母ねずみのメモ帳
  • 24Feb
    • 父の三回忌

      もうすぐ亡くなった父の法事(三回忌)を行う日にちが、近づいてきました。92歳の母親もそれを行うまでは元気でいなくてはとがんばっています。母の思いを実現させてあげたいと思うのですが、世の中なかなかうまくいかないことが多いですね・・・。

      テーマ:
  • 09Apr
    • 新たにスタート!

      平成25年4月6日(土)に学研天正寺教室を開室しました。昨年の12月に学研教室をすることに決めてからは、日々の仕事をしながらの開室準備だったのでなかなか進まず焦る日々でしたが、なんとかオープンすることができました。 4月6日にはオープン記念として、お楽しみ会を開き、2組のご家族が参加されました。一人もこなかったらどうしようと思っていたので、本当にうれしかったです。10時すぎからはじめ、あいさつのあとは、2階のパソコン教室へ移動していただき、子供たちには、塗り絵とお絵かきをしてもらいました。難しいマウスの操作や、失敗したときの操作もすぐに覚えてとてもきれいに塗れました。印刷した作品は、お土産に持って帰っていただきました。また、そのあとは、ゲームをしました。大きな箱にいろいろなものをあらかじめ入れておき、手をいれて何かあてるというゲームです。手の感触だけであてるのはなかなか難しいのですが、とってもいい正解率でした。なにより「なんだろう」ってすることが、おもしろかったのです。そして正解したときのうれしいこと。やったー!って感じです。果物や野菜はもって帰っていただきました。子供たちはとても楽しそうで、おもしろかったといってくれました。一生懸命準備したので、本当によかったとホッとしました。学研事務局からもお二人のマネージャーがお手伝いにきてくださり、緊張している私たちの気持ちをほぐしてくださいました。いくつになっても初めてすることは緊張するものです。まだ、始まったばかりなのでこれから楽しい教室に向けて取り組んでいこうと思っています。

      3
      2
      テーマ:
  • 10Aug
    • 初めての花オクラ

      昨日受講者の方から花オクラをいただきました。家庭菜園で作られたものです。オクラの花はそれだけでもインパクトがあり、「これ野菜の花?」って感じですが、花オクラはさらにとっても大きい!花弁の長さは10cmくらいありました。ネットでいろいろ調理法を調べた結果、酢の物にすることにしました。ちょっと湯がいてから細かく刻んで調味料とまぜると、オクラのようにネバネバに。やっぱりオクラなんだなと妙に感心しました。飾りにオクラをいれてみました。やさしい味がしてなんだか気持ちがほっこりしました。

      テーマ:
  • 27Jul
    • そば食べました!

      縁あって立山町福田にある「そば処おきな」にいってきました。富山市から車で30分ぐらい田園風景を見ながら坂をいった先に、古い民家のようなお店がありました。広い駐車場の横には「みはらし台」があり、ほっこりするような景色がひろがっていました。さっそくお店の中に入ると、靴をぬいで畳の部屋へ行きました。広い中庭があり、とても静かで落ち着いた雰囲気です。私たちは、「天ざる蕎麦」を注文しました。細くてコシのある蕎麦でした。天ぷらもサクサクとおいしかったです。お店の方のにこやかな笑顔に送られて帰りには、「天かす」(おまけ)もいただいてきました。なんだか豪華なランチでした。

      テーマ:
  • 12Jul
    • 福井での出会い

      今年は交流分析1級講座にチャレンジしています。今月はどうしても日程の調整がきかず、地元の講座に出席できないことから福井の会場で受講することになりました。そして日曜日、朝6時過ぎのサンダーバードで福井へいってきました。最近は旅に不慣れな私は、切符を買うにもおたおたしたり、ホームへ行くのもうろうろしたりと本当に心配な状態でした。やっとのことで列車に乗って切符を見たら、なんと往復切符の帰りをだして改札口をとおってきていたのです。自分のふがいなさにがっかりしながらも、車掌さんが通りかかったときに聞いてみると、快く切符になにやら記入され、「メモ書きしたので通常通り使用していいですよ」とのこと。やっと安心して福井でおりました。それからバス停を探し、バスで会場にいきましたが、バスの本数が少ないせいで1時間も早くついてしまいました。そんなときのために大好きな本をもってきていたので休憩所で本を読んでいると「○○さんですか?」と声をかけられました。福井会場の講師の方でした。やさしく微笑みながら私を迎えてくださり、ちゃんと私のこと連絡がいっているんだなと安心しました。それから研修室へ入ってしばらくすると、受講者の方々が次々に入ってこられました。そこには以前みたことのある顔が・・・。産業カウンセラー講座でいっしょに勉強したAさんがいるではないですか!ひさしぶりでびっくりするやら、懐かしいやら、うれしいやらでなんだかいっぺんにいろんな感情が湧き上がってきました。初めての会場でアウェイ感でいっぱいな私だったのですが、すごくリラックスして講座に参加できた瞬間でした。おかげさまで失敗はいっぱいしたけど、楽しい講習で充実した1日を過ごすことができました。家族には、「羽二重餅」と「小鯛の笹漬け」をお土産に買って帰りました。

      テーマ:
  • 10Mar
    • Word2010で写真が丸くできない?

      Word2010の質問がありました。Word2010で写真を挿入して、写真を選択しても書式のリボンの中に図のスタイルグループが表示されなくなったというのです。写真を丸く編集したくても選べなくて困っているということでした。今日ノートパソコンを持参されたので理由がはっきりしました。写真を挿入したファイルはもともと古いパソコンで作成したWordの文書で、タイトルバーを見ると「互換モード」になっていました。図のスタイルグループはWord2007からのコマンドなので、古いバージョンで保存されているファイルでは使用できなかったのです。それでそのファイルをWord2010の保存形式にしたら、しっかりコマンドが表示されました。古い保存形式だとWord2010でも制限がかかるので、使用できなくなるコマンドがほかにもいろいろあるのでそんなときは2010形式で保存し直してみましょう。

      テーマ:
  • 28Feb
    • 初級教育カウンセラーの通知ありました

      12月に受験した初級教育カウンセラーの試験に合格しました。講座はとても楽しくいろいろな出会いがあり、とても勉強になったのですが、試験結果に関しては、実務経験を審査されるのでそれが不足しているのでは、と思っていました。学校の情報教育支援をしたことから、子どもたちとのかかわりについても悩むことがあり、これからますます深めていきたいと思いました。とにかくうれしいです!

      テーマ:
  • 13Feb
    • 交流分析士2級に合格しました!

      昨年の6月から勉強していた交流分析2級講座の試験結果が本日届きました。合格です。結果がくるまではなんとなく落ち着かなかったけどホッとしました。いろいろ勉強してきた中でいよいよ自分自身に向かい合う勉強をしてきたのですが、この半年で自分でいうのも変だけどすご~く素直になってきたと思います。私はもともと素直なほうなので、家族からは天然といわれていましたが、ますます素直になってきています。傾聴訓練にいったときもいろいろいわれても素直に聞くことができるようになったからです。そして感想がいえるようになってきました。正しい答えをいうのではなく、自分が感じたまま感想がいえるようになってきたのです。これは私にとってとても画期的なことなのです。私が合格したことで、家族全員が交流分析士になりました。家族の会話で交流分析のことばが標準語になってきています。ストローク足りなかったから、ストロークちょうだいっていうように。これからももっと勉強続けたいと思いました。

      テーマ:
  • 26Dec
    • 教育カウンセラー養成講座(基礎)に行ってきました

      12月23日(金)~25日(日)までの3日間(つまりお休み全部)教育カウンセラー養成講座(基礎)に参加してきました。教育カウンセラーは國分康孝先生が会長をしておられる日本教育カウンセラー協会が主催している資格です。受講者は24名で学校の先生や関係者がほとんどの中で一般で参加してきました。富山は教育県なので勉強会もさかんらしく、もう10年以上続いているそうです。講師の先生は現在活躍中の先生や教授ばかりで大変だったけどとてもおもしろかったです。3日間をとおして感じたことは、カウンセラーは特別に聖人にならなくてもいいかなということ。講師の先生方はどの方も個性あふれる方々でアナウンサーみたいに流暢に話される方ばかりではありません。でも実践を通して語られる「ことば」と「態度」にはとても深いものが感じられ、なるほど~としっかり納得することができました。とくに、若島孔文先生のカウンセラーの仕事は「○(まる)をつけることだよ」という言葉は納得でした。そのままでOKだよと認めることの難しさ。また、河村茂雄先生の集団に対するアプローチの仕方も大変参考になりました。今回2日目の午後は鹿嶋真弓先生がカウンセリングの理論を担当されました。先生は以前、NHKのプロフェッショナル仕事の流儀に取り上げられた中学校の先生でした。10年以上も前から教育カウンセラーの資格を取得し日々生徒にかかわってこられた経験をもとに講習されましたが、実体験をもとに語られる言葉は、とても力強いものを感じました。その日の懇親会では、先生の隣に席が当たり、心配でいっぱいだった私ですが、「こんなラッキーでいいの?」と思いながら、いろいろなお話をいっぱい聞かせていただきました。ちょっと参加してみるだけの講座だったのに大変すばらしい出会いがありました。最後の初級の認定試験はなかなか大変だったけどこれからも勉強を続けなければと思いを新たにした3日間でした。

      テーマ:
  • 27Nov
    • 今年も年賀状の季節です

      今年もいよいよ年賀状の季節です。本日年賀状の講座をしてきました。今回のテキストは、いつもより豪華な930円。CDが3枚もついています。いつもは500円のテキストだったのですが、今年はWordの解説がついている本がなかなかなく、やむを得ず豪華になりました。宛名印刷をするには、Wordを使うのは非常に難しく、面倒なことになるので、出版社も敬遠するのでしょうか?本当にとりあげているところがほとんどなく、「かんたんに」「すぐに」などのうたい文句のもとでオリジナルソフトをインストールするやり方がほとんどです。自分のパソコンを使用しての講座ならばいいのですが、教室のパソコンを使っているので、インストールしても意味がありません。とにかく、Wordでの使い方がありません。それでも、受講者の方々には作成したデータを印刷したり、CDにコピーしたりしてお土産をもっていっていただきました。私たちは、毎年12月20日過ぎになるのですが、今からデザインを決めていかなくてはと買った本(3冊)をぱらぱらと眺めている状態です。

      テーマ:
  • 23Nov
    • ひさしぶり

      忙しかった毎日の中で落ち着いてモノを考えることができず、ただ仕事をこなしていくだけで精一杯でした。それでも交流分析と傾聴訓練はすこしずつ受講して新たな気づきを得ることができました。自分を知ることはとても難しく、なかなか気づくことができません。もやっとした私の輪郭ですが、端っこのほうだけ細い線が見えてきた感じ。このあいだの訓練で自分のクセを知りました。自分が話しているときは「なんか」とか「ただ」ということばをよ~く使っているとか。しゃべる内容がまとまっていないとどう表現していいかわからずについ「なんか」といってしまうようです。「ただ」ということばの裏にはどんな自分の思いがあるのかいまはまだはっきりしていません。これから少しずつはっきりしていくのがちょっと怖いかも!?

      テーマ:
  • 18Jul
    • 交流分析士2級講座の2回目

      きのう、交流分析士2級講座の2回目がありました。9名受講者のうち半数が知人です。新しい分野にチャレンジするときは、多少不安をともないますが、スタートから知り合いがいるのはとても心強いものです。今までに他の家族が全員受講しているので、私ももう少し専門用語が使えるようになると食事の会話もはずむというものです。構造分析、機能分析というものを勉強しましたが、自分のエゴグラムがどんな傾向なのかということがわかりました。産業カウンセラーの傾聴訓練をしてからというもの、自分枠がすこしずつわかってきたので、昔はもっとCP(コントローリングペアレント)が高かったように思うのですが、今はそんなに高くありません。A(アダルト)や、FC(フリーチャイルド)が高くなってきました。最近思うのは、Pの高い人と話をすると私はとてもふざけたい気持ちになるということです。また、甘えたい気持ちになったり、からかったりしたくなるということ。今まではその気持ちが説明できなかったのですが、交流分析を勉強するとその気持ちが解明できそうなので楽しみです!

      テーマ:
  • 25Jun
    • 傾聴訓練の最終日

      6月19日の産業カウンセラー協会が開催している傾聴訓練に参加してきました。全4日の日程で、この日は最終日。いろいろな事情で参加者が少なく、どんな訓練になるのだろうとちょっと心配していました。また、指導者として北陸代表がこられるということでそれも心配の種でした。傾聴がなかなかできない私は、きびしく指摘されるとかなりへこんでしまいます。できない自分を前向きに認識できない私がいるのです。でも参加してとてもよかったです。すくない人数だったので、実際のセッションの時間を長くしたり、振り返りのときに、代表からいろいろ話を聞いたり、聞かれたり、指摘されたりしたのです。「もしかしてこれが、カウンセリング?」っていう気分を味わいました。それは、悩みが解決するということではなく、自分の頭が整理された感じでした。そしていま、悩んでいることに素直に向き合っていこうという気持ちでした。今、まだ受け入れることができずに、悩んでいることをそのまま受け入れてもらえた感じでした。あんなに心配していた訓練だったのに、最後の振り返りでは、素直に「胸のあたりがあったかくなりました」と言えました。これからも傾聴訓練は続けていくつもりですが、自分が受け入れてもらえた感覚を大事にしていきたいと強く思いました。

      テーマ:
  • 03Jun
    • Excel2010でCS検定エクセル3級にチャレンジ

      今日からCS検定エクセル3級受験対策講座がスタートしました。今回はExcel2010での講座です。2010での講座は初めてなので心配だったり、ドキドキだったり複雑です。18年パソコンのインストラクターをしていますが、初日はいつも緊張します。慣れるということがありません。どんな人たちなのだろうと心配したり、想像したりで会って反応を見るまで全く予想もつきません。だから、とても緊張します。45歳までは、毎回講座初日には、お腹を壊していました。家族からはいつも能天気だっていわれますが、実は繊細なところもあったのです。でも今は全く壊さなくなりました。45を境に図太くなってしまったのでしょうか?開講式の後で、自己紹介があり、受講者もそのあたりからリラックスしていったようです。がんばるぞというオーラがいっぱいで、いろいろな表情あり、反応ありでとても楽しい講習でした。来週からの講習が楽しみです。

      テーマ:
  • 22May
    • 交流分析入門講座に参加して

      今年はやっと交流分析の勉強が始められそうです。今日の午前中は、交流分析入門講座に参加してきました。朝から雨風がひどかったので、ちょっと嫌な気持ちで家をでたのですが、会場のサンシッップの地下駐車場にはいると外の天気も気にならなくなり、濡れないって最高!って思いました。会場につくと7Fの見晴らしのいい部屋でした。いままで、夫や二人の子供たちは交流分析を勉強し、それぞれ交流分析士になっています。私だけがのけ者だったのですが、これでやっと会話についていけるようになると思うととてもうれしいです。講座では、ストロークとエゴグラムについてのお話があり、実際にエゴグラムをとりました。今日の私は、FC(フリーチャイルド)が一番高く、好奇心いっぱい、楽しい気分で参加できたようです。カウンセリングを勉強すると傾聴するには自己一致が大事といわれるのですが、まだまだ自分を十分わかっていないことをいつも感じます。交流分析を学んで、これから自分をしっかり見つめていきたいと改めて思いました。

      テーマ:
  • 20May
    • こころの傷

      こころに傷をおったとき目にみえたらどうだろう。からだのあちこちにちっちゃなすり傷がいっぱいできたらどうだろう。斜めに切り傷のような線が現れたらどうだろう。胸のあたりに黒々とした穴がぽっかりあいてしまったらどうだろう。こころの傷が目にみえたら、きっと傷の手当てをしますよね。「痛いの、痛いの、飛んでけっ!」といいながらなでなでします。ちっちゃな傷だったら、傷バンをはります。大きな傷だったら、消毒して薬を塗り、包帯をします。でも手におえないくらい大きな傷だったら、お医者さんへいって治療してもらいます。やがて時間とともに、傷は癒えていきますが、傷の深さや、大きさによっては跡が残ります。なかなか消えない跡が残る場合があります。こころに傷をおったとき、最初にすることは、傷の手当てをすることだったんですね。こころの傷は目にみえないので、手当てをすることをうっかり忘れていました。そして、こころの傷の手当てが、カウンセリングなのですね。「こんなことしたから、怪我したんだよ。だからこうしたほうがいいよ」というアドバイスばかりしていたようです。まずはこころの傷を治す(癒す)こと。傷が治ったら、今度は怪我しないようにということで、アドバイスも大切なのですね。

      テーマ:
  • 10May
    • 今年の母の日

      5月8日は母の日でしたね。今年は事前に娘から食事に行くか、何かほしいものがないかと質問されていましたが、答えをいわないまま当日がきてしまい、娘は朝から仕事にいってしまいました。午前中は、息子の作業服がしっかり汚れているので、一生懸命洗濯です。まず1回目は、お湯で、予洗。2回目は、お湯に作業服用の洗剤を溶かして、1時間くらい漬け置きしてから押し洗いや振り洗い。3回目は、1回すすいでから汚れのひどいところを石鹸をつけてブラシで部分洗い。4回目は、やっと普通に洗濯です。なんとか時間を節約できないかと思案中なのです。午後は、天気が良かったので久しぶりに小さな庭の手入れをしました。草取りと、井戸水のため池のそうじです。ため池は金たわしでしっかり藻などをこそげとりました。どろどろしていたのがすっかり白くなり、びっくりするほど美しくなりました。夕飯のしたくをしていると、出かけていた息子が帰ってきました。今日は天気がいいので、大沢野の風の塔に行ってきたのです。とてもよかったとのこと。ご飯のしたくができたので娘が帰っていないけど残業かなということで先に食べることにしました。夫と息子を呼ぶと、息子がきません。夫に「息子はまだ帰っていないのじゃないか」と言われても確かに本人と話した私。絶対帰っていたのです。「おかあさんもそんなにぼけたのか」といわれちょっと憤慨した私。出かけるときに何もいわないでどこかへいったらしいのです。それからちょっと待ってみようということでほどなく、娘とちょうど同じ時間に息子が帰ってきました。そして食事。なにやら食事中に子供たちが目配せです。息子が「おれが食べてから」と姉にいっています。ごちそうさまといったあと2階にいった息子が、紙袋をさげておりてきました。「おかあさんありがとう!ふたりからプレゼント」といってプレゼントをもってきたのです。姉が仕事がおわったあと息子を携帯で呼んで二人で近所の「アミング」で買ってきたのです。それでなにも言わずに外出したんだ!!娘の選んだプレゼントは、「ルルド」のマッサージクッション。薄いピンクに白い水玉のふわふわもこもこかわいいクッション風ののマッサージ器。「これでからだを大事にしてね!」ということでした。息子の選んだプレゼントは、「ルクエ」のスチームバッグ。会社勤めをはじめてから毎朝弁当を作っているので、「弁当作りに使ってね」ということでした。はりきってつくろうかな。今年は成長した子供たちにちょっとびっくりしたり喜んだりした「母の日」でした。

      テーマ:
  • 10Apr
    • ランチしてきました♪

      今日うれしいことがありました。おととし一緒に産業カウンセラー講座を受講していたKさんから久しぶりに電話をいただき、いっしょにランチしてきたのです。Kさんは、金沢への行き帰りに高速バスや、JRを利用していたときに一緒におしゃべりをしていたなかです。講座中は一度もグループになったことはなかったのですが、車中でのおしゃべりはとても楽しく、講座で疲れてもおしゃべりできたことで心が癒された感じがしていました。久しぶりにあった彼女からその後の状態を聞くと、その後もいろいろ勉強していて頑張っているKさんからまた刺激をもらいました。そして彼女がとても“熱い人”だということに気づきました。いっぱいおしゃべりしていっぱい元気をもらちゃいました!最近地震のニュースを毎日聞いて、泣き癖がついてしまっていた私でしたが、やっとブログを更新する気持ちになれたのです。今日は天正寺で気になっていたカフェに行ってみました。一人で行く気にはなれなかったのですが、彼女に提案したら行ってみようといってくれたので、チャレンジしてみたのです。お店の中には車のミニカーや、ポスター、車そのものなどがありちょっと雰囲気が一般のカフェとは違ったお店でした。趣味の人は大喜びしそうだなと二入でいっていました。私たちはそれぞれスパゲッティセットを頼み、少しずつためし食べもしてみました。

      テーマ:
  • 07Mar
    • Wordは“きらい”

      パソコン教室をしているとよくWordが“きらい”と言われます。文字位置が思うように揃わないから“きらい”と言われます。勝手にいろいろでてきて“きらい”と言われます。会社でパソコンを使用するといえばだれでも「Excelにきまってるじゃないか」といわれます。一般的な文書もExcelで列幅を小さくして結合しまくりで文書作成をしておられます。とても時間がかかるだろうと思われるのですが・・・。そういったとき多くの方が、「Wordは“きらい”だから」と言われます。私は、教室ではWordやホームページ作成が専門ということになっていますが、私も昔は、Wordが“きらい”でした。私は、パソコンは、20年前の一太郎Ver.3から使っています。一太郎Ver.4で日商のワープロ検定2級を取得しました。当時はパソコンの講師が少なかったので、その後パソコン講師をすることになりました。私が講師をする縁で、夫も会社員をしながらロータスを教えることになりました。一太郎は日本人が作った文書作成ソフトですが、私はそれしか知らなかったので、とてもなじんでいました。Wordが出てきた当初は、とっても使いにくかったことを覚えています。その後、Word95、Word97、Word98と少しづつ使いやすくなって私もまあまあいいかなと思えるようになってきていました。でも、一般的にはとても不評でした。夫もそのころちっともWordを使わず、なんでもExcelで作成していました。しかし、いろいろな講習で私の補助をしながら、インデントや、タブ、オートコレクトの入力オートフォーマットなどを勉強するうちに今ではオリジナルテキストは、Wordで作成するまでに進歩したのです。文字位置を揃えるポイントがわかってくると大分ストレスがなくなってきたようなのです。ポイントさえわかれば、Wordはもっと親しみやすくなると思います。なので、講習を受講したら、“きらい”だったWordを見直して「Wordだって結構使えるじゃない!」と思っていただけると最高なのです!

      テーマ:
  • 01Mar
    • 自販機のつり銭詐欺

      先日、自販機のつり銭詐欺らしきものにあいました。私がひとりで2階の教室で留守番をしていたとき、下から男性の大きな声。「ちょっとすみません!」なんだろうと下へいってみると、自動販売機の前に60歳前後の作業員風のおじさんが一人。「お金入れたんだけど、品物がでてこんがだけど」というおじさん。キャップをかぶって、紺色の作業服を着て、両手はポケットにつっこんでいました。自動販売機については、私は今まであまりかかわってこなかったので、どうしていいかわかりません。話を聞くと、1,000円入れてココアを買おうとしたけど、商品がでてこないうえに、お金も返金にならなかったといいます。でも、私が自販機の前にいったときには、商品名のランプはひとつもついていませんでした。なんとなく、不審に思ったのですが、現場をみていないので、本当かもしれないし、うそかもしれない。そして、おじさんは「なんとかしてくれ」というのです。私は、困って1,000円私が用意して買ってみようかと思ったのですが、そのとき、夫が外出から戻ってきました。そしておじさんは、もう一度、夫にいきさつを説明。教室の前には、自動販売機が1台あるのですが、これは、メーカーが場所を借りるという状態で置いているものです。管理は全部メーカーがしているのです。その日は土曜日。夫は、すぐに携帯でメーカーに電話をしましたが、土曜日なのでつながりません。それで、つながらないので、私たちには、どうしようもないということを伝えました。そしたら、おじさんはだんだん声を荒げて、こんなときどうしたらいいか対応の仕方をちゃんとしとけといいだしました。私は、だんだん大きくなるおじさんの声にちょっと怖くなってきたのですが、夫は平然と、落ち着いて、自分たちには自販機のカギもなければ、どうすることもできないので、申し訳ありませんとただただ謝るのです。そして、夫は聞きました。「ところであなたは私たちにどうしてほしいのですか?」おじさんはホッとしたような表情でいいました。「とにかくお金をかえしてほしい」と。たのまれて、買っていかなければならないココアはどこへいったのでしょうか?夫は、おじさんに、電話番号、氏名、住所を聞きました。あとで、メーカーにいってお金を届けさせるつもりでですが。そしたら、おじさん、教えてくれません。しばらく、押し問答が続きましたが、結局捨てぜりふをいってどこかへいってしまいました。実は夫は、おじさんが歩いて教室へ向かっているところから見ていたらしいのです。車を運転しながらみていたのです。そして、自販機の前でたたずんでお金を入れるでもなく、私を呼んだ一部始終を見ていて、タイミングよく現れたということでした。ですから、確証はないけれど、なにか態度がちがうという疑いがしっかりあっての話だったらしいです。おじさんが、帰った後、夫は警察に電話して被害がほかに届けられているか確認しました。1,000円という小さな額でもあり、そういう被害は届けられてないということだったらしいです。ヤフーの知恵袋で調べたら、やっぱり同じような被害があって、お金を渡したらだめだと書いてありました。後日、メーカーにも電話したら、実は近ごろ何件も被害があったらしいのです。あの日、私ひとりだったら、絶対にお金を渡していたと思います。そして、ひとり落ち込んでしまったことでしょう。 大きなトラブルなく対応できたことが本当によかったと思いました。このあと、こんな怖い思いをする人がでないことを祈っています。

      テーマ:

ブックマーク

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス