水と蛍と夢あるまちづくり           志村はじめの 「少閑万感」                       -2ページ目
2012年09月10日 22時35分44秒

日本を伝えよう!

テーマ:歴史文化

 昨今、尖閣列島や竹島への隣国の干渉に対する政府の態度に、煮え切らなさを感じている諸公も多いと存じますが・・・。

 平成14年、ニュージーランド(NZ)のニュープリマス市(NP市)から、姉妹都市縁組10周年の記念式典に招待された私は、三島市公式訪問団の団長として参加をいたしました。

 NP市では、NZが都市縁組をしている関係者を招いての、日・NZ姉妹都市大会も開かれて、NZの副首相を初め、NZの駐日大使や日本の駐NZ大使等々が来賓。日本からは縁組各市の首長を含め130人ほどの参加があり、総勢300人を超す人達で会場は満杯でした。

 NZには、マオリ族という先住民族がおり、咋今の少数民族に対する配慮の中で、代表者が挨拶をされましたが、その冒頭「我々は日本人を尊敬している」というので、一瞬何のことかとビックリしましたが、「日本人は戦争に負けたのにもかかわらず、日本語を使い続けているので偉い」というものでした。

 約I000年前に、東ポリネシアからNZに移住してきた彼らの生活を、160年ほど前に来たイギリス人に席巻されてしまい、それ以来自分たちの言葉や文化を自由に使用できなくなった歴史に立脚しての言葉でした。

 我が国は戦後駐留軍による支配下にあったものの、日本語を使い続けて今日に至っているのですが、遠い彼の地から見れば日本人の努力によって日本語が残ったと見えたのでしょう。

 マオリ語や伝統文化を後世に伝えるために、血の滲むような努力して来た人達を目の前にして、何と日本人は自分たちの国や文化に対する愛着が少ないのかと思い知らされたのでした。

 私たちは、日本の文化、歴史、言語等々を後世にシッカリ伝えるために、真剣に努力をすべきだと考えたことを、改めて思い出しました。

2012年09月07日 00時06分35秒

保険調剤明細書

テーマ:医療

 久しぶりに病院の処方箋を持って薬局に行きますと、薬剤料点数44(1点10円)に対し、製薬工場で作られた容器入りのものであるにも拘らず、外用調剤料なるものが20点、調剤基本料が40点、基準調剤加算10点。

 更に、後発医薬品調剤体制加算 5点、薬剤服用歴管理指導料41点。計 411点と、薬剤料の約2.64倍となっていました。まったく電気料金のようです。

 夫々の料金項目について、判り易く説明できる方は居られませんか。特に、後発医薬品(ジェネリック)調剤体制加算 5点は、まったく意味がわかりません。

2012年08月25日 12時21分07秒

地バチ(蜂)の佃煮をいただく

テーマ:自然

昨日、長野県の知人から、地バチの佃煮が送られてきました。地バチの採り方はテレビで良く放送されるのでご存知の方も多いと思いますが、採集の方法は、地バチの体に鶏肉を付け、それを目印に山の中を追いかけ、巣を見つけて掘り起こすというものです。

ですから大量に出回ると言うものではなく、いわゆる珍味の1つです。食するのは初めてですが、子供の頃はアシナガバチのサナギを食べたり、イナゴの佃煮を食べたりしてカルシウム不足を補いながら育ちましたので、違和感なく食べられます。
水と蛍と夢あるまちづくり           志村はじめの 「少閑万感」                      

甘辛い味付けは知人宅の味ですが、美味しく頂いています。

2012年08月23日 22時47分09秒

郡上踊り

テーマ:歴史文化

 先日、「古今伝授」が行われたまち同志の交流ということで、郡上市を訪れた際、国指定重要無形民族文化財「郡上踊り」に参加しました。

 現在の郡上踊りは、十曲に絞られているようですが、昔は、もっと多くの曲が踊られていて、農兵節もその1つであったと言うことです。

 十曲の踊りが、速い曲緩い曲と順繰りに休む間もなく延々と唄われ、続いて行きますので、適当に休まないと疲れてしまいます。

 また、足元は下駄なので、カツカツと鳴る音が、踊りの調子を高めていてそれが郡上おどりの特徴ともなっています。
水と蛍と夢あるまちづくり           志村はじめの 「少閑万感」                      
水と蛍と夢あるまちづくり           志村はじめの 「少閑万感」                      

 ところで、「古今伝授」とは、古今和歌集の解釈を師から弟子へ秘伝という形で後世に伝えるもので、形式化され民間人に初めて伝えられたのが、文明3年(1471)三島で、東常縁(とうのつねより)から連歌師飯尾宗祇(そうぎ)に行われた伝授です。

 常縁は美濃国郡上篠脇城を居城とする武人かつ、著名な歌人で、受講中の宗祇は三島滞在の、3月27日、東常縁の息子である竹一丸の病気が三嶋大社の加護のお蔭で平癒したことを受け、独吟『三島千句』を三嶋大社に奉納しています

 常縁から宗祇へ「百人一首伝授」も行われました。これが、小倉百人一首につながっています。
2012年08月17日 21時40分26秒

三嶋大社の流鏑馬(やぶさめ)

テーマ:歴史文化

 「今年の人出は凄い」とある商店主が言っていました。

売り上げに反映していることを願っています。

 流鏑馬の写真は、撮影場所が悪く、満足な仕上がりではありませんが、雰囲気だけでもお伝え出来ればとアップしました。
水と蛍と夢あるまちづくり           志村はじめの 「少閑万感」                      
水と蛍と夢あるまちづくり           志村はじめの 「少閑万感」                      
水と蛍と夢あるまちづくり           志村はじめの 「少閑万感」                      

2012年08月16日 23時44分48秒

三島夏祭り・シャギリの競り合い

テーマ:歴史文化

 夏祭りの呼び物である、伝統のシャギリの「競り合い」スナップです。

「屋台」という曲をそれぞれのテンポで演奏し、他の町内のリズムを崩させようと力いっぱい演奏するもので、賑やかで勇壮です。
水と蛍と夢あるまちづくり           志村はじめの 「少閑万感」                      
水と蛍と夢あるまちづくり           志村はじめの 「少閑万感」                      
 祭の期間中の夜8時から三嶋大社の鳥居前で行われますが、明17日が最後です。お見逃しのないように・・・。

2012年08月16日 18時12分07秒

三島夏祭り・柳沢頼朝大人気

テーマ:歴史文化

 4時過ぎに泉町の知人宅に伺ったので、ついでに大通り商店街の様子はどうかと歩いてみました。

笑栄通りの両側に大勢の人が並んでいるので、何かと思いながら大通りに出ますと、バトンガールや鼓笛隊、一輪車のグループなどが行進して来ました。
水と蛍と夢あるまちづくり           志村はじめの 「少閑万感」                      

時間的に頼朝行列は終わったものと思っていましたら、それらの後に柳沢頼朝の行列が現れました。
水と蛍と夢あるまちづくり           志村はじめの 「少閑万感」                      

「慎吾ちゃ~ん」と言う呼びかけに、機嫌良く反応していました。「あばよっ!」のポーズをしているという声も聞こえましたが、良くわかりません。

2012年08月15日 12時59分13秒

今年の三島夏祭りは雨模様?

テーマ:歴史文化

 久しぶりに三島夏祭りの初日が雨です。私の町内でも、早朝から町内の公園に舞台を設置する作業を開始したのですが、時折の雨でによる中断などで、例年より時間がかかってしまいましたが、
水と蛍と夢あるまちづくり           志村はじめの 「少閑万感」                      

今年新調した正面の幕が光っています。
水と蛍と夢あるまちづくり           志村はじめの 「少閑万感」                      

来年は一回り大きなものを作ろうとか、子供の絵もどこかに飾ろうとか、早くも前向きの意見続出です。

2012年08月14日 21時08分53秒

いよいよ三島夏祭りです

テーマ:歴史文化

 私がこどもの頃は、大社のお祭りと言っていましたが、市の補助金をベースとしての祭典実行委員会となった今は、政教分離の建前から三島夏祭りとなっています。

16日の呼び物である頼朝旗揚げ行列ですが、今年の頼朝役は柳沢慎吾さんです。大枚叩いているようですから、多くの方に来て頂きたいものです。

市内に数ヶ月前から聞こえている、シャギリ練習の音も明日が本番です。私が指導している町内のこどもシャギリも、どうにか間に合ったという仕上がりです。

水と蛍と夢あるまちづくり           志村はじめの 「少閑万感」                      

 天気が心配ですが、皆んなのお祭りですから降らないことを祈っています。
水と蛍と夢あるまちづくり           志村はじめの 「少閑万感」                      

準備が整った三嶋大社玉垣

2012年08月09日 21時53分32秒

食用ホウズキを食べました

テーマ:スイーツ

 今日、知人から食用ホウズキを頂きました。

子供の頃、赤いホウズキの実から種を出し、口で空気を入れ舌で縮ませることで音を出したことを思い出しました。

 その時の記憶では、苦い味がしたように思いました。
水と蛍と夢あるまちづくり           志村はじめの 「少閑万感」                      
水と蛍と夢あるまちづくり           志村はじめの 「少閑万感」                      

 知人は、それとは全然違うと言っていましたが、確かに、思ったより甘く、多少種子を感じましたが、舌に障るほどではありません。何かの味に似ているなと思っている内に食べ終わってしまいました。

 レポートになりませんね。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス