった場所はロケーション的に実にナイスで、地下鉄の改札からエレベーターで直行出来る素晴らしい「ドア to ドア」感!

こういうセレクションには物凄く力を発揮する大将(鱸ヒロユキ)です、演奏よりも遥かに頼りになります。←褒めてない感じになってるか・・・。

 

 

帰りの僕はやや千鳥足気味(そんなに沢山は飲めない体質なのでちょっと珍しい展開)でした、こういう時にはホームドアの重要性を感じたりもしますねえ、頼りになる・・・。

無事に誰にも迷惑をかけずに帰宅。

 

 

 

そして、また全然話は変わりますが。

昨日バレンタインのプレゼントという事で頂いた「なめ茸」。

いやあ、素晴らしいチョイスですね、ツマミに良し!ご飯にも良し! 頼りになる!

 

 

 

 

◆ ◆ ◆ ◆ ◆

 

ハレノヒ楽団ワンマンライブ【ハレ舞台 Vol.4】
3月1日(金)at AKASAKA B-flat(赤坂ビーフラット)
18:30 Open / 19:30 Start
予約4,000 / 当日4,500(+1Drink+1Food / 税別)
ご予約はコチラから
https://haregaku.com/contact.html

赤坂ビーフラット
https://bflat.yamano-music.co.jp/
東京都港区赤坂6-6-4 赤坂栄ビルB1F
03-5563-2563

 

 

僕がリーダーを務める「ハレノヒ楽団」、前回ワンマンの時のダイジェスト前半です。
このチームの雰囲気が伝わるといいなあ、と思います。

よろしかったらぜひYoutubeへの「いいね!」「チャンネル登録」をお願い致します。

 

 

 

 

◆ ◆ ◆ ◆ ◆


トシちゃん2023・拡散祭り、僕もイッチョ噛みさせてもらってステージからの撮影で勝負してみたシリーズです。素人なりにですが渾身の編集をしています、ぜひご覧くださいませ!

 

 

 

山の上ホテルが休業だそうですね。

数年前に散歩がてらに行った時の写真です。

 

 

僕がまだ高校生だった頃、お茶の水の楽器屋街を巡ったついでに観に行ってみた事がありました(当時読んでいた小説の中に明らかにここがモデルと思われるホテルが登場する場面があり、興味があったのです)。

その時以来でしたが、今も殆ど変わっておらず、雰囲気満点でした。

休業は残念ですね、再開あるのかなあ?

どっちにしても僕が泊まりにいく事はないと思われますが。(^^♪

 

その時、ついでに近くにある文化学院の旧校舎跡も観に行きましたが、このアーチっぷりはシビれますね。

現在の建物と絶妙に同居する感じで残されていて素晴らしい。

まあ僕は、山の上ホテルと同様に文化学院にも全く縁はありませんが。

 

 

 

 

 

そういえばちょっと前ですが、三鷹の跨線人道橋が廃止されましたが、こちらに関してはちょっと縁があります。

太宰治を愛読していた、というわけではなくて、近くに従姉弟が住んでいたので子供の頃によく遊びに行っては橋の上から電車たちを眺めていた想い出があるのです。

数年前にひょんな用事で立ち寄って写真を撮ったのが最後になっちゃいました。

世の中には「日頃別に気にかけていたわけでもないけど、いざなくなると寂しい、残っていてくれると嬉しい」物が結構たくさんある気がします。

 

 

 

 

 

◆ ◆ ◆ ◆ ◆

 

ハレノヒ楽団ワンマンライブ【ハレ舞台 Vol.4】
3月1日(金)at AKASAKA B-flat(赤坂ビーフラット)
18:30 Open / 19:30 Start
予約4,000 / 当日4,500(+1Drink+1Food / 税別)
ご予約はコチラから
https://haregaku.com/contact.html

赤坂ビーフラット
https://bflat.yamano-music.co.jp/
東京都港区赤坂6-6-4 赤坂栄ビルB1F
03-5563-2563

 

 

僕がリーダーを務める「ハレノヒ楽団」、前回ワンマンの時のダイジェスト前半です。
このチームの雰囲気が伝わるといいなあ、と思います。

よろしかったらぜひYoutubeへの「いいね!」「チャンネル登録」をお願い致します。

 

 

 

 

◆ ◆ ◆ ◆ ◆


トシちゃん2023・拡散祭り、僕もイッチョ噛みさせてもらってステージからの撮影で勝負してみたシリーズです。素人なりにですが渾身の編集をしています、ぜひご覧くださいませ!

 

 

 

 

顔の濃い男女が隅田川沿いを走って来て門前仲町に現れ、渋いギターを取り出して何やら録音して帰って行った。

帰り際に僕はウクレレを弾いておくように命じられた。

・・・つづく。

 

 

 

 

 

 

 

 

◆ ◆ ◆ ◆ ◆

 

ハレノヒ楽団ワンマンライブ【ハレ舞台 Vol.4】
3月1日(金)at AKASAKA B-flat(赤坂ビーフラット)
18:30 Open / 19:30 Start
予約4,000 / 当日4,500(+1Drink+1Food / 税別)
ご予約はコチラから
https://haregaku.com/contact.html

赤坂ビーフラット
https://bflat.yamano-music.co.jp/
東京都港区赤坂6-6-4 赤坂栄ビルB1F
03-5563-2563

 

 

僕がリーダーを務める「ハレノヒ楽団」、前回ワンマンの時のダイジェスト前半です。
このチームの雰囲気が伝わるといいなあ、と思います。

よろしかったらぜひYoutubeへの「いいね!」「チャンネル登録」をお願い致します。

 

 

 

 

◆ ◆ ◆ ◆ ◆


トシちゃん2023・拡散祭り、僕もイッチョ噛みさせてもらってステージからの撮影で勝負してみたシリーズです。素人なりにですが渾身の編集をしています、ぜひご覧くださいませ!

 

 

 

 

4月6日のマーマーバンド結成30周年ライブに向けて、25年前の人気アイテムだったオリジナルTシャツを再版予定、試作品が届きました。
我々メンバーもとても気に入っているデザインです、結構カワイイっしょ?

 

 

というわけで、忘れっぽくなった脳に刺激を与え続けるために、定期的にリハーサルで集まる我々。

ベースマンの足のギブスは依然として痛々しいですが、本人的には割と慣れちゃったようで案外平然としております、そして演奏自体はバッチリです。

 

 


    


チャオの楽天ゴールデンイーグルス愛は今年も続行しているのでしょうか?
「クリムゾンレッド」と呼ばれるイーグルスのチームカラーとほぼ同じ、という理由でギブソンのSGにステッカー貼ってます。
僕の「広島カープ・レスポール」に対抗していると思われます。(^^♪

 

 

 

そしてそして!

僕は、30周年ライブに向けての秘密アイテムのプレイヤー投入を考えています。

その名も「水戸出身だっぺよ・イナジュン」です、僕が19歳で彼が高校生だった頃に知り合った古い音楽仲間です。

イナジュンは出会った当時は超テクニカルなハードロック大好きギター少年でしたが、今では実に様々な楽器を自在に弾きこなすスーパーマルチ奏者です。

まだ他のメンバーの誰にも引き合わせていませんが、僕と二人で密かにマーマー曲をお座敷セッション。
一緒に音を出したのは20数年ぶりですが、コレはイケてる! 乞うご期待!!

そして記念に写真を撮ってみたところ、脳内では19歳と17歳のつもりですが、現実は・・・。

 

 

Marquee Marblish BAND 30周年ワンマンライブ 【サインはM】
4月6日(土) 神田 THE SHOJIMARU
開場 18:30 / 開演 19:00
前売り予約 3,500 / 当日 4,000


皆様、ぜひ取り敢えずスケジュール帳に書き込みだけでもしておいて下さいませ!