感謝の気持ちがでてきました | 院長夫人のための人気医院に必要なスタッフ教育とコミュニケーション

院長夫人のための人気医院に必要なスタッフ教育とコミュニケーション

院長夫人のファシリテーション力を生かし、医院経営に必要な組織のモチベーションを強化。夫が代表を勤める歯科医院で培った医療現場から、医療に専念出来るようサポート。内側から活性化する医療マネジメントをお教えします。


テーマ:

●感謝の気持ちがでてきました

 

 

こんにちは、今田秀子です。

 

 

出会い、ご縁、どなたでもそうでいらっしゃるとは思うのですが、

特に、私は、この出会いとご縁、そして仲間を

大切に大切に生きてきました。

 

 

私自身、人生の転機や大きく進化成長する時には、

必ず有難いご縁がありましたし。

 

 

人知を超えた(大袈裟?いやいや本当に)

思議なめぐりあわせを感じることも少なくありません。

 

 

まさに、ひとつひとつの出会いは奇跡!

 

 

なのだと思うのですよ。

 

 

大切にしていきたいものですね。

 

 

院長夫人塾も4期目に突入し、受講生も10名になりました。

 

 

本当に有難いこと。

 

 

来年1月以降にはなりますが、5期の開催も決まっています。

 

 

詳細が決まりましたら、またお知らせします。

 

 

もうしばらくお待ちくださいね。

 

 

さて、今日も受講生の感想をご紹介します。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

スタッフのことを客観的・俯瞰的に観るワークで、

 

今までスタッフのことを漠然としか、よくわかっていなかったのですが、


表にしてみることでトータルでうちの病院を支え合って、


なりたっているんだなと感謝の気持ちがでてきました。


新たな気づきができました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

素敵な気づき♡

 

 

スタッフひとりひとりの強みと弱み、

良いとか悪いとかではなく、

それを理解しあった関係で、どう補い合っていくのか?

 

 

弱みだと思っているところって、

 

 

本当に弱み?

 

 

なのでしょうか?

 

 

少なくとも私たちはそのような視点をもって、

スタッフ達と関わりたいものですね。

 

 

医療人財コンサルタント 今田秀子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス