実績と人格は分けて考えるべきか?

って問いが何故にぐるぐる回っているかと言うと、実績があるため人格は見ないふりして「ナァナァ」になっていることが多くて仕事に支障を来たしているからであった。

世界を見回しても「見ないふりしてナァナァになっている」ってのが散見されますよな〜。

政治の世界なんて、まさにそうなのではなかろうか。

政治は、実績とは異なる別の次元の歪んだ価値観が大きな顔して蔓延っている感じだけど。



ライトワーカー視点でいうと、
「悪い奴ら」のほとんどが「実績を隠れ蓑にして悪いことばっかりやっている」わけですよ。

順序が違うかな。



非常に悪い存在は、
権力を恣にできる状況を作り出した。

そうして、どんどん「実績のようなもの」を作り出していく。
悪さでもって作り出した、権力、財産、立場、肩書き、実績。

人格が、どれほどであろうと、構わない。
表舞台では、人格を、それはそれは上手に隠すことに長けているから易々とバレない。
嘘をつくのが、どえらい上手。

巧妙に作り上げられた世界は、権力、財産、立場、肩書き、実績によって評価される。
多くの人が平伏すのは「人格以外のパワー」である。

なんで「人格以外のパワー」に平伏すかっていうと、そのパワーによって、自らにとって不利益な状況へと突き落とされることが容易に想像できるから。
最悪の場合は、死である。
もしくは、自分が死ぬことよりも苦しい状況である。

これを地球規模に展開させ、複雑極まる分断と対立構造を、狡猾な残忍さでもって構築しているのが、現在の地球を支配している「悪い奴ら」なわけである。



話が逸れてしまった。



実績があるため人格は見ないふりして「ナァナァ」になっていることが多い。

実績重視の判断をする社会。それに慣らされてしまった人類。

実績があるから、信じるに値するだろうという推測。

たとえ人格に大きな問題を抱えていようとも、実績を重視する。

ゆえに、現場では不幸が頻発する。

そこで達成する結果は、本当に実績に拠った素晴らしいものになっているのか?

関わった人みんながハッピーになれたのか?



虐待に近い労働を強いて、良質で安価な商品を販売、多くの人が手にして喜んでいる。あたかも経済が回っているように見える。

しかし、それは、本当にハッピーか?

不幸になっている人がいることを知っても、まだそれを手にすることができるか?



実績と人格って、分けて考える必要あるの?

そもそも、なんでそんな問いが発生するの?

という気持ちが強いなう。



実績があろうがなかろうが。

一緒にいて、楽しく、気持ちよく、心地よく、ハッピーに仕事できるか否か。

じゃないの?

関わる全ての人がハッピーでいられているか、そこが大事なんでないの?

実績って、そんなに大事?



実績ある人と一緒に何かをやれたら、それで嬉しくハッピー?

その裏で、傷つけられた人、悲しんでいる人、心が壊されちゃった人がいると知ったら、それでも変わらず嬉しくハッピー?



自分は、それを望まない。

実績を振りかざして「のうのう」としている人とは一緒にやれんですよ。



けど、頭をよぎるんですわ。

これはワンネスか?

愛か?

対立じゃないの?

否定してるよね?

と。



そこまで寛大になれない。

まだまだ未熟。

そんな次元には到達できてない。

到達できたらなぁ、とは思う。

到達したい。

しかし、どう客観的に考えても、イベント後になるだろう。



「実績と人格」ブログを書いている中で、

ひとつ、示唆に富んだ言葉を頂戴した。

取り上げつつ、自分の言葉を織り交ぜて書いてみるです。



実績になびいてしまう人たちの状態が問題なのでは?

その存在に実績があって影響力を行使しようとしていても、受け取る側が、自分軸で物事を考えて判断できるようになれば良いのではないか?

実績を喧伝して振りかざすメディアなどに従ってしまう状況や状態からの解放を促していければ良いのでは?

識別力を取り戻す手伝い。

識別力を持とう、という気づきを促すアクション。

それを推し進めれば良いのでは?

それがライトワークになるのでは?

地球解放の突破口に繋がるのでは?



ふむ。

では、それは、何か?



疑う、ってことだろうか?

なんでも疑え、疑心暗鬼でいろ、ってェわけじゃない。



直感を信じろ、ってことかなぁ?

なんか、おかしいぞ?

と感じたら、それを押しとどめたり見ないふりしないで信じる。

実績に流されない。

自分の感覚に従う。

自分の心地よさを優先する。

自分軸で行動する。

これかな?



自分が感じている違和感を解消していく。

無意識的に蓋をしている感覚に対してセンサーを働かせて気づいてあげる。

この情報は信頼に値すると思って指針にしていたけれど、どうも最近、読んでいて心地よくない、なんか変だなぁ、と思ってるんだよね〜……。

こんな違和感に、まず気づく。

気づいたら、そこから離れてみる。

自分が心地よいものに触れるよう、意図して行動する。

これを、いろんな場面で発揮する。



言うは易し。

行なうは難し。

ですけども。



そろそろ、この話題も終わりにしたい。



なんでこんなに引っかかって3回にもわたり書いてきたのか?

HAL 自身は、実績で判断しないで行動する!

って選択をね、できてると思ってるんですよ、一応ね。

自分が心地よいな、楽しいな、良いな、と感じるか、思うか、それを絶対の指針にしているつもりなんですね。

けども、周りは、そうでない人が多い。

一般的には「実績に従う」ことは「よし」とされてるからなんだろうな、と思ってるんです。

HAL の方が、異常、異端、変な人、自分勝手でわがまま。

そんな風に見られていることがね、あると思ってます。

けども、言いたい。

それを良いと判断した選択は、本当に自分軸か?

どこを「良い」と判断したのか?

周囲の評価、実績によって下された「他人軸による選択」ではなかったか?

自分は本当に心地よいのか?



心地よい方を選択することって、ライトワークに繋がると思うんす🌟

だって、心地よければ、自分が楽しいわけで、ハッピーなんだから。

それは、良い波動を放つんじゃないかなぁ😊

光が強まるんじゃないかなぁ✨🍀✨

自分に嘘をついた心地よさでない限り、なんだけど(笑



自分に素直になる。

自分の直感を信じて従う。

ってなぁ、ハイヤーセルフとか、高次の意識と繋がってることになると思うんですよ。

光と繋がってるパイプが、活性化して、太くなっていくと思うんですよ。

そうすりゃ、光の拡大や定着に結びつくだろうし、性の統合やら、もっと女神エネルギーを定着させることにも繋がっていくと思うんす。



上手く着地できないんですけども。

みんな!

もっと自分に素直になって、直感を信じて、行動しようぜ🌟

ってことで結びにしておきます(笑

3回にわたってお付き合いくださって、どうもありがとうございます(^o^)/

実績と人格は分けて考えるべきなのであろうか?

という前回の続きでござんす。
▼ 前回の話

 



前回のを書きながら、
あれこれ考えてる時に、
思ったんである。



すでに亡くなっており、
歴史の本などで「偉人」と紹介される人の場合、
人格がめちゃくちゃであったとしても、
実績の方だけで評価しちゃうなぁ、と。
実績重視で評価されとりますよなぁ。

人格って、どーでもいーのかもなぁ、と。

どーでもいー。
って言ったら言い過ぎかもですが。



例えば、エジソン💡
電気とか電話とか、発明王として有名。
「世界の偉人」なんてゆー漫画全集とかに必ずいる系。



でも、一方、訴訟王だった。
とか。

初めて作った人は他にもいたけど、
エジソンはプレゼンとかパフォーマンスが優ってた。

なんて話を聞きますな(うろ覚え)



ニコラ・テスラの技術なんかは、
エジソンに潰された。
なんて話も聞きますね(うろ覚え)



ニコラ・テスラといえば
いま映画やってるけど、
面白いのだろうか。
観た人、います?

 



閑話休題。



エジソンに限らず、
発明とか発見とか、
初めて作ったとか、
そーゆー偉人。

取り上げられるのは「実績のみ」だったりもして、
どんな人であったか?
まで踏み込むものは、そんなにない印象。

「人格を知りたい需要は多くない」のかもしれない。
実績と名前だけ知っていれば、テストで良い点を取れる、みたいな感じで。



過去の偉人は、実績だけ見ることが多い。

最初に知ることになる接点からすでに実績と人格が切り分けられている。

人格に問題があったとしても、

 やっぱり偉人は違うね〜☆

なんて具合に片付けられておしまいな気がする。



これは、どういうことじゃろうか?



生きている人に対しては、
実績と人格を切り分けて考えにくいが、

すでに亡くなっている人は、
実績と人格を切り離せる。



リアルタイムで人格を感じられる何かを見聞きする機会があると、
自分の感情が、それを体験してしまうから。
であろうか?



「偉人」が同時代に生きていたとしても、お互いが生きているとき偉人の実績について知る機会が存在してなくて、偉人が亡くなって初めてその情報に触れる場合は、実績だけにフォーカスが当たって実績だけで「偉人」を捉えることができ、後から人格エピソードを聞いても大きな影響を受けなかったりするのであろうか?

はてさて……。



だがしかし、これは HAL の観点であるゆえ、人によっては「偉人であっても実績と人格を切り離して考えるのは困難である!」って人もいるかもしれない。その可能性はゼロじゃないはず。



あ!
でも、ちょい待ち。

「偉人」であっても実績と人格が分かち難く結びついているケースは、ありますわね。

例えば、表現者。

アーティストってぇんでしょうか。

芸術家ってェんでしょうか。

そういう人たち。

哲学者も、そうかな?

小説家、作家とかも。



どんな時代に、
どの国で生まれ、
どんな生い立ちで、
どんな性格で、
どんな生活をしていて、
どんな人だったのか?

ゆえに、このような作品が生まれた。

よって、この作品を評価する際には、作家のことをよく知らなければ正しい評価ができない。

みたいな。



まぁ、評価なんて、読む人、観る人、聴く人によって変わるんで。

受け手側の素養、生まれた国などによる文化慣習風習の違いでも変わってくるはずで。

作家の伝記を読めば、より作品について深く理解することが可能になるかもしれない。

ってことであって「正しい評価」ってなんじゃ?って話で。

何をもってして正しいと言うのか?って話で。

んなもんは、視点によって変わっちゃう。

時代によっても変わっちゃうわけで。

そもそも、いま伝えられている話は、本当に本当に「真実か?」って場合もある。

実は美辞麗句が並べられた虚構の可能性もあったりなかったり。



諸行無常……。



例えば、例えば。

芸術について全然知識もない人が、

とある作品を観て、ズガーン!と雷に打たれたような感動的なショックを受ける⚡️

その作品の作者が、無名だろうが、有名だろうが、関係ない。

その感動は、その人ならではもの。

感動したのは本当で、泣いちゃったりしてね。

その人にとっては、その評価が本当。

以来熱烈なファンになる。

みたいなことは、起こり得るわけで。

外部の評価は微塵も関係ない。



ここまで分解しちゃうと、実績と人格、そのジャッジって、なんなん?ってなるなぁ(笑



こんがらがってきたので、整理してみよう。
と思ったけど、整理は次回。
まだ続いてしまうのであった。

 

実績と人格は分けて考えるべきものなのか?

という問いが最近 HOT なんである。

小麦粉を使っていないスイーツや食事のことを楽しげに書いている裏側では、こういったことを真剣に考えているのである。

 

ライトワークもやっているのである。

 



冒頭のお題。
いままで考えたことがなかった領域であった。

どう思う?
なんていきなり問われたら、
どう答えて良いか、わからなくなる。

皆さんは、どうでっしゃろか?



考えたことあります?

実績と人格は分けて考えるべきものなのか?

と。



堂々とした実績がありつつ、
人格がヤバい人。
割と、そこかしこにいる印象。

この1年のニュースを振り返ってみるだけで
多々、散見されるなぁ、と思う。



例えば、超有名 CM を数々手がけている。
しかし、人格が疑われる発言をする。

とか。

超有名企業の社長である。
しかし、人格が(以下略)

みたいな。



他にも探せば、
ごまんといることでしょう。



実績と人格。



実績と人格、ねぇ……。



分けて考える必要、あるのかな?
なんで、分けなくちゃいけないのか?
分けないでも良いんでないの?

とゆー言葉が、いま、ポッと出てきた。



これが、自然体の考えかもしれない。



確かにすごい実績があるかもしれない。
でも、人格として、どうよ?
となった時に、
「ちょっとなぁ……」
「これまでと同じように見ることできないなぁ……」
ってなる。

大半の人が、こうなのではないか?
と思ってしまうのだけれども、どうなんだろう?



自分が、一緒に仕事をするとしたら。
と自分ごととして考えてみると、

人格を重視するなぁ、と思う。



すんごいアイデア豊富で
バリバリ仕事できて
こりゃすげぇや!
って思える人。
でも、口が悪い。
自分勝手、横暴極まる。
すぐに誰かを攻撃する。
ネガティヴな気持ちにさせられること多々。
「結果としての仕事」はスゲェなぁ、と思えたとしても、
ちょっと「人」としては尊敬できない。
一緒にいて楽しくない。
そんな人と一緒にいる自分。



……。
うーん。
どうなんだろうなぁ。



やっぱ、無理かなぁ。

一緒に仕事するなら、
この人と一緒で、良かったなぁ、嬉しいなぁ、楽しいなぁ、ハッピーだなぁ〜♪
と思える相手が良い☆
互いに黙っていても、気まずくならない存在が良い。



ウマが合う。
波長が合う。
ここらへんを重視したい🍀



仕事が、超一級品でなくても良い。
そんなの、自分だって、そうだから。
自分のレベルだって、そこそこさ。

しかし。
自分にしかできない表現はある。
その点で言えば、誰だって超一級品。
誰もが、唯一無二の感性。
表現力を持っている。

その人だけが持っているセンスがある。

視点がある。

経験値がある。


センスの調和。
個性のハーモニー。
心地よい旋律を奏でられるか。

そこを重視する。
重視したい。



仕事で、
同じ課題解決へ向けて、
同じ目的を目指し、
同じ作業を分担していく、
共同作業。

その人でなければ絶対できない表現があったとしても、
やな気持ちにさせられるのが、もう最初っから判ってる。
それ、一緒に組む必要はなかろうて……。

ならば。

 

限りなく近い結果へ辿り着けるよう、別案を考える。
心地よく、最後まで走っていける環境、チームを築く。
そうしたい。



と、ここまで書いてみて。
いろいろ考えちゃう……。



例えば、役者だったら?
イラストレーターだったら?
声優だったら?
その人でしか再現できないものが必要だったら?

「仕事」として割り切るっきゃないのかなぁ……。
と、土の時代的な自分が未練がましく思うなぁ……。



でも、やっぱ、最後にモノを言うのは、人柄なんじゃなかろうか。
いや、それとも実績か?

んー……。
考えれば考えるほど、ドツボに嵌る感じだなぁこれ……。
究極の選択に近いんでないの?


 

仕事のとき、新しく何かに取り組むとき、
HAL が念頭に置いて考える目的や姿勢って、こんな感じなんですけどもね。

 

目的は、より良いものを作ること。
それによって、世界が抱えている課題を解決すること。
結果、多くの人に喜んでもらえること。
世界が良くなること。

これを実現させるための最善で最強の選択は何か?

目の前の課題が解決すれば良いわけじゃない。
もっと広い領域で世界を捉える。
都道府県も越え、国も越え。
出来るだけ広い HAPPY になるよう考えてる。

そうして取り組むとき、
自分が HAPPY じゃないって、どうなん?笑



最善で最強の選択は何か?

ってのに応えるならば、

人格じゃなくて実績なのかなぁ……。

ここだけで考えると実績だなぁ……。



でも、これって、土の時代的なんじゃね?
とも思う。

価値を「結果」に置いてるわけよね?

プロセスは考えてないよね?

実績とか結果って、
土の時代的なのでは?

斜めから見てるだろうか(笑



もとい。



仕事として、最良の結果を目指したい。
多くの人に喜んでもらいたい。
良いものを作りたい。
そりゃあ、そうである。

けども、自分が楽しく取り組めなかったら、しょーがなくね?
プロセスの間中、ずっと不快な気持ちだったら、楽しくなくね?
途中で、いやんなっちゃわね?

結果だけ良ければ OK なん?
実績が積み上がれば OK なん?

軽やかに、楽しく、ハッピーで調和的な方を選びたくね?
そっちの方が、風の時代、水瓶座の時代じゃね?



うーん……。
葛藤だな、これは!笑



でも、感覚的に選ぶなら、
人柄重視だなぁ。



スゲェ難しい問いだなぁ……。
と思う。

いろんな人の感想、意見を聞きたい、これ。

コメント、お待ちしております m(_ _)m



書いてる中で、もうちょい思ったことがある。
がしかし、長くなったので次回へ続くますます。

 

小麦粉を食べないで生きていくには?

というのは、なかなか興味深いものである。

だって、ありとあらゆるものが、小麦粉なんであ〜る。

これはもうね、驚きまっせ!

やってみると、わかるぞよ。

生命に関わるアレルギーを持っている方は、めちゃくちゃ大変と思う。

HAL は、そこまで酷くないから、興味深いとか言えるのです。



前回、スイーツの話を書きました。

洋菓子は、ことごとく小麦粉で出来ている。

ほんと、ビックリするから、マジで原材料意識してみると世界が拓けると思うんす。

小麦粉に支配されていまっせ。



でね。

おやつなんてなァ、主食にならんので、まぁ、どうにかなりますけれどもね。

主食となると、これがもう、もっと大変なのだ!



パン、パスタ、無理。

お手軽な軽食は、ことごとく無理なんである。

イタリア料理も、ほぼ無理なんですわ。

ドリアのホワイトソースは小麦粉でできている。

サイゼリアには、行けない。

うどんも、ダメ。

丸亀製麺で、ずぞんぞ、と啜りたい。

香川県も楽しめない。

蕎麦もね、大半が小麦粉入りでっせ。

二八蕎麦っていうでしょう?

あれは小麦粉とそば粉の分量なのよね。

小麦粉2:そば粉8。

十割蕎麦が存在していることが救い🌈



どんぶり系、定食系も、小麦粉だらけなのである。

カツ丼、天丼、トンカツ、唐揚げ……。

ほぼ肉系という感じでもあるね。



竜田揚げは、片栗粉で揚げられているので、OK☆
しかし、鶏肉なんだよねぇ……。



日本のカレーは、全滅と思ってよろしい。

カレールウは、小麦粉なんだよね〜(>_<)

なので、自然とインドカレーになる。

スパイスで自作するようになる。

だって、カレーは食べたいじゃないですか〜🍛✨



洋食屋さんで食べられるのは、
おおよそオムライス一択である!


中華料理は、だいたいOK🌟

チャーハン、炒め物、麻婆豆腐などなど。

ありがたや……。

餃子は食べられない。

飲茶は無理である。

小籠包……(TqT)



自宅では、ご飯が中心だけれども、

麺が食べたいってェのが人情でっせ!

そんな人に心強い味方🌟

ビーフン!

フォー!

この2つは、超絶心強い存在🌈

あとは、十割蕎麦ね。



ザザザッ、と書いただけで、これくらい。

個別に書くと、もっと面白い話が書けると思うんだなぁ〜。

「小麦粉を食べない食生活」

これ、一つ、大きな軸にしてやっていこうかな(*^o^*)



グルテンフリー。
脱・小麦粉な方。
情報交換、共有して楽しい食生活にしませんか?
(^o^)/

世界は小麦粉に溢れているのだよ、ほにゃらら君。

小麦粉が入っていないものを探すのは、本当に、なかなか骨が折れるんでござんす。

うへぇ。



小麦粉が食べられない HAL です。

前回、そんな話を簡潔に書いてみたら、

あれも書ける、

あれも書きたい、

ムムム!

となったので、書いてゆくのであった。



小麦粉が食べられない。

とゆーことは、どーゆーことか?



おやつに、ケーキ、クッキー、ケーキ、クッキー、などが食べられないとゆーことなのですよ!!

ぎいやあああ!!



ケーキは、ショートケーキをはじめ、モンブラン、ザッハトルテ、チョコレートケーキ、チーズケーキ、ティラミス、ミルフィーユ、カヌレ、シュークリーム、エクレアなどなどなどなど、ケーキ屋さんのショウケースに並べられているほとんどあらゆるものが食べられないんであーる。

これを悲劇と呼ばずして、なんと呼ぼう!!

(´;ω;`)ブワッ


ケーキ屋さんに行って、食べられるものっちゅーたら、プリンくらい?

(๑´ڡ`๑)テヘペロ

でも、乳に卵だよなぁ……。

ってゆー。

ね!!



昔主食にしていたココナッツサブレとかも買えないし食べられないわけです。



なので、自然、和菓子に目が向きますね〜♪

和菓子、最高☆

おはぎ、大好き✨🌈🍀



ゆーても、山奥に美味しい和菓子屋さんなんぞがあるわけでもないんでね。

たまぁ〜に食べられる。

その時、嬉々として喰らう!

ってゆー程度で。



美味しい和菓子。

常に身近にあってほしい。

そう願う。

日本各地の、これぞ!っていう和菓子も、あれこれ食べたい。

「妙な添加物入ってないやつ」という注釈がつくけれど……。



赤福食べたい。

あれは、なんですかね。

忘れらんねぇな、夏!って感じですよね〜。

あの、へらが、またね、いいんですよね!

赤福にしか使えない感じが、いい☆



和菓子、好きです。

和菓子、LOVE。

でも、本当は、美味しい小麦粉ケーキもむしゃむしゃしたいのであった。

(´;ω;`)ブワッ

小麦粉が食べられない。

だから、おやつは、お煎餅がメインだ☆


好きなものは、揚げおかき(塩)である。

好んでボルボル噛み砕いている。

しかし、ここへ来て変化がやってきた。



油っぽいもので、胃がもたれる(笑

これが加齢というものなのですねぇ……

揚げおかきだけでなく、最近は飲食物全般の変更がクローズアップされてきているのであった。



甘いものも、控えるようになってきた。

チョコレートばかり食べていて
「主食はチョコレートだ!」
とのたまっていた頃もあったくらいなんだけれども、
ここのところ、だいぶ抑えられるようになってきた。



油も控えめを意識。

炒め物のときとか、気を使って作ってる。



先日、カレー屋さんに行った。

ミャンマーのポスターが多かったから、

ミャンマーカレーと呼べば良いのだろうか。

まぁ、日本各地にある、ナンが食べられる、ちゃんとしたカレー屋さんである。

ダルカレーなんかがラインナップされている、あれです。



食べたカレーが油っこかったからだろうか。

単に食べ過ぎたからだろうか。

噛まずに飲んでいるからだろうか。

店を出てしばらく経ったあとから、

終日、寝込む有様で。

 

めっちゃ胃腸に負担がかかってるなぁ〜……

 

という具合だった。

 



こりゃあ、本気で食を変えていかんければ。

と思ったんであった。



あと、よく噛むこと。

割とすぐ飲んじゃう。

昔っから。

ちゃんとよく噛むようにしたい。



原材料名の話も書こうかと思ったのだけれど、
それを書き出すと果てしない上に、
勉強不足も甚だしいので見送るに至る。



食について話し出したら、
果てしなくなるジャンルですけれども、
とにもかくにも、
自分の肉体のすべてを形作るもの。
選べる限り、良いものを選んで口にしたいところであります。

(^o^)/

HAL が活動指針にしている The Portal が更新されたんでシェアしまっす(^o^)/
 

 


今回の更新内容は

どれも注目に値しますねぇ〜。

 

毎回、無駄のない、

大事な内容がぎっしり。


その中でも、広く一般的に注目できるのは以下の部分かな、と思いました。



(略)ここ数週間で人間の感情の起伏が大幅に減少しました。また、アカシックレコードのほとんどが除去されました。これは、過去の出来事の記録が削除されたことを意味するものではありません。光の勢力は、過去の出来事のネガティブなエネルギーや感情の排出をすべて取り除いているだけで、これで感情のリリースや許しがより容易になります。(引用終わり)



感情の起伏が大幅に減少した。

感情のリリースや許しがより容易になる。


ここですね〜☆

これ、大きいと思います✨🌏✨



宇宙人とか、地球を支配している悪い奴らがいるんだ、とか
霊的なこと、魂的なことに興味関心がない人たちにも、
実感としてわかりやすい領域と思うのだ。

 

あれ?

なんか最近ラクだなぁ☆

 

みたいな。

 

 


ここから、世界のおかしさにハッキリ気づく。
監獄地球の真実に触れ始めていく。
光と繋がりだす。
なんて流れが生まれていけ行けGOGO😊



イベント後、悪い人たちがどのようになるか。

ってことも、細部まで具体的に書かれてて、
現実として目の前にやってくるのが近くなってきたんだろなぁと思った次第です。

着実に進んでいるようで、
心強く励まされた今回の更新でした🌟

 

 

 

▼ 詳しくはこちらから(^o^)/

 

 

今回の更新に載ってた文字入り画像 ↓

 

 

DeepL 翻訳にかけたんで、

それも載っけておきます(^o^)/

 

私たちは放浪者として始まり、今も放浪者であることに変わりはありません。

私たちは、宇宙の大海原の岸辺で十分に長居をしました。

私たちはついに星に向かって船出する準備ができました。

 

 


引き続き、定期的な瞑想で地球と人々の状態を安定化させて、
余計なものと繋がることから離れて、
自分と繋がることを意識して、
光の強化、定着、
ゴールである地球解放まで、
愛と光を放って、

日々を豊かに過ごしていきましょうぞ〜☆

えいえいおー(^o^)/



▼ 英語の原文はこちら

 

ネットから離れることで得られる効能を身を以て体験したんで、積極的にネットから離れていたい気持ちがありながらも、連投せずにはいられない心持ちなんですが、しかし星読み yuji さんの如くブログを書きまくるってェのは無理だなぁ、と感じている連休明けの HAL。



連休中は、やっぱり、仕事がないだけあって、好き放題やれますねぇ。

平日になった途端に好き放題やれる時間が極端に少なくなる。

けれども、何かしら投稿しておきたいなぁ、と思い、書くのです。



なぜかというと「発信する」って行動自体が大事なんじゃないか? とゆー思いが、フツフツとしているからで。



なぜ大事と思うか?

自分自身と繋がることになるから。
かな、と。



SNS やブログで毎日なんでも書くってことが、自分と繋がることに直結してるのか断言はできないんですけども、少なからず影響してるんじゃなかろうか、と思ったのですよ。



ネットから離れることは、外界を遮断すること。

結果、自分と繋がる時間を確保できる。

これは、間違いないと思うのだ。



一方で、自分の言葉を、形にする。

ってこともまた、自分に繋がる行為と思うのだ。



そんなら誰にも公開せずにひっそり書いていれば良いじゃない。

って言われちゃうかもしれないんですけども、

「見せる」ってことでしか起こり得ないことが起こるのだ。

不思議だなぁ、と思うこと、しばしばなのだ。



自分の言葉で、なにがしかを綴る。

それを、不特定多数の人に、見せる。

これって、一方通行だけど、コミュニケーションでもあると思うのだ。



あ。

「読まれることを前提にして言葉を綴る」

ってことが大事なのかなぁ。



そうすることで、自分の言葉に責任が生まれる。

責任っていうと大袈裟かもしれない。

けど「責任」って単語が、いま、しっくりくる。



責任が生まれると、綴られた言葉は、本当に自分の言葉かな?

という確認作業が生まれる。

この言葉は、本当に自分の言葉か?

と確かめることで、自分と繋がる。



なあんて思うんですけど、
どうでしょうかね😊



文章を書くのが苦手だー!とか

何を書いて良いかわからーん!とか

であっても、書く。

書いてみる。

すると、何かが動く、変化する。

動いたことで、何かが見えてくる。

みたいな。



「偏愛のシェア」って言葉が、ここのところ、よく浮かぶ。

偏愛ほどじゃなくても「好き」でも良いと思うのだ。

「自分の好き」を言葉にする。

それだけで、自分と繋がる行為になるんじゃなかろうか、と。



そんで、書いた「好き」に誰かが反応してくれると、嬉しいわけで。

「同じ好き」を持ってる人に会える、ってのは、嬉しいわけで。

 

でも、反応を求めると、本質からズレていく。

 

反応なんて気にしない。

 

求めてはならない。

 

外界に自分の評価を委ねてはならない。

 

自分が楽しく書けているか、どうか、それがまず最初に重要。

 

 

 

好きを出して、楽しくなってきたら、


これまで閉じてた扉が開いたり、
途中で止まってた引き出しが奥まで引き出せたり。

なあんてことが起きたり起きなかったり。



好きを見せる。

ってなァ

ハートを開く。

ってことよなぁ。

と思ったりするのです。



それとか、

自分の光を放つ。

みたいな感じかなぁ、とも。

 

 




そんなこんなで。

とにかく書いてます(^o^)/

ちょっと YouTube を覗いてみると、リストに上がってきた動画が気になってしまい無尽蔵に動画を観続けてしまう罠は、世界的に有名ですね☆



本日、罠にかかりまして。

サカナクション「新宝島」

いつも喜んで罠にかかりに行っちゃう、このPV。



観てるうちに、

 そうだ!
 好きな曲でリスト作ろう♪

と思い立っちゃいまして。

 


曲が好きなだけじゃなくて、
映像との融合がカッコイイもの。

何回観てもシビれるもの。

そんな観点で Choice。

ついでに記憶も探り、探り。
気づけば 30 個並んだ。



誰かの、こういうリスト。
観たことないんですけども、
趣味嗜好が一致してないと、面白くないんですかねぇ?

どうなんだろうか?



バリエーションに富んだ
イチオシリスト。

いろんな人の観ても、
楽しめるだろうなぁ、
観てみたいなぁ、
などと思いました🌟



HAL の Favorite リスト。

カッコイイの好きな人には、
胸を張ってオススメできるぜえ♪

映像観ながら、
聴いてほしいんだぜえ♫

やわらか、やさしいのも入ってます😊

 

 

前回の続きでござい。

 

言い換えのアイデア、コメントくださった皆さん、感謝☆

 

愛と光に包まれてハッピーになってしまえ〜♪

 


 


しっくり来る言い換え、あるはずなんだよなぁ〜。
ってツラツラ考えてたんですけどもね。

夜、お風呂に入ってる時、

 そうだ!

と思い当たりましたよ、あたしゃ。



つい最近、めっちゃ似たことを感じていたはずなんだけど思い出せない。そいつがメガネとの置き換えに、しっくり来ると思ってたんですわ。



それは、インターネット。



ネットから離れると、とても楽。
世界中の膨大なものから、離れる。
自分の手が届く範囲のことだけに触れられる。
余計なものが入ってこない。

多分、これが、一番自然な状態に近い。



ネットに常時接続していると、とても疲れる。
ついつい、あちこちネットサーフィン。
動画や記事や SNS、なんやかや。
自分とは無関係のものごとにエネルギが奪われていく感。
余計なもので、みっしりと埋まり、自分の大事なところが疎かになってゆく。

さっきのが「自然な状態」としたら
こっちは「異常な状態」なんだと思うんですわ〜。

 

 




最近、家族と近況報告したんですよ。
そしたら、こんなこと言ってました。

もう誰が何を言ったとか、どれが正しくて正しくないのか、
ここ1年ずっとそればっかりで何も解決されていかなくて、
ほとほと疲れちゃった……。
もう、ネットとか見ないで、
自分の好きなことするわ〜。

と。



宇宙人とかイベントとか、
そんなの信じられないよ。

って言ってた人が、
情報から離れて、
自分と繋がろうとしている。

この動きっつーか、流れっつーか。



社会全体で、こんな感覚になってる人、
どれくらいいるんでしょうかねぇ。

矯正/強制されるメガネ

外して、余計なものを見ないで、
手の届く範囲のものごとに意識を向ける。

自分の感覚と、より繋がる。



その先に、このカオスを終息させられる世界全体での動きとして、しっかり結びついたら良いな。

と思う次第でござんす。

日々、自分やソースと繋がるための思考や行動。
地球や紛争地域を鎮めるための瞑想。
地道にコツコツ積み重ねてって、突破したいッスね🌟🌏🌟

目に見えない変化は起きてるはずなんで、
周囲に流されず、地道に、コツコツ。

継続はチカラなりぃ〜(^o^)/