ラッキーリング

ラッキーリング

石は、色や姿・形で人々を魅了するばかりではなく、ラッキーをも呼び込むと言われます。石に対して視覚だけではなく、触覚や聴覚や嗅覚や味覚を含めた五感を総動員し、さらに第六感で石と出会う時、大地からの大いなる祝福と恵みに気づき、感謝と感激の涙を流すことでしょう。

ヘッダー画像の写真は、インドのアルナーチャラの丘です。
時々、「アルナーチャラ山」という表記を見かけますが、英語は「hill(丘)」です。

☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆


  このブログは、パワーストーン、ヒーリングストーンのお店である「ヒーリングバザール」の店長が、毎年インドに石の仕入れに行く時の様子を載せたり、石へのこだわりを書いています。


 最近は、石のことには余りふれずに、日記ばかり書いています。


 石のことを書こうとすると、身構えてしまい、書けない状態が続いていますので、これからは、もっと自然に石のことを書いていこうと思っています。


 ヒーリングバザールのサイトは、こちらからご覧ください。



●運営しているサイト
 フラワーエッセンスのハートサポートシステム
 日本フラワーエッセンス協会
 オンラインショップ(フラワーエッセンスのお店)
  ヒーリングバザール(パワーストーンのお店)

●運営している三つのブログ
 フラワーエッセンスの選び方
 フラワーエッセンスとチャクラ・エネルギーボディ(サトルボディ)・カラー
 ヒーリングバザール店長のブログ 「ラッキーリング」

天然石ペンダントのヒーリングバザールはこちらです。



よろしければ、応援クリックをお願いいたします。
2個全部クリックしてくださったならば、最高にうれしいです。


にほんブログ村 ファッションブログ パワーストーンへ
にほんブログ村



天然石アクセサリーランキング


いつも応援ありがとうございます。


 

毎度のことながら長期間ブログ更新をしていないので、日常のことを書いてお茶を濁します。

先日、豆苗を買いました。
豆苗は、二度、上手にすると三度、芽が出ると言われます。

私は、これまで、豆苗の二度芽三度芽がいまいち上手に育てられなかったので、今回は、少し工夫をしました。

 

工夫というのは、最初に豆苗を切る時、今までは、できるだけ多く収穫しようと思い、できるだけ豆に近いところで刈り取っていました。

今回、よくよく見ると、豆から3~4cmのところに小さな芽が出ています。

そこで、思い切って、心の中で、なんて贅沢な豆苗の切り方だろうと思いながら、豆から5cmくらいのところで刈り取りました。

その刈り取った位置が、写真にはっきりと(葉切り)と現れています。

 

そして、芽が順調に育ちました。

 

近日中に二度目の芽の刈り取りを行います。

 

三度目の芽の写真をアップできることを祈ります。

 

 

☆☆☆よろしければ、応援クリックをお願いいたします。☆☆☆
2個全部クリックしてくださったならば、最高にうれしいです!!
よろしくお願い申し上げます。m(_ _)m

 

にほんブログ村 ファッションブログ パワーストーンへ
にほんブログ村

 


天然石アクセサリーランキング

 

いつも応援ありがとうございます。


天然石ペンダントのヒーリングバザールのサイトはこちらです。


●運営しているサイト
 フラワーエッセンスのハートサポートシステム
 日本フラワーエッセンス協会
 オンラインショップ(フラワーエッセンスのお店)
  ヒーリングバザール(パワーストーンのお店)

●運営している三つのブログ
 フラワーエッセンスの選び方
 フラワーエッセンスとチャクラ・エネルギーボディ(サトルボディ)・カラー
 ヒーリングバザール店長のブログ 「ラッキーリング」

 

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、インドに石の買い付けに行けなくなりました。

滋賀県に移転してからは、各地のミネラルショーに出展することもなくなり、ほぼ休業状態でした。

ただし、ペンダントの在庫は、まだまだいっぱいあるので、写真を撮ってウェブショップにアップする仕事はあるのですが、フラワーエッセンス関連の仕事に追われ、写真を撮る時間がありません。

やはり、ミネラルショーは写真を撮る必要がないので、楽でした。

 

池袋のミネラルショーでは、毎年ペンジュラムを買いに来てくださる女の子がいて、しかも毎年友達を五・六人連れてきてくださり、感謝感激雨霰でした。あの女の子は、とてもしっかりしている人だったので、今頃バリバリに働いているかもしれません。

他にも、大勢の人たちが、出店先に顔を出してくださり、弊社は、本当に、皆さまのハートのサポートで成り立っていると、いつも深く感謝していましたし、今も感謝しています。

 

その、いつもお世話になっている皆様に、個別対応で石を選び、インドに注文します。

いつもは、インドに直接行き、石を厳選した後でデザインを決めて作ってもらいますが、今回はコロナ下ということですので、石を厳選できません。すべて、現地のインド人まかせです。デザインも、インド人まかせです。

ただし、すでにお気に入りのアクセサリーがあり、それと同じデザインで石違いのものを欲しいと言う場合は、写真をお送り下されば似たものを注文します。あくまでも、似ているという程度で、一緒ではありませんので、あらかじめご了承ください。

価格は、余り高価になりそうな石はご遠慮させていただきます。

シルバー925のペンジュラムにして、最大2万円以下になるくらいのものを受注させていただきます。

また、ご注文なさった石のペンダントを、すでに弊社の在庫にある場合は、まずは弊社の在庫のペンダントを紹介させていただきます。

 

詳細は、再度投稿いたします。

よろしくお願い申し上げます。

 

 

 ヒーリングバザールのサイトは、こちらからご覧ください。

 


●運営しているサイト
 フラワーエッセンスのハートサポートシステム
 日本フラワーエッセンス協会
 オンラインショップ(フラワーエッセンスのお店)
  ヒーリングバザール(パワーストーンのお店)

●運営している三つのブログ
 フラワーエッセンスの選び方
 フラワーエッセンスとチャクラ・エネルギーボディ(サトルボディ)・カラー
 ヒーリングバザール店長のブログ 「ラッキーリング」

天然石ペンダントのヒーリングバザールはこちらです。


 

よろしければ、応援クリックをお願いいたします。
2個全部クリックしてくださったならば、最高にうれしいです。

 

にほんブログ村 ファッションブログ パワーストーンへ
にほんブログ村

 


天然石アクセサリーランキング

 

いつも応援ありがとうございます。

 

 

 

 

 

最近、ブログを更新していませんので、石とは関係がなくても何かを投稿しようと思い「バッチフラワーエッセンスを飲んで『老いの悲しみ』に気がつきました。」というタイトルで久々の投稿をします。

 

-----------
2020年10月25日(日)に開催された「バッチフラワーエッセンス基礎講座(パート2)」の「フルセッションの個人実技指導勉強会」において、バッチフラワーエッセンスを選んでいただきました。

テーマは、「最近、自分の年齢をすごく感じるので、残りの人生を悔いなく生きるために、規則正しい生活を送れるようになることと新製品の製造を完成させるための行動力をサポートしてくれるフラワーエッセンスを選んでください。」です。

フラワーエッセンスを選んでいただき、その後のヒーリングの最中に半分眠っているようなトランス状態のようになり、ヒーリングの後は芯からとてもスッキリしたような感覚がありました、

選ばれたフラワーエッセンスは、以下の6種類です。
バーベイン、ビーチ、ワイルドローズ、ウォールナット、ホリー、バイン。

これらの花の名前を聞いた瞬間、私は、ギャッ!!と思いました。
選ばれたくない花のオンパレードという感じです。
私が受け取った感じは以下です。
わかりやすいように花の順番をかえます。

バーベイン オヤジの説教
バイン   オヤジの傲慢さ、横暴。いわゆる威張るオヤジ
ビーチ オヤジの愚痴、ひがみ根性丸出し
ホリー オヤジの感情の起伏の激しさまたは感情の抑圧
ワイルドローズ 絶望しきったオヤジの後ろ姿
ウォールナット 自分がオヤジになったという変化を認め受け入れる

私の今のオヤジ度100%にぴったりのフラワーエッセンスなのかと頭で考えながら、素直に受け取れず、よそよそしい感じを抱く花の種類でした。

はっきり言えば嫌な種類ばかりだったので、当日は飲む気が起こらず翌日から飲み始めることにしました。

夜、枕元にボトルを置き、朝起きてすぐにフラワーエッセンスを飲みました。
すると、飲んだ途端に涙が出てきました。目頭ではなく両目の目じりから涙が流れたので、私の目は目がしらよりも目じりの方が下がっている垂れ目なのだろうかと思いました。右目だけ目頭からも涙が流れたので、右目の方が涙が多く出たのだと思います。

私は、この時、どうして涙が流れたのだろうかと思いました。
すると、すぐに「老いの悲しみ」という言葉が浮かんできました。
仏教でいう四苦八苦の四苦の生老病死の中の老いることの苦しみが悲しみという形で現れていると思いました。私の心の中は、老いることに対する悲しみがいっぱいあるのです。今までは、それに気がついていなかったと思いました。

昨日までの私は、仏教の四苦の生老病死なんて考え方はもう古い、今は、生老病死を楽しむ時代なんだと本気で思っていました。確かに今も、病気ではなく単に老いることであれば、それを受け入れて、それを楽しむことができると思うのですが、それは単に思考が考えた理想の姿であり、実際の自分は、心の中に自分が老いていることに対する悲しみをいっぱい満たしていたのです。
私は、自分の老いに対して涙が流れたことに驚きました。

いただいたフラワーエッセンスは、エネルギーペネトレーションペンダント(EPP)のヒーリングに使うための10mLのボトルでした。飲み方は、1回2滴でも良いと言われたのですが、私は1回4・5滴に飲み慣れているので2滴はなんとなく物足りない感じがするので4滴ずつ飲むことにしました。ただし、1回に4滴ずつ飲むと10mLではすぐに無くなってしまいます。そこで、私は、このフラワーエッセンスをある程度長い期間飲み続けたいと思ったので、あえて回数を抑え気味にして飲むことにしました。

その晩、眠る前にフラワーエッセンスを飲むと、しみじみと自分は年をとったのだなと思いました。

翌朝起きてフラワーエッセンスを飲む時、今日も同じように涙が出るのだろうかと思って口に4滴落とすと、涙が瞬時にグワッと体の下の方からやってくる感じがありました。今回は、涙よりも悲しみがはっきりと感じることが新鮮でした。私は、こんなにも自分が老いていることが悲しいのだと、はっきりと感じ、そして気がつきました。

昨日は、自分の老いに対する悲しみがあることに対してショックだったので、その事を妻に話しませんでしたが、二日目に妻に話しました。

仕事が終わり、定例の火曜日の買い出しを妻と一緒に車に乗って出かけました。駐車場の前の道路で、向かいに住む中学生と彼の友人たちが7・8人で仲良く遊んでいました。その横を車で通る時、窓を開けて「元気でいいですね。年寄りにはうらやましいですよ。」という言葉が自然に口から出てきました。その言葉を自然に言った自分自身は、とても不思議な感覚でしたが、それ以上に妻は、私が自分を「年寄り」と言ったことに対してとても驚いていました。
その時が、私が自分のことを「年寄り」と初めて言った時だったのです。
私は、自分が自分のことを極自然に「年寄り」と言ったことが、ちょっとこそばゆく心地よい感じがしました。

三日目の朝は、涙はどんな感じなのだろうかと思いながらフラワーエッセンスを飲むと、まだ悲しみと涙がやって来ます。老いることに対する悲しみは、深いものがあると思いました。その日の昼食に、大好きな下田ナスのぬか漬けを食べていたら、前歯がポロリと折れてしまいました。
ユング心理学の夢の解釈では、歯は咀嚼なので物事の解釈と関わり、歯が抜けるなどの夢は、考え方が変わると解釈されるという話を本で読んだことがあったので、将に自分が老いるということに対する考え方が変わった象徴として現実の歯が折れたと思いました。
夢ではなく、現実に起こるくらい、衝撃的な考え方の変化でした。

私は、常々、動物はフラワーエッセンスによる変化が早く出るので、早い場合は当日、遅くとも二日後には現れ、三日たっても変化が見られない場合は、他のフラワーエッセンスを選び直した方が良いと言っているのですが、私の変化の現れ方は、将に動物並みだなと思いました。

その後、毎朝目覚めと共に口に入れるフラワーエッセンスによって、涙がやってくるか否かを見続けたのですが、最後まで涙が体の下の方から瞬時にやって来ました。
10月26日から飲み始め、11月11日の朝に飲み終わり、飲み終わったので、選んでくださった方に感想を書こうと思っていると、選んでくださった方から、感想を聞きたいというメールが来ました。飲み終えた日に、タイミングよく感想を促すメールが届きましたので、シンクロニシティが現前化しやすい自然の波に乗っていると思いました。

飲んでいる間、私の今回のテーマである、老いながらも規則正しい生活と新製品を完成する行動力についてはどうなのだろうかと思っていました。
これに対しては、目の前に、この行動だ!という大きな出来事は無かったのですが、日々の生活の中で、ちょっとした行為が、いつもの行動パターンとは別の行動をしていると思うことが、小刻みに、しばしば連続してあるという感じでしたので。目には見えないけれども深い信頼の中で手ごたえを感じていました。
具体的に、少しずつ確実に規則正しい生活に変化していますし、行動力も、少しずつではありますが、早くより多く行動するようになってきました。一見、昔の様に戻っただけなのだと思うのですが、意識がクリアになり、今ここにいることに気付いている時間が長くなったような感覚があります。寝不足の解消の影響もあるのかもしれません。

それ以外にも、自分の老いに対して、色々と思ったり考えたりしましたが、考えなどどうでもよいものであり、今ここにいる自分に醒めていることが一番大切であるという考えが強く頭の中を占めるようになり、なんとなく今ここにいる時間が多くなったような気がします。
ただし、世間では、老いに対する考えをあれこれ述べた文章の方がうけが良いことは充分承知していますので、いつか、自分の老いに対する感想を文章にしようと思います。

先日、65歳以上無料のインフルエンザの予防接種に行って来たのですが、70代の女性が89歳の女性に長生きの秘訣を尋ねていました。89歳の女性は「開き直りですよ」と答えていました。

年をとったら、開き直って、自分が年寄りであることを受け入れることが大切なのだろうと思います。

今朝、ゴミ出しに行くと、近所に住む95歳の女性が散歩していました。そこに94歳の男性がやってきて、話をしていました。94歳の男性は、一人暮らしで、毎朝歩いてタバコを買いに行くそうです。
年をとると、運動して健康になるという言葉を良く聞きますが、散歩こそが健康の元だと思います。

実は、私は、今世は108歳まで生きようと思っています。
私の過去世は、50代で亡くなる人生ばかりだったような感じがしますので、今世は、せっかくなので108歳まで生きようと思います。

みんなで一緒に長生きしましょう!!



以上の感想文を11月19日に、フラワーエッセンスを選んでくださった方にメールで送りました。
翌日、11月20日に、いとこが73歳で亡くなったと言う知らせが来ました。
翌々日に、東京にいた時のスタッフの祖母が103歳で亡くなられたという知らせをSNSで知りました。

いとこが亡くなったと言う知らせは、自分が思った以上にショックを受けていたようで、朝の5時頃まで眠れませんでした。
翌日も、朝の5時まで起きてしまったので、自分が思っている以上にショックであり、自分は自分の状態が良くわからないのだと思いました。

「老いの悲しみ」とは、究極的には「死」と向き合うことであり、「死」はこの世とのオサラバです。

以前聞いた話ですが、仏教では輪廻転生があり、今世の行いによって様々な世界に行くと言われています。いわゆる「六道」と呼ばれ、以下の六つ世界があると言います。
地獄道、餓鬼道、畜生道、修羅道、人間道、天上道。
最後の天上道は、極楽浄土の一つ手前の世界で、まだ生まれ変わりがある世界で、そこは、あたかも天国の様に、とても楽しく素晴らしい所なのだそうです。ただし、再度生まれ変わるために、その世界から離れる時の苦しみは、地獄の苦しみなど比較にならないほどの、存在する苦しみの中で一番苦しい苦しみなのだそうです。

私は、常々、六道輪廻とは、生まれ変わって違う世界に行くのではなく、この地上に生まれ落ち、この地上がその人にとってのそれぞれの六道の世界になっていると思っています。つまり、なにか悪いことをした人は、この現実が地獄に変わり、今、地獄の苦しみを味わっているという捉え方です。

今の私は、とても幸せです。今の現実は、まるで天国のようです。この瞬間、何か欲しいものというものはないのですが、しいて言えば、宝くじに当たって、いつも座禅に行っているお寺さんにお堂を寄付したいくらいの願いがあるくらいのような感じです。
今のこの状態が未来永劫に続いて欲しいという強い気持ちがあります。この気持ちは、執着の気持ちであることは間違いないのですが、もし私が、現在は天上道に近い気持ちでいるならば、この現在の世界から離れてあの世に行くことは、今までの魂の輪廻転生の中で一番の苦しみになるのかもしれません。

話が長くなりましたが、私の「老いの悲しみ」は、「現在の天上道のような状態から、いつかは必ず離れてあの世に行く定めに対する悲しみ」なのかもしれないと思いました。

ユングは、自分の35歳以上の患者さんの悩みをつきつめると、全て死との関わり合いだったと述べているように、ほとんどの人は40歳台になると自分の死と向き合い始め、80%の人が落ち込むと言われています。いわゆる、「中年クライシス」です。

残りの20%の人たちも、やがていつかは死がやってくるのですが、当面は自分の死と向き合うことを避けてお酒に逃げる人たちではなかろうかと思っています。その状態が続くと、50歳台のアルコール依存症のほとんどの人たちが鬱状態だという人もいます。

いずれにしろ、どのような形であれ、自分の死と確実にしっかりと向き合わなければならないのですが、私が今回バッチフラワーエッセンスを飲んでいる間は、まさに自分の死との向き合いの連続でした。

その自分の死との向き合いの最大のピークであった11月2日の出来事について書いて、今回のフラワーエッセンスの感想を終わろうと思います。

11月に比叡山にお参りしたのですが、その日は古の時代の高僧の御命日で、法要が行われていました。

この時、仏説阿弥陀経が読経されました。

もったいぶって、話を余談にすれ違えますが、漢字の読み方を大きく分けると、漢音(かんのん)と呉音(ごおん)あり、仏説阿弥陀経は、比叡山延暦寺の場合は漢音になります。
仏説阿弥陀経
【呉音】ぶっせつあみだきょう
【漢音】ふっせつあびたけい

私は、この、ふっせつあびたけいが、いつの間にか大好きになりました。4年前に東京から比叡山延暦寺の門前町である滋賀県大津市坂本に引っ越してきて、用事のない週末は近所のお寺に行ったりしていますが、厳しい修行を満行されたお坊さんのふっせつあびたけいを聴くことが出来ます。

このふっせつあびたけいを僧侶の方々が唱えるのを有難く拝聴している内に、いつの間にか意識がなくなり、ふと気がつくと、私は、今、あの世にいる感覚になっていました。あの世からこの世を見て、今は、丁度、山崎芳伸という男として、あちらの世に生まれ落ちて生きていて、今丁度、法要に参加している、と、あの世から思っているという感覚です。私は、その感覚に驚きました。それまでは、この世から、あの世のことを何度も推測したことはありましたし、還暦を過ぎてからは、毎日のようにあの世のことを考えることはしばしばありましたが、あの世からこの世を見ている感覚は初めてでした。
私は、瞬間的に、ふっせつあびたけいは、あの世にいる先祖を供養する時に読むお経なので、あの世との結びつきを強くし、あの世に行って供養する力をもったお経なので、お坊さん達が一緒にお唱えしているふっせつあびたけいを聞いているだけで、意識はあの世に行くことができるのかもしれないと考えながらも、それをあの世で考えているという感じでした。一瞬、あの世にいるという感覚のまま、この世で生活を続けても大丈夫だろうかと心配になりました。しかし、この世に生きるものとして、あの世にいる感覚は、この世をより目覚めて生きていく上においても、とても貴重でとても役立つ感覚だと思い直し、このままでも、なんとかこの世で生活できるだろうと思いました。
そんなことを考えながら、それにしても、ふっせつあびたけいは、スーパーエクセレントな、とても素晴らしいお経だと強く気付かされ、多くの僧侶の読経という貴重な声が光のごとく輝きながらやってくるのを一音も無駄なく聞き逃すことなく、身体を含めた私の存在の全てに行き渡らせようと聴き入っている内に、「作礼而去(漢:さくれいじきょ、呉:さらいにこ)」、「ふっせつあびたけい」が聞こえてきました。
私の意識は、いつの間にか、この世に戻っていました。ちょっと前まで、自分の意識があの世にいるような感覚になり、その感覚に非常に焦っていたことが、一瞬にして夢からさめたような感じになり、とても奇妙で、とても貴重な体験をしたと思いました。

その日を境に、今回のフラワーエッセンスを飲んだ時にやってくる「老いの悲しみ」は、恒常的に一定の感覚がやってくるようになったような気がします。
その恒常的な一定の感覚は、死という一大イベントの向こう側にあるあの世を瞬時に一瞥した時にやってくる、この世を、やがては必ず去らなければならないんだよとはっきりと思い出させる強い意識と共に、だからこそ、今、この一瞬を、後悔することが無いように自由に伸び伸びと生きて良いんだよと言う励ましの言葉を聞くような感覚のような気がします。

今回、「最近、自分の年齢をすごく感じるので、残りの人生を悔いなく生きるために、規則正しい生活を送れるようになることと新製品の製造を完成させるための行動力をサポートしてくれるフラワーエッセンスを選んでください。」というテーマでフラワーエッセンスを選んでいただき、予想もしなかった自分の心の中の「老いの悲しみ」と出会え、「今、この一瞬を、後悔することが無いように自由に伸び伸びと生きて良いんだよと言う励ましの言葉を聞く」ことができたことに対して、フラワーエッセンスを選んで下さったF様に深く感謝申し上げます。

ありがとうございます!!

山崎 芳伸
 

 ヒーリングバザールのサイトは、こちらからご覧ください。

 


●運営しているサイト
 フラワーエッセンスのハートサポートシステム
 日本フラワーエッセンス協会
 オンラインショップ(フラワーエッセンスのお店)
  ヒーリングバザール(パワーストーンのお店)

●運営している三つのブログ
 フラワーエッセンスの選び方
 フラワーエッセンスとチャクラ・エネルギーボディ(サトルボディ)・カラー
 ヒーリングバザール店長のブログ 「ラッキーリング」

天然石ペンダントのヒーリングバザールはこちらです。


 

よろしければ、応援クリックをお願いいたします。
2個全部クリックしてくださったならば、最高にうれしいです。

 

にほんブログ村 ファッションブログ パワーストーンへ
にほんブログ村

 


天然石アクセサリーランキング

 

いつも応援ありがとうございます。

ブログを更新せずに、すみません。

 

石以外の話題ばかりですが、今日は「20年ぶりのログイン」のお話です。

 

最近、新型コロナ感染症が蔓延しているので、銀行もインターネットでできることはしようと思い、インターネットバンキングの申込みをしています。

 

みずほ銀行のみずほダイレクトは、昔開設したのですが、お客様番号を忘れ、再発行しました。

カード発行日:2020年4月28日

忙しかったので、今日、再ログインしました。

パスワードを忘れたので、ウェブ上でパスワードの再発行をしました。

 

「ログインパスワード・合言葉の再設定」の解除用認証番号のメールが送られてきた時間が

2020.09.11 16:47:03

 

すぐにパスワードを再設定し、ホーム画面を見ると

前回ログイン日時:2000.09.12 11:58

と書かれています。

 

西暦を良く見ると、なんと2000年です。

ほぼ20年ぶりのログインです。

 

なんとなくうれしくなり、このブログに記録を残します。

 

 

よろしければ、応援クリックを2回お願い申し上げます。
あなた様の温かなクリックは、このブログにとって最高のハートのサポートです。
心より篤くお礼を申し上げます。
いつも応援をいただき、誠にありがとうございます。
 m(_ _)m

にほんブログ村 ファッションブログ パワーストーンへ
にほんブログ村



ブログランキング



 ヒーリングバザールのサイトは、こちらからご覧ください。

●運営しているサイト
  フラワーエッセンスのハートサポートシステム
  日本フラワーエッセンス協会
  オンラインショップ(フラワーエッセンスのお店)
  ヒーリングバザール(パワーストーンのお店)

●運営している三つのブログ
  フラワーエッセンスの選び方
  フラワーエッセンスとチャクラ・エネルギーボディ(サトルボディ)・カラー
  ヒーリングバザール店長のブログ 「ラッキーリング」