院長夫人塾4期 第2回 レポート | 院長夫人のための人気医院に必要なスタッフ教育とコミュニケーション

院長夫人のための人気医院に必要なスタッフ教育とコミュニケーション

院長夫人のファシリテーション力を生かし、医院経営に必要な組織のモチベーションを強化。夫が代表を勤める歯科医院で培った医療現場から、医療に専念出来るようサポート。内側から活性化する医療マネジメントをお教えします。


テーマ:

●院長夫人塾4期 第2回 レポート

 

 

こんにちは。

 

 

今田秀子です。

 

 

まだ8月にもなっていないというのに、

連日の猛暑💦

 

 

今年の夏はやる気ですねっ!

 

 

さて、ご報告が遅くなりましたが、

先週の日曜日は院長夫人塾4期の第2回目の講座でした。

 

 

岐阜県からご参加の受講生に言わせると、

東京は涼しいとのことでしたよ~Σ(・ω・ノ)ノ!

 

 

盆地の熱さは強烈なのでしょうね!

 

 

第2回目の講座では、主にスタッフとの関り方について。

 

 

私が約7年ほど前から実施している個別の面談について、

お伝えしています。

 

 

人材派遣会社のコーディネーターとして勤務していた私は、

毎日4名の方との面談を経験しておりますので、

比較的、導入までのハードルは高く感じることは無かったのですが、

実際、ご経験がなければどのように時間を使ってよいのやら?

と、不安に思われるようです。

 

 

まずは、あまり堅苦しく考えずに、

 

お給料明細を渡すときに、少しお話をする。

くらいから始められる方が多いです。

 

 

少しの時間でしたが、面談ロープレも実演させていただきました。

 

 

突然のふりに、とてもヘビーな面談となりましたが・・・(^-^;

 

 

受講生の感想をご紹介しますね。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今まで自分がやってきた間違っていたいたことも、

間違っていなかったことも、両方感じることができました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

両方、感じていただけて良かったです^^

 

 

ただ、

 

「間違っている」

「間違っていない」

 

という考え方で進めるより、

 

「スタッフが今どんなことを考えているのかな?」

 

と、興味をもって聴くことがまず大切なのですよね。

 

 

それが、どんな内容であっても、

まずはそう思っているということを受け取る。

 

 

そして、それを評価判断するのではなくて、

 

「どうしてそのように考えるのかな?」

 

と、興味をもって確認していく。

 

 

そんなことを繰り返しながら、

少しずつ信頼関係を築いていただきたいと思います。

 

 

 

医療人財コンサルタント 今田秀子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス