388番 | ワインな日々~ブルゴーニュの魅力~

ワインな日々~ブルゴーニュの魅力~

テロワールにより造り手により 変幻の妙を見せるピノ・ノワールの神秘を探る


テーマ:

アンリ・ペロ・ミノ ブルゴーニュ・ルージュ 2003
購入日    2006年1月
開栓日    2006年9月4日
購入先    ヴェリタス
インポーター サントリー
購入価格   2280円

7月の1本目と印象は同じ。
良い造り手なら、という前提で、このクラスのワインにはボトル差は少ない。
だから今回も期待通りだった。

アルコール容量が決まっているのだから、そこにこんな味の分かっている1本をまぜなくても、
という気がしないでもない。
開栓すれば、1人で1本飲んでしまうわけだし。

一盗二卑三妾四妻、の四に相当するワインである。

griotteさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ