三太郎…じゃなくて三兄弟

ビジランテ
(2017年/日本/125分)
 
監督:入江悠
 
【ストーリー】
「22年目の告白 私が殺人犯です」「SR サイタマノラッパー」シリーズの入江悠監督によるオリジナル脚本作品。大森南朋、鈴木浩介、桐谷健太の主演で、入江監督の地元である埼玉県深谷を舞台に地方都市特有の暗部を描いていく。高校時代に行方をくらました長男の一郎、市議会議員を務める次男の二郎、デリヘルの雇われ店長をしている三男の三郎。三兄弟はまったく世界の異なるそれぞれの道を生きてきた。兄弟の父親が亡くなり、失踪していた一郎が30年ぶりに突然帰ってきたことにより、三兄弟の運命が交じり合い、欲望や野心、プライドがぶつかり合う中で、三兄弟を取り巻く事態は凄惨な方向へと動いていく。(映画.comさんより)
 
 
【かんそう】
 
『SRサイタマノラッパー』以来の入江悠監督作品鑑賞です。
 
この時すでに商業映画も何本か撮っている売れっ子監督さんだったのですが監督のオリジナル脚本ということで観たかったのです。
 
なーのーにー!!
 
ずっと観逃していましたわ・・・
 
それでも大阪の劇場でなんとか観ることができました。
 
上映してくださってありがとうございました!
 
しかも私が観に行った日は監督のワークショップが開催される、とかで監督が来阪されており、トークまでしてくださいました!
嬉しかったですおねがい
 
 
映画の方ですが三兄弟中心でお話が進んでいきます。
 
ちなみに長男の一郎は大森南朋さん。
あんまり話さなくて常に不気味…
 
この長男が帰ってきたことで三兄弟のドロドロの争いが始まります。
 
 
次男の二郎は鈴木浩介さん。 三男の三郎は桐谷健太さん。
三郎はみんなから「さぶちゃん」て呼ばれてるんですが、なんか桐谷健太さんにぴったりでしたわ。
 
今回は全然コミカル要素なかったんですけど。
 
監督はこの三男の三郎が一番決まらなかったとお話されていました。
桐谷さんにはやはりコミカルなイメージがあったそうですが、それをはぎ取れるかどうか、が肝だったようで、それでも桐谷さんは快く引き受けてくださったそうです。
 
私も全然違和感なくさぶちゃんとして見ていたなぁ。
かっこよかったです、さぶちゃん!
 
大森さんも鈴木さんも素晴らしかったな。
 
あと、監督が吉村界人さんはもう、別格だった、天才タイプ!とおっしゃっていたのが印象に残っています。
ぴったんこカンカンの樹木希林さんの回に登場された時はすっごい軽かったイメージでしたけどね爆  笑
 
 
 
物語は終始どんよりとしていて不穏な空気が流れまくりで、もう・・・救いようもございませんな・・・な感じでした。
 
 
痛い痛い痛い痛い!!!なシーンもいくつかありましたが、最大の痛い!!!はやっぱりさぶちゃん(桐谷健太さん)のあのシーンだったと思います!!!
しかし、その最大の「痛い!!!」のシーンにはちゃんと意味があって、監督がトークの時にお話ししてくださったのですが「なるほどなぁ」でした。
 
 
最後の最後までどんよりしていて、大きな爆発シーンがあるわけでもないのですが、監督がこだわっている地方ならではの閉塞感、そしてズブズブズブズブと底なし沼にはまっていくような不快感がつきまとい目が離せませんでした。
 
 
クラッカーくうこのおまけクラッカー
 
・篠田麻里子さんがんばってた!!!
 
 
・さぶちゃんはデリヘル嬢派遣?の仕事をしているのですが、デリヘル嬢さんたち自体はそーんなに出てくるわけではありません。
ですが入江監督はしっかり取材に行かれたそうで、さすが映画内のリアルを求めます、とお話されているだけあるなぁと思いました。
 
トークでは『ビジランテ』以外にもたくさんお話してくださってとても楽しかったです!!!
 

うりぼう4つ:うり坊 うり坊 うり坊 うり坊

 

※画像はお借りいたしました。
2018.6鑑賞

人気ブログランキングへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございましたパンダ