珠洲トライアスロン

テーマ:

能登半島の先端、珠洲(すず)で開かれたトライアスロンに参加しました。

和歌山からちょうど500km、車で7時間かかるさいはての地です。

今回はスイム2.5km、バイク102km、ラン23kmのミドル・ディスタンスです。

前日のコース試走で見た雲は、「あんパ~ンチ!」。

3種目のうちでいちばん不安なスイムの制限時間は1時間40分。

プールでは2.5kmが1時間5分くらいなので、余裕の設定?

・・・

当日、天気はよく、波は穏やかですが、左から右方向に分速20mの強い潮の流れがあり、コースを示すブイが右にしなっています。

前半は流れに乗ってスイスイ泳いで、100m毎の大きなブイを次々と通過し、もう折り返し。

ところが1.25kmの折り返しを過ぎると、潮の流れに逆らって、漕いでも漕いでも全然前に進まず、しかも方向が定まりません。

川を遡上するサケの気持ちがよく分かります。

なかなか進まず、あせる気持ちもありますが、落ち着いて泳ぎ続けます。

周囲にも選手がいたので安心していたのですが、上がってみると1時間43分でまさかの失格。

でも今回の流れは異常だったようで、例年完走しているベテランの選手もたくさん失格していました。

この時点でも多くのバイクが残っており、全体の2割近くがスイム失格だったようです。

・・・

帰ってGPSウォッチの記録を見ると、前半が22分、折り返してからの後半が1時間21分!

下の赤いグラフは心拍数、青いグラフはスピードを示しています。

泳いだ軌跡を見ると、後半はひどく蛇行していて、総移動距離は5.7km。

いろいろ反省点はあり、3分差での失格はたしかに残念ではあります。

でもトライアスロンにはさまざまな条件があり、今回この条件下で2.5kmを完泳できたのは自信につながります。

AD

USA紀行③ ワシントンDC編

テーマ:

ニューヨークから列車で3時間、ワシントンDCに到着。

2003年に学会で来たときに博物館めぐりをして、子どもたちが中学生になったら連れてこようと思っていました。

スミソニアン博物館といって、全部入場は無料です。

航空宇宙博物館。

アポロの着陸機、

ゼロ戦、

自然史博物館は14年前と大きく展示が変わっていました。

ナショナルギャラリーではゴッホやルノアール、ダビンチなどの傑作が山のようにあって、見放題。

もううんざりするほどです。

ミュージアム三昧を楽しみました。

・・・

ところでワシントンといえばホワイトハウス。

前回の住人はブッシュでしたが、今回は昨年まで予想だにしなかったトランプ。

ちなみに今回聞いた範囲ではトランプ支持者はひとりもなく、皆悪夢だと言っていました。

ワシントン記念塔に、

国会議事堂、

リンカーン記念館が美しく配置されています。

最終日には朝5時から嫁さんと一緒に朝ランしました。

AD

USA紀行② ニューヨーク編

テーマ:

メイン州に続いてニューヨークに行きました。

タイムズスクエアに、

エンパイア・ステートビル。

とにかく人が多くてガヤガヤしています。

雑踏でスパイダーマンを発見。

船に乗って自由の女神を見てきました。

完全な「おのぼりさん」状態。

キンキラキンで悪趣味なトランプタワー。

近くでは「トランプやめろ」デモ。

やはり人が多いところは苦手なので、セントラルパークでのんびりしました。

ニューヨーク観光はまる1日で充分です。

AD

USA紀行① メイン州編

テーマ:

この夏はアメリカ旅行で、メイン州、ニューヨーク、ワシントンDCを2泊ずつ、1週間かけて回ってきました。

・・・

30年前、学生時代の1年間を京都で一緒に暮らしたPaul君は、僕にとって兄弟や親友以上の存在です。タイ人と結婚して長らくバンコクに暮らしたPaul君が、故郷のメイン州に邸宅を購入しているので遊びに行きました。

ニューヨークの北東にあるメイン州は、お金持ちの避暑地として有名な環境のよいところ。

近所で獲れたてのロブスターをご馳走になりました。

Paul君にはタイ人の奥さんとの間に10歳になる双子の息子、アンドレとオーガスタがいます。

実はPaul君自身も双子なので、うちとあわせて3双子。

さらに湖畔にたつPaul君の実家にも、25年ぶりにお邪魔しました。

ピンクの服を着た91歳になる元気なお母さんと再会しました。

左端の妹メアリー、そしてその娘たちとは初対面。

皆で食事をし、自家用ボートにも乗せていただきました。

・・・

2卵生の双子は性格が対照的で、得意な分野も違います。

スポーツ万能で活動的なアンドレは、駒の動きを教えただけですぐに将棋をマスターしてしまいました。

一方社交的なオーガスタのお得意は、うちの娘と同じORIGAMI。

それぞれ帰りの車の中でも言葉の要らないコミュニケーションをしていました。

伯方島トライアスロン②

テーマ:

しまなみ海道、伯方島は潮流の激しいところとして有名です。

今回スイムでは、この速い潮流に苦しみました。

「船折瀬戸」という怖ろしい名前の海峡には渦が巻いています。

この潮流にもまれた天然の鯛は身が締まって最高。

トライアスロン完走後は鯛カツバーガーとイチゴスムージーをいただきました。

・・・

今回の伯方島トライアスロンに、モデルの道端カレンさんが選手として参加していました。

脚、長っ!

実はカレンさんはトライアスリートとして有名で、今回なんと2時間30分台で女子総合3位でした。

各地の表彰台の常連で、なんと年間の女子年代別ランキング3位だそうです。

スゴすぎ!

伯方島トライアスロン①

テーマ:

伯方島トライアスロン①

サイクリストの聖地、しまなみ海道の愛媛県今治から二つ目の島、「伯方の塩」で有名な伯方(はかた)島で開かれた伯方島トライアスロンに挑戦しました。

今回はスイム1.5km、バイク40km、ラン10kmの51.5kmのショート・ディスタンスです。

天候も絶好の曇り空。

和歌山のトライアスロン仲間と。

スイムは1周750mの三角形のコースを2周しますが、最初のコーナーでバトルに巻き込まれ立ち往生。

その後も速い潮の流れに大きく流されたりしながら44分で何とか終了。

この時点で300人中263位。

・・・

バイクは美しい景色を眺めながら、島を3周します。

最後のランはアップダウンのあるコースを、キロ5分のペースでグングン抜きながら3時間13分、最終166位でフィニッシュ。

スイムで出遅れても、ランで挽回できるのがいいところです。

僕のフルマラソンベストとほぼ同じタイムでゴールし、無事トライアスリートの仲間入りを果たしました。

すべてはサポートしてくれた和歌山のトライアスロン仲間のおかげです。

明石アクアスロン大会

テーマ:

明石で開かれたアクアスロンに参加しました。

自転車なしのスイム1km、ラン10kmの大会です。

白浜トライアスロンの最初のスイムでコケて以来、海への恐怖を克服するため、週2回近くの片男波ビーチに通って海練を重ねてきました。

会場は明石海峡大橋を見渡す大蔵海岸。

オレンジのブイで示された片道250mを2往復、ビーチに沿ったコースなので、ずっと底が見える深さで安心です。

和歌山のトライアスロンチームのメンバーも参加していました。

スタート直後の激しいバトルは避けて、後方からレースを忘れてマイペースで泳ぎ始めます。

1周目の500mを何とか泳ぎきって、ビリでないことを確認。

一度浜に上がって2周目に入ると、なぜか白浜の恐怖がよみがえります。

それでもなんとか泳ぎきって24分。

ウェットを脱いで靴を履くトランジションに手間取りますが、あせらず落ち着いてクリア。

おかに上がれば、もうこっちのものです。

・・・

明石は子午線の通る街。

小さいころ天文科学館によく通いました。

明石海峡大橋を見渡しながらキロ4分半のペースで走ります。

そしてゴール!

ランは46分で、計1時間15分。

タイムはともかく、今回は1kmを無事泳ぎ切れたことが収穫です。

来週のトライアスロン再挑戦につながります。

六甲縦走

テーマ:

走友会の4人で今年も六甲縦走に行ってきました。

起点になる塩屋の実家の売却が決まり、今年が最後になるかもです。

序盤の山場(ていうか、全部山ですね)、須磨アルプス。1カ所だけ北アルプスを彷彿とさせるスリリングな岩稜があります。

この日は途中で雨が降り出したので、一番の登り摩耶山を前に、全行程の半分で終了。

新神戸に下山しました。

途中、有名な布引の滝。

この近くに住んでいたこともあるのに、実は僕も見るのは初めてです。

中途半端ながら、十分楽しめました。

50歳になったのを機会に、去年トライアスロン挑戦を決めました。

昨日はこの美しい白浜でトライアスロンのデビュー戦でした。

今回の目標は完走、ではなく「海で死なないこと」。

この日に備えて近くの県営プールで練習を積んできましたが、海で泳いだのは去年の秋に1回だけで、このときは何とか900mを泳ぐことができました。

今シーズンは結局海練ができないまま、本番に臨むことになりました。

スタート前、埼玉から駆け付けた僕のマラソンとトライアスロンの師匠、Kさんと。

最高の天気に、べた凪ぎの海、そして素晴らしいコース設定。

でもスタート直後海に入った途端、プールとは全く勝手が違います。

顔をつけると海水というだけで「怖っ」。

何とか泳ぎだしてみたものの「やっぱ、無理」。

なんと約25mで、誰よりも早くフィニッシュしてしまいました。

課題は「海」ですね。

片男波で海練やって、出直します。

確かに海では死ななかったけれど・・・

・・・

この日は嫁さんと子供たちのバイオリンの発表会もありました。

トライアスロンで参加できないはずが、早々にリタイアしたおかげで、白浜から駆けつけることができました。

嫁さんはヴィターリの「シャコンヌ」

娘はヘンデルの「ソナタ」

息子はモンティの「チャルダッシュ」

何だか僕にはよくわかりませんが、それぞれ難しい曲を緊張しながらも精一杯弾いていました。

この日ダメダメだったのはお父ちゃんだけ・・・

横浜・横須賀・鎌倉

テーマ:

GWは横浜・横須賀・鎌倉に行きました。

昨年横浜の学会のついでに行って、横須賀と鎌倉が意外に近いことがわかり、今回は家族連れでもう一度訪れました。

・・・

横浜では中華街の夜を堪能。

横須賀では戦艦三笠を見学しました。

「坂の上の雲」好きの息子は、食い入るように見ていました。

日本海海戦の大勝利、でもこれが「大艦巨砲主義」を生み、のちの敗戦への引き金になります。

日本軍の敗戦を分析した「失敗の本質」(中公文庫)を行き帰りの新幹線で読みました。

・・・

鎌倉では大仏や鶴岡八幡宮に詣でました。

GWはどこも人でいっぱい。

そんな中、北鎌倉の建長寺では比較的静かに過ごせました。

・・・

最後に江の島に行きました。

昨年「湘南国際マラソン」で走ったコースです。

この辺りは首都圏の人が集まる広大なビーチリゾート。

須磨海岸の100倍くらいの規模はありそうです。(適当に言ってます)

さすがに水着の人は少ないけど、サーファーや家族連れでにぎわっていました。

お目当ては江の島水族館。

巨大水槽にイワシの群れが1個の生命体のように動き回っていました。

・・・

そして駆け込みで新幹線に乗車。

我が家の旅行はいつもハードスケジュールです。